【コラム】

京急電鉄の車両・列車

5 2016年、申年ヘッドマークの大師線1500形

 

5/6

京急大師線の車両1500形に、2016年の干支「申(さる)」にちなんだヘッドマークが掲出された。京急電鉄が昨年11月に作品募集を行い、376作品の中から優秀賞2作品を採用。2月3日までヘッドマークを掲げて運行される予定だ。

京急大師線1500形。申年のヘッドマークを掲げ、京急川崎駅を発車

ヘッドマーク2種類ともに「申」「2016」「川崎大師」の文字が入る

京急川崎~小島新田間を結ぶ大師線は、川崎大師への参詣路線として知られる。大みそか深夜から元日早朝にかけて終夜運転が行われ、年始も初詣や節分祭でにぎわいを見せる。川崎大師駅では2月3日まで、今回のヘッドマークデザイン募集で応募されたすべての作品(優秀賞2作品は除く)が展示されるとのこと。

大師線では過去に700形や旧1000形などの車両も使用されたが、現在はおもに4両編成の1500形が運行されている。1500形は1985年から登場した3扉オールロングシートの車両。4両編成・6両編成・8両編成があり、製造時期によって鋼製車・アルミ車、界磁チョッパ制御車・VVVF制御車に分かれるなど、バラエティに富んだ形式といえる。

京急本線・大師線などの普通運用だけでなく、優等列車の運用(他形式との併結も含む)もあり、一部編成で都営浅草線・京成線・北総線への直通運転も行われる。

5/6

インデックス

連載目次
第6回 2100形"青い電車"台湾の列車をイメージしたデザインに
第5回 2016年、申年ヘッドマークの大師線1500形
第4回 2100形「モーニング・ウィング号」記念ヘッドマークも
第3回 新1000形ステンレス車、前面デザインも一新
第2回 「歌う電車」新1000形(アルミ車)1001編成
第1回 新1000形「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本の薬の値段は高い? 安い?? - 日本在住外国人の回答やいかに
[10:30 6/30] ヘルスケア
お小遣い平均額、中学生は月2,536円、高校生は5,114円 - 小学生は?
[10:28 6/30] マネー
エースコック、「スープはるさめ トマたま」自主回収--カゴメトマト缶使用
[10:28 6/30] ヘルスケア
オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス

本音ランキング