【コラム】

あの日あの時あのコンピュータ

1 国民機「PC-9801」の誕生

 
  • <<
  • <

1/13

あの頃も今も、コンピュータは楽しい機械です。仕事でも趣味でも、コンピュータとともに過ごしてきた読者諸氏は多いことでしょう。コンピュータ史に名を刻んできたマシンたちを、「あの日あの時」と一緒に振り返っていきませんか?

最初はやっぱりコレでしょう。国民機と呼ばれたNEC「PC-9801」

本コラムの第1回、どの名機を取り上げるか悩みましたが、やっぱりコレは外せませんよね。NECの「PC-9801」です。

PC-9801とオプション類
(写真提供:NEC)

1982年(昭和57年)10月13日、日本電気(NEC)と新日本電気(NECホームエレクトロニクス、2001年2月解散)は、16ビットパーソナルコンピュータ「PC-9801」を発表しました。16ビットの夜明け、後に日本の国民機とまで呼ばれた「PCキューハチ」の誕生です。

搭載していたCPUは、インテル「i8086」コンパチブルの「μPD8086」でクロックは5MHz、RAM(メモリ)128KB、価格は298,000円、販売目標は年間7万台でした。マーケティングメッセージは「新発売でも即戦力」。

ハードウェアが発売されても、使えるソフトウェアがほとんどないマシンもあった時代です。しかし、同社はすでにヒットを飛ばしていた洗練の8ビット機「PC-8001」(79年9月発売)のN-BASIC、「PC-8801」(81年12月発売)のN88-BASICで開発されていた豊富なソフトウェアを、PC-9801に標準搭載したN88-BASIC(86)とオプションのN-BASIC(86)で互換利用できることをアピールしたのです。当時は、プログラム言語のBASICが全盛期。PC-9801付属のリファレンスマニュアルも、BASICと機械語について、詳細に記述されていました。ユーザーの気持ちに立った戦略の勝利です。

さて、1982年のソフトウェア日本市場は、200億円に満たない創成期でした(現在の市場規模は2兆円超ともいわれており、その1%未満です)。翌年の1983年から、PC-9801専用のソフトウェアが次々と開発されます。

特にゲームの分野では、PC-9801に搭載されたグラフィックスコントローラLSI「μPD7220」が効果を発揮し、640×400ドットの画面で8色カラー表示できることは革新的でした。飛行機操縦ゲーム「フライトシミュレータ」(日本ソフトバンク、81年創業、現ソフトバンク)に代表される、グラフィカルなゲームが次々と発売されました。1983年は、創業時の資本金200万円だった光栄(現コーエーテクモホールディングス)が、あの「信長の野望」を発売した年でもあります。

PC-9801のカタログ(資料提供:NEC)、クリックで拡大

PC-9801との出会い

PC-9801を筆者が初めて見たのは、1982年10月19日から開催された「データショウ'82」です。ここでPC-9801が展示され、技術者やパソコン好き(マイコニスト)が、先進の16ビットパソコンを目指して東京都・晴海の会場に押し寄せました。筆者も晴海に出かけ、大行列の中でPC-9801を遠くから眺めたものです。

翌月から各マイコンショップで展示が始まり、竣工したての新宿NSビルで開催された「NECパソコンフェア」に出向き、やっとPC-9801に触れることができました。キーボード配列でINSキーとDELキーが分かれ、BSキーとXFERキーの見た目に感動し、電源投入時の「Disk version How many files(0-15)?」が5秒ほどで表示され、そのスピードと文字の綺麗さに、16ビットのすごさを目の当たりにしました。キー入力とすばやい表示、その反応速度、ただそれだけで感動です。

1982年10月、あの日あの時

花の82年組という、中森明菜、小泉今日子、松本伊代、早見優、堀ちえみなど、人気女性アイドルたちがデビューした年です。前述の新宿NSビルでPC-9801を見ると同時に、デビュー曲「潮風の少女」を歌う堀ちえみの握手会に参加し、熱狂……。

また、PC-9801が発表された1982年10月は、パイオニアから絵が出るカラオケ「レーザーディスクカラオケ LD-V10」が発売され、後のカラオケブームを生み出します。絵が出ないカラオケなんて、今では考えられませんね。筆者は、目黒にあったパイオニアのショールームで、レーザーディスク映画「エイリアン」を何度も何度も視聴しました。光り輝くレーザーディスクとSF映画がシンクロし、未来を疑似体験しながら興奮できたのです。

また同月、アニメ作品「超時空要塞マクロス」のテレビ放映が開始されます。劇中設定では、2009年にマクロスが宇宙へ旅立ち、ロボットに変形する可変戦闘機、バルキリーVF-1が配備されています。現実の世界でも、成長のスピード感と伸び率から、30年後の2012年には、誰もが宇宙旅行できると思えた時代です。

時は流れ2014年を迎え、OAやマイコンという言葉は日常化して消え、秋葉原の電気街は家電・パーツ・パソコンから様変わりし、アニメとアイドルとの融合、そしてホビーを巻き込んで成長しています。PC-9801がデビューした1982年は元気な時代であり、未来に近づくテクノロジーやアイデアが芽生えた、1つのターニングポイントだったのではないでしょうか。

――――――――――

「あの日あの時あのコンピュータ」では、読者の皆さんからのご意見を募集します。記事で取り上げるコンピュータや思い入れのある名機のリクエスト、ご自身のエピソードなどをお待ちしています。また、コンピュータ本体や周辺機器の写真、カタログデータといった資料のご提供も大歓迎です。マイナビニュースの「ご意見・ご感想」からお寄せください。

  • <<
  • <

1/13

インデックス

連載目次
第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
第12回 MSX最安パソコンでゲームもプログラムも学んだ - カシオ計算機「PV-7」
第11回 スリムノートブックの先駆者 - DEC「Digital HiNote Ultra」
第10回 世界最軽量のPC/AT互換機はウルトラマン - 日本IBM「Palm Top PC 110」
第9回 (番外編)「パーソナルコンピュータ」が熱かった1980年代の初頭
第8回 そのグラフィックと日本語BASICに、僕らは憧れた - トミー「ぴゅう太」
第7回 ユーザーが育て愛した手のひらサイズのPC - YHP「HP-200LX」
第6回 3年先、5年先を見据えた「クリーンコンピューター」 - シャープ「MZ-80C」
第5回 トラックボールに想いを馳せる - パナソニック「Let'snote AL-N1/AL-N2」
第4回 理想のコンピュータを目指して - 東芝「DynaBook J-3100SS」
第3回 旅立つVAIOに心を込めて - ソニー「VAIO PCG-505」
第2回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前 - 富士通「FM-8」
第1回 国民機「PC-9801」の誕生

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー