【コラム】

男の家電

5 オイルヒーターについて

 

5/135

すでに現行機種ではないが、なんの問題もなく動作しているPhilips「1000EX」

今回も暖房器具、といってもマイナーで、使っているのはよっぽど好きな人、といわれるオイルヒーターについての話です。

実は、このオイルヒーターというのはけっこう癖のある暖房器具です。オイルヒーターは、それを使って「良かった」という人と「悪かった」と言う人に、極端に分かれてしまう暖房器具なのです。

「悪かった」という人の多くは、温かくなるのが遅いと口にしています。もちろん、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターなどのように、電源を入れると2~3秒で温かくなるなどという芸当は、オイルヒーターには絶対に不可能です。適正な環境で使用しても、部屋を暖めるのには、たいてい1時間以上かかってしまうのがオイルヒーターです。しかし、そういったオイルヒーターの性格は普通に知られていると思うので、ダッシュで温かくならないとだめだという気の短い人は、初めからオイルヒーターを選択肢には入れないでしょう。しかし、温かくなるのが遅いというのは、そういったレベルの話ではなかったりします。その原因は、オイルヒーターの動作環境がわりとシビアだという点です。他の暖房器具の場合、たとえば10畳の部屋に8畳用の器具を置いた場合でもそこそこ暖かくなり、まったく用を足さないというわけではないですが、オイルヒーターの場合そう簡単ではありません。

以前にも書きましたが、たいていのオイルヒーターは、部屋が温かくなるまでの間、フルパワーで動作します(1,000~1,500W程度)。そして、部屋が設定温度まで温かくなると、そこからは巡行運転といった感じで、パワーを何段階か落としていきます。これに関してはオイルヒーターに限らず、温度設定の項目のある暖房器具はたいていそうですが、そういった製品の多くは、ファンヒーターだったり、電気カーペットだったりというように、直接温かさが伝わってくる暖房器具です。それに対してオイルヒーターは「気が付くと温かくなっていた」という感じの暖房器具なので、使用している部屋の環境(広さや構造)などによっては、ずーっとフルパワーで稼働しているにもかかわらず、ちっとも温かくならないということにもなりかねません。

多くのオイルヒーターの推奨動作環境は、鉄筋コンクリート製のマンションの場合、1,000W機で6畳、1,200~1,300W機で8畳、1,500W機で10畳程度といった感じです。木造住宅の場合は、その4~7割程度だとされています。しかし、部屋の気密性や、壁に使用されている断熱材、カーテンの材質などによって、この数値は大きく変わってきてしまいます。実際、換気扇を動かすだけでも温かくなるのにかかる時間がかなり変わってきたりする程で、筆者の経験では、どうも他の暖房器具に比べて環境の影響を受けやすいようなのです。という感じなので、実際のところ、その部屋に何Wのオイルヒーターを置けばよいのかは、やってみないとわからないという部分が、どうしても残ってしまうと、筆者は思います(そのうえ、日によって暖まり方が違ったりする)。

さらに、フルパワー稼働時の消費電力が大きいモデルでは、同時に使用できる電気製品に制約を受けるケースが出てきてしまいます。30Aで契約している家庭では、全体のA数で引っかかってしまうこともあるでしょうし、そうでない場合でも、どことどこのコンセントが同じ回路なのかをあらかじめ把握しておかないと、PCやビデオなどを道連れにして、どことどこのコンセントが同じ回路なのかを把握するハメになりかねません(以前オフィスで、コピーとレーザープリンターとコーヒーメーカーが同じ回路に繋がっていたことを強制的に把握させられたことがあったもので……)。

また、オイルヒーターはこれだけの電力を消費するにもかかわらず、民生品ではなぜか100Vのモデルばかりなのです(筆者が知らないだけで、どこかに単相200Vのモデルが存在するのかもしれませんが……)。最近の家庭では、各部屋で単相200Vが使えるケースも増えてきているので、この辺りは何とかして欲しいところです。

といったように、オイルヒーターを導入する際には、十分に検討してから決断するべきだと思うのですが、それでも、そういった微妙さを乗り越えれば、風が起きない、音が静か、部屋の空気を汚さない、そして安全といった、非常に快適な暖房器具です。部屋の空気を汚さずに安全であるという点は、エアコンによる暖房も同様なのですが、他の2点でエアコンよりも優れています(エアコンには「効率」といった、オイルヒーターにはまねのできないメリットがあったりするのですが)。そのため、エアコンを補完する暖房器具としては、かなり優れたものだと筆者は思っています。

動作中にフィンの部分に手を触れても、そう簡単には火傷したりすることはない。そういった意味では安全性が高いのだが、けっこう重いので、無理やり動かそうとして腰を痛めたりする危険性はある

