【コラム】

真実一郎のアイドル★ベンチマーク

10 お正月特別企画 - 2010年代のアイドル界の行方を占う! キーワードは「フリーミアム」

 

10/34

いつまで続く? AKB48の「独り勝ち状態」

ライブやイベントでの動員を増やし続けているAKB48。今年も勢いは止まらない?

昨年10月、ついに初のオリコンウィークリー1位を獲得したAKB48。コンビニエンスストアも彼女たちが表紙を飾る雑誌で溢れかえっている。アイドル界の頂点に君臨し、いまや全盛期のおニャン子クラブやモーニング娘。を彷彿させるほどの「独り勝ち状態」といっていい。

おニャン子やモー娘とAKB48の最大の違いは、その人数の異常な多さに起因する「選抜制度」の存在だ。グループ内の序列が「見える化」してしまうこの過酷な制度の徹底によって、AKB48という場はアイドルのサバイバル環境が濃密に縮図化された「アイドル・エコシステム」となっている。そのエコシステムの中に歌、ダンス、バラエティー、ドラマ、グラビアというアイドルの活動領域の全てが詰まっているので、AKB48を見ているだけでアイドル・ウォッチングが完結してしまうのだ。

おニャン子クラブを創造することで既存のアイドルシステムを解体した秋元康が、自らの手で再びシステムを自己完結的に再構築した結果、AKB48以外のアイドルの存在感は一気に霞み始めている。特に小嶋陽菜や大島優子、小野恵令奈といったAKB48のグラビア順応メンバーの活躍は、グラビアアイドルにとっては大きな脅威だろう。

昨年の学園祭ではほとんど全ての学校でAKB48を真似たパフォーマンスが見られたという。10代への人気の浸透度は予想以上に高い。大きなアクシデントでも起こらない限り、2010年代もしばらくはAKB48の独り勝ち状態が続き、他のアイドルは撤退戦を余儀なくさせられるのではないだろうか。

アイドルという存在を脅かす「美人デフレーション」

元祖・"美人過ぎる"女性、青森県八戸市議会の藤川ゆり議員

既存のアイドルを脅かす存在はAKB48だけではない。近年は素人美人たちの躍進にも目を見張るものがある。2009年はさまざまな領域で等身大の匿名的な「美人」が注目された年でもあった。

1分ごとに異なる美人が手書きボードで時刻を知らせる時計サイト「美人時計」。同様のコンセプトで日付を知らせるカレンダーサイト「美女暦」。地方都市にいる普通の女の子をモデルにしたファッション誌仕立てのフリーペーパー「美少女図鑑」。こういった匿名美人を集団でパックしたコンテンツが次々と登場し、人気を集めている。

一方で、"美人過ぎる市議"、"美人過ぎる海女"に代表される「美人過ぎるXX」シリーズの充実ぶりも見逃せない。いまや"美人過ぎる養豚業者"や"美人過ぎる肛門科医師"までいるというのだから、その射程距離の長さに驚かされる。

集団であれ個人であれ、アイドル未満の等身大な素人美人の大量発生は、「美人のデフレーション」、「美人のユニクロ化」以外のなにものでもない。奇しくも美人時計のルーツは、ユニクロが公開して世界中の広告賞を総なめにした「UNIQLOCK」にある。ユニクロを消費するような感覚で、広告媒体と化した美人のビジュアルを気軽に消費する時代。不況がもたらした美人のデフレ・スパイラルは、選ばれし特別な存在であったはずの美人=アイドルの価値、有難みを相対的に低下させている。アイドルのDVDや写真集、グラビア雑誌が売れなくなるのも道理だ。

オンラインが変えるアイドルのパブリシティ戦略

アマゾンのDVDセールスランキング1位を獲得したうしじまのDVD『WHAT IF IT'S A HUMAN?』

こうした中で、最近アイドルDVDの世界でちょっとした「事件」が起こった。パワードスーツ、プラグスーツ、褌といった一風変わった衣装をまとったセクシー画像がネットで話題のコスプレイヤー"うしじま"がイメージDVDをリリースしたところ、アマゾンのアイドルDVDチャートで1位を獲得してしまったのだ。これは素人のDVDとしては快挙といえる。

