【コラム】

自作パーツ実験室

33 動くといいなATOP - Albatron ATOPにバルクQuadroをおんぶさせてみた

石川ひさよし  [2005/10/03]

33/63

なんとなくパーソナルユースの新提案にはサーバ・ワークステーションの技術が取り入れられていくのだな、などと考えている。考えてみれば"ネットワーク"という言葉も15年前のパーソナルユースでは使わなかった。インターネットというLANを超えた世界を手にした今は、セキュリティにしてもサーバと同じような機能が必要とされる。ファイアウォールは当たり前だし、ルータもかなりの普及率だろう。最近では簡易NASがパーソナル向けにもある。ただしパーソナル向けのインタフェースはプロフェッショナル向けと比べ格段に簡素化され分かりやすいものになっている。いや、これでもまだ難しいと敬遠する人も事実いるわけだが……。そのような簡素化されたインタフェースに囲まれた時、そのインタフェースに隠された自分でもまだ分かっていないところに不安を覚えることもある……とふと思った。

ATOPはAGP GeForceの救世主か!?

久しぶりに今回のネタはいわゆる"人柱"パーツ。自然とテンションも上がるわけだが、自作ユーザーとして重傷だなと思いつつご紹介したい。今回試したいパーツはAlbatronの「ATOP」。AGPグラフィックスカードをPCI Express x16スロットで活用できるという製品である。発表後はその可能性に思いを馳せてみたものの、いざ店頭に並んだら動作保証はAlbatron製のGeForce系カード(の一部)ということで、購入をためらっていた方も居るのではないだろうか。とにかく筆者所有のGeForce(系)VGAで動くかどうか試してみたい。

Albatron ATOP+AGP6200AL

ATOP単体ではこのような形状

今回用意したのは"いちおう"GeForce系のグラフィックチップである「Quadro NVS 280」を搭載しているとされるメーカー不明のカード。この製品、一時期秋葉原でジャンク扱いで流れた3,000円程度のカードだ。Quadro NVSシリーズではQuadro NVS 280は最エントリー。同じQuadroでもOpenGLがメインとなる本流Quadroとは少々違い、ファンレス設計でのSFF(スモールフォームファクタ)対応やデジタル/アナログでの高解像度マルチディスプレイ出力が主な用途となる。ただし、製造メーカー(不明)や、いちおう厳密にはGeForceで無いことからATOPで動けばラッキー程度と思っていた。

とりあえずネタとして入手した、「Quadro NVS 280」とされるカードが役立つ日が来た

さて、ATOPの各部から紹介しよう。ATOPは下にPCI Expressのオス、上にAGPのメスのコネクタを持つ変換アダプタだ。構造はというと、PCI ExpressとAGPインタフェースのちょうど間にヒートシンクに隠れたNVIDIAのPCIe⇔AGP変換チップHSI、その右には計6つのジャンパ、ブラケット側には単に信号をスルーさせるだけと思われるD-Sub15ピンコネクタが搭載されている。なお、おんぶするAGPカードによってジャンパを切り替える必要がある。同社はこのメカニズムにより、MX4400シリーズ、FXシリーズ、6x00シリーズなど各世代の幅広いGeForceカードに対応しているとする。

ヒートシンク下に隠れているHSIチップ

もちろんQuadro NVS 280用のジャンパ設定は無いので、とりあえず標準のままおんぶさせてみることにした。そして最初の問題に突き当たることとなる。その問題とはブラケットが合わないことだ。標準で付属するブラケットはS出力+DVI出力(+ATOP側のD-Sub)というもので、確かに標準的と言えるレイアウトだ。そのため多くのカードでは問題ないと思われる。しかしQuadro NVS 280はDVI形状に似た特殊コネクタ1ポートというブラケット。このあたりは専用ブラケットを自力で工作する必要があるかもしれない。ちなみに、Albatron製のGeForce 6200カード「AGP6200AL」などでは、D-Sub / DVI / S-Videoといった全てのインタフェースがばっちり対応する。

とりあえずATOPにおんぶしたQuadro NVS 280

下がATOP、上は別のGeForceカードのものでレイアウトは同じ

これが問題のQuadro NVS 280のブラケット

インタフェースの問題は放置して先に進む。つぎはジャンパの問題。サポートに無いカードを用いるのだから設定は全くの不明。標準のまま進めるとWindowsのインストールまでは可能だった。つまり「標準VGAカード」として認識するようだ。ATOP自体にはドライバも不要だ。ただしドライバのインストールとなると、対応したジャンパ設定でないと対応するカード・ドライバが検出できないとのエラーが発生しインストール作業は中断してしまう。とりあえずいくつかジャンパを変えたところでインストールが可能な設定を見つける事が出来た。また、いくつかのジャンパ設定ではVGA出力さえもされないことも分かってきた。

