【コラム】

趣味的第一種接近遭遇

26 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(後編)

 

26/67

「メイドさんと秋葉原でデートしてこい」というムチャぶり取材の後編。前回、担当編集の千葉さんから下された「俺の出演番組のCDをメイドさんと買ってこい」という任務をとりあえず果たした私は、秋葉原の路上で一息ついて気持ちを切り替える。

今回協力していただいたお店、「メイドさんといっしょ」ではサービスの体裁が「メイドさんとデート」ということになっている。が、しかし見方を変えて、私の隣にいるのはメイドさんではなくて制服を着た女性ガイドさんと思えば、「メイド」や「デート」といった特殊な単語に不必要に取り乱すこともないのではないか?

メイドさんじゃなくてガイドさん、メイドさんじゃなくてガイドさん、メイドさんじゃなくてガイドさん……何度も自分にそう言い聞かせて冷静さを取り戻した私は、今回ご一緒していただいたメイド、じゃなくてガイドのせらさんとメイド喫茶に行ってみることにした。まだメイド喫茶に行ったことがなかったので、どうせならついでに行ってしまおうという思いつきなのだが、せらさんによればデート、じゃなくてガイドではわりとポピュラーなコースらしい。メイドさんはメイド喫茶にくわしい方が多いので、案内してもらうのは意外と理にかなっているのだ。おすすめのメイド喫茶の席につき、落ち着いたところであらためてメイドのお仕事についてうかがった。

せらさん行きつけのメイド喫茶へ。メイドさんがメイド喫茶に通うのは、板前さんが修行で名店を食べ歩くようなものかもしれん

メイド喫茶でお茶を飲むメイドさんの図。周囲は撮影NGなので、この写真ではわかりませんが、周りはもちろん全員メイドさんです

「私はちょうど『電車男』の時期にメイド喫茶で働いてて、勉強のためにほかのメイド喫茶もいっぱい回ってました。メイドさんとお客さんとの間に一線を引いてるお店はちゃんとしてるんですけど、逆にメイドさんとお客さんが触れ合いすぎるお店はグダグダになってあまり続かないみたいです。『メイドさん』と『メイド』って結構違うんですよ。本当にオタクな人って『メイドさん』より、ちゃんとした『メイド』がよかったりするんです。『メイドさん』が好きなのは、結構一般の人なので。

あとは秋葉原という場所だからメイドっていうものが通用していると思うんです。普通の繁華街でメイドのお店をやっていると風俗っぽい目で見る人もいますし、オタクの人はあまり来ないですから。オタクの人には『メイド=踏み入れられない領域』みたいなものがあるので、だから秋葉原のメイドが守られている感じはありますね。単純に流行ってるから、ということで来る人とはたまにトラブルもあるようです。メイド狩りとかも去年ありましたし」

――メイド狩りってこの辺だったんですか?

「そうみたいです。駅前でチラシ配りをしてた帰りに『お店どこですか?』みたいなことを言われてつけられて、お店の階段のところで襲われたそうです」

――怖いですね。マンガでよくある戦うメイドさんって、じつは意外と現実味のある話なのかも。

「お店にひとりかふたり、護身術ができるメイドさんがいたほうがいいかもしれないですね(笑)」

――チラシ配りのお話が出ましたが、空き時間に行くものなんですか?

「私たちは出かけた時間でお給料がもらえるので、誰も来ていない時間はお給料にならないんですね。ただ、チラシ配りは金額は違いますけど時給が出るので、空き時間を使って行くようにしています。基本的に空き時間は自由なので、ほかにもブログを更新したり食事を取ったりしてますね」

――印象的なご主人様は?

「よく来てくれるご主人様で、逆に『じいや』って呼んで、っていう方とかいらっしゃいますよ。お金を出すのはご主人様なので、メイドさんを雇うというよりは、お嬢様に仕えたい感じになるそうです。そういう遊び方ができる場所でもあるんですよ。お友達感覚の方もいますし、利用の仕方は人それぞれですね。原宿でご主人様のお洋服をコーディネートしたこともあります。あとクルーザーにも乗りました」

――クルーザー!?

「本当にその方は遊び慣れていて、ご主人様っていう感じでしたね。メイド服で行けるのは秋葉原だけなので、そのときは私服だったんですけど『今日は船乗ろうか?』って言われて。うちのお店のご主人様は優しい方ばかりなので、変な要求をしてくる方はまったくいないですね」

メイド喫茶を出て、せらさんがご主人様とよく行くという穴場の海老料理のお店に。道すがらオタク話をうかがう

さて、メイドさんと言えば「メイドさんはどのぐらいオタクなのか?」という長年の疑問がある。メイド喫茶から出て秋葉原を歩きつつ、そこのところをせらさんに聞いててみた。

