【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

26 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」

 

26/62

Macに対応した高速ドキュメントスキャナ
あらゆる紙文書をPDF化して手軽に管理!【2008年6月号掲載】


オフィスで日常的に増え続ける紙文書を、ワンボタンで高速にスキャンしてPDF化してくれるドキュメントスキャナが、PFUの「ScanSnap(スキャンスナップ)」だ。ウィンドウズ向けに発売され、大ヒットを飛ばしてきた同製品がついに正式にMac対応を果たした。Mac向けに一新されたボディデザインを採用、iPhotoとの連携機能などを搭載したMac専用モデルである。カタログや名刺、領収書のスキャンといったビジネス向け用途から、年賀状や子どもが作った作品のスキャンといった家庭用途まで、あらゆる場面での活躍を期待できる待望の製品だ。


スペック

[発売元] PFU [価格] オープンプライス [実勢価格] S510M:5万円前後、S300M:3万円前後 [OS] Mac OS X 10.2.8以上 [解像度] 最大カラー600dpi、白黒1200dpi相当 [用紙サイズ] A4~名刺(最大216×360mm/最小50.8×50.8mm) [インターフェイス] USB2.0 [サイズ/重量] S510M:W284×D157×H158mm/2.7kg、S300M:W284×D95×H77mm/1.4kg [掲載号] 「Mac Fan」2008年6月号

OVERVIEW

Mac専用モデルとして登場した「スキャンスナップ」は、「S510M」と「S300M」の2機種。ともに本体は白を基調としたデザインで、大変コンパクトな作りとなっている。S510Mは卓上タイプ、S300Mは重さ約1.4kgと手軽に持ち運べるポータブルタイプだ。

(1) コンパクトな白色ボディ
S510M(右)、S300M(左)ともにサイズが非常にコンパクト。ちょっとしたスペースに気軽に置くことができる

本体サイズのほかに、紙文書の読み取り速度も両モデルで異なる。読み取り用のセンサはS510MがCCD、S300MはCISを採用しており、A4書類の読み取り速度はS510Mが標準モードで毎分18枚、S300Mが毎分8枚(ACアダプタ利用時)となっている。

読み取りサイズは両モデルともA4(最大216×360㎜)だが、S510Mには付属のキャリアシートを使ってA3サイズを半分に折り畳んでスキャンすることが可能だ。

(2) A3文章は二つ折りで
A3サイズの書類は付属のキャリアシートに挟んでスキャンする。両面を一気にスキャンした後、ソフトウェア上で画像をつなげてくれる

(3) プラスチックカードもスキャン可能
メーカーでは推奨していないが、プラスチックカードもスキャンできた。会員証などをスキャンして保存しておくのもいい

使い方は簡単で、スキャンしたい紙文書を背面トレイにセットし、本体前面にあるスキャンボタンをワンプッシュする。これだけで紙文書が次々に読み込まれ、Macにインストールした付属ソフト「スキャンスナップ・マネージャ」を介してデータとして取り込める。S510Mでは最大50枚、S300Mでは最大10枚の紙文書をセット可能だ。

(4) 操作はボタンをワンプッシュ
操作ボタンは電源とスキャンボタンだけのシンプルな構成。原稿をガイドに沿ってセットし、スキャンボタンを押すだけ

読み込んだデータはPDFとして、指定したフォルダに保存したり、メールで送信したり、iPhotoに転送したりなど、用途に合わせて選ぶことができる。

FOCUS ON

実際の使用感も大変優れている。コンパクトな本体は場所を選ばずに設置でき、カバーを開け閉めするだけで電源がオン/オフできる。

(5) 細かな設定も可能
読み取りモードの設定などは、スキャンスナップマネージャの[設定]で変更する。デフォルトでは両面読み取りとなっており、裏に何か読み取る部分があれば自動的に読み取ってくれる

紙文書をセットしたらボタンを押すだけという手軽さなので操作に迷うことはない。読み取りモードは4種類から選べ、A4サイズ1枚の読み取りにかかる時間はノーマルモード(150dpi)で8秒、もっとも高品質なエクセレントモード(600dpi)で60秒だ。一般用途ならばノーマルモードで十分なので、卓上に溜まってしまう紙文書をどんどんデータ化したくなる。また、セットする用紙サイズや白紙ページを自動で判別してくれるのも便利だ。

OCR(文字読み取り)機能が付属ソフトに搭載されていないため、読み込んだデータは画像形式となる。ただし、S510Mに付属している「Adobe Acrobat 8 Professional」のOCR機能を使って、取り込んだデータをテキスト化しておけば、Spotlight(スポットライト)で検索可能なPDFを作ることが可能だ。

(6) 高い読み取り品質
通常の文字の大きさならば、もっとも高速な標準モードで十分。取り込んだPDFファイルをAdobe Acrobat 8で開き、OCRでテキスト認識させて保存すればいい。テキストになればスポットライト検索も利用できる

また、スキャンしたデータはiPhotoに保存しておくことで便利に使える。iPhotoではスキャンした日時を元にデータを自動的にグループにまとめてくれるため、管理が非常に楽なのだ。さらに、iPhotoはiPodと同期できるため、スキャンした資料や写真、カード類などをiPodに入れて手軽に持ち運べるようになる。

(7) 好みに保存先を指定
スキャンするとMac上でスキャンスナップマネージャが起動する。ここで、フォルダやiPhotoへの保存など、保存先を指定できる

(8) iPodで外出先で参照
読み込んだデータをiPhotoに保存しておけば、iTunesを介して自動でiPodに転送される。iPod touchなどで手軽に参照できる

紙書類のデータ化というと面倒に思いがちだが、本製品ならば煩雑な書類管理がスマートにこなせる。誰もが1台は持っていてもおかしくない「道具」として、さまざまな用途に活躍するはずだ。

AFTER REVIEW

スキャンスナップのように、高速で書類をスキャンできるMac対応製品は他には存在しない。S510Mは実売5万円前後と、スキャンとしては高いように感じられるが、実売価格5万円以上はする「Adobe Acrobat 8 Professional」が同梱している。それを考えればかなりお買い得だ。Acrobat 8 Professionalを持っていないならS510M、持っているならS300Mを選ぶという選択もありだ。

26/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

美味しさは、飲んでみないとわからない - 全自動エスプレッソマシンを試せる「デロンギ 表参道」オープン
[07:00 9/30] スマホとデジタル家電
ねこのはなしをしようか 第26回 猫用おやつ
[07:00 9/30] 趣味
『モーツァルト音楽王』アマチュア枠優勝の女子高生に注目「スゲーうまい!」
[07:00 9/30] エンタメ
市川由衣、第1子出産に喜び「愛おしくてたまらない」「お母ちゃん頑張る!」
[07:00 9/30] エンタメ
小児科医が回答! 子どもの病気、危険のサイン 第5回 熱性けいれんの対処法は?
[07:00 9/30] ライフスタイル