【コラム】

山田隆道の幸せになれる結婚

19 男女の"友情"が"愛情"に! 奇跡を呼び起こす「恋の3日間条約」とは?

19/26

男にはわからない「友達以上恋人未満」

「友達としては好きなんだけど、恋愛対象だとは思えないの」。

そんな台詞で、女性にふられたことのある男性は多いのではないか。

かくいう僕も経験者である。独身時代、意中の女性と何度もデートを重ね、彼女から好印象を持たれているという実感があるにもかかわらず、いざ告白したら無残に撃沈してしまった。そのときの彼女の台詞も、こういう類のものだった。

正直、こればかりは男にはわからない感覚だ。「恋愛対象として興味がないなら、最初からデートの誘いに応じるなよ」と、その女性に文句のひとつも言ってやりたくなる。

女性にしてみれば、いわゆる友達以上恋人未満というやつなのだろうが、そのポジションに落ち着いてしまったときの男性の心中を思うと、いたたまれない気持ちになる。ましてや、その男性が30代~40代で絶賛婚活中だった場合は、あまりに悲惨で目も当てられない。彼は貴重な時間を無駄に費やしてしまったと、激しく途方に暮れることだろう。

10人並みのオジサンの最後の悪あがき「恋の3日間条約」

しかし、世の中にはそんな悲惨なポジションを見事に挽回し、一度ふられた女性とめでたく結婚することに至った奇跡の男もいる。

僕の知人であるBさんもその一人だ。現在40代前半の彼は、先述した「友達としては好きだが、恋愛対象ではない」という理由で何度もふられたことのある女性(なんと20代半ば!)と、昨年春にまさかのゴールインを果たした。断っておくが、Bさんはとりたててルックスが良いというわけではない。容姿は10人並みのオジサン(失礼)である。

では、そんなBさんがどうやって件の奇跡を実現させたのか。一般的に女性はいったん友達だと認定した男性のことを、なかなか恋愛対象として見直すことができない傾向にあるが、それでも諦めるのはまだ早い。Bさんはいわゆる男女の友情という厄介な関係を打破するために、最後の悪あがきとして次の作戦を実行してみたという。

その作戦とは、Bさん曰く「恋の3日間条約」である(真剣です)。

方法は至って簡単だ。友達以上の関係に進めない女性に対して、男性が「今週の金土日の3日間だけ、お互い恋人同士という設定になってみない?」と提案するのだ。

ここでのポイントは、あくまで一種の遊び、つまりイベント企画として「二人で恋人同士を演じる」と強調することだ。間違っても、鼻息荒く真剣に誘ってはいけない。独身の女性とは往々にして一風変わった遊びの企画を好むところがあり、だから「昔、俺の地元で流行っていた『恋の3日間条約』っていう遊びがあるんだけど、これが結構おもしろいんだよね」などと適当なハッタリを交えながら誘ったほうが、それに応じる可能性は高くなる。「話題の遊びに参加する」という軽い意識を女性に植え付けるわけだ。

効果的だったのは、見知らぬ他人と話す機会が多そうなスポット

そして、Bさんはいざ実行に移したという。といっても、「恋の3日間条約」のルールとは、その名の通り期間限定の恋人条約を結ぶだけのことである。したがって、Bさんと彼女はそんな嘘の設定になりきり、さまざまなデートスポットを巡っただけなのだ。

もちろん彼女に肉体関係を迫ることは御法度だが、手をつなぐ、あるいは腕を組むぐらいはノリで許してもらえるだろう。お互いの呼び名を期間限定で恋人風に変更してみるのもいい。プリクラをラブラブな感じで撮るのもいい。飲食店で恥を恐れず「アーン」をするのもいい。とにかく遊びだと割り切ったうえで、次々と恋人気分を満喫するといい。

さらにBさん曰く効果的だったのは、洋服屋や小さなカウンターバーなど、見知らぬ他人と話す機会が多そうなスポットに行ったことだとか。

たとえば洋服屋に行き、店員の前であたかも本物の彼氏のように振る舞ったことで、店員は二人を本物のカップルとして扱ってくれたという。こうして見知らぬ他人から「素敵な彼氏ですね」「かわいい彼女ですね」などとお世辞のひとつでももらえれば、二人の中の疑似恋愛感覚はますます高まるはず、という計算である。