また、外出先から戻ってきたときなどに、けっこう差を感じたりするのですが、オイルヒーターで温めた部屋のほうが、ファンヒーターで暖めた部屋よりも、長いこと温かいままでいるように思えます。まぁ、これはプラシーボ効果かもしれないのですが。

5/135

インデックス

連載目次
第135回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(5) - 掃除機選びのコツ
第134回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(4) - パーソナル向け洗濯機を紹介
第133回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(3) - 洗濯機の選び方あれこれ
第132回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(2) - 各メーカーのパーソナル冷蔵庫
第131回 2015年新生活、家電はどう選ぶ?(1) - パーソナル冷蔵庫の選び方
第130回 オーブントースター兼用のノンフライオーブンを体験する
第129回 スマートフォン専用ガラスコーティング剤「iガラコ」を試す
第128回 人感センサー付きファンヒーターで電気代を抑えつつ快適に冬を乗り切る
第127回 掃除機の性能を示す指標はきちんと性能を示せているか?
第126回 冬の朝を快適にするエアコン暖房の「即暖」機能
第125回 おおらかな家庭用シュレッダー
第124回 "一番良いやつ"を選ぶべき?(2)
第123回 "一番良いやつ"を選ぶべき?(1)
第122回 USB接続タイプのワットモニターを使う
第121回 2014年モデルの扇風機はDCモーター採用機がメインストリーム?(2)
第120回 2014年モデルの扇風機はDCモーター採用機がメインストリーム?(1)
第119回 夏が近いので超音波ビアサーバー「コク泡」2014年モデルを試してみた
第118回 空気清浄機はどのように選ぶ?(3)
第117回 空気清浄機はどのように選ぶ?(2)
第116回 空気清浄機はどのように選ぶ?(1)
第115回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(3)
第114回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(2)
第113回 新生活で最低限そろえておきたい生活家電製品(1)
第112回 続・乾電池を使用するモバイルバッテリーでスマートフォンが充電できない!?
第111回 乾電池を使用するモバイルバッテリーでスマートフォンが充電できない!?
第110回 2013年冬~2014年春の暖房事情(4)
第109回 2013年冬~2014年春の暖房事情(3)
第108回 2013年冬~2014年春の暖房事情(2)
第107回 2013年冬~2014年春の暖房事情(1)
第106回 自宅でビアホール気分! 乾電池で手軽に使える缶ビールサーバーを試してみた
第105回 クリーナーでエアコンのフィルターを掃除する効率的な方法
第104回 夏に多い、熱による家電製品のトラブルへの対処
第103回 ハイグレードなDC扇風機・東芝「SIENT+ F-DLR300X」を検証する
第102回 濾過が速いポット型浄水器
第101回 夏場にサーキュレーター?
第100回 18畳の広さに対応する日立らしいLEDシーリングライト
第99回 DCモーター採用の扇風機とACモーター採用の扇風機
第98回 新生活にピッタリ(?)なスティック型クリーナー(2)
第97回 新生活にピッタリ(?)なスティック型クリーナー(1)
第96回 家庭で使う工具の選び方と使い方(3)
第95回 家庭で使う工具の選び方と使い方(2)
第94回 家庭で使う工具の選び方と使い方(1)
第93回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(4)
第92回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(3)
第91回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(2)
第90回 省電力時代のオイルヒーターの立ち位置(1)
第89回 「スマート家電」の今とこれから(2)
第88回 「スマート家電」の今とこれから(1)
第87回 ソニーの大容量蓄電池「CP-S300」で乗り切る節電の夏(2)
第86回 ソニーの大容量蓄電池「CP-S300」で乗り切る節電の夏(1)
第85回 あまりに明るいLEDシーリングライトは何畳用なのか?
第84回 防水・耐トラッキングタップのスイッチ付き「ザ・タップX」を分解してみた
第83回 家電製品の製品名(型番)から見えてくること
第82回 郊外型の家電量販店に対する個人的な懸念
第81回 扇風機の消費電力はどのくらい?
第80回 電気ポットと電気ケトルの間
第79回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(7)
第78回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(6)
第77回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(5)
第76回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(4)
