【コラム】

エンジニアのための英語術

37 米国に住めば英語はペラペラの幻想 - 住んでるだけじゃダメなんです

37/54

滞在期間と英語力の上達は比例しない!?

2月3日はSuper Bowl Sunday 2008。夕方、スーパーへ買い物に行ったら、誰も彼もがSuper Bowl(すぅっぱぼぉぅろ)の話をしています。本当に、国民的な一大行事なのですが、米国生活が3年近くになった最近は、ようやくこの手の話題にも付いていけるようになりました。2006年は地元デトロイトで行われた行事だったのですが、1年も経っていなかったせいかまったく無関心でした……。

え、3年? じゃあ、英語はぺらぺらでしょ --- いえいえ、はっきり言っておきましょう。これは日本人のmyth(真実じゃないのにみんな信じていること)であり、fallacy(みんなが真実だと思いこんでいる誤った認識)です。英語がペラペラになるためには、米国に住んでいるだけではダメで、英語漬けの暮らしをしていないとだめなんです。「日本語で」のサービスがとにかく豊富に用意されてる米国では、住んでいるだけではとても英語ができるようにはなりません。今回は、米国がいかに英語上達には不適切な国であるかという話をしましょう。

"お客様"には親切に

米国に住んでいる日本人には、米企業で米国人に混じって仕事をしたり、カレッジの寮に入ったり、ホームステイをして英語を勉強している人たちがいる一方で、私のような駐在員とその家族、という人たちが相当数います。米国のすべての州を見回したら、おそらくこちらの方が圧倒的に多いのではないかと思うほどです。

身の回りで起こることすべてを英語でこなしている人は格段に英語が上達するようですが、駐在員の家族となるとそうはいきません。もともと英語が得意だったわけでもなく、米国に憧れていたわけでもなく、突然の赴任話に戸惑いながらも、ちょっと違う暮らしに魅力を感じてやってきた、あるいは家族だから付いてきたという人達です。英語への取り組みは積極的ではない場合が多く、できれば避けて通りたいと思っている人も中にはいます。

英語が話せない点は同じとはいっても、日本人駐在員やその家族と、米国での生活に希望をもってやってくる移民とでは、米国側にとっての存在異義がちょっと違います。日本人駐在員というのは日本企業の米国進出にともなってやってくる、つまり、その州の仕事を増やしてくれるし、税収増も期待させてくれる人たちです。おまけに収入は安定していて米国内で使ってくれるお金も多めなわけです。かくして、米国には「日本語で」のサービスが各種とりそろえられていくことに…。

まずは、日本語のミニコミ誌です。私が住んでいる"デトロイトメトロ"という地域は田舎ではありませんが、決して都会ではないところです。にもかかわらず、ちょっと思い浮かべるだけで、5誌はあります。このようなミニコミ誌は日本食を扱っているスーパーマーケットや日本料理店、日本人がよく訪れる中華料理店や韓国料理店に置いてあり、しかも無料なので、いつでも入手できます。シカゴやニューヨークが中心のものもありますが、広告を眺めると、レストラン、不動産、病院、歯科医院、日本食材店に電子辞書、日本語Windowsが動くパソコン……と、生活に必要な情報を「日本語で」入手できてしまいます。しかも、「日本語で」対応してくれるところが多数掲載されています。

たとえば病院です。日本語で病院を見つけられても、病院へいったら英語を話さないといけないのでは……いえいえ。日本人が大勢住んでいる地域には日本人医師&看護師も多いのです。我が家から車で10分程度で行ける医院は日本人患者が多いらしく、ドクターは米国人ですが片言の日本語を話してくれますし、日本人看護師がいます。診察のお願いや診療内容の説明などは「日本語で」で済んでしまいますし、待合室には日本の新聞や雑誌まで置いてあります。

