【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

31 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」

 

31/62

GDDR4メモリ搭載でMac Proの3D性能を向上
【2008年11月号掲載】



スペック

[発売元] アスク [価格] オープンプライス [実勢価格] 3万8,000円前後
[インターフェイス] PCI Express 2.0 [備考] 搭載メモリ:512MB GDDR4 SDRAM [掲載号] 「Mac Fan」2008年11月号

OVERVIEW

現行Macの中で、本体購入後にGPUの交換・増設が行えるのはMac Proだけだ。GPUが基板に直づけされているMacと異なり、Mac Proではグラフィックカードを交換することで簡単にGPUの交換を行うことができる。

現在、アップルストアで発売されているグラフィックカードは、4製品。サードパーティーからさまざまな製品が発売されているウィンドウズ環境と比べると、やや製品数は乏しい。

そんな状況に風穴を開けるかのように登場したのが本製品だ。Macとウィンドウズに両対応したATI社の最新グラフィックカードで、接続インターフェイスはPCI Express 2.0。ビデオ出力ポートはデュアルリンクDVIポートを2基搭載しており、最大で2台のApple Cinema HD Displayを接続することができる。アップルストアで発売されている「Radeon X1900 XT」(5万400円)より安価で、NVIDIA社の「Geforce 8800GT」(3万4,400円)と同クラスの製品だ。

(1) 冷却ファンを搭載
冷却ファンを搭載しつつも、シングルスロットサイズのスリムなカード。色は、落ち着いたブルーだ

(2) Sビデオも搭載
ビデオ出力ポートはデュアルリンクDVIポートを2基。DVIポートの間にS映像出力がある

FOCUS ON

Geforce 7300 GTを標準搭載した初代Mac Proへの取り付けは、わずか数分で完了した。ファンを内蔵しているものの、厚みはなく、PCIスロット並びに背面ポートの占有は1スロット分で済む。また、動作させても筐体内の熱上昇もなく、もともと静かなMac Proの環境を維持できる。

(3) 取り付けはほんの数分
カードを装着する前にドライバをインストールする。マニュアルは英語だが比較的わかりやすい。Mac ProのPCI Expressスロットに差し込む。最高性能を発揮させるには、一番下にあるPCI Expressスロットに取り付けよう

複数のベンチマークテストを行って性能を検証してみたところ、2D処理ではあまり性能向上が見られなかったものの、3D処理において倍近い向上が見られた。特に3Dゲームをプレイした時は、明らかに肉眼でも高速化が確認できる。Geforce 7300GTのビデオメモリはGDDR3(256MB)。本製品では、512MBのGDDR4メモリを搭載しているため、その効果が現れている。

(4) 大幅に性能がアップ
3GHzの初代Mac Proで、標準のGeforce 7300GTと比較。ゲーム「Quake 3」での3D描画性能が特に大きくアップしている

価格帯でライバルとなりそうなGeforce 8800GTと比べると、性能はほぼ同等だ。ただし、Geforce 8800GTは初代Mac Proに対応していない。X1900ほど高価でなく、標準グラフィックカードと比べて大型ディスプレイの使用環境や3Dゲームなどで確実なスピードアップが期待できる本製品は、特に初代Mac Proユーザのベストチョイスだ。

AFTER REVIEW

本製品は動作に電源が必要。取り付け時に付属の電源ケーブルを、ロジックボード上の電源ポートに接続しよう。ここに注意すればインストールは非常に簡単だ。派手なカラーリングやデザインのカードが少なくない中、内蔵してしまえば見えないとはいえ、ブルーの落ち着いた外観がMac用にふさわしい。本製品を複数枚使用することで最高のパフォーマンスを発揮する「CrossFire(クロスファイア)」技術はMacに未対応なのが残念。

31/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電