【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

10 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」

10/62

高画質化した「ロケフリ」で
どこでもMacでTV鑑賞【2007年12月号掲載】



スペック

[発売元] ソニー  [価格] オープンプライス [実売価格] 3万円前後
[インターフェイス] アンテナ端子、ビデオ入力端子、S映像入力端子、ビデオ出力端子、Sビデオ出力、 10BASE-T/100BASE-TXイーサネット、IEEE802.11b/g、AVマウス出力 [サイズ/重量] W8.5×H19.7×D12.8mm(最大突起部含まず)/約0.51kg [掲載号] 「Mac Fan」2007年12月号

OVERVIEW

(1) コンパクトボディに2系統入力
VHSテープ2本分ほどのボディに、2系統のビデオ入力と1系統の出力を持つ。また、地上波TVチューナも内蔵。地上波デジタルやCS放送はビデオ入力経由で使用する

「ロケフリ」の通称でも知られる「LocationFree(ロケーションフリー)」は、映像をネットワークを介して配信するための機器。TVアンテナやDVDレコーダなどをつないだベースステーションから、別の場所にあるパソコンや専用モニタに映像を送信できる。

第2世代となるベースステーション「LF-PK20」は、H.264形式でのエンコードをサポートした最新モデル。標準ではMacに対応していないが、加賀電子からMac用のソフトウェア「TLF-MAC2」が登場した。

(2) Macライクなインターフェイス
LF-PK20をMacで使うには、加賀電子のTLF-MAC2(実売3,500円前後)が必要。インターフェイスは、ソニー純正の操作画面よりぐっと落ち着いたデザイン。前バージョンから大きくMacライクなレイアウトデザインに進化した

TVアンテナなどに接続したLF-PK20とMacの接続は、無線LAN、もしくは有線LAN(イーサネット接続)で行う。ローカルエリアネットワーク(LAN)内で使用する分にはセットアップはほぼ自動化されているため、マニュアルどおりに接続すればネットワーク初心者でも問題はないだろう。

(3) 2つのワイヤレスモード搭載
LF-PK20をアクセスポイントとして使うほか、無線LANのクライアントとして設定することも可能。AV機器の近くにイーサネットケーブルがなくても、ワイヤレス接続できる。ただし、有線LAN接続のほうがビットレートは有利だ

(4) デッキを操作できるAVマウス
AVマウスをAV機器の赤外線受光部に付けると、Macからネットワーク越しにAV機器をリモートコントロールできるようになる

FOCUS ON

画質は使用する条件によって大きく変わる。しかし、新たにH.264形式でのエンコードに対応したことで、低ビットレートでも高画質な映像が配信できるようになっている。

H.264形式でエンコードした動画を通常のウインドウ(320x240ピクセル)で見る限りにおいては美しく鮮明だ。特に1,000Kbps以上のビットレートが確保されている場合、Macにチューナが内蔵されているかと勘違いするほどだ。しかし、640x480ピクセルやフルスクリーン再生に切り替えるとモザイク感のあるざらついたものとなる。これは、有線LANを使って最大の3,000Kbpsまで上げても変わらなかった。

LF-PK20を有線LANでつながず、ワイヤレス接続した場合、条件にもよるがビットレートは有線LANと比べて500~1,000Kbps低下した。通常のウインドウで見る場合、ニュースなどの動きが少ない映像で500Kbps、スポーツ中継など動きの激しいものでは1,000Kbps程度あれば満足して使えるだろう。

(5) より見やすい画質に調整可能
Macの基本ガンマは1.8だが、NTSC(日本のTV放送規格)は2.2だ。ビデオフィルタでガンマを補正することで、簡単にメリハリのある画質を得ることができる

(6) 自分でレートも設定可能
帯域に合わせてビットレートを自動調整してくれる。コンテンツ内容によって、マニュアルで設定することも可能だ

Macに対応したLF-PK20のような製品はほかにはない。ネットワーク配信するため、映画や番組を真剣に鑑賞するには画質やコマ落ちの意味で厳しい場合もあるが、パソコン画面上で動画を「ながら見」するような用途にはもってこいといえる。

AFTER REVIEW

H.264形式は低ビットレートでの高画質が特徴で、実際に1,000kbps前後での画質は非常に高い。地上波TVチューナのほか、ビデオ入力が2系統あるが、これらのチャンネルや入力切換もストレスなく反応した。外出先からのアクセスにはPCだけでなく、PSPからも可能だ。今後、iPodタッチにも是非対応してほしいところ。手持ちのテレビをロケーションフリーのクライアントに変える外付けボックス「LF-BOX1」を使えばさらに便利に活用できそうだ。

10/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

人気記事

一覧

新着記事