さらに、大きな病院の場合、日本語の通訳者が数人常駐していて、お願いするとやってきてくれるサービスもあります。私がたまに行っている病院には日本人を専門に診てくれる部署があり、医師や看護師ばかりではなく、事務関係にまで日本人あるいは日本語が堪能なスタッフが大勢いて、まるで日本の病院のようです。以前、この部署で紹介されて耳の検査を受けにいったときは米国人スタッフしかいないところだったので、日本語の通訳付きでした。第35回で「病院に行くときは電子辞書をもっていきましょう」と書きましたが、この病院に関しては英語が話せなくても、電子辞書がなくても困らないのでした。

上達したければ、日本語をシャットアウトするしかないかも

それでは、全日制の日本人学校がなく、現地の公立校へ通う子供たちはどうでしょうか。家庭の主婦と違い、毎日、何時間も英語ばかり聞いている子供は、たしかに英語ができるようになるスピードは早いのですが、他の国から来た子供たちと比べると遅いのが現状です。言語そのものが違いすぎるという問題はありますが、エレメンタリースクール(小学校相当)やミドルスクール(中学校相当)にはバイリンガルの日本人チュータが常駐しているところが多いのも理由のひとつです。社会や理科といった英語が理解できないとどうすることもできない科目については「日本語で」教えてくれたり、試験問題を翻訳してくれたりします。日本の学校の個人面談にあたるParent-Teacher Conferenceのときにはお願いすると通訳もやってくれます。英語がまったくわからない状態でやってくる親や子供達にはとてもありがたい手助けですが、いつまでも頼りきっているとなかなか「英語で」できるようになりませんね。

これだけではありません。先日追突事故にあってしまって保険会社と話をしなければならなかったときのことです。電話をかけて、たどたどしい英語で話をはじめると「ファーストランゲージは何?」と聞いてきます。「日本語」と答えると、すぐに通訳を用意してくれて「日本語で」やりとりができてしまったのです。また、割高になることがありますが、旅行にいくときに米国内に支店がある日本の旅行代理店を利用して「日本語で」すべてを手配することも可能です。「日本語で」本が読みたければ、若干、配送料などが高くなりますが、Amazon.co.jpといったオンライン販売を利用することもできます。

そして、どこの家庭でも利用しているインターネットです。見に行くサイトはもちろん「日本語で」書いてあるところですね。この記事の読者のみなさまが関わっておられると思われるインターネット関連のテクノロジは、米国在住の日本人の英語力上達にはまったく貢献していないわけです。また、最近の高速化されたインターネットのおかげで日本のテレビ番組のほぼすべてをリアルタイムで見ることもできるんです。家の中にいると、いったいどこの国に住んでいるのかわかりません。

というように「日本語で」生活ができてしまうこの国にいたのでは、自分をいじめるくらいの強い思いで英語に触れる努力をしない限り、英語ができるようにならないのです。

ところで、2008年のミス・アメリカに選ばれたKirsten Haglundさんは、英語ができない日本人がたくさんいるこの界隈で育った方です。きっと、スーパーマーケットやレストランなどで日本語を喋りまくっている主婦たちを目にしてきたことでしょう。エレメンタリーからハイスクールまで、学校にも常に日本人が何人もいたはずですから、もしかすると日本人のお友達がいたかも…。

