【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

29 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」

 

29/62

「難しさ」を払拭する簡単操作を実現した
低価格なカラーキャリブレータが登場! 【2008年7月号掲載】


カラープリンタの性能が年々向上し、モニタの品質もそれに合わせて向上しているにも関わらず、"モニタと印刷の色が合わない"という質問が絶えない。これは、モニタとプリンタのカラーマッチングがとれていないことが原因であり、それさえしっかりやっておけば色は合わせられるのだ。そのカラーマッチングを行う機器が、エックスライト社から発売される「カラーモンキーフォト」だ。1台で環境光からモニタ、用紙に合わせたプリンタのカラーマッチングが可能なオールインワンタイプのカラーキャリブレータ。CRTはもちろんのこと、液晶パネルやプロジェクタまで対応しており、これ1台あればあらゆる環境下でのカラーマッチングが可能となる。


スペック

[発売元] エックスライト [価格] オープンプライス [実勢価格] 7万円前後 [OS] Mac OS X 10.4以上 [メモリ] 512MB以上 [HD] 300MB以上 [インターフェイス] USB2.0 [備考] PowerPC G4/G5、またはインテル製CPU搭載のMacに対応 [掲載号] 「Mac Fan」2008年7月号

OVERVIEW

本製品は、モニタとプリンタが出力する色を測定し、基準となるカラープロファイルを作成することで、モニタで表示する色とプリンタで出力する色とを正確に合わせる(カラーマッチングする)ためのツールだ。 カラーマッチングと聞くと何かと難しいイメージを持つかもしれないが、本製品の使い方は至って簡単だ。付属ソフトをインストール後、コンパクトな分光測定器をMacに接続したら、あとは付属ソフトのウィザード画面に従っていけばいい。もし途中で操作がわからなくなっても、操作方法を動画で解説したQuickTimeムービーを見ればすぐに理解できる、という親切設計だ。

(1) 手のひらサイズの分光測定器
分光測定器は、丸みを帯びた正方形の形をしたコンパクトなデザイン。左右側面に大型のダイヤルがある

(2) ダイヤルでモード切り替え
底面に測色センサが搭載されている。ダイヤルを回転させることで、モニタやプリンタのキャリブレーション、環境光の測定といった各モードを切り替える

付属ソフトのメインメニューには、モニタのみのキャリブレーション、プリンタのみのキャリブレーション、そして両方同時に行うためのモードが用意されている。モニタのキャリブレーションは、ソフトウェアに従って分光測定器をディスプレイ上に設置すれば5分程度で終了する。

(3) ウィザード形式で操作
ウィザード形式で手順が指示される。それに従って操作すればカラーマッチングが行える仕組みだ。ダイヤルの表示は本体と連動しており、正しく設定されないと次のステップに行けないように工夫されている

(4) モニタからぶらさげて測色
モニタのキャリブレーションを行うには、測色用のケースに入れて、モニタにぶら下げて計測する。測定器の取り付けのタイミングや位置はソフトウェアが指示してくれる

(5) プリンタのマッチングも簡単
プリンタのカラーキャリブレーションのためには、プリンタで印刷したカラーパッチを分光測定器で読み込む

また、プリンタのキャリブレーションは、ターゲットとなるカラーチャートをプリントアウトし、それを分光測定器で1色ずつ測色していく。最初は機械を動かす速度がつかみにくいが、慣れてしまえば楽に行える。

Mac対応のカラーキャリブレーションツールとしては、エックスライトの「i1シリーズ」やソリューションシステムズの「スパイダー」が有名だが、この中でモニタとプリンタ両方のキャリブレーションを行える製品は10万円を超える。その点、本製品はその両方を1台で実現し、環境光やスポットカラーの測定、カスタムカラーパレットの作成機能、プリンタプロファイルの自動作成機能も搭載。それでいて、実売価格7万円を切るお手頃な価格を実現している。

FOCUS ON

実際に本製品を使ってモニタとプリンタのキャリブレーションを行ってみたところ、性能は普段筆者が常用している「i1」とほぼ同じ結果が出た。また、筆者はセカンドモニタとメインモニタは別の会社のものを使っており、i1ではなかなか両方の色が合わなかったのが、本製品を使うとほぼ同じ発色に合わせられたのが驚きだった。

初心者でも迷うことなく使えるように、操作を簡単にするための工夫が随所に見られる。例えば、キャリブレータは基準合わせとして白色点調整を行う必要があり、このため白色のパレットが別部品として添付しているが、カラーモンキーの場合は本体内部にこのパレットを内蔵しており、本体のダイヤルを回すだけで白色点調整を行える。

(6) 多彩なディスプレイに対応
ディスプレイのタイプを自動的に検出後、さらにどのようなタイプかを選べる。詳細モードでは、ディスプレイの白色点を指定できる

また、カラーパッチを印刷する際に、本製品ではi1のように百を超える膨大な数のパッチ(色見本)を読み込む必要がなく、5列のチャートを1列ずつ読み込むだけという簡単さ。パッチの数が少ないと、調整の精度の信頼性が気になるかもしれないが、最初に読み込ませたカラーパッチの結果を元に調整パッチを再度生成し、再度読み込ませるという方法を採用することで精度を高め、結果的にパッチの読み取り数を少なくしている。

さらに、布や印刷物などの物体の色を測定してLAB値として専用ソフトウェアに記憶できたり、付属ソフトで読み込んだ写真専用のカラーパッチを生成し、Adobe CSシリーズで使用できる「スウォッチ」を作成するなど、セミプロ/ハイアマにも有用な機能も備えている。

(7) プロ向けアプリも簡単設定可能
測色終了後、Adobe CSとQuarkXPress用に印刷用プロファイルを設定でき、それらのアプリケーションでプリンタプロファイルが有効になる

ソフトウェアが目標とする色温度は5000Kもしくは6500Kに固定されていたり、細かな輝度調節が行えなかったりと、柔軟な設定を行いたいプロには若干物足りない部分はあるのは確かだ。しかし、それらのプロ向けの機能を切り捨てることで、カラーキャリブレーションにまつわる「難しい」というイメージを払拭し、実際に初心者にも手軽に使えるソリューションを実現したという点で本製品の持つ意味は大変大きいだろう。

AFTER REVIEW

物体の色を測定して、LAB値として専用ソフトウェアに記憶できる機能が便利。撮影後に記憶を頼りに画像補正をする必要がなく、後日、しっかりと色調整が行える。狂いがあると問題となる企業のロゴ色や、カタログパンフレット用の撮影など、カメラマンにとってうれしい機能だ。デザイナー向きのカラーパレット作成ツール「カラーモンキーデザイン」(実売7万円前後)も発売されている。

29/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事

柴田英嗣、元妻&ファンキー加藤娘の健診に立会い宣言 "加藤違い"で狩野焦る
[00:12 7/30] エンタメ
ウレタン製の柔らかVRゴーグル「Merge VR」、ツクモ限定で30日から販売開始!
[00:00 7/30] パソコン
[シン・ゴジラ]日本政府対ゴジラの攻防 日本映画のスケールを超えた壮大で緻密な作品
[23:59 7/29] エンタメ
「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開
[23:34 7/29] ホビー
声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」発売記念特番でMVを公開
[23:30 7/29] ホビー