【コラム】

1分でできる世界遺産小話

9 この春から「世界遺産」始めてみませんか? 「第一号」にまつわるお話

 

9/34

明日から4月! この春に新生活をスタートする方も多いと思います。「いつかやってみよう」と先延ばしになっていることを始めるのも、4月1日という大義名分があればすんなり取り掛かれそうです。かくいう筆者も、書店に並ぶテレビ講座の色とりどりのテキストを見て、「ニュース英語とかやってみようかな~」とテンションがあがってしまうクチです。あら、あなたもいま「何か始めようかな」と感じませんでしたか? そんなあなたにお勧めなのが、世界遺産です。

世界遺産第一号のひとつ『ガラパゴス諸島』といえば、やっぱりイグアナかと

世界遺産は「観る」「訪れる」というのが一番の楽しみ方ですが、そろそろ次の段階、世界遺産を「学ぶ」「考える」というステップに進んでみませんか? まずは、筆者のこれまでの連載をひととおり読み返していただくとして、次に「世界遺産検定」にトライすることをオススメします! ……流れるような営業トークで引き込んでおりますが、世界遺産について学ぶと世界が広がることは、自信をもって保証します。

世界遺産第一号は?

ところで、「スタート」のお話をしましたので、ここで世界遺産の始まりについて考えてみましょう。世界遺産の始まりがいつだか、ご存知ですか? 世界遺産の保全や申請・登録など様々な活動の根幹をなす「世界遺産条約」が採択されたのが1972年。そして世界遺産第一号が登録されたのが1978年。世界遺産の始まりを「世界遺産第一号の誕生」と置き換えるならば、一般的には1978年を指すといえます。

では、「第一号」の遺産とは何でしょう? 『ガラパゴス諸島』と答えられる方は、かなりのツウですね! では残りの11件は? ……実は、世界遺産第一号は1件だけではなく、12件あります。そのうちのひとつが『ガラパゴス諸島』なのです。

ご参考までに、全12件は以下のとおりです!

・『アーヘンの大聖堂』(ドイツ)
・『クラクフの歴史地区』(ポーランド)
・『ヴィエリチカ岩塩坑』(ポーランド)(2013年に『ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑』に範囲拡大)
・『イエローストーン国立公園』(アメリカ)
・『メサ・ヴェルデ国立公園』(アメリカ)
・『ナハニ国立公園』(カナダ)
・『ランス・オー・メドー国立歴史公園』(カナダ)
・『ガラパゴス諸島』(エクアドル)
・『キトの市街』(エクアドル)
・『シミエン国立公園』(エチオピア)
・『ラリベラの岩の聖堂群』(エチオピア)
・『ゴレ島』(セネガル)

グランド・プリズマティック・スプリングの虹色は、湖に生息するバクテリアによって作り出されています(『イエローストーン国立公園』)

アメリカの世界遺産第一号

『ガラパゴス諸島』以外はあんまり聞いたことないなぁ、という印象をもたれたのではないでしょうか? 世界遺産第一号を見る限り、メジャーな観光地という感じではないですね。筆者的には、なかなかシブいラインナップなのですが、特にアメリカが推薦してきた2件については、世界遺産の意義をしみじみと感じさせられます。

『イエローストーン国立公園』は1872年に世界で最初の国立公園となった、アメリカ最大規模の自然公園です。1870年代といえば、アメリカでは西部開拓が行われており、森林がどんどん伐採され、自然が失われつつあった時期です。そんな中での世界初の国立公園指定ですから、自然保護におけるパイオニア的な存在といえるかと思います。

ところで、世界遺産条約が採択された年を先ほど述べましたが、覚えていますか? 1972年です。『イエローストーン国立公園』が世界初の国立公園となったのがちょうど100年前の1872年であることは、決して偶然ではありません。世界遺産条約の採択については、自然遺産の豊富なアメリカが少なからず主導権をもっていたようで、そこには『イエローストーン国立公園』が100周年を迎えることを記念するという意味合いもありました。

オールド・フェイスフル間欠泉は70分間隔で熱湯を噴出。ときおり起こる山火事も、なるべく人間が消火せずに自然の回復機能に任されます(ともに『イエローストーン国立公園』)

