【コラム】

Mac Fan ハードウェアレビュー

1 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

内藤研一
  • <<
  • <

1/62

最新CCD搭載で高速化&高画質化を実現した
薄型フラットベッドスキャナ【2007年9月号掲載】


インクジェット複合機が普及するにつれて、コンシューマー向けの単体スキャナの市場は年々縮小傾向にある。しかし、ユーザの需要を再び喚起するべく、最近の単体スキャナはインクジェット複合機にはない使い勝手や機能を搭載することで進化している。エプソンから登場した最新のカラリオ・スキャナは、最新CCDや豊富な機能を搭載したコストパフォーマンスに優れた1台だ。


スペック

[発売元] エプソン販売  [価格] オープンプライス [実勢価格] 1万8000円前後
[OS] Mac OS X 10.2.8以降 [HD] 512MB以上 [解像度] 4800dpi [インターフェイス] USB2.0 [サイズ/重量] W280×D430×H57mm/約2.6kg [備考] 読み取り階調:RGB各色16ビット入出力 [掲載号] 「Mac Fan」2007年9月号

OVERVIEW

エプソンのフラットベッドスキャナのラインアップの中で、ミッドレンジに位置する普及価格帯モデルとして登場したのが「カラリオ・スキャナ GT-F670」だ。本製品は「GT-F650」の後継機種にあたり、CCDの光学解像度が3200dpiから4800dpiにアップ。また、新開発のCCDはRGB各色を4ラインのセンサでスキャンすることで、スキャンの高速化や画質の向上を実現している。

(1) CCDなのに薄い!
センサにCCDを使用していながら、本体の厚さは57ミリと、CISスキャナ並みに薄型だ。ただし、CISスキャナのようにUSBのバスパワー駆動や、縦置きでは使えない

(2) 前面に4つのナビボタン
本体前面には、4つのナビボタンを搭載している。スキャン画像のメール添付やプリンタ出力、PDF作成などが、ボタンをワンプッシュするだけで行える

一般的にセンサにCCDを搭載したスキャナは、CISを搭載したスキャナに比べて画質面でメリットがあるが、その一方で本体が厚くなるというデメリットがあった。しかし、本製品では厚さが57ミリとCISスキャナに迫る薄さだ。

また、本製品はフィルムスキャンにも対応しており、35ミリストリップを6コマ、マウント4コマを連続してスキャンできる。画像補整機能が充実しているのは前モデル同様で、フィルムや紙焼きの逆光補正やホコリ除去、退色復元、粒状低減機能を搭載し、本体前面に配置されたナビボタンをワンプッシュすることで、PDF作成などの目的に合わせた操作が簡単に行える。

(3) 180度開く横開きカバー
設置スペースに合わせて、縦横自在に置ける。新開発のヒンジ搭載により、原稿カバーは180度オープンする

FOCUS ON

スキャン速度は、本誌の表紙を300dpiでスキャンした場合、約48秒という結果が出た。最上位モデルの「X900」では約41秒なので、かなり高速にスキャンできる。また、35ミリのポジフィルムをホコリ除去機能をオンにして4800dpiでスキャンした場合は3分49秒と、これもかなり高速な部類に入る。

さらに、マクベスのカラーチャートを使用してカラーバランスをテストしてみたが、やや暗めにスキャンされるものの、グレーの傾きはほとんどなく、ニュートラルな属性だ。そのため、スキャン時にドライバで微調整すれば、完璧な色見と明るさに近づけることが可能といえる。

(4) 3つの使い方が可能なドライバ
ドライバは初心者向けの全自動モード、ホーム、プロフェッショナルの3つの使い方が可能。初心者からベテランまで、満足できる使い方が可能なドライバだ

画質は反射原稿の場合、民生機としては充分なクオリティを持つ。特色部分の色も原色のイメージに近く再現された。また、フィルムスキャンに関しては、専用フィルムスキャナやX900と比べるとシャープネスが落ちるが、35ミリのフィルムをA3以上に拡大してプリントするといった用途でなければ特に気になるレベルではない。

(5) シャープなスキャンが可能
反射原稿(紙焼き)によるスキャン結果は良好で、シャープネスも充分確保されている。文字は滲むこともなくしっかりとスキャンされている

(6) ニュートラルなカラーバランス
カラーチャートをスキャン。気持ち暗めにスキャンされているが、グレー部分を見る限り、大きなカラーバランスの崩れはない

普及価格帯モデルとはいえ、スキャナとしての出来は文句のつけようがなく、素晴らしい仕上がりだ。特に、動作速度や画質、動作音に関しては優秀。ちょっとした商用印刷にも使用できるレベルといえる。

(7) フィルムスキャンにも対応
35ミリフィルムのスキャンは充分なクオリティ。35ミリフィルムの解像度の限界以上の解像度でスキャンしていることから、充分優秀な結果といえる