37/54

インデックス

連載目次
第54回 英語らしい英語を実現する"適切な主語" - 無生物主語と人称主語の使い分け
第53回 重要なのは受け手を混乱させないこと - 定冠詞"the"再考
第52回 型破りの次期大統領候補・Barack Obamaが米国の若者をinspireした理由とは
第51回 日本人を永遠に悩ますa/an/theと複数形の使い分け
第50回 ブログ/SNSにも文化の違い - 日本でFacebookは受け入れられるのか!?
第49回 旅行/出張で気をつけたい"数字"に対する感覚の違い
第48回 歌詞に思いをはせて口ずさむ - 英語の歌でディクテーション
第47回 英語らしさを増してくれる"relative clauses"をもう一度
第46回 "だって飽きたから"で世界の経済をかき回したsubprime ledners
第45回 緊張感もほどほどに - 英語でプレゼンテーション その4
第44回 限られた時間を有効に使うための構成テク - 英語でプレゼンテーション その3
第43回 論理のルールに従って主張を整理する - 英語でプレゼンテーション その2
第42回 発音よりも語彙よりも大事なこと - 英語でプレゼンテーション その1
第41回 そのレポートは誰のため? - 英語でnote-takingのコツ その3
第40回 事前の準備とスピーチの最初がポイント - 英語でnote-takingのコツ その2
第39回 流れる言葉をどうcatchする? - 英語でnote-takingのコツ その1
第38回 ホンモノの格差社会を米国の医療制度に見る - 大統領選でも要注目!!
第37回 米国に住めば英語はペラペラの幻想 - 住んでるだけじゃダメなんです
第36回 現在、過去、未来…いったいどの時点の話なの? - 日本語と英語の不一致
第35回 生死がかかれば、英語なんて怖くない!? 病院と警察で意思疎通を図るには
第34回 発言しない日本人、自己主張が強い米国人
第33回 日本人のあこがれ? "映画を字幕なし"で楽しめるようになるには
第32回 Googleよりヤフーが日本で受けるワケ - 日米"流行りモノ"考
第31回 Rubyの隆盛に思うこと…四苦八苦した翻訳ボランティアの思い出
第30回 単語の結びつきにはルールがある - "collocations"を覚えよう
第29回 英語学習に王道なしというけれど…"効率的な勉強法"はありますか?
第28回 読むチカラと聞くチカラの相関関係
第27回 米国社会に深く根付く"小切手"のチカラ
第26回 Don't be shy! - ときには無礼にもなりかねない"恥じらい"を克服する
第25回 慌てず、騒がず、はっきりと - 電話の英語はコツがいる
第24回 笑って許されないこともある!? ヘンテコ英語にはご注意を
第23回 プレゼンの達人はエッセイもexcellent - Steve Jobsの手紙の論理性
第22回 Summarizationその2 - annotatingと要約を実際に行ってみる
第21回 Summarization - 要約の目的とannotationの重要性
第20回 英語慣れしていない日本人を苦しめる"動詞"の難しさ
第19回 笑顔疲れしないために - フレンドリーに会話を進めるコツ
第18回 仕事で必要な資料を効率よく読む方法 - 一度で理解しようと思うことなかれ
第17回 和→和→英のプロセスを経てより英語らしく - 直訳してはいけない和文とは
第16回 まずは日本語でブラッシュアップ - 英語の論理の組み立て方をトレーニング
第15回 「正しい英語」のはずなのに通じない - 1つの結論と複数のサポート
第14回 英文法の必要性 - 外国人だからこそ身につけたい論理の仕組み
第13回 IT用語も実は日常用語 - 単語全体のイメージを掴んでボキャ貧脱出!!
第12回 英文ライティング事始め(2) - 実際に"complaint letter"を書いてみる
第11回 英文ライティング事始め - 本当の"business letter"を書いてみる
第10回 口から英語が出てこない! パニックに陥らないための会話学習テクニック
第9回 英語での情報収集も"main idea"を意識する
第8回 英語らしいアクセントで話す - 強弱はっきり、リズミカルに
第7回 "英語らしい発音"への果てしない挑戦
第6回 通訳ナシでテクニカルスピーチを聴かなきゃならない、さあどうする!?
第5回 絶え間なく襲いかかる音の洪水と闘う - 単語のつながりと切れ目を探そう
第4回 リスニング上達のカギ -- とにかく最初の部分を聞き取ろう
第3回 強い思いの主張こそ、感情的ではなく論理的に展開する
第2回 たかがリーディング、されどリーディング - エッセイスタイルをモノにせよ
第1回 まずは「英語でなくちゃ、ダメなんだ」な状況を作り出す

もっと見る

提供:マイナビ転職エージェント

「マイナビ転職エージェント」は、株式会社毎日コミュニケーションズが運営する、人材紹介会社仲介型の転職サイト。

あなたのキャリアやスキルをプロのコンサルタントが丁寧に判断して、成功転職へ導きます。第三者があなたの市場価値を判断する「紹介型転職」は、転職界の新スタンダード。ぜひあなたが納得できる転職を実現してください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報