それからアメリカのもうひとつの遺産『メサ・ヴェルデ国立公園』。ここは12世紀末までに、先住民であるアナサジ族が断崖をくりぬいて築いたとされる集団住居跡が残っており、文化遺産として登録されています。先住民は植民地時代に不当な差別を受けてきたという悲しい歴史がありますが、『自由の女神像』や『独立記念館』などよりもまず先に『メサ・ヴェルデ国立公園』が世界遺産に推薦され、登録されたということは、アメリカ政府が先住民の文化を尊重した表れである、と言えるでしょう。

よくぞこんなところに住居をつくったものです(『メサ・ヴェルデ国立公園』)

1分でできる、と銘打っておきながら、もう1分を超えてしまいました。残りの遺産については、また別の機会に。ほら、やっぱり世界遺産について、掘り下げて知りたくなってきたのではありませんか?

世界遺産データ:イエローストーン国立公園(自然遺産)
アメリカ合衆国。1978年登録。地下のマグマ活動が活発であることから、多数の温泉や間欠泉が見られる。グランド・プリズマティック・スプリングと呼ばれる虹色をした温泉や、オールド・フェイスフルと呼ばれる間欠泉が有名。公園内では「ウィルダネス(手つかずの自然)」という概念をもとに、人間の手を極力入れない自然環境が維持されている。

世界遺産データ:メサ・ヴェルデ国立公園(文化遺産)
アメリカ合衆国。1978年登録。210平方キロメートルにも及ぶ断崖の壁面に築かれた鳥の巣のような複雑な構造をもつ住居群が、600ほど残されている。先住民のアナサジ族が600~1300年頃に築いたと考えられている。貯水・灌漑(かんがい)システムも備わっており、アナサジ族の生活水準の高さがうかがえる。

筆者プロフィール : 本田 陽子(ほんだ ようこ)

「世界遺産検定」を主催する世界遺産アカデミーの研究員。大学卒業後、大手広告代理店、情報通信社の大連(中国)事務所等を経て現職。全国各地の大学や企業、生涯学習センターなどで世界遺産の講義を行っている。

世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。
主催:世界遺産アカデミー
開催月:3月・7月・9月・12月(年4回)
開催地:全国主要都市
受検料:4級2,600円、3級3,800円、2級4,900円、1級9,000円、マイスター1万8,000円、3・4級併願5,900円、2・3級併願8,000円
解答形式:マークシート(マイスターのみ論述)
申し込み方法:インターネット又は郵便局での申し込み
その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて

9/34

インデックス

連載目次
第34回 新生・姫路城がついにお披露目! 5年半の大改修でこうして"白すぎ城"に!?
第33回 聖なるインドで弾丸世界遺産ツアー(後編)
第32回 聖なるインドで弾丸世界遺産ツアー(中編)
第31回 聖なるインドで弾丸世界遺産ツアー(前編)
第30回 冬の世界遺産を満喫するなら絶対「白川郷」を薦めるわけ
第29回 今年の干支・羊と関係する世界遺産ってあるの?
第28回 2014年に世界遺産で起きたこと - 富岡製糸場や富士山はいま
第27回 世界遺産の王宮で王の生活を垣間見る - 宮廷内で公開出産も!?
第26回 和紙が「無形文化遺産」に! 富士山などの「世界遺産」との違いってなに?
第25回 東京都・上野に集結した日本の宝たち「日本国宝展」を世界遺産から見る
第24回 「ただの家」が実は傑作だったなんて…世界遺産登録されたチェコの邸宅とは
第23回 オーストリアで世界遺産巡り! アート&カフェだけじゃないウィーンの遊び方
第22回 思わず「でか!!!」 オクトーバーにはビールと一緒にドイツのあの世界遺産を
第21回 「進撃の巨人」のロケ地でもある「軍艦島」が2015年の世界遺産になるかも!?
第20回 "世界の中心"を思わせる北京の故宮で起きたコーヒーショップ騒動って?
第19回 誰もが「スゴイ!」を連発する、世界遺産の地・ボルネオ島でジャングル体験
第18回 2016年登録を目指す国内の世界遺産候補って? 城なのにキリスト教関連遺産??
第17回 世界遺産にとって最大のイベント、「世界遺産委員会」の裏側とは?(後編)
第16回 世界遺産にとって最大のイベント、「世界遺産委員会」の裏側とは?(前編)
第15回 富士山がいよいよ山開きに! でも、今年はちょっとルールが違う
第14回 ワールドカップも目前! リオ・デ・ジャネイロは世界遺産的にもアツいんです
第13回 世界で最も愛にあふれた世界遺産って? ただし、その後が……
第12回 『ダ・ヴィンチ・コード』のダン・ブラウンは世界遺産好き? 次作を大胆予想
第11回 GWで駆け込み弾丸旅行を! これからでも十分満喫できる国内の穴場世界遺産
第10回 GWに駆け込み弾丸旅行を! 3日あれば十分満喫できる海外の世界遺産って?
第9回 この春から「世界遺産」始めてみませんか? 「第一号」にまつわるお話
第8回 初めて花見を宴会にしたのは豊臣秀吉ってご存知? その地は今、世界遺産に
第7回 ポルトガルで異体験! ユーラシア大陸最西端+おとぎ話風・世界遺産の宮殿
第6回 「地味だね」とつい口にしてしまう、2014年の日本発世界遺産候補とは?
第5回 壮大すぎるインドネシアの宗教建築(後編) なぜ1,000年も忘れ去られていた?
第4回 壮大すぎるインドネシアの宗教建築(前編) 他宗教の寺院がなぜ共存?
第3回 干支「馬」にまつわる世界遺産って? 中国のアノ遺産のほかフランスにも!
第2回 パレスチナにも世界遺産があることをご存知? その場所はイエス生誕の地!
第1回 コナン・ドイルが『失われた世界』の舞台にした最後の秘境って?

