【コラム】

あなたの家計簿見せて! "給料減少時代"の家計診断

7 地方出身の大学2年生、月収14万円。学生だが"貯金ゼロ"は不安…どうすれば?

7/64

連載コラム『あなたの家計簿見せて! "給料減少時代"の家計診断』では、相談者のプロフィールと実際の家計簿をもとに、5人のFPが順番に、相談者の家計に関する悩みについての解決策をアドバイスします。


【相談内容】
地方出身で現在都内で一人暮らしをしている大学2年生です。生活費は奨学金とバイト代で賄い、学費と通信費は親に払ってもらっています。毎月の収入と支出がほぼ一致しており、現在貯蓄がありません。今は欲しいものもある程度は我慢し、海外旅行も夢のまた夢です。大学生とはいえ、今後のためにも貯蓄ゼロはいささか不安。収支をどう調整して、いくらぐらい貯蓄すればいいものなのか、アドバイスお願いします。

相談者プロフィール

相談者の家計状況


【プロからの回答です】

  • 毎月の収入の中で、余ったものを貯金に回すという方法ではいつまでたってもお金を貯めることはできません。まず収入の中から「先取り」でご自身が決めた金額を別の口座や財布に分けます。木村さんの場合は、主に食費4万5000円の中での調整となるので、先取りする金額を1万円とすると残りの3万5000円でやりくりをすることになります。ちょっときついかもしれませんが、できるだけ自宅で食事をとるようにすれば、食費はある程度抑えられると思います。

  • 「目的貯金」を実践する中で、お金を貯める方法は少しずつ身についてくると思いますが、実際に将来のための貯蓄を始められるのは社会人になってからになります。まずは1万円でも2万円でもいいので、できる範囲でコツコツと貯めるようにしましょう。もしもっと貯蓄をしたいと思うなら、大きな出費となっている家賃をもう少し下げるという方法もあります。

(※詳細は以下をご覧ください)


貯蓄はしたいがなかなか難しいのが現状

最近の各種調査によると、多くの大学生や20代の若者が将来に不安を感じ、老後のために貯蓄をしたいと考えているようです。しかし、ある調査によると2012年で20代単身の4割が貯蓄ゼロとなっています(出典 : 「家計の金融行動に関する世論調査(平成24年)」知るぽると(金融広報中央委員会))。

現在の家計の収支は…

「収支をどう調整して、いくらぐらい貯蓄すればよいか」とのご相談ですが、まずは現在の収支を見てみましょう。

木村さんの月の収入は、バイト代と奨学金を合わせて14万5000円、ご両親に払ってもらっている学費と通信費以外の月の支出は、住居費、食費、光熱費、レジャー費、その他で約14万3000円なので、月々の収支はほぼ一致していますね。

ただ収入については、月に9万5000円の奨学金は確実に入るものの、バイト代は今後、就職活動や卒業論文などで、現在と同じ金額を得るのが難しくなってくるかもしれません。

次に支出ですが、そのほとんどが住居費と食費ですね。住居費は減らすのが難しいと思いますので、調整できるのは食費4万5000円の部分になります。

まずは目標を持って貯蓄を始めてみよう

では、いくらぐらい貯蓄をすればいいでしょう。ここで一つの考え方をご紹介したいと思います。

木村さんは現在大学2年生なので、今年の12月からは就職活動が始まりますね。就職情報会社ディスコの調査によると、2013年3月卒の大学4年生や大学院生が就職活動にかけた費用は平均で約15万円だったそうです。結構お金がかかりますね。

内訳としては、交通費約7万1400円、スーツ代約3万9500円、かばんなどの備品約1万1300円となっています。

木村さんがご自身でこの費用を準備する場合は、12月までの10カ月間に月々1万5000円ずつ貯める必要があります。なかなか高いハードルかもしれませんね。15万円はあくまで平均の費用なので、厳しそうなら月々1万円、目標10万円としてもかまいません。できそうな目標を設定してみて下さい。

まずこのような就職活動の費用を貯めるための「目的貯金」から始めてみてはいかがでしょうか。

「先取り」で貯蓄を!

