【コラム】

窪田真之の「時事深層」

51 米6月利上げは確実? 米景気は強いか弱いか

51/57

今、世界の金融市場は、6月に米FRBが、今年2回目の利上げを実施することを織り込んで、動いている。具体的には、6月13-14日のFOMC(米金融政策決定会合)で、FRBがFF金利の誘導水準を現行の0.75-1%から、1-1.25%へ0.25%引き上げることを織り込んでいる。

米FF金利先物に織り込まれた、6月利上げ確率の推移は、以下の通り。

FF金利先物に織り込まれた米6月の利上げ確率:2017年4月3日-5月15日 (出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

4月中は、6月の利上げ確率は、50-60%で推移していた。それが、5月3日にFOMC声明文が公表されてから、利上げ確率は、80%まで上昇した。FOMC声明文に、「1-3月の米景気減速は一時的」という表現があったことが、材料視された。

4月28日に発表された米1-3月GDPが前期比年率0.7%増と、きわめて低い伸びであったため、米景気失速を懸念する声が出ていた。これでは6月利上げはできないとのムードが出ている中で、FOMC声明文に「米景気減速は一時的」という踏み込んだ表現が盛り込まれたので、注目を浴びた。それには、特別な意味があると受けとめられた。

中央銀行の景気コメントは、どの国でも、純粋な景気予測とは、見られない。金融政策変更の方向性を示すものとして、とらえられる。中央銀行が景気に強気表明をすることは、金融政策を引き締め方向で動かすという示唆になる。今回の米FRBによる「米景気減速は一時的」のコメントは、6月に利上げを実施する決意ととらえられた。したがって、FF金利先物に織り込まれる6月利上げ確率は、一気に8割まで上がった。

5月3日のFOMC議事録で利上げ見通しが強まった後、さらに5月5日発表の4月の米雇用統計が強かったことがダメ押しとなった。これで、金融市場は、6月利上げ確率を90%以上と判断するようになった。米利上げ確率の上昇を受けて、ドル高(円安)が進み、円安に反応して日経平均が上昇した。

もし、6月に米利上げが実施されないとどうなるか? 実は、FF金利先物に織り込まれている利上げ確率は、そのまま実現するとは限らない。この確率は、あくまでも、FF金利先物を売買する投資マネーがつけた値に過ぎない。市場の思惑が外れて、実現しない場合もないとは言えない。

利上げ実施を阻むものとして、以下の2つがある。

(1)トランプ政権の意向(政治圧力)

トランプ大統領は、最近、意識して、為替や米FRBの利上げにコメントをしないようにしているように、見える。ただし、本音で話せば、トランプ大統領は、米利上げとドル高(円安)に反対していることは、明らかだ。

トランプ政権は、これから景気刺激策を実施し、米景気のアクセルを踏みまくることを計画している。ところが、米FRBは、これから利上げを続ける方針だ。利上げするということは、景気にブレーキを踏むということだ。

トランプ政権がアクセルを踏み続けるときに、米FRBがブレーキを踏みまくることを、快く思っていないことは、明らかである。

もし、6月FOMCの前に、トランプ大統領が、米利上げやドル高を問題視する発言をすると、6月利上げのハードルが一気に高くなる。

(2)世界の株式市場の動き

トランプ政権は、米景気が強く、米国株が上昇を続ける間は、米利上げを容認すると考えられる。ただし、世界的に株が下がるようだと、利上げをしにくいムードが広がる。米利上げは、世界中の株式市場に大きな影響を与えるからだ。今のところ、世界の株式市場は堅調だが、来月までになんらかの理由で世界の株式が下がると、利上げをしにくくなる。

日経平均は、2万円前後で動きが小さくなってきているが、6月13・14日のFOMC後には、乱高下する可能性もある。市場予想通り、米利上げが行われれば、円安株高が進む可能性があるが、万一、利上げがないと、円高株安になるリスクがある。

執筆者プロフィール : 窪田 真之

楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジスト。日本証券アナリスト協会検定会員。米国CFA協会認定アナリスト。著書『超入門! 株式投資力トレーニング』(日本経済新聞出版社)など。1984年、慶應義塾大学経済学部卒業。日本株ファンドマネージャー歴25年。運用するファンドは、ベンチマークである東証株価指数を大幅に上回る運用実績を残し、敏腕ファンドマネージャーとして多くのメディア出演をこなしてきた。2014年2月から現職。長年のファンドマネージャーとしての実績を活かした企業分析やマーケット動向について、「3分でわかる! 今日の投資戦略」を毎営業日配信中。

