【コラム】

男の家電

9 水出しコーヒーが作れるコーヒーメーカー「ACO-A060」

よしのわたる  [2006/02/13]

9/135

先週注文したコーヒーメーカーが届きました。巨大です。今まで、筆者が使ったことのあるコーヒーメーカーの、どう考えても倍以上のサイズです。オフィス用のコーヒーメーカーに匹敵するサイズです。

とにかく巨大なコーヒーメーカーが届いた

ACO-A060は、ペーパードリップ式の一般的なコーヒーメーカーとして使うこともできるのですが、筆者は恐らく、これで普通のコーヒーを入れることはないでしょう。とにかく、水出しコーヒーを入れる機械が自宅にあるという1点だけで、結構満足していたりします。

さて、ACO-A060で水出しコーヒーを作るのには、3~6時間掛かるとマニュアルに書かれています。つまり、水出しコーヒーは、飲みたいと思ったときに作り始めたのでは遅すぎということです。6時間後にコーヒーが飲みたくなるに違いないということを予知して、作り始めなければならないのです。というわけで、今コーヒーを飲みたいというわけではないのですが作り始めます。

マニュアルには、用意するコーヒー豆は、「細挽き、または中挽きのものを使いましょう」「深煎りの豆がおすすめです」と書かれています。というわけで、今回はとりあえず近所のドトールコーヒーで、エスプレッソ用のコーヒー豆を買ってきました。

ACO-A060は、MAXで一度に6杯分の水出しコーヒーを作ることができるのですが、その際に使用するコーヒーの粉の量は、計量カップで9杯と、通常のコーヒーの1.5倍の量となっています。ところが、マニュアルには使う粉の量しか書かれていません。豆の場合はどのくらいの量を使えばよいのでしょうか。よく分からないので、とりあえず、9杯入れてみて、その後何度か調整して適切な値を探っていきたいと思います。

筆者の持っているコーヒーミルは、それほど大容量ではありませんので、2回に分けて豆を挽きます。次に、ペーパーフィルターをセットして、挽いたコーヒー豆を入れます。筆者は、今まで一度にこれほどの量のコーヒー豆を使ったことはありません。本当にこれで正しいのでしょうか。

ほぼ、CD-Rと同じ直径にコーヒー豆が山盛り状態。本当にこれで良いのか不安に陥る

さて、マニュアルには「コーヒーに水をかけて軽くかき混ぜ、表面を軽く固めるようにならす」と書かれています。どのくらい水を入れて、どのくらい湿らせればよいのか分からないのが不安ですが、量が書いてないということは、きっと、多くても少なくても、致命的な失敗にはならないということなのでしょう(と解釈することにする)。

さて、コーヒーをセットしたら、次は水のセットです。マニュアルには、ミネラルウォーターはあまり使わないほうがよいと書かれていたので、浄水器の水を使用します。

規定の量の水を入れる

水出しコーヒーを入れる際の動力は、重力です。つまり、このACO-A060を水出しコーヒー用に使う場合、コンセントに繋いでおく必要はまったくありません。

水を入れたら水量の調整を行います。本体中央にあるつまみを「STOP」と「FULL」の間で動かし、1秒間に1滴の速さで水が落ちるように調整すると書かれています。これは結構難しい作業です。というのも、このつまみが、バックラッシュが大きいというか、右に回したときと左に回したときとで、同じ位置でも、水が出る量に差があるのです。ものすごく昔のラジオで海外の短波放送を受信するときのような感覚です。

この調整が結構難しい

何とか、1秒1滴を達成し、あとはひたすら待つだけです。30分経過しました。順調に水が落ちていきます。しかし、サーバーにはまだ何も落ちてきません。先ほど振りかけた水の量が少なかったのでしょうか。とはいえ、水タンクには、まだ大量の水が入っているので、多少時間がかかっても何とかなるでしょう。

2時間後、ふと見ると水が止まっていました。つまみを少し「FULL」のほうに動かします。

6時間後、まだ水タンクの水は半分程残っています。途中でタイムロスがあったせいもあるのでしょうが、このままのペースだと、すべての水が落ちきるまでに12時間程度ということになってしまいます。さすがにそこまでは待ってられないので、とりあえず一度水を止めて、でき上がった(ことにして)コーヒーを飲んでみることにします。

