【コラム】

経済ニュースの"ここがツボ"

83 英国がEU離脱を通知 - 交渉は難航か、スコットランドなど国内にも火種

83/92

英国がこのほど、EU(欧州連合)に離脱を正式に通知しました。昨年6月の国民投票でEU離脱派が勝利して以来、約9カ月たってようやく正式に動き出しました。今後は英国とEUとの間で離脱条件や新たな貿易協定などについての交渉が始まり、原則として2年以内に交渉がまとまれば英国は正式にEUから離れることになります。しかし交渉は難航が予想されるうえ、英国内ではスコットランド独立問題など多くの火種を抱えており、実際のEU離脱までの道のりはなお不透明です。

交渉の大きなテーマは移民と貿易

英国とEUとの交渉で大きなテーマとなるのは、移民と貿易の扱いです。英国のEU離脱の最大の動機となったのが移民問題ですから、英国政府は移民制限を優先したい考えです。その一方で、関税ゼロなど従来通りのEUとの貿易関係をできるだけ維持したいと考えており、そのために英国とEUとの間でFTA(自由貿易協定)を結ぶことをめざしています。

しかしこれはEU側から見れば、「英国のいいとこ取り」に写ります。「EUから離脱して移民制限など自国優先策をとろうとしているのに、貿易面でEU加盟国と同じ条件を得ようとするのは、虫が良すぎる」と言うわけで、EUのトゥスク大統領は「EUの犠牲を最小化することが最優先だ」と厳しい姿勢を示しています。英国を特別扱いして甘い態度をとれば、他の加盟国でもEU離脱の動きが出てくるおそれがあるからです。

貿易協定というのは、数多くの品目・サービスの一つ一つについて関税や輸出入手続きなどについて取り決めるもので、その交渉は膨大な作業を要するのが普通です。交渉の当事者が基本的な考えや方向で一致していても、すべて合意できるまでには相当な時間がかかるもので、ましてや英国とEUは基本的な考え方で対立しているのですから、交渉の難航は避けられないでしょう。

移民政策については、こんな難問もあります。それは現在、英国内に住んでいるEU加盟国の国民が約330万人、EU各国にいる英国民が120万人もいるという事実です。現在は英国もEU加盟国ですから、これらの人たちはビザなど不要ですが、英国がEUから離脱すれば、通常ならそれぞれビザが必要になるはずです。しかし離脱と同時にそれらの人たちにすべて新規のビザを要求するのかどうか、さもなければ相当数の人を一斉に英国へ、あるいはEU各国へ帰国させるのかなど大問題で、やり方を間違えれば大混乱となりかねません。

「2年間の交渉」をめぐる3つのシナリオ

実際には、激変を避けるため一定期間は現状通りの居住を認めるなど何らかの移行措置をとる可能性が高いでしょうが、そうした具体的なことを一つ一つ決めていかなければならないのです。こうしてみると、英国とEUとの交渉はテーマが多岐にわたるにもかかわらず、どれをとっても両者の対立が深そうで、それらすべてを2年間のうちに合意することは困難との見方が強まっています。

この「2年間の交渉」は、EUの基本的な枠組みを定めた基本条約(リスボン条約)の規定によるものです。ただ2年間と言っても、実際の離脱前後の混乱を避けるためには、その半年前ごろ、つまり来年秋ごろまでに交渉をまとめる必要があり、実質的な交渉期間は1年半程度しかありません。

ここで、その2年間という期間をめぐっては3つのシナリオが考えられます。1つ目は、2年以内に合意が達成できるケース。これがベストシナリオですが、前述のようにかなり困難ではないかと見られます。

もし2年間で合意に達しない場合は交渉期間を延長することができます。これが第2のシナリオで、交渉期間を延長したうえで合意を目指すことになります。どのような合意内容になるかは別にして、おそらくその可能性が最も高いと見られます。

しかし交渉延期のためには全加盟国の同意が必要で、それができない場合も想定されます。そのケースでは、離脱条件や離脱後の貿易協定などが決まらないまま時間切れとなって、英国が2年後にEUを離脱することになります。これが第3のシナリオで、いわば「強制離脱」、最悪のシナリオです。そうなればショックが世界中に広がり世界同時株安が起きる恐れもありますが、市場ではその可能性もささやかれ始めています。

「2年間の交渉」をめぐる3つのシナリオ

英国が国内で抱える難題

このように、英国にとってEUとの交渉はハードルが高いのですが、国内でも難題を抱えています。スコットランドの独立問題と北アイルランド政情不安の再燃のおそれです。これについては、昨年8~9月に英国取材の様子を本連載で書きましたが(第70回、2016年9月20付け)、その時点より問題が大きくなっているようです。