彼女は特別なパブリシティやマスメディアでの活動を行ってきたわけではない。ただひたすら画像がネットに流通し、話題が話題を呼ぶことで、並みのアイドル以上の知名度と人気を獲得してしまったということだ。うしじま自身にアイドル願望は無いようだけれど、彼女にDVDチャートで負けたアイドルたちは心中穏やかではないだろう。

これで思い出されるのが、あの「グラビア界の黒船」リア・ディゾンだ。彼女もネットで流通していたコスプレ画像で人気に火が付き、日本デビュー時には既に口コミで期待感が高まっていた。このようにオンラインの時代では、大手芸能事務所が大金を投資して育てたアイドルよりも、無料で画像が流通した謎の美人のほうが売れてしまう、というケースが珍しくなくなってきている。実際にタレントスカウトキャラバンや美少女コンテストからスターが生まれる機会は従来よりも低くなっているため、アイドルを送り出す側はパブリシティ戦略の再考を迫られるようになるはずだ。

2010年代は「フリーミアム化するアイドル」が台頭する

インターネット上での人気からブレイクしたリア・ディゾン

「美人デフレーション」と「うしじま人気」から占う2010年代のアイドルの可能性。それは「アイドルの無料化」だ。

昨年話題を呼んだクリス・アンダーセンのベストセラー『FREE <無料>からお金を生み出す新戦略』は、「フリー=無料化」こそが最大の市場にリーチして大量の顧客をつかまえる、21世紀の経済モデルであると断言し、「フリーミアム(Freemium)」という新しいビジネスモデルを提唱している。フリーミアムとは、基本的なサービスを無料で提供し、さらに高度な機能や特別なバージョンでは料金を課金してマネタイズするビジネスモデルのことだ。

うしじまやリア・ディゾンのケースは、まさにアイドルのフリーミアム化の先行事例といっていいだろう。ネットで画像や映像を積極的に無料公開することでリーチを広げ、後に利益を回収することに成功している。逆にこれからは、有料商品や有料サイトで限定的に情報を発信していても、デフレ化する美人情報の波に埋没してしまってスターは生まれにくくなる。その傾向は、特にオンラインとの相性が良いグラビアアイドルの世界で顕著になっていくはずだ。

ポテンシャルは高いのに雑誌の休刊ラッシュなどによって活躍の場を与えられていない新人グラビアアイドルは、これからはフリーミアム化の道を選べばいい。名前と公式URLを記入した魅力的な画像をバンバン無料で放出したり、動画サイトでビデオブログを公開したり、無料のライブや撮影会を開催したり、独自のセクシーなiPhoneアプリを無料で配布したりして、まずはリーチを広げるべきだ。利益の回収はその後でいい。

帝国のように膨張を続けるAKB48というアイドル・エコシステムと、それに抗う形で蜂起する新しいフリーミアム・アイドル、その中間で悪戦苦闘する守旧派アイドル。こうした構造で2010年代のアイドル界は当面進むだろう。

真実一郎(しんじつ いちろう)

サラリーマン、ブロガー。ケータイサイト『モバイルブロス』、雑誌『Invitation』などで世相を分析するコラムを連載。アイドルに関しても造詣が深く、リア・ディゾンに「グラビア界の黒船」というキャッチコピーを与えたことでも知られる。ブログ「インサイター

