【コラム】

高速トリビア

19 「より見やすく!」を追求 - 『案内標識』の"深すぎる"歴史とは?

19/38

高速道路で使用する案内標識は、利用者の視認性を向上させるため、平成22年にフォントの変更と文字サイズのアップを行いました。

変更点は、(1)文字を大きく、(2)より見やすいフォントに変更、という2つです。

和文はJHゴシックからヒラギノゴシックへ、英文はノイエハースグロテスクからビアログミディアムに変わりました。

どちらもやや線が太く、横幅が広くなっており、従来のサイズより5cm大きくなっています。

従来は英字が日本語の半分以下のサイズだったのに対し、新しい標識では英字のサイズが日本語の半分以上のサイズになっています。比べてみると、より見やすくするための改善だということが分かります。

現行標準図タイプ(従来の案内標識)

改善タイプ

標識に歴史あり

昭和38年7月16に、日本において初めての高速道路である名神高速道路の栗林IC~尼崎IC間が開通しました。

開通にあたり、標識についてもさまざまな検討がなされました。アメリカやイギリスなどの4カ国の事例を参考に、日本に合った大きさや色、意匠などを走行実験や200名もの有識者の意見を基に決定していきました。

例えば、欧州では分岐に多数の地名と図形(地図)を掲載していましたが、日本では出口が左1カ所と単純であったため、2地名を原則として記載する仕様にしました。

また、案内標識の地色は、欧州の青、アメリカの緑のどちらを採用するか検討の末、緑色を採用しました。緑色になった背景には、夜間走行実験中にヘッドライトに照らされた青色の反射シートが、参加者全員に緑と誤認されたということがあります。

文字の大きさについては、土木研究所の研究結果と併せ、動く物体に対する視認距離が短くなるという説があったため、先行して施工された試験工区で夜間走行実験を行うなどしました。

こうした実験の結果、標識文字の大きさは50cm角となりました。

標識のデザインは、3人の新進グラフィックデザイナーを加えて検討し、最終的に4案を作成しました。各案は実物大の標識としてテストコースに設置し、200名以上がコースを走行して観察を行いました。

その中で最も高い評価を受けた案が、初の大型案内標識として設置されました。

制定以来の大変革が静かに進行中

平成22年の変更は昭和38年の制定以来、初めての文字の変更です。

これ以降、新しく開通する区間に設置する標識や、老朽化によって更新が必要となった標識に新しい文字が使用されています。より見やすく、分かりやすく。快適な走行のため、高速道路標識の改善は今日も地道に行われているのです。

