【コラム】

あなたのiPhone見せてください!

4 ヌーベルジャポン エスペランサ社長 松田氏「iPhoneで"パッション"を発信」

4/10

食のスペシャリスト松田氏のiPhoneは?

さまざまな業界で活躍する時代の先駆者。本連載では各界で輝く「気になるあの人」を訪ね、彼らの個性あふれるiPhone生活に迫っている。連載第4回目は、香川県を拠点に農作物の生産、販売、レストラン経営、コンサルタントなど、食に関わる事業を展開するヌーベルジャポン エスペランサ 代表取締役社長の松田正明氏。農業を核とした過疎の村の再開発など、社会事業も展開している同社独自のiPhone活用術に迫ってみた。

*  *  *

――松田社長がiPhoneを購入したのはいつ?

iPhoneを購入したのは2年前でしょうか。発売とほぼ同時に購入しました。それまではドコモのケータイを使っていましたが、すぐにiPhone一台に切り替えました。もともと新しいものが好きなんです。3GSが出たらすぐに機種を変えましたし(笑)。

――社員全員がiPhoneを利用しているという話を聞きましたが

そうです。主立った社員や役員たちとiPhoneを使って情報をやり取りしています。われわれにとってiPhoneはアイディアの共有ツールなんです。思いついたアイディアを、iPhoneのメールで動画と音声を社員に送れば、企画書やパワーポイントの資料がなくともアイディアを共有できるんです。iPhoneを使うようになってから経営スピードが格段に速くなりましたよ。

――動画を使ったコミュニケーションの利点は?

音声映像のほうが、圧倒的に情報量が多いでしょ。メールだと、どうもリアリティが感じられない。例えばプロジェクトの提案でも、社員の思いや熱意、つまり「パッション」が伝わってくるのは断然に音声・映像を使った時なんです。日々の業務連絡でもそう。動画であれば「おはようございます」の一言からスタッフの体調やテンションが良く分かるんです。

――よく利用するアプリは何ですか?

それほど沢山のアプリは使いませんが、「森田将棋」でよく将棋を打ちます。あと、「セカイカメラ」はよく見ていますね。都内でセカイカメラを使うと、画面いっぱいにエアタグが出てきますが、弊社のある香川県塩江町では、少ないものです。

森田将棋は、家庭用ゲームでおなじみの将棋ゲーム。iPhone/iPod touch版では、難易度を96段階から選択してプレイできる。加えて、対局の棋譜を最大300件まで保存可能なほか、盤、駒、背景のデザインも合計245パターンから選択できる。価格は450円(2010年1月14日現在)

森田将棋
価格 450円 ファイルサイズ 5.7MB
カテゴリ ゲーム 販売 TAITO Corporation
対応OS iPhone OS 2.2.1以降 対応デバイス iPhoneおよびiPod touch

「セカイカメラ」は、AR(拡張現実)技術を使用した無料アプリ。iPhoneカメラを通して見る空間にエアタグ(付加情報)を付けることができる。任意の場所でセカイカメラを起動すると、その場所に付けられた他のユーザーエアタグを閲覧可能だ

セカイカメラ
価格 無料 ファイルサイズ 2.3MB
カテゴリ ソーシャルネットワーキング 販売 Tonchidot
対応OS iPhone OS 3.0以降 対応デバイス iPhone

――「食」の分野でiPhoneはどのように活用できますか?

活用法は無限にあります。レストランだったらスタッフ同士のレシピの共有など、情報交換には欠かせないしょうね。盛り付け例などは文章で表現されると把握しづらいけれど、動画で見れば一目了然です。文字だけでは伝わらない「ニュアンス」が伝わりますからね。実際、イタリアに住んでいるシェフとはよく動画で情報交換するんです。向こうの市場での食材情報を瞬時に送ってもらって、それで食材の色ツヤを確認して買ったりもしています。

iPhoneカメラで撮影した料理の盛り付け例。動画であれば、盛り付け手順も確認できる

――iPhoneのアクセサリには興味はありますか?