10/34

インデックス

連載目次
第34回 アイドル・ブームとダンス・ブームの交差点 - ドロシーリトルハッピー
第33回 新年特別企画 - 震災とアイドル・ブーム――スターは東日本から出現する!
第32回 「童顔巨乳」の未来形 - 中村静香
第31回 ライダー・ヒロインとしてピカイチ? 元気が出るコメディエンヌ--清水富美加
第30回 「グループアイドル戦国時代」から半歩距離を置く少女たち - 9nine
第29回 帰ってきたグラビアアイドル - 太田千晶
第28回 グラビアアイドル顔負けの身体を持つAKB48の上昇株 - 大場美奈
第27回 『海賊戦隊ゴーカイジャー』で際立つ異色の特撮ヒロイン - 市道真央
第26回 究極のハーモニーを奏でる三人の巫女たち - Kalafina(カラフィナ)
第25回 こんな秘書を雇いたい、と思わせる美脚STモデル - 有末麻祐子
第24回 お正月特別企画 - 2011年アイドル界展望~AKB48旋風からアイドル戦国時代へ
第23回 グループアイドル戦国時代の鬼っ子 - あやまんJAPAN
第22回 「美人すぎる○○」ブームの臨界点 - 森崎友紀(美人すぎる料理研究家)
第21回 思わず指名したくなる「アゲ嬢メタル」 - Aldious(アルディアス)
第20回 滅びゆくシーンに現れた「グラビア界の新撰組」 - セクシー☆オールシスターズ
第19回 天才的な演技力で注目される「神の子」 - 芦田愛菜
第18回 優香を彷彿させる「最後の純粋グラビアアイドル」 - 佐山彩香
第17回 唯一無二のセクシー・ディーバ - ゼブラクイーン(仲里依紗)
第16回 メジャータレントへと飛躍する「10代のカリスマ」 - 桐谷美玲
第15回 日本一美しいフトモモを持つ「健康優良美人」 - 杉本有美
第14回 子供番組のタブーに挑む「色気があり過ぎる女社長」 - 園咲冴子(生井亜実)
第13回 金曜深夜を盛り上げる「帰ってきた女子大生」 - キャンパスナイターズ
第12回 男の美人幻想を覆す「悩める美人」 - 土井亜紀(モテキ)
第11回 10年後が楽しみな、ハーフじゃないのにハーフ顔の美少女 - 広瀬アリス
第10回 お正月特別企画 - 2010年代のアイドル界の行方を占う! キーワードは「フリーミアム」
第9回 進化し続ける「遅咲きの"くびれ女王"」 - 木口亜矢
第8回 殿様も一目置く"戦うクールビューティー" - 高梨臨
第7回 氷河期のグラビア界を救う? アンビバレンツな魅力を放つ"小さな巨乳" - 一双麻希
第6回 日本が逆輸入する「不況知らずのパーティーガールズ」 - SHANADOO
第5回 グラビア界の縮図的ドラマに主演する「グラビアの女王」 - 原幹恵
第4回 「代替現実アイドル」がアイドルを超える日 - 姉ヶ崎寧々(ラブプラス)
第3回 "歌って踊れるアイドル"の大本命? - ももいろクローバー
第2回 プラグスーツが似合う! 『ニコラ』出身の活発キャラ - 楢原ゆりか
第1回 ポスト雑誌時代のグラドル - 石井香織

もっと見る

関連キーワード

新着記事

[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に…… [00:00 9/30]
ブラッド・ピット、映画試写会への参加断念「今、家庭の問題に焦点を…」 [23:49 9/29]
東尾理子、夫・石田純一の出馬騒動への不満爆発!?「話が下手なのに」 [23:37 9/29]
[菜々緒]服を脱ぎ捨て大胆露出 “美背中”も披露 [22:35 9/29]
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」 [22:15 9/29]
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに [22:12 9/29]
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」 [21:52 9/29]
高畑充希、嵐・櫻井翔に仲間意識「私もなで肩なので…」「お兄ちゃん」 [21:27 9/29]
『とと姉ちゃん』常子役の高畑充希「"常"という漢字は今、見たくない」 [20:32 9/29]
[アングリーバード]大人の方が共感できる? 人気スマホゲームをアニメ化 [20:28 9/29]
[CUTIE HONEY-TEARS-]西内まりや初主演作 石田二コルの“美”と“ドSぶり”にも注目 [20:15 9/29]
初来日のアリシア・ヴィキャンデル、トレエンの前で「アリシアさんだぞ」 [19:35 9/29]
長谷川豊、テレビ大阪の報道番組降板に - ブログで「不適切な発信」 [18:51 9/29]
南キャン山里、日本の技術に感動「"魔法"や"奇跡"が作れる」 [18:44 9/29]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー

本音ランキング