19/38

インデックス

連載目次
第38回 甲子園名物の"ツタ"が高速道路でも使われている!?
第37回 "神業"と絶賛された高速道路のスピード復旧
第36回 橋梁の"影の主役"--「支承」と「ジョイント」
第35回 橋を固めて道路を守れ! "百年先"を読む地震対策とは?
第34回 "エコ"に死角なし! 走ってもエコ・休んでもエコ
第33回 CO2を"年間約15t"削減! NEXCO東日本の秘策『ecoインター』
第32回 待機中の"まさか"の事故が多発…悲劇の連鎖は事前の点検で防ぐ!
第31回 あらゆる人に使いやすく! まさかの時に頼りになる「非常電話」
第30回 トンネルの非常口から避難したその先はどこにたどり着く!?
第29回 みなさんイライラしています--あなたは大丈夫? 高速道路のドライブマナー
第28回 駐車場は"戦場"なのか!? 仁義なきサービスエリア
第27回 あんなところにそんなものが!? 驚きの高速道路の施設
第26回 「逆走」対策の秘策は"視覚化"と、センサー式防止装置にあり!!
第25回 危険すぎる疾走~「逆走」は絶対ダメ!!
第24回 「レーンマーク」に秘められた仕掛けとは!?
第23回 高速道路の"凍結"、どうやって防止してるの?
第22回 工事の様子もない無人の車線規制は何のため?
第21回 日本一大きな標識は、3人家族がのびのび暮らせるほどの大きさ!?
第20回 高速道路で活躍する車を一挙公開! ウニモグ、リフト車…安全を守る特殊車両
第19回 「より見やすく!」を追求 - 『案内標識』の"深すぎる"歴史とは?
第18回 「SA・PA」の混雑状況が"リアルタイム"で分かるのはなぜ?
第17回 ETCカードの"未挿入"にご用心! ETCレーンでバーが開閉しない時はどうする!?
第16回 「故障」そして「事故」…悲劇の連鎖は"事前の点検で"防ぐ!
第15回 一晩で高速道路に巨大な橋を架けることができるのはなぜ?
第14回 萌える人も萌えない人も注目! 知られざる「ジャンクション(JCT)」の世界
第13回 高速管理の司令塔『道路管制センター』とは?(2)"インフラの番人"施設制御室
第12回 高速管理の司令塔『道路管制センター』とは? (1)--交通管制室が情報基地!
第11回 1年間で地球約493周分を走る、 ハイウェイパトロールカーに迫る
第10回 渋滞の知られざる原因、「サグ部」とは?
第9回 高速での「交通管理隊」隊員からの"旗振り合図"、その意味を知ってますか?
第8回 高速管理隊の仕事は命がけ! トラブルがないのは日頃の訓練の賜物
第7回 「高速管理隊」は、誰にでもなれるチャンスがある! - "元料理人"という人も
第6回 高速道路は"すべての車両"が通行できるわけではない
第5回 「ハイウェイラジオ」の"声の主"は誰?
第4回 これまでいちばん長かった「渋滞の距離」は?
第3回 高速の「渋滞」ってどうやって予測するの? 新東名など新しい道路の場合は?
第2回 "渋滞予測"の的中率はなんと80%! 日本でただ一人の「渋滞予報士」って誰?
第1回 トンネルの「照明」、入口と内部で"明るさ"が違うって知ってた?

もっと見る

関連記事

高速トリビア 第1回 トンネルの「照明」、入口と内部で"明るさ"が違うって知ってた?
[2012/7/12]
高速トリビア 第2回 "渋滞予測"の的中率はなんと80%! 日本でただ一人の「渋滞予報士」って誰?
[2012/7/17]
高速トリビア 第3回 高速の「渋滞」ってどうやって予測するの? 新東名など新しい道路の場合は?
[2012/7/18]
高速トリビア 第4回 これまでいちばん長かった「渋滞の距離」は?
[2012/7/19]
高速トリビア 第5回 「ハイウェイラジオ」の"声の主"は誰?
[2012/7/20]
高速トリビア 第6回 高速道路は"すべての車両"が通行できるわけではない
[2012/7/26]
高速道路の"守り人"と呼ばれる「車限隊」とは!?
[2012/7/27]
高速トリビア 第7回 「高速管理隊」は、誰にでもなれるチャンスがある! - "元料理人"という人も
[2012/8/3]
高速トリビア 第8回 高速管理隊の仕事は命がけ! トラブルがないのは日頃の訓練の賜物
[2012/8/6]
高速トリビア 第9回 高速での「交通管理隊」隊員からの"旗振り合図"、その意味を知ってますか?
[2012/8/14]
高速トリビア 第10回 渋滞の知られざる原因、「サグ部」とは?
[2012/8/27]
高速トリビア 第11回 1年間で地球約493周分を走る、 ハイウェイパトロールカーに迫る
[2012/9/3]
高速トリビア 第12回 高速管理の司令塔『道路管制センター』とは? (1)--交通管制室が情報基地!
[2012/9/4]
高速トリビア 第13回 高速管理の司令塔『道路管制センター』とは?(2)"インフラの番人"施設制御室
[2012/9/5]
高速トリビア 第14回 萌える人も萌えない人も注目! 知られざる「ジャンクション(JCT)」の世界
[2012/9/6]
高速トリビア 第15回 一晩で高速道路に巨大な橋を架けることができるのはなぜ?
[2012/9/7]
高速トリビア 第16回 「故障」そして「事故」…悲劇の連鎖は"事前の点検で"防ぐ!
[2012/9/10]
高速トリビア 第17回 ETCカードの"未挿入"にご用心! ETCレーンでバーが開閉しない時はどうする!?
[2012/9/11]
高速トリビア 第18回 「SA・PA」の混雑状況が"リアルタイム"で分かるのはなぜ?
[2012/9/12]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事