※写真と本文は関係ありません

51/57

インデックス

連載目次
第57回 中国がロボット爆買い
第56回 営業利益率で銘柄選別 - 利益率の高い5銘柄とは?
第55回 「トランプ現象」に異変 - 英仏選挙に見る新潮流
第54回 小型成長株の買い方・売り方 - 小型割安株の選び方
第53回 露骨な弱者切り捨て策を打ち出すトランプ政権に不安広がる
第52回 好配当利回り株の選び方・買い方
第51回 米6月利上げは確実? 米景気は強いか弱いか
第50回 人手不足が常態化 - サービス・ロボット活用が必須の時代近づく
第49回 仏大統領選はマクロン氏トップ 安心感広がる
第48回 米シリア攻撃、日本への影響は?
第47回 ガス小売り自由化で何がどう変わる?
第46回 米景気回復の勢い増す - イエレン議長が利上げ予告
第45回 トランプ演説、議会の熱気伝わり株高
第44回 トランプノミクスで恩恵を受ける株とは?
第43回 2017年の日本株はリスクとチャンスが共存
第42回 追い詰められるサウジアラビア
第41回 "中国GDPが6.8%増"発表の意味--中国政府が景気悪化を認めざるを得なくなった
第40回 日銀の緩和補完策、市場の失望招く--原油価格の下落も不安を増殖
第39回 米FRBが9年半ぶりに利上げ実施、日銀はどうする?--追加緩和の可能性も
第38回 "株主優待目当て"の株購入は個人投資家にとって問題はないのか?
第37回 トルコがロシア機を撃墜、"第三次世界大戦"の恐れはあるか!?
第36回 フランス・パリで同時多発テロ、世界の金融市場は警戒モードに
第35回 日本郵政グループ3社が新規上場、配当利回りに魅力も成長性に課題
第34回 安倍改造内閣、長年の懸案が実行段階に--TPP、マイナンバー、郵政上場
第33回 改正派遣法が施行、求人倍率は1.23倍に上昇--非正規の待遇は改善されるか!?
第32回 欧州への難民流入、"問題の根本"シリア内戦収束へ米国とロシアが動くことが鍵
第31回 独フォルクスワーゲンが"とんでもない"不祥事--日本の自動車産業への影響は!?
第30回 中国経済に起こっていることを"電力消費量"から読み解く
第29回 日経平均は売られ過ぎ!? 急落してきた日経平均が一旦反発
第28回 4-6月のGDPは前期比年率1.6%減--景気の不透明感、安倍内閣の政策運営に影響も
第27回 内閣支持率が急低下、"外国人投資家"が日本株を見る目が変わる可能性も
第26回 中国株がまた急落、「異形の大国」で何が起きている!?
第25回 ギリシャは6月末にデフォルトするのか? - EUは「問題ない」と"開き直り"!?
第24回 「新銀行東京」はなぜ成功しなかったのか?
第23回 スカイマーク支援に、ANAがあえて踏み込むメリットは何か?
第22回 ヤマダ電機はなぜ失速したのか!? - 足を引っ張る"郊外店"と"住宅事業"
第21回 日経平均2万円でも日本株は割安!?
第20回 シャープ凋落は"日本の製造業の象徴"--「人類に貢献」するが「利益は稼げない」
第19回 「ガラケー」生産終了か - なぜ"スマホ"に主導権を握られたのか?
第18回 ニトリがついに「銀座」に出店、大塚家具との"激突"の行方はどうなる!?
第17回 3月の貿易収支、なぜ「貿易黒字」に転換できたのか!?--黒字額は徐々に拡大へ
第16回 日本マクドナルドはなぜ低迷しているのか?--外食業界の"二極化"鮮明に
第15回 「日経平均株価」が一時2万円台に! いったい誰が買っているのか!?
第14回 セブン&アイ最高益…内容は"絶好調"のセブンと不振きわまるヨーカ堂の混合
第13回 大塚家具はこれからどうなる!? 父娘対決となった経営権争奪戦は娘に軍配
第12回 電力小売り自由化、何がどう変わる? 電気料金は安くなる?
第11回 資金支援するドイツをギリシャが攻撃、なぜドイツはギリシャを見捨てない!?
第10回 伝統の貿易黒字国「日本」、原油急落で"黒字復活"は近い!?
第9回 原油急落でアメリカでは大型SUVが再び人気、「燃料電池車」はどうなる?
第8回 JTはなぜ「飲料事業」から撤退するのか? - "水道水"の品質向上も要因
第7回 ヤマト運輸はなぜ「クロネコメール便」を廃止するのか?
第6回 原油急落で電力会社にメリットはある? 投資対象としてはどうなの?
第5回 日銀が物価見通しを大幅に引き下げ、原油下落に追い詰められた!?
第4回 「イスラム国」など地政学リスクに注意が必要、ECBの追加緩和策に注目
第3回 「スイスフラン・ショック」はなぜ起きたのか!? - "日本円"との違いは?
第2回 スイス・フランが歴史的急騰 - 「為替を自然体に任せる」
第1回 2015年、なぜ「中国経済」が懸念されている?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事