「お店にはライトな人もいますけど、私は濃いほうでオタク歴は12年になります。誕生日に『ストIIターボ』(ストリートファイターII TURBO)をもらったのがきっかけですね。オタク的には恵まれていて、小学校のときは『りぼん』『なかよし』『ちゃお』と3誌も買ってもらってました。男の子っぽいものも好きなんで、アニメでは『爆走兄弟レッツ&ゴー』が大好きです」

――フリーペーパーではマンガ家の丸尾末広さんについて書かれてましたね。

「ずっと語ろうと思ったんですけどブログには携帯から書き込むので、長文を書く機会があまりなくて。ゲームも好きで、いまさらですけど携帯で『ひぐらしのなく頃に』をやってます。とくに好きなのはシューティングで、私は縦シューティング専門ですね。ゲーム会社のケイブのコンパニオンをさせていただいたことがあるんですけど、イベントの空き時間に『ピンクスゥイーツ(~鋳薔薇それから~)』っていう作品を遊ばせてもらったらハマっちゃって。それからケイブの家庭用シューティングをやり込んで、『リアルアーケードPro.』っていう重さが2キロぐらいあるアーケード用のコントローラーまで買っちゃいました(笑)」

お店が出しているフリーペーパー「メイしょ瓦版」。秋葉原マップも載っているので散策に便利

フリーペーパーのせらさんのコラム。いくらなんでも、第1回目から丸尾末広を紹介するメイドさんは普通いません

何の話かよくわからない人もいるかもしれないが、ともかくせらさんが十分濃いオタクであることはわかっていただけたかと思う。もっとも個人的には一点だけ引っかかるところがあった。

――ところでケイブのイベントってもしかして「AMショー」(アミューズメントマシンショー)ですか?

「AMショーです。『虫姫さま ふたり』とか出てました」

――そうですか……。

「どうかしましたか?」

――俺、そのイベント取材してるわ……。

「本当ですか!? 私、メダルゲームのブースでブレザー着てました」

――俺、その写真撮ってるわ……。

本来なら喜ぶべきところなのだが、個人的には若干ヘコむ。もちろんうれしくなくはないのだが、縁というよりお互いのオタクとしての業の深さを痛感してしまうエピソードだと言えよう。まあ、そんなことはともかく「メイドさんはどのぐらいオタクなの?」という世間からの質問に対しては、丸尾末広と『爆走兄弟レッツ&ゴー』とケイブの縦シューティングが好きで、ちょっとAiko似の素敵なメイドさんなら現実にいる、と断言しておきたい。

こちらがせらさんおすすめの「海老専科」。時間の都合で食べずに写真だけ撮って引き返しました。甲斐性なしで大変申し訳ない

というわけで、AMショーでブレザーを着ているせらさんの写真をお蔵出し。なんでも撮っておくもんですね……

ちょうど時間となったので取材はここまで。メイド服ではなく、私服でも案内してもらえるし、事前に希望を伝えておけば好みに合ったメイドさんを選んでもらえるそうなので、男女問わず、まだメイドさんと秋葉原を歩いたことがない人も気軽に試してみてはいかがだろうか?……なお本来ならここで筆を置くのだが、後日編集の千葉さんから電話があり、

「メイドさんと握手してきたか?」「はあ?」「握手はOKなんやろが!」「取材でそんなことするか!」「メイドさんとお前が握手してる写真が見どころやろが!」「アホか! 大体、カメラマンのお前が病欠したんやろが!」「俺は重病だったんじゃ!」「ホンマに握手したかったらプライベートで行くわ!」「お前メイドが苦手とちゃうんか!」「じゃかあしい!」