では、どのように貯蓄をしていけばよいのでしょう。毎月の収入の中で、余ったものを貯金に回すという方法ではいつまでたってもお金を貯めることはできません。まず収入の中から「先取り」でご自身が決めた金額を別の口座や財布に分けます。

木村さんの場合は、主に食費4万5000円の中での調整となるので、先取りする金額を1万円とすると残りの3万5000円(先取りの金額を1万5000円とした場合は3万円)でやりくりをすることになります。ちょっときついかもしれませんが、できるだけ自宅で食事をとるようにすれば食費はある程度抑えられると思います。節約できた分で時には外食したり、遊びに行ったりするのもよいでしょう。大切なのは、メリハリをつけてお金を使うということです。

こうして目的をもって貯蓄をするという習慣が身につけば、木村さんが夢のまた夢と感じている「海外旅行」も実現可能になっていくと思います。

本格的に貯蓄を始められるのは社会人になってから

「目的貯金」を実践する中で、お金を貯める方法は少しずつ身についてくると思いますが、実際に将来のための貯蓄を始められるのは社会人になってからになります。

では20代独身男性はいくら貯金をすればよいのでしょう。

厚生労働省の「平成23年度賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると、平成23年度の初任給は以下の通りでした。

あくまでも平均ですが、初任給を20万円として考えてみましょう。実際の手取額は、ここから健康保険、厚生年金保険、雇用保険などの保険料と、所得税の源泉徴収分が引かれて約17万円になります。

一般的に2割程度は貯蓄に回したほうがいいと言われていますが、木村さんの場合、奨学金の返済が毎月2万5000円あります。就職した会社に社宅や寮があればいいのですが、現在の住居のままだと難しいかもしれません。まずは1万円でも2万円でもいいので、できる範囲でコツコツと貯めるようにしましょう。

もしもっと貯蓄をしたいと思うなら、大きな出費となっている家賃をもう少し下げるという方法もあります。ただ家賃については、就職後に住む場所によって大きく違ってきますので、その時に改めて見直してみて下さい。

また木村さんは現在、奨学金で生活費をまかなっていますが、月9万5000円の支給なので、4年間で456万円を借り入れることになり、就職後に毎月2万5000円ずつ20年間で計600万円の返済をすることになります。奨学金には利息が付いているため、返済する金額の方がかなり多くなってしまうのです。利息分を節約するためにも、お金が貯まったら無理のない範囲で繰り上げ返済していくという選択肢も考えられます。

将来への不安を減らすだけでなく、夢をかなえるためにも貯蓄をしよう

まだ大学生の木村さんですが、早いうちから貯蓄の大切さを知りその方法を身につければ、将来の不安を減らすことができると思います。また具体的な目標をもつことで、さらに前向きな貯蓄が出来るようになるでしょう。まずは「目的貯金」から始めてみてください。

<著者プロフィール>

(株)プラチナ・コンシェルジュ ファイナンシャルプランナー 白子里美

大学卒業後、大手総合商社に勤務。退職後、FP資格を取得。現在webにてコラムの執筆の他、教育費や生命保険、老後資金などに関するセミナーなども行っている。(株)プラチナ・コンシェルジュ所属

