【コラム】

鉄道ニュース・ローカル

3 ひたちなか海浜鉄道キハ11形、湊線の主力車両へ

 

3/8

茨城県ひたちなか市内で湊線(勝田~阿字ヶ浦間14.3km)を運行するひたちなか海浜鉄道。昨年、JR東海・東海交通事業からキハ11形3両を購入し、湊線での運行に合わせた整備を行った上で、12月30日から営業運転を順次開始している。

ひたちなか海浜鉄道湊線の普通列車に使用されるキハ11形(キハ11-6)

湊線での運行にあたり、車体の帯色がオレンジ1色に変更された

ひたちなか海浜鉄道が購入した3両ともに、東海地区の非電化路線(高山本線・太多線など)で活躍した車両。当時の帯色は「湘南色」と呼ばれるオレンジ・緑の2色だったが、現在の帯色はオレンジ1色に改められている。車内はセミクロスシートで、「ほどほどに旅向け、ほどほどに通勤通学向けのいいバランス」だそう。

キハ11形の導入で、ひたちなか海浜鉄道は車両の冷房化率100%を達成。今後、東海交通事業城北線で活躍したキハ11形(200番台)2両も加わる予定で、茨城交通時代の自社発注車両キハ3710形・キハ37100形などとともに、湊線の主力車両としての活躍が期待される。なお、湊線では昨年、北海道の炭鉱鉄道にゆかりのあるキハ222・キハ2004・キハ2005の3両が引退。2016年3月時点で、現役で活躍する旧型車両はキハ205のみとなった。

茨城交通自社発注車両キハ3710形も湊線で活躍中。車内はロングシート

ひたちなか海浜鉄道は3月26日にダイヤ改正を実施し、湊線の一部列車の時刻を見直してJR常磐線との接続改善を図るという。また、3月26・27日と4月2・3日の2週にわたり、昨年好評だったローカル鉄道演劇のアンコール公演、シアターキューブリック『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン -spring version-』の開催も決定している。

3/8

インデックス

連載目次
第8回 筑豊電気鉄道3000形、西鉄北九州線「マルーン&ベージュ」カラーに
第7回 北越急行681系「はくたか」そっくりの石碑がまつだい駅に
第6回 えちごトキめき鉄道「雪月花」新型リゾート列車が登場
第5回 長良川鉄道「ながら」水戸岡デザインの観光列車デビュー
第4回 静岡鉄道A3000形、クリアブルーの第1編成登場 - 1000形は引退へ
第3回 ひたちなか海浜鉄道キハ11形、湊線の主力車両へ
第2回 仙台市地下鉄東西線、新型車両2000系走る - 開業から1カ月
第1回 札幌市電ループ化開業、狸小路を電車が走る! 「雪ミク電車」も

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事