という激しい罵倒合戦が行われたことを、この記事のオチとして報告しておく。

26/67

インデックス

連載目次
第67回 イスラエル・オタクレポート(7) - イスラエルには日本語クラスもある
第66回 イスラエル・オタクレポート(6) - イスラエルにはアニメ翻訳グループもいる
第65回 イスラエル・オタクレポート(5) - イスラエルにはオタクイベントもある
第64回 イスラエル・オタクレポート(4) - イスラエルには美少女コスプレイヤーもいる
第63回 イスラエル・オタクレポート(3) - イスラエルには戦車博物館もある
第62回 イスラエル・オタクレポート(2) - イスラエルにはニコ動歌手もいる
第61回 イスラエル・オタクレポート(1) - イスラエルにはニコ厨がいる
第60回 幻聴妄想かるた! 床をゆらす謎の集団、若松組の秘密を追えの巻
第59回 新・少女まんが館! 隣町に引っ越したあの図書館は青かったの巻(後編)
第58回 新・少女まんが館! 隣町に引っ越したあの図書館は青かったの巻(前編)
第57回 トトロのバス停! あのへんな生き物は大分にいるのです、たぶんの巻(後編)
第56回 トトロのバス停! あのへんな生き物は大分にいるのです、たぶんの巻(前編)
第55回 年末お蔵出し! 豪華ゲスト陣が顔を揃えたデジハリ学園祭をレポート
第54回 アイドル撮影会! ファン同士のチームワークが肝心なのだの巻(後編)
第53回 アイドル撮影会! ファン同士のチームワークが肝心なのだの巻(前編)
第52回 ラジオ体操! 早朝の東京ビッグサイトでなにが起こったかの巻(後編)
第51回 ラジオ体操! 早朝の東京ビッグサイトでなにが起こったかの巻(前編)
第50回 昆虫食! タガメもゴキブリもみんなで食べれば怖くないの巻(後編)
第49回 昆虫食! タガメもゴキブリもみんなで食べれば怖くないの巻(前編)
第48回 東大ゲーム研! 公開リアルタイムアタックを完遂せよの巻(後編)
第47回 東大ゲーム研! 公開リアルタイムアタックを完遂せよの巻(前編)
第46回 抱き枕工場! 彼女たちは栃木の爽やかな一室で生まれていたの巻(後編)
第45回 抱き枕工場! 彼女たちは栃木の爽やかな一室で生まれていたの巻(前編)
第44回 痛車ミィティング! 富士スピードウェイに300台集まりましたの巻(後編)
第43回 痛車ミィティング! 富士スピードウェイに300台集まりましたの巻(前編)
第42回 続・レトロゲーム! あの神社も近い菖蒲町にゲーム倉庫が移転完了の巻(後編)
第41回 続・レトロゲーム! あの神社も近い菖蒲町にゲーム倉庫が移転完了の巻(前編)
第40回 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(後編)
第39回 女ま館! 少女まんがのオアシスとハクビシンを奥多摩に訪ねるの巻(前編)
第38回 模型塾! 土曜の午後のフィギュア教室は女性が多かったの巻(後編)
第37回 模型塾! 土曜の午後のフィギュア教室は女性が多かったの巻(前編)
第36回 秋葉原の猫喫茶! 我々オタクは猫耳も好きだが猫も大好きだの巻
第35回 ボツキャラ展! コレジャナイロボ作者が送る、ゆるすぎキャラの宴の巻
第34回 剥製! 博物館好きには見逃せない秋葉原裏のインドア動物園の巻
第33回 もう一度レトロゲーム! 『ギャラクシアン3』その他諸々解体せよの巻(後編)
第32回 もう一度レトロゲーム! 『ギャラクシアン3』その他諸々解体せよの巻(前編)
第31回 忘年会という名の総集編! 2007年アクセスランキングベスト5発表の巻
第30回 レトロゲーム! 幻の『ギャラクシアン3』もある謎の地下倉庫とは!?(後編)
第29回 レトロゲーム! 幻の『ギャラクシアン3』もある謎の地下倉庫とは!?(前編)
第28回 おそうじボランティア! 秋葉原でゴミ拾いをする戦士を探せの巻
第27回 勝鬨橋! 最近あの番組でもやってた橋の内部を探検してきましたの巻
第26回 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(後編)
第25回 メイドさんといっしょ! 萌えが苦手な人間に萌えを与えてみるの巻(前編)
第24回 団地! ALWAYSで三丁目の夕日な博物館は松戸にあったの巻
第23回 ふろくのミリョク☆展! ガスマスクから松島トモ子まで? の巻(男子編)
第22回 ふろくのミリョク☆展! ガスマスクから松島トモ子まで? の巻(女子編)
第21回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(後編)
第20回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(中編)
第19回 感覚ミュージアム! 宮城の新名所は癒されたり爆発したりするの巻(前編)
第18回 オタク外国人! 山谷に集う外国人旅行者と話してきましたの巻(後編)
第17回 オタク外国人! 山谷に集う外国人旅行者と話してきましたの巻(前編)
第16回 武器屋! 鎌倉大仏前で逆刃刀を抜くおばちゃんに出会うの巻
第15回 うさぎカフェ! 鎌倉のうさぎに向ひて言ふことなしの巻
第14回 地下探検! 山手通りがずーっと工事してたのはこれだったのかの巻(後編)
第13回 地下探検! 山手通りがずーっと工事してたのはこれだったのかの巻(前編)
第12回 電王! 東急線スタンプラリーに俺、鉄ちゃんと参上の巻(後編)
第11回 電王! 東急線スタンプラリーに俺、鉄ちゃんと参上の巻(前編)
第10回 宇宙食! 野口さんが食べた宇宙ラーメンを食べる私も野口さんの巻(後編)
第9回 宇宙食! 野口さんが食べた宇宙ラーメンを食べる私も野口さんの巻(前編)
第8回 ふれあい下水道! 地下25mの別世界に伝説のワニはいるかの巻
第7回 絵日記! カナダ人先生と奥様たちに囲まれてナイスな壁画を描くの巻
第6回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(後編)
第5回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(中編)
第4回 ムツゴロウ! あの動物王国の本当の魅力を教えますの巻(前編)
第3回 猫喫茶! 雨の午後に萌え萌えなヤツらは寝ているゼの巻
第2回 豆本! 卸商センターに集うファンシーな本の世界の巻
第1回 DS! 「正しい日本語」で、今日から僕も名誉教授の巻

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー

本音ランキング