まずスコットランドの独立問題。もともとスコットランドは歴史的ないきさつから独立意識が強いのですが、その一方でイングランドと比べて経済格差があるためEUからの補助金を多く受けているという特徴があります。そのためスコットランドで2014年に英国からの独立を問う住民投票が行われたものの、独立は否決されました。しかしそれは英国がEUの一員であることが前提でした。昨年6月のEU離脱をめぐる国民投票でも、スコットランドでは残留支持が6割を超えていました。

しかしその国民投票で英国のEU離脱が決まったことから、スコットランドで独立機運が再び高まりを見せているのです。この3月にスコットランド行政府のスタージョン首相は「英国がEUを離脱する予定の2019年春までに、独立を問う住民投票を改めて行う」と言明し、スコットランド議会もこれに同調しています。2014年の住民投票で独立が否決されて以後は独立機運が沈静化したかに見えたのに、EU離脱決定が独立の動きに再び火をつけてしまった形です。

ただ最近のスコットランド住民を対象とした世論調査では、独立反対の方が上回っていました。スコットランド行政府や独立派は英国から独立した上でEUに加盟するとの考えですが、それをEUが認めるかどうかは不透明です。独立して自力で経済が成り立つのかどうか、通貨はどうするのかなど、独立後の国家像もあいまいです。しかしそれでも、英国にとってはEUとの交渉だけでも難仕事な上に、スコットランドの独立問題にも対応しなければならないという、頭の痛い状況が続くことになるわけです。

もう一つの難題が北アイルランド問題です。この歴史的な背景についても本連載の第70回で詳しく書いた通りですが、簡単に説明しますと、1922年にアイルランドが英国から独立した際、アイルランド島北部の6州だけが英国に残留しました。これが北アイルランドです。しかしそれ以来、北アイルランド内部では英国からの独立とアイルランドとの統合を要求する勢力が根強くあり、非合法武装組織IRA(アイルランド共和国軍)による武装闘争とテロが長年続いていました。これに加えて、カトリック系住民とプロテスタント系住民の対立が激化し双方が武装して衝突を繰り返してきたという悲惨な歴史があります。

1998年にようやく和平が成立し、新たに北アイルランド自治政府と議会が設立されました。IRAも武装解除して、北アイルランドは安全で平和な地域となり今日に至っています。その時の和平条件の一つとして、英国の一部である北アイルランドと隣国・アイルランド共和国の自由な往来も合意され、今では両国の国境では入国管理などは一切行っていません。英国もアイルランド共和国もEU加盟国でしたから、それも自然なことだったわけです。

ところが今回の英国のEU離脱によって、その和平の前提が怪しくなっているのです。今後の英国とEUの交渉次第ですが、一般的に言えば、非EUとなる英国とEU加盟国であるアイルランドとの国境では人やモノの出入国のチェックが必要になりますから、和平条件を変更することになります。これは当然、北アイルランドの独立派を刺激することにつながります。現に最近は、英国からの独立とアイルランドへの統合を主張する民族政党が躍進しているそうです。

今のところ、スコットランドのように独立問題が差し迫ったテーマになっているわけではなさそうですが、それでも北アイルランド問題は複雑な問題を抱えているだけに今後の展開には注意が必要です。

幸い、英国の経済は今のところ堅調さを保っています。株価の代表的指数であるFTSE100は昨年6月の国民投票前後に急落しましたが、すぐに持ち直して以降は高値更新を続け、現在も高値圏で推移しています。実質GDPも昨年7-9月期、同10-12月期ともに前年同期比2.0%増となり、国民投票以前の昨年1-3月期の1.6%増、4-6月期の1.7%増をやや上回る結果となっています。

英国の株価(FTSE100)は国民投票後に急落したが、以降は高値更新を続ける

その意味では国民投票前以前に懸念されていた「EU離脱になれば英国経済は悪化する」との事態は避けられていると言えます。しかし小売売上高のデータを見ると、昨年後半は前年同月比で4%台から7%台の高めの伸びを続けていたのに対し、今年に入ってからは1月が1.5%増、2月は3.7%増にとどまっています。これも決して悪い数字とは言えませんが、伸び悩みの傾向が出ていることは否定できません。

今後は、EUとの離脱交渉の進展状況や国内政治状況によっては景気にマイナスの影響が出てくる可能性がありますし、英国に立地している企業が工場設備や拠点機能を欧州大陸側に移転する動きが広がることも予想されます。4~5月のフランス大統領選、秋のドイツの総選挙などの結果次第では、英国のEU離脱交渉にも影響が出る可能性も頭に入れておいた方がいいでしょう。

欧州の今後の主な政治日程

執筆者プロフィール : 岡田 晃(おかだ あきら)