6時間後、水がまだ半分程度残っている

完成した(ことにした)水出しコーヒー。けっこう濃くて美味しいのだが、ここまで来るのにすでに6時間

コーヒーの味自体は、そこそこ満足のいくものでした。今回はアイスコーヒーにしましたが、ホットで飲む場合は電子レンジの牛乳温めモードを使うとよいようです。

しかし、今のところ、1晩ほうっておけば簡単に水出しコーヒーのでき上がり、という具合にはいきません。時々様子を見て微調整をする必要があるようです。6~7時間ずーっと、水が落ちるのを見張っているわけにもいきません。水量の調節や、粉の湿らせ具合、固め具合によって変わってくるのでしょうが、正しいポイントを見つけるまでには、しばらく試行錯誤が必要なようです。

今回の結論
新しいコーヒーメーカーを買ったら、一時的にコーヒーを入れる手間が増えてしまった

9/135

インデックス

連載目次
第135回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(5) - 掃除機選びのコツ
第134回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(4) - パーソナル向け洗濯機を紹介
第133回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(3) - 洗濯機の選び方あれこれ
第132回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(2) - 各メーカーのパーソナル冷蔵庫
第131回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(1) - パーソナル冷蔵庫の選び方
第130回 オーブントースター兼用のノンフライオーブンを体験する
第129回 スマートフォン専用ガラスコーティング剤「iガラコ」を試す
第128回 人感センサー付きファンヒーターで電気代を抑えつつ快適に冬を乗り切る
第127回 掃除機の性能を示す指標はきちんと性能を示せているか?
第126回 冬の朝を快適にするエアコン暖房の「即暖」機能
第125回 おおらかな家庭用シュレッダー
第124回 "一番良いやつ"を選ぶべき?(2)
第123回 "一番良いやつ"を選ぶべき?(1)
第122回 USB接続タイプのワットモニターを使う
第121回 2014年モデルの扇風機はDCモーター採用機がメインストリーム?(2)
第120回 2014年モデルの扇風機はDCモーター採用機がメインストリーム?(1)
第119回 夏が近いので超音波ビアサーバー「コク泡」2014年モデルを試してみた
第118回 空気清浄機はどのように選ぶ?(3)
第117回 空気清浄機はどのように選ぶ?(2)
第116回 空気清浄機はどのように選ぶ?(1)
第115回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(3)
第114回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(2)
第113回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(1)
第112回 続・乾電池を使用するモバイルバッテリーでスマートフォンが充電できない!?
第111回 乾電池を使用するモバイルバッテリーでスマートフォンが充電できない!?
第110回 2013年冬~2014年春の暖房事情(4)
第109回 2013年冬~2014年春の暖房事情(3)
第108回 2013年冬~2014年春の暖房事情(2)
第107回 2013年冬~2014年春の暖房事情(1)
第106回 自宅でビアホール気分! 乾電池で手軽に使える缶ビールサーバーを試してみた
第105回 クリーナーでエアコンのフィルターを掃除する効率的な方法
第104回 夏に多い、熱による家電製品のトラブルへの対処
第103回 ハイグレードなDC扇風機・東芝「SIENT+ F-DLR300X」を検証する
第102回 濾過が速いポット型浄水器
第101回 夏場にサーキュレーター?
第100回 18畳の広さに対応する日立らしいLEDシーリングライト
第99回 DCモーター採用の扇風機とACモーター採用の扇風機
第98回 新生活にピッタリ(?)なスティック型クリーナー(2)
第97回 新生活にピッタリ(?)なスティック型クリーナー(1)
第96回 家庭で使う工具の選び方と使い方(3)
第95回 家庭で使う工具の選び方と使い方(2)
第94回 家庭で使う工具の選び方と使い方(1)
第93回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(4)
第92回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(3)
第91回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(2)
第90回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(1)
第89回 「スマート家電」の今とこれから(2)
第88回 「スマート家電」の今とこれから(1)
第87回 ソニーの大容量蓄電池「CP-S300」で乗り切る節電の夏(2)
第86回 ソニーの大容量蓄電池「CP-S300」で乗り切る節電の夏(1)
第85回 あまりに明るいLEDシーリングライトは何畳用なのか?
第84回 防水・耐トラッキングタップのスイッチ付き「ザ・タップX」を分解してみた
第83回 家電製品の製品名(型番)から見えてくること
第82回 郊外型の家電量販店に対する個人的な懸念