第75回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(3)
第74回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(2)
第73回 少し早めにスタートする新生活家電ガイド(1)
第72回 LED時代の家庭照明(7)
第71回 LED時代の家庭照明(6)
第70回 LED時代の家庭照明(5)
第69回 LED時代の家庭照明(4)
第68回 LED時代の家庭照明(3)
第67回 LED時代の家庭照明(2)
第66回 LED時代の家庭照明(1)
第65回 エレコムが直管LEDを発表
第64回 掃除機に低価格な互換紙パックを使うのは問題?
第63回 スマートフォンのバッテリー問題を考える
第62回 スマートフォンユーザーの必需品--大容量携帯バッテリー ソニー「CP-A2LS」
第61回 コードレスホンのバッテリーが劣化するとノイズが乗る?
第60回 2011年、家庭用LED照明はどうなるのか
第59回 オイルヒーターに近い快適さに手軽さをプラスした暖房 - パネルヒーター
第58回 エアコンフィルターの手動掃除に便利なグッズは手近なところに
第57回 ラインナップが増えてきたE17ソケットのLED電球
第56回 Ni-MH充電池をリモコンに使う際の問題点?
第55回 480円の電池と980円の電池
第54回 E17ソケットで使えるLED電球は本当にミニクリプトン形か
第53回 新生活向けパーソナルサイズの冷蔵庫でチェックしたいポイント
第52回 高い方の点灯管「電子点灯管」はどのくらい意味があるのか
第51回 寒い季節になってもLED電球は大丈夫か
第50回 後になると今年は実用的なLED電球元年と呼ばれるかもしれない
第49回 ゴージャスな3合炊き炊飯器を買う
第48回 松下「TK-PA10」を購入 - ポット型浄水器3台持ち状態になる
第47回 またもやコーヒーをいれる道具を増やす
第46回 E17ソケットに使えるLEDランプを試す
第45回 年末年始に発表された新製品
第44回 2007年夏 - 男らしく扇風機をチェックしてみる
第43回 突然の家電製品のトラブルに慌てる
第42回 ポット型浄水器「02クリンスイピッチャー」を買った
第41回 eneloop vs. HHR-3MPS(6)
第40回 2007年、筆者オススメの新生活家電(1) - 手間をかけないための洗濯機
第39回 大掃除のシーズン、もう一つの視点で選ぶ掃除機
第38回 消耗品交換の季節
第37回 今年もオイルヒーターで乗り切る
第36回 寒くなってきたので、そろそろ暖房器具を測定
第35回 eneloop vs. HHR-3MPS(5)
第34回 全部入りのエアコンが動いていれば空気清浄機はいらないのか
第33回 相当気が早い今年の年末商戦予想(3) - 冬のボーナスで買う大型冷蔵庫
第32回 相当気が早い今年の年末商戦予想(2) - 照明器具編
第31回 相当気が早い今年の年末商戦予想(1)
第30回 ワットメーターを購入する
第29回 正常な冷蔵庫の庫内温度を計る
第28回 eneloop vs. HHR-3MPS(4)
第27回 訳あって冷蔵庫の中の温度を測定する
第26回 対Ni-MH最終兵器導入
第25回 電球形蛍光灯再び
第24回 eneloop vs. HHR-3MPS(3)
第23回 eneloop vs. HHR-3MPS(2)
第22回 ハンドシュレッダーで力任せの個人情報保護
第21回 リモコン付きの照明器具はやっぱり便利
第20回 初夏は扇風機のシーズン
第19回 eneloop vs. HHR-3MPS(1)
第18回 予備のキープ量は必ずしも使う量に比例しない
第17回 電源タップを代えて安全に - 安全安心な電源タップ"ザ・タップX"をバラす
第16回 電源タップを代えて安全に - 火災を引き起こしかねないトラッキング現象
第15回 本当に役立つ新生活家電は(4) - 白物家電ではないけれど新生活に必要なもの
第14回 本当に役立つ新生活家電は(3) - クリーナーはパワーか個性か
第13回 本当に役立つ新生活家電は(2) - 洗濯機の選択肢は
第12回 本当に役立つ新生活家電は(1) - 全体の傾向
第11回 2006年型のエアコンの機能比較(2)
第10回 2006年型のエアコンの機能比較
第9回 水出しコーヒーが作れるコーヒーメーカー「ACO-A060」
第8回 衝動買いではなく、熟慮の上、コーヒーメーカーを購入する
第7回 ソケットに刺さるものの話
第6回 年末年始に発表された、ちょっと気になる製品
第5回 オイルヒーターについて
第4回 スポット暖房器具について考える
第3回 暖房器具について考える
第2回 自走式掃除機「RV-2」(2) RV-2を高性能電池でパワーアップ
第1回 自走式掃除機「RV-2」(1)充電をさらに便利に

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味
[最上もが]まるでヌード! レスリー・キー撮影でアート写真集 大胆ビジュアル解禁
[21:30 10/1] エンタメ
哀川翔、本業はもはやカブトムシ飼育!?「来年は大きさでギネスを狙います」
[21:30 10/1] エンタメ
[三吉彩花]初の写真集でロングヘアを40センチばっさり セクシービキニも披露
[21:00 10/1] エンタメ
川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