最初に認識した際のドライバ設定のスクリーンショットでは、上にQuadro NVS、下にQuadro3400 / 4400(?)というおかしな認識。解像度の変更などは可能であり、サポート外のGPUを使用することが可能となったわけだがどうもしっくり来ない。

標準VGAで認識されてもジャンパが合わないとドライバインストールでエラーが

これが最初に認識した際のスクリーンショット

さらにジャンパ設定を練ってみると、ジャンパを変える事でGPUコアの認識のされ方も変わってしまうことが分かってきた。全てを網羅したワケではないが、例えばGeForce PCX5300と認識されたり、GeForce 6800シリーズと認識されたりといろいろ。GeForce 6800シリーズと認識されたからと行って6800シリーズのファンクションは利用できないと思うが、気持ちはイイ気分と不安の半々である。

さらにいじるとこんな認識のされ方や

こんな認識のされ方も

とりあえず認識されることが価値というか勝ちでは?

Quadro 3400 / 4400として認識された際のジャンパ(ただし筆者の環境においてであり、この設定での動作を保証するものではありません)

このように動く事もあると確認できたATOP+サポート外のGeForce系GPUの組み合わせ。正常認識されなかったため、このようなサポート外GPUで動作させることの価値は疑問が残るが、例えばリユース(再生)PC的に使えば3D性能はさほど問題になるわけでもないだろう。とりあえずドライバが入るジャンパ設定を見つけてしまえば解像度の変更等は問題ない。愛着あるカードを末永く使うためにはこのATOPも有効ではないだろうか。