最終日に大勝負、「無期限延長できますけど、どうしますか?」

要するに「恋の3日間条約」の狙いとは、そういった疑似恋愛の意識を少しずつ高めていき、いつのまにかそれを本当の恋に発展させるということなのだ。ドラマで恋人同士を演じた男女の役者がそのまま本当のカップルになってしまうという、ありがちな現象と一緒だ。かつて某バラエティ番組の大ヒット企画で『未来日記』なるものがあったが、あれも「疑似恋愛の本格化」を意識的に仕掛けたものだろう。「念ずれば花開く」という言葉を借りれば、恋愛・婚活においては「演ずれば花開く」なのである。

かくして、Bさんは「恋の3日間条約」最終日に大勝負を仕掛けた。

時計の針が刻一刻と深夜12時に迫っているころ、つまり条約解消の瞬間が近づいている中、Bさんは彼女に対してこう切り出したという。

「恋の3日間条約、無期限延長できますけど、どうしますか?」

もし延長OKなら見事カップル成立。NOなら約束通り条約解消、つまり元の友達同士に戻ってしまう。果たして、彼女の答えはいかに?

そして現在。Bさんは先述した通り、件の彼女と幸せな結婚生活を送っている。

<作者プロフィール>
山田隆道(やまだ たかみち)
小説家・エッセイスト。1976年大阪府出身。早稲田大学卒業。『神童チェリー』『雑草女に敵なし!』『SimpleHeart』『芸能人に学ぶビジネス力』など著書多数。中でも『雑草女に敵なし!』はコミカライズもされた。また、最新刊の長編小説『虎がにじんだ夕暮れ』(PHP研究所)が、2012年10月25日に発売された。各種番組などのコメンテーター・MCとしても活動しており、私生活では愛妻・チーと愛犬・ポンポン丸と暮らすマイペースで偏屈な亭主。

オフィシャルブログ

山田隆道ツイッター

19/26

インデックス

連載目次
第26回 妻の「口臭」「鼻毛」が気になったら!?--「恐妻家男性」の切実な悩み
第25回 まるで物を取り替えるように、夫の取り替えを行う…A子に見る現代離婚事情
第24回 「結婚相談所」のおそるべき精度と利点
第23回 「長男の嫁」のすべてが窮屈なのか? --いや、そうではない。
第22回 妻に"育毛剤"の買い物をお願いできなかった…夫の心情
第21回 口うるさい義父と長男の嫁との壮絶な関係
第20回 自分の家族と妻が対立したとき、夫が取るべき行動は?
第19回 男女の"友情"が"愛情"に! 奇跡を呼び起こす「恋の3日間条約」とは?
第18回 姉と従妹の生き方から考えた「女の幸せとは何か?」
第17回 "略奪愛"を成功に導いた「架空の彼女」「架空の悩み」作戦とは?
第16回 なぜ? 妻の記憶に残らなかった"プロポーズ"の言葉
第15回 「籍を入れた責任」はどこへ?--"離婚率"の上昇と「樹木希林」の"美学"
第14回 夫婦喧嘩は夜にしたほうがいい!?--"夫婦関係の不和"による「仕事への影響」
第13回 子供じみた「結婚否定派」に思う--そこに"美意識"はあるのか?
第12回 中学時代の同級生と結婚! 「純愛野郎」の真実とは?
第11回 芸能界に"できちゃった婚"が多い理由
第10回 愛妻家(?)だらけの"欧米人男性"の本質
第9回 「運命の人」とはいったいなんなのか?
第8回 結婚事情における芸能界と田舎の共通点
第7回 妻や夫に不満がたまったときは?
第6回 妻の「いきなり不機嫌現象」に効果的な対処法
第5回 正しい妻の褒め方
第4回 妻の美意識を高めるカメラマン作戦
第3回 結婚式をやる意味と、その必要性
第2回 妻の手料理と夫の気持ち
第1回 夫婦が本当の意味で夫婦になるとき

もっと見る

人気記事

一覧

2017年8月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事