もちろんです。このiPhoneカバーは電気屋で普通に購入したものですが、自分でカバーをつくりたいと考えています。弊社では、「究極の包丁」や「究極の鰹節削り器」など、ものづくりもしています。その技術や想いをiPhoneカバーにも活かせたらと思っています。アルミや木材など、日本や香川の資源を使って付加価値をつけられたら良いですね。

画像左がインタビュー時に拝見した「究極の包丁」。松田氏が2年の歳月をかけて完成させたもので、刃先に向かって、刃の厚みが薄くなっていく独特の形状が特徴。築地の職人が1本1本手作りで仕上げたこだわりの一品だ。価格は150,000円(送料込)。画像右が「究極の鰹節削り器」。こちらも松田氏が、刃の材質や形状など試行錯誤を繰り返して完成させた製品。透けて見えるくらいに薄い鰹節を削ることができる。価格は80,000円

――今後iPhoneとはどう付き合っていきたいですか?

これからも、「パッション・ツール」として、iPhoneを使って自分の熱意や考えを伝えていきたいですね。私は元来、色々な分野に興味があるんです。「食」だけでなく、写真や絵画――ほかにも、紅茶や煎茶にも10年以上関わっています。そういう自分の中に渦巻く情報や好奇心を、iPhoneを使って上手く発信していければと思います。

松田正明 ヌーベルジャポン エスペランサ 代表取締役社長

1960年生まれ。岡山大学大学院にて経営学の研究に9年携わった後、現代アートのアーティストとして独立。その後、2007年の夏に会員制レストランをオープン。シェフの立場から製品開発にも携わり、究極の包丁を発表。地方から世界に通用するブランドを作る! をコンセプトに、2009年に(株)ヌーベルジャポン・エスペランサを資本金5000万円で設立。通販ショップ 究極の薬膳屋を運営。
・究極の薬膳屋:http://new-esperanza.com/yakuzen/

(瀬川あずさ@ゴーガ)

◆株式会社ゴーガ (港区南青山/代表取締役 小山文彦)
自分を追求し、社会に貢献する―このスタイルにこだわりながらウェブコンサルティング、データ分析、ソフトウェア開発などを手掛けるウェブマーケティング企業。
・ホームページ:http://www.goga.co.jp/
◆瀬川あずさ
株式会社ゴーガにてプレスを務める傍ら、フードアナリストやライターとしても活動。各メディアにて情報発信を行っている。
・食いしん坊プレスのブログ:http://segawa.goga.co.jp/
・Azusa's Gourmet Diary:http://ameblo.jp/segawa-azusa/
マイコミジャーナルでは本企画にご協力いただけるiPhoneユーザーを募集しております。ご協力いただける方は、こちら(mj-press@mycom.co.jp)までご連絡お願いいたします。

4/10

インデックス

連載目次
第10回 Appbank @kazuendさん「iPhoneの魅力を世界に発信する」
第9回 cybozu.net 代表取締役CEO椿奈緒子さん「仕事術&女子力向上はiPhoneで!」
第8回 銀座レカン シェフ・ソムリエ 大越氏「iPhoneが接客業を支える立役者に」
第7回 IPA 未踏IT人材発掘・育成事業 グループリーダー 神島氏「未だ踏まぬ世界をiPhoneで開拓」
第6回 クララオンライン 代表取締役社長 家本氏「iPhoneで空と世界がより身近に」
第5回 YAKINIQUEST主宰 gypsyさん「焼肉探究者が語る、美味いiPhone活用術」
第4回 ヌーベルジャポン エスペランサ社長 松田氏「iPhoneで"パッション"を発信」
第3回 ジェットマン社長 井上幸喜「iPhoneアプリを新たな広告ツールに」
第2回 オーシャンズ編集長 太田祐二「iPhoneで始まる、ライフスタイル改造計画」
第1回 チームラボ社長 猪子寿之「ケータイで自由に"表現"を」

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事