33/63

インデックス

連載目次
第63回 Windows Vistaで組みたい「M2N32-SLI Premium Vista Edition」
第62回 Vista時代も省スペースで行こう! - minipc「LF800」をベースにVistaに挑戦
第61回 静音Athlonの決定打--Energy Efficient Small Form FactorのX2 3800+を試す
第60回 ハイエンドゲーマーの究極の野望「Quad-SLI」の世界をのぞき見る
第59回 Core 2 Duo E6300のオーバークロック耐性を試してみた
第58回 今年も暑い夏だから、MACSのペルチェ素子搭載クーラー第2弾を試す(2)
第57回 今年も暑い夏だから、MACSのペルチェ素子搭載クーラー第2弾を試す(1)
第56回 3.5インチHDDとPCI Expressグラフィックで武装できるミニPC「LF800」(2)
第55回 3.5インチHDDとPCI Expressグラフィックで武装できるミニPC「LF800」(1)
第54回 最新HDDの性能チェック - Barracuda 7200.10とRaptor Xをテストする
第53回 LinkBoostとは? SLI Memoryとは? nForce 500シリーズの新機能(2)
第52回 LinkBoostとは? SLI Memoryとは? nForce 500シリーズの新機能(1)
第51回 ASUSTeK「N4L-VM DH」 - オーソドックスに組めるCore Duoマザー
第50回 i975XでCore Duoどこまで回せるか!? - AOpen i975Xa-YDGを試す(2)
第49回 i975XでCore Duoどこまで回せるか!? - AOpen i975Xa-YDGを試す(1)
第48回 RAIDユニットの活用を考えてみる - RAIDON SOHORAIDを導入
第47回 限定モデルでメーカーの気合いを知る - DFI LANPARTY UT nF4 SLI-DR VENUS(2)
第46回 限定モデルでメーカーの気合いを知る - DFI LANPARTY UT nF4 SLI-DR VENUS(1)
第45回 NVIDIAのバリューGPU「GeForce 7300 GS」を試す(2)
第44回 NVIDIAのバリューGPU「GeForce 7300 GS」を試す(1)
第43回 パワーアップした白箱 - 挑戦者の「GLAN Tank」を試す(2)
第42回 パワーアップした白箱 - 挑戦者の「GLAN Tank」を試す(1)
第41回 975XとRadeon X1300でCrossFireを試す - アダプタも不要で手軽な高性能
第40回 玄人志向SATA2RE2-PCIeを試す - PCIe x1のSATA IIカードでeSATA環境を構築
第39回 静かと小型の両立を目指したミニピーシードットジェイピーのCF700を試す(2)
第38回 静かと小型の両立を目指したミニピーシードットジェイピーのCF700を試す(1)
第37回 ASUSのA8N32-SLI DELUXEをテストしてみた - nForce4 SLI X16の実力は? (2)
第36回 ASUSのA8N32-SLI DELUXEをテストしてみた - nForce4 SLI X16の実力は? (1)
第35回 AOpen MINI PC - "mini"のサイズ・デザイン・高性能がついにDOS/Vでも(2)
第34回 AOpen MINI PC - "mini"のサイズ・デザイン・高性能がついにDOS/Vでも(1)
第33回 動くといいなATOP - Albatron ATOPにバルクQuadroをおんぶさせてみた
第32回 RADEON X800 GTとは!? - X800/700シリーズ計4枚で比較(2)
第31回 RADEON X800 GTとは!? - X800/700シリーズ計4枚で比較(1)
第30回 目指せ2.xGHz - Athlon 64 3200+ Rev.Eのオーバークロックにチャレンジ(2)
第29回 目指せ2.xGHz - Athlon 64 3200+ Rev.Eのオーバークロックにチャレンジ(1)
第28回 帰ってきたペルチェ - 弱点解決で身近になったペルチェクーラーを試す(2)
第27回 帰ってきたペルチェ - 弱点解決で身近になったペルチェクーラーを試す(1)
第26回 エントリPC1台が組めちゃう価格のソルダム高級ケース「ALCADIA X-1」を試す
第25回 噂の真相は? バリューゾーンのSempron 3300+の64bit対応と性能を検証(2)
第24回 噂の真相は? バリューゾーンのSempron 3300+の64bit対応と性能を検証(1)
第23回 挑戦者の自作NASキット「LAN Tank」の組み立てに挑戦してみる
第22回 Pentium M対抗のモバイルCPU「Turion 64」をデスクトップで動かそう(2)
第21回 Pentium M対抗のモバイルCPU「Turion 64」をデスクトップで動かそう(1)
第20回 高速メモリ導入の効果は如何に!? - 「DDR2-600」「CL3」に挑戦
第19回 CPUスピードはゲームに効く? 傾向と対策
第18回 高級ケースAbee AS Enclosure M2を手本に静音マシン作りのヒントを見出す
第17回 AOpenのi915GMm-HFS発売"Alvisoデスクトップ"の可能性を探る(2)
第16回 AOpenのi915GMm-HFS発売"Alvisoデスクトップ"の可能性を探る(1)
第15回 意外と今イチバン楽しいCPUかもしれないGeode NX 3モデルを試してみる(2)
第14回 意外と今イチバン楽しいCPUかもしれないGeode NX 3モデルを試してみる(1)
第13回 超難関!? HTPC製作に向けソフトウェアで機能拡張を試みる
第12回 難しい? それとも簡単? - 自作しながらHTPCを検討してみる
第11回 LGA775静音計画第2弾 - Power MasterのSilentモードでは思わぬ効果も!?
第10回 LGA775静音計画第2弾 - Power MasterのPerformance・Normalモードを検証(2)
第9回 LGA775静音計画第2弾 - AOpenのPower Masterを検証する(1)
第8回 GPUの素朴な疑問 - 16パイプのGPUをクロックダウンしたらどうなる?
第7回 LGA775のクーラーを考える - 巨大ヒートシンクXP-120を付けてみる
第6回 Pentium MでPCを黙らせよう(3) ファンレス実現範囲を見極める
第5回 Pentium MでPCを黙らせよう(2) こだわりのクーラー工作
第4回 Pentium MでPCを黙らせよう(1)
第3回 一風変わったマザーボード「P4GD1」「P5P800」を試してみよう(3)
第2回 一風変わったマザーボード「P4GD1」「P5P800」を試してみよう(2)
第1回 一風変わったマザーボード「P4GD1」「P5P800」を試してみよう(1)

もっと見る

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

睡眠不足による記憶力の低下は脳への刺激で補える - 理研らがマウスで発見
[11:06 5/27] テクノロジー
高橋一生主演『民王 番外編』最終話に山内圭哉の"新田くん"登場
[11:00 5/27] エンタメ
【特別企画】超級香港迷がオススメ、欲張り男子も満足させる香港の魅力
[11:00 5/27] 趣味
チュート徳井、有吉の思いに涙 -「好かれていない」と悩んでいたが実は…
[10:55 5/27] エンタメ
【コラム】実はこんなに素晴らしい! エンジニア文化の当たり前 第4回 teratail回答ユーザーに聞く、なぜそこまでシェアするの?
[10:43 5/27] 企業IT

特別企画 PR