AFTER REVIEW

ドライバやユーティリティなどのインストールは簡単で、ヘルプ機能も充実している。3モードに使い分けられるドライバは、エプソンの伝統ともいえる作りで好印象。ただし、横開きのふたは上面のスペースの確保がしやすいというメリットはあるが、雑誌などを見開きでスキャンしようと思った場合、本をひっくり返す必要がある。さらに、スキャン後、画像を回転させる手間があるため、好みが分かれるところ。
(本製品は市場在庫のみとなります)

  • <<
  • <

1/62

インデックス

連載目次
第62回 名刺用スキャナ「WorldCard Mac de 名刺 Plus」
第61回 プロジェクタ「KG-PL011S」
第60回 プレゼンテーション用リモコン「プレジェンヌ」
第59回 デジタルペン「KG-DP301/KG-DP201」
第58回 メモリカード「SanDisk Extreme SDHC」
第57回 多機能コントローラ「Logicool G13 Advanced Gameboard」
第56回 スピーカ「i-Swing[PSP-IS]」
第55回 インクジェット複合機「MyMio DCP-535CN」
第54回 ワンセグチューナ「DH-KONE8G/U2DS」
第53回 映像キャプチャツール「Video cap Mac」
第52回 インクジェット複合機「HP Photosmart C5380 All-in-One」
第51回 無線LAN&メモリカード「Eye-Fi Share」
第50回 データ通信カード「W06K」
第49回 インクジェット複合機「PIXUS MP630」
第48回 PLCアダプタ「PLC-ET/M2-S」
第47回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ EP-801A」
第46回 外付けハードディスクケース「DT2 DeckTank(DT2-WBC)」
第45回 液晶モニタ「MultiSync LCD-EA241WM」
第44回 フラットベッドスキャナ「カラリオスキャナ GT-F720」
第43回 通信アダプタ「b-mobile3G hours150」
第42回 地上デジタルチューナ「CaptyTV Hi-Vision」
第41回 メディアストレージビューワ「Photo Fine Player P-7000/P-6000」
第40回 地デジチューナ「MacTV GV-MACTV」
第39回 フラットベッドスキャナ「CanonScan 5600F」
第38回 ペン型スキャナ「DocuPen RC810」
第37回 外付けハードディスク「My Book Studio Edition」
第36回 ラベルプリンタ「P-touch QL-580N」
第35回 インクジェット複合機「Lexmark X4650」
第34回 インクジェット複合機「HP Officejet J6480」
第33回 ドキュメントスキャナ「カラリオ スキャナ GT-D1000」
第32回 ラベルライタ「『テプラ』PRO SR3700P」
第31回 グラフィックカード「ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Edition」
第30回 DVDドライブ「LDR-MA20FU2/WM」
第29回 カラーマネージメントツール「ColorMunki Photo」
第28回 TVチューナ「EyeTV 250 Plus」
第27回 リニアPCMレコーダ「R-09HR」
第26回 ドキュメントスキャナ「ScanSnap S510M/S300M」
第25回 デジタルビデオカメラ「Everio GZ-HD6」
第24回 ネットワークカメラ「CG-WLNCM4G」
第23回 インクジェット複合機「PIXUS MX850」
第22回 レーザプリンタ「magicolor 2590MF」
第21回 ワンセグチューナ「CG-3SGTRM」
第20回 LEDプリンタ「C8650dn」
第19回 インクジェット複合機「マルチフォトカラリオ PX-FA700」
第18回 ICレコーダ「PCM-D50」
第17回 ブルーレイドライブ「BRD-UM4」
第16回 ワンセグチューナ「LDT-1S302U」
第15回 レーザプリンタ「magicolor 8650DN」
第14回 A3インクジェットプリンタ「Epson Proselection PX-G5300」
第13回 インクジェットプリンタ「Photosmart C6280 All-in-One」
第12回 ポータブルDVDドライブ「LDR-PMD8U2」
第11回 薄型複合機「MyMio MFC-880CDWN」
第10回 ロケーションフリーベースステーション「LF-PK20」
第9回 TVキャプチャボックス「TVMax+」
第8回 ペンタブレット「Bamboo Fun」
第7回 ボイスレコーダ「Voice Trek DS-60」
第6回 Blu-rayドライブ「BRD-UXH6」
第5回 ワイドペンタブレット「PTB-ST12」
第4回 CCDスキャナ「CanoScan 8800F」
第3回 コンパクトプリンタ「HP Photosmart A628」
第2回 USBモデム型データ通信アダプタ「D01HW」
第1回 薄型フラットベッドスキャナ「カラリオ・スキャナ GT-F670」

もっと見る

No.1 Mac専門誌「Mac Fan」は毎月29日に発売

内容の詳細な情報は、Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」にて公開中

会員登録はこちら

●Mac Fan公式サイト「Mac Fan.jp」はこちら

●最新号のお買い求めはこちらから

●バックナンバーのご購入はこちらから

●定期購読のお申し込みはこちらから

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事