もっと見る

関連記事

1分でできる世界遺産小話 第8回 初めて花見を宴会にしたのは豊臣秀吉ってご存知? その地は今、世界遺産に
[2014/3/17]
1分でできる世界遺産小話 第7回 ポルトガルで異体験! ユーラシア大陸最西端+おとぎ話風・世界遺産の宮殿
[2014/3/4]
1分でできる世界遺産小話 第6回 「地味だね」とつい口にしてしまう、2014年の日本発世界遺産候補とは?
[2014/2/18]
1分でできる世界遺産小話 第5回 壮大すぎるインドネシアの宗教建築(後編) なぜ1,000年も忘れ去られていた?
[2014/2/4]
1分でできる世界遺産小話 第4回 壮大すぎるインドネシアの宗教建築(前編) 他宗教の寺院がなぜ共存?
[2014/1/21]
1分でできる世界遺産小話 第3回 干支「馬」にまつわる世界遺産って? 中国のアノ遺産のほかフランスにも!
[2014/1/7]
1分でできる世界遺産小話 第2回 パレスチナにも世界遺産があることをご存知? その場所はイエス生誕の地!
[2013/12/24]
1分でできる世界遺産小話 第1回 コナン・ドイルが『失われた世界』の舞台にした最後の秘境って?
[2013/12/10]
海に浮かぶ聖なる孤島「モン・サン・ミシェル」にまつわる伝説とは?
[2013/11/26]
2012年に初の世界遺産登録となった“神々の棲む島”と言えば?
[2013/8/17]
イギリス国王が入場できない場所がある、ロンドンの世界遺産と言えば?
[2013/6/1]
広大なサンゴ礁をもつ、天国に一番近い世界遺産と言えば?
[2013/8/6]
名を変えていった世界遺産の街、サンクト・ペテルブルクの味わいところは?
[2013/5/20]
初の世界遺産にして、インカ帝国時代から繁栄してきた街はどこ?
[2013/5/17]
大虐殺の舞台となった負の世界遺産「アウシュヴィッツ強制収容所」
[2011/8/10]
アウシュヴィッツへの中継地 - ナチス・ドイツのテレジーン強制収容所
[2011/9/27]
世界遺産「小笠原諸島」、小笠原の英語名BONINの語源って?
[2012/7/27]
地図から消された毒ガス製造の島・大久野島
[2011/8/2]
初の世界遺産にして世界初の国立公園はどこにある?
[2013/4/4]
食の都 フランス・リヨンに世界遺産があるのをご存じ?
[2013/1/18]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