第81回 扇風機の消費電力はどのくらい?
第80回 電気ポットと電気ケトルの間
第79回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(7)
第78回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(6)
第77回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(5)
第76回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(4)
第75回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(3)
第74回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(2)
第73回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(1)
第72回 LED時代の家庭照明(7)
第71回 LED時代の家庭照明(6)
第70回 LED時代の家庭照明(5)
第69回 LED時代の家庭照明(4)
第68回 LED時代の家庭照明(3)
第67回 LED時代の家庭照明(2)
第66回 LED時代の家庭照明(1)
第65回 エレコムが直管LEDを発表
第64回 掃除機に低価格な互換紙パックを使うのは問題?
第63回 スマートフォンのバッテリー問題を考える
第62回 スマートフォンユーザーの必需品--大容量携帯バッテリー ソニー「CP-A2LS」
第61回 コードレスホンのバッテリーが劣化するとノイズが乗る?
第60回 2011年、家庭用LED照明はどうなるのか
第59回 オイルヒーターに近い快適さに手軽さをプラスした暖房 - パネルヒーター
第58回 エアコンフィルターの手動掃除に便利なグッズは手近なところに
第57回 ラインナップが増えてきたE17ソケットのLED電球
第56回 Ni-MH充電池をリモコンに使う際の問題点?
第55回 480円の電池と980円の電池
第54回 E17ソケットで使えるLED電球は本当にミニクリプトン形か
第53回 新生活向けパーソナルサイズの冷蔵庫でチェックしたいポイント
第52回 高い方の点灯管「電子点灯管」はどのくらい意味があるのか
第51回 寒い季節になってもLED電球は大丈夫か
第50回 後になると今年は実用的なLED電球元年と呼ばれるかもしれない
第49回 ゴージャスな3合炊き炊飯器を買う
第48回 松下「TK-PA10」を購入 - ポット型浄水器3台持ち状態になる
第47回 またもやコーヒーをいれる道具を増やす
第46回 E17ソケットに使えるLEDランプを試す
第45回 年末年始に発表された新製品
第44回 2007年夏 - 男らしく扇風機をチェックしてみる
第43回 突然の家電製品のトラブルに慌てる
第42回 ポット型浄水器「02クリンスイピッチャー」を買った
第41回 eneloop vs. HHR-3MPS(6)
第40回 2007年、筆者オススメの新生活家電(1) - 手間をかけないための洗濯機
第39回 大掃除のシーズン、もう一つの視点で選ぶ掃除機
第38回 消耗品交換の季節
第37回 今年もオイルヒーターで乗り切る
第36回 寒くなってきたので、そろそろ暖房器具を測定
第35回 eneloop vs. HHR-3MPS(5)
第34回 全部入りのエアコンが動いていれば空気清浄機はいらないのか
第33回 相当気が早い今年の年末商戦予想(3) - 冬のボーナスで買う大型冷蔵庫
第32回 相当気が早い今年の年末商戦予想(2) - 照明器具編
第31回 相当気が早い今年の年末商戦予想(1)
第30回 ワットメーターを購入する
第29回 正常な冷蔵庫の庫内温度を計る
第28回 eneloop vs. HHR-3MPS(4)
第27回 訳あって冷蔵庫の中の温度を測定する
第26回 対Ni-MH最終兵器導入
第25回 電球形蛍光灯再び
第24回 eneloop vs. HHR-3MPS(3)
第23回 eneloop vs. HHR-3MPS(2)
第22回 ハンドシュレッダーで力任せの個人情報保護
第21回 リモコン付きの照明器具はやっぱり便利
第20回 初夏は扇風機のシーズン
第19回 eneloop vs. HHR-3MPS(1)
第18回 予備のキープ量は必ずしも使う量に比例しない
第17回 電源タップを代えて安全に - 安全安心な電源タップ"ザ・タップX"をバラす
第16回 電源タップを代えて安全に - 火災を引き起こしかねないトラッキング現象
第15回 本当に役立つ新生活家電は(4) - 白物家電ではないけれど新生活に必要なもの
第14回 本当に役立つ新生活家電は(3) - クリーナーはパワーか個性か
第13回 本当に役立つ新生活家電は(2) - 洗濯機の選択肢は
第12回 本当に役立つ新生活家電は(1) - 全体の傾向
第11回 2006年型のエアコンの機能比較(2)
第10回 2006年型のエアコンの機能比較
第9回 水出しコーヒーが作れるコーヒーメーカー「ACO-A060」
第8回 衝動買いではなく、熟慮の上、コーヒーメーカーを購入する
第7回 ソケットに刺さるものの話
第6回 年末年始に発表された、ちょっと気になる製品
第5回 オイルヒーターについて
第4回 スポット暖房器具について考える
第3回 暖房器具について考える
第2回 自走式掃除機「RV-2」(2) RV-2を高性能電池でパワーアップ
第1回 自走式掃除機「RV-2」(1)充電をさらに便利に

もっと見る

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR