【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

2 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」

 

2/62

完全定額制の高速モバイルブロードバンドをMacで利用!
【2007年9月号掲載】



スペック

[発売元] イー・モバイル  [価格] 料金プランによって異なる。データプラン(いちねん)の場合:月額使用料5,980円+初期費用(端末価格含む)9,980円 / ライトデータプラン(いちねん)の場合:月額使用料3,480円~6,480円+初期費用9,980円
[OS] Mac OS X 10.3.7以降(PowerPC) / Mac OS X 10.4以降(Intel) [インターフェイス] USB2.0 [サイズ/重量] W89.4×H42.6×D14.5mm/約40g [掲載号] 「Mac Fan」2007年9月号

OVERVIEW

インテルMacを屋外で使っている時にインターネットに接続する手段としては、無線LANスポットかウィルコムのPHSデータ通信を利用するしかなかった。しかし、そんな状況にようやく風穴が開いた。

「D01HW」は、イー・モバイルが2007年3月末に開始した「HSDPA」規格による高速データ通信「EMモバイルブロードバンド」サービスに対応した、Mac用の通信アダプタ。HSDPAは理論値で下り最大3.6Mbps、上り最大384Kbpsという、高速なインターネットアクセスを行える規格だ。

本製品の外観はとてもシンプルで、中央にインジケータランプが1つあるだけだ。設定はドライバをインストールして「システム環境設定」の[ネットワーク]で[PPP]および[モデム]の設定を行うだけ。これは一般的な通信アダプタとまったく同じだ。

(1) 白色のシンプルな外観
本体中央部に電波の状態を示すLEDインジケータ、本体上部にUSB端子、そして側面にUSIMカードスロットがある。USIMカードは、ユーザ情報を記録したICカードで、これを挿さないと使用できない。NTTドコモのFOMAなどの携帯電話でも利用されている

(2) USBケーブルでMacと接続
MacとはUSBケーブルを利用して接続する。特にMacBookのホワイトモデルとデザインがマッチする

FOCUS ON

東京都内や神奈川県下でテストしてみたが、とにもかくにも速い。インターネット速度計測サイトでは平均下り1.6~1.8Mbps、最大2.6Mbpsという速度で、150kbps程度のPHSと比べると明らかに高速だ。WEBブラウジングは快適で、「YouTube」などの動画の再生や、添付ファイル付きのメールの受信も苦にならなかった。

基地局のカバーエリアが半径2キロメートル以上なので、PHSデータ通信では難しかった海岸や山間部での通信も可能だったが、PHSに比べて全般的なカバーエリアはまだ狭いのが難点だ。

(3) 通信速度は非常に高速
平均スループットは下り1.6Mbps以上。平均150KbpsのスループットであるPHSデータ通信とは比べものにならない快適さだ。しかし、基地局から遠かったり、電波状態状況によっては上りのスループットは100Kbps以下になることもあり、この差が大きく感じられる

しかし、この問題さえクリアすれば、本製品は定額制の高速インターネット通信をフルに享受できる唯一の通信アダプタだ。主に、関東圏、名古屋、大阪などの都市部を移動するユーザには、ランニングコストの面を含め、まさにベストチョイスといえるのではないだろうか。

なお、現状で添付するユーティティソフトはアクセス先を設定するだけで、電波強度やデータ使用量などの情報が一切表示されない。利用データが17MBを超えると月額使用料にパケット通信料が従量的に加算されるダブル定額制プラン「ライトデータプラン」の目安となる数字がまったく得られないのは困る。ウィンドウズ版では対応しているだけに、このあたりは、早急に改善を望みたいところだ。

(4) 付属ユーティリティはやや不足
付属ユーティリティでは、アクセス先(APN)とPIN番号(暗証番号)の設定ができるだけで、電波強度も累積データ通信量もわからないのは不便だ

(5) ウィジェットで電波強度を確認
D01HWウィジェット」を使えば電波強度と現在の通信量を確認できる。現在のデータ量とスループットも確認できる

AFTER REVIEW

屋外で使う上で気になったのが、通信アダプタのセッティングだ。19cmと82cmのUSBケーブルが同梱されるが、ノート型Macを膝の上に置いて使おうとすると、19cmのケーブルだとぶら下がった状態になってしまい、長い方のケーブルではちょっと煩わしい。別途、USBアタッチメントやマジックテープでMacに貼りつけるなどの工夫が必要だろう。後は、明るい屋外ではLEDインジケータが見にくいという問題もあった。
(※本製品は製造終了となっており、市場在庫が完売した時点で販売終了となります)

2/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

俺より面白いものつくるんじゃねえ!!アオイホノオ特集、同人誌の一部も公開
[00:50 8/25] ホビー
[島本和彦]コミケで大人気の「シン・ゴジラ」同人誌 小学館のマンガサイトで異例の公開
[00:08 8/25] ホビー
「みつどもえ」桜井のりお、9月から新連載!伏せ字だらけの予告が週チャンに
[00:00 8/25] ホビー
赤井&安室祭り!青山剛昌が描いた名場面がサンデーSの全サに、対峙する付録も
[00:00 8/25] ホビー
[BLUE GIANT]マンガ大賞2年連続ノミネート作が“終幕” 次号から海外編突入
[00:00 8/25] ホビー