7/64

インデックス

連載目次
第64回 48歳パート、月収48万円--家のローンもあるのに夫がアパート購入したいと…
第63回 49歳パート、世帯月収44万円--長男が海外の大学を志望、費用はいくらかかる?
第62回 35歳女性、世帯月収42万円--変動金利の住宅ローン、繰り上げ返済どうすれば!?
第61回 48歳パート、月収42万円--年子の子供2人で長男は来年大学、資金は300万円…
第60回 39歳パート、世帯月収40万円--第3子が生まれる予定、仕事辞めた後が心配…
第59回 42歳女性、月収32万円 - 結婚が決まったが、1年ぐらいは別居婚しようかと…
第58回 38歳会社員、月収27万円 - 祖父の土地に家を建てたいが、相続税対策すべき?
第57回 38歳会社員女性、夫婦で月収44万円。小学生の子供の習い事代がかかりすぎ…
第56回 46歳主婦、月収36万円。夫が単身赴任することに。"二重生活"どうやりくり?
第55回 46歳パート、世帯月収44万円。あと10年、子供2人の教育費が厳しすぎる…
第54回 38歳主婦、夫の月収31万円。消費増税と物価上昇のダブルパンチがきいてきた…
第53回 41歳パート、世帯月収37万円。晩婚です。子育てしながら老後資金どう貯める?
第52回 22歳の新社会人女性、月収18万円。自立して生きていくためにやるべき事は?
第51回 37歳パート、夫と合わせ月収36.5万円。正社員にならないかと言われましたが…
第50回 社会人20年目で42歳の独身男性、月収30万円。どうやって老後に備えればいい?
第49回 27歳の独身会社員、月収21万円。資金不足だが、増税前に車を買い替えるべき?
第48回 25歳OL、月収18万円。パティシエになりたいが、無収入期間はどうやりくり?
第47回 昨年離婚した30歳シングルマザー、月収32万円。2歳の娘を大学まで行かせたい
第46回 34歳パート、夫と合わせ月収32万円。消費増税前と後で住宅購入は何が変わる?
第45回 33歳の男性美容師、月収36万円。独立したいが、開業資金などはどうすれば?
第44回 33歳専業主婦、夫の月収28万円。消費税が8%になっても生活維持できるか不安
第43回 35歳会社員女性、夫と合わせ月収48万円。第二子出産を機に会社を辞めていい?
第42回 27歳男性、月収19万円。ハワイでの挙式やマイホーム、彼女の夢をかなえたい
第41回 54歳主婦、夫の月収43万円。住宅ローンを無事に完済、老後を豊かにするには?
第40回 33歳会社員、夫と合わせ月収38万円。最近数種類の保険に加入、これ以上は…
第39回 23歳の大学5年生、バイト代で生活。どうしたらやりくり上手になれる?
第38回 35歳の契約社員、妻と合わせ月収42万円。投資を始めたいのでアドバイスを!!
第37回 32歳主婦、月収24万円。消費増税前のこのタイミング、マイホーム購入すべき?
第36回 23歳社会人1年目のOL、月収20万円。社員寮から出て一人暮らしをしたい!!
第35回 29歳主婦、月収26万円。家計は毎月なぜか赤字、どうすれば黒字にできる?
第34回 37歳主婦、夫は自営業で月収44万円。小学受験させたいが、金銭的な親の負担は?
第33回 両親の家に同居の32歳主婦、月収31万円。建替えや教育・老後資金はどうすれば?
第32回 36歳主婦、夫の残業代がつかなくなった…マイホーム購入や教育費に不安
第31回 社会人3年目の男性、月収24万円。1人暮らしをしても問題なく生活していける?
第30回 新社会人の23歳男性、月収24万円。遠距離恋愛でお金がかかる…貯蓄どうする?
第29回 社会人2年目の25歳男性、月収20万円。車を買いたいが、貯蓄プランを教えて!
第28回 28歳会社員女性、月収23万円。夢はマンション経営、どうすれば貯蓄増やせる?
第27回 37歳パート勤務、夫と合わせ月収37万円。300万円の預金、いい運用方法ある?
第26回 23歳の新社会人女性、実家暮らしで月収14万円。30歳までに1000万円貯めたい!
第25回 32歳パート勤務、夫と合わせ月収30万円。子供もあと2人、持ち家もほしい!!
第24回 35歳専業主婦、月収25万円。どんな保険に入ったらいいか、全く分かりません
第23回 33歳女性会社員、共働きで月収60万円。もうすぐ出産だが、家計はどうすれば?
第22回 35歳、女性会社員。実家暮らしで月収24万円。マンションを買うか悩んでます
第21回 38歳会社員女性、夫と合わせ月収37万円。子供の大学費用の貯金ができない…
第20回 37歳主婦、月収44万円。貯蓄2600万円。子供2人を中学から私立に入学させたい
第19回 36歳パート、夫とあわせ月収33万円。子供がいないのにお金が貯まりません…
第18回 32歳、産休中。復職後は月収37万円。両親と同居中、二世帯住宅にしたいが…
第17回 30歳のOL、一人暮らしで月収28万円。「年100万円」確実に貯められる方法は?
第16回 38歳パート、夫と合わせ月収41万円。子供3人、教育費・老後資金どうすれば?
第15回 38歳パート勤務、夫と合わせて月収36万円。自宅を買ったが貯蓄もなく不安…
第14回 25歳OL、月収18万円。27歳までに400万円貯めたいけどうまくいきません
第13回 34歳会社員女性。第2子出産後は専業主婦希望、だが夫の収入だけだと不安…
第12回 24歳のOL、実家暮らしで月収18万円。5年以内の結婚を希望、やるべき事は?
第11回 39歳主婦、夫は自営業で月収42万円。夫の収入が減少、どうすれば貯蓄できる?
第10回 42歳、独身男性。月収28万円。好き勝手に過ごしてきたが、老後どうすれば?
第9回 36歳主婦、月収40万円。子供が双子で学費が1度に必ず2倍、貯金はどうすれば?
第8回 38歳女性で病院勤務、夫は自営業。月収60万円。住宅ローンがよく分からない
第7回 地方出身の大学2年生、月収14万円。学生だが"貯金ゼロ"は不安…どうすれば?
第6回 27歳独身の男性会社員、手取りは22万円。寮を出た後はどう暮らせばいい?
第5回 35歳女性会社員、夫に持病あり。団信に入れない場合、いくらの家なら買える?
第4回 42歳女性会社員、長男はまだ4歳。学資保険以外に「教育費」で打つ手はある?
第3回 39歳女性会社員、共働きで月収51万円。浪費していないのに貯金できない…
第2回 41歳会社員、妻と合わせ月収42万円。第2子が生まれ生命保険を見直したい
第1回 33歳で共働き、月収51万円だが年俸制。マイホームと第2子の両方ほしい

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事