1971年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞入社。記者、編集委員を経て、1991年にテレビ東京に異動。経済部長、テレビ東京アメリカ社長、理事・解説委員長などを歴任。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など数多くの経済番組のコメンテーターやプロデューサーをつとめた。2006年テレビ東京を退職、大阪経済大学客員教授に就任。現在は同大学で教鞭をとりながら経済評論家として活動中。MXテレビ「東京マーケットワイド」に出演。

オフィシャルブログ「経済のここが面白い!」
オフィシャルサイト「岡田晃の快刀乱麻」

83/92

インデックス

連載目次
第92回 「小池劇場」失速の本当のワケと日本経済の行方(上) - 希望の党に希望はあるか?
第91回 28日衆院解散 - 消費増税などが争点、一転して「自民vs小池新党」の構図に
第90回 米債務上限引き上げ・デフォルト回避で安心感 - しかしトランプ大統領と身内・共和党の溝広がる
第89回 トランプ政権は崩壊寸前!? 米政治不安で株安・円高か - バノン氏解任で政策修正の期待も
第88回 日本橋の高速道路を地下化が具体化 - 都市景観を改善、周辺の再開発と連携
第87回 選挙で明暗分かれたイギリスとフランス - イギリスのEU離脱の行方は混迷
第86回 G7で亀裂を呼んだトランプ大統領 - ロシアゲートで前途に暗雲
第85回 フランス大統領にマクロン氏、ポピュリズム拡大にひとまず歯止め - 新政権のカギは経済立て直し
第84回 フランス大統領選"3度目のまさか"は避けられた - 安堵感広がるが、なおリスクも
第83回 英国がEU離脱を通知 - 交渉は難航か、スコットランドなど国内にも火種
第82回 オランダ総選挙の次はフランス大統領選 - 欧州の政治リスクは続く
第81回 トランプ大統領に批判集中だが、NY株価は11日連続で史上最高値
第80回 “日本批判”を封印した日米首脳会談に安堵感
第79回 トランプ大統領の日本批判は事実誤認--だが日本経済は逆風に耐える力あり
第78回 トランプ次期大統領の矛先がトヨタへ - 2017年は保護主義、ポピュリズムの「懸念」が「現実」に?
第77回 トランプ新大統領を迎える米国を現地取材 - やはり根強い批判、しかし景気は予想以上に好調
第76回 Brexit、トランプの次はイタリア・ショック!?--欧州経済危機再燃の恐れも
第75回 "トランプ大統領"で株高・円安いつまで?--景気には期待、保護主義には警戒
第74回 トランプ大統領の衝撃--保護主義が最大の懸念だが国内経済政策には期待も
第73回 米大統領選の世論調査、トランプ氏が上回る - 株価下落・円高が現実に!?
第72回 米大統領選はどうなる!? 大詰めで波乱 - 市場は「トランプ大統領」を警戒
第71回 米大統領選が終盤戦 - 苦しくなったトランプ氏、浮かび上がった3つの問題点
第70回 現地で見た”Brexitショック”のその後(下) - スコットランド独立? 北アイルランドも!?
第69回 現地で見た"Brexitショック"のその後(上) - 予想外に活気があった英国
第68回 リオ五輪のメダル最多で、景気は本格回復!? 五輪と景気の意外な関係
第67回 28兆円の経済対策と内閣改造 - アベノミクス再強化でデフレ完全脱却めざす
第66回 トルコのクーデター未遂事件の影響は? 中東安定、難民問題、欧州経済の鍵
第65回 参院選の与党勝利はアベノミクスへの信任--脱デフレへ10兆規模の経済政策
第64回 英国EU離脱ショックはリーマン・ショック級--欧州統合は空中分解のおそれ
第63回 英国がEU離脱なら株安・円高進行のおそれ
第62回 消費増税を延期した本当の理由 - 経済成長なしに財政再建はあり得ない
第61回 伊勢志摩サミット、注目は"財政出動"--終了後に消費増税延期を正式決定か
第60回 急激な円高・株安はなぜ起きたか - 米大統領選も円高要因に?
第59回 セブン&アイ鈴木会長、突然の退任に波紋 - セブンは強さを維持できるか
第58回 公示地価は全国平均で8年ぶり上昇、地方圏も底上げ--資産デフレ脱却へ前進
第57回 自動車・電機など賃上げ低水準、景気浮揚には力不足 - 消費増税延期の後押し材料に?
第56回 "トランプ旋風"いつまで続くか - 世界経済にマイナスの影響のおそれ
第55回 シャープが台湾・鴻海の傘下入りで再建の行方は? - 創業者・早川徳次の不屈の精神を取り戻せるか
第54回 株安・円高が加速 - 主な原因は海外だが……
第53回 マイナス金利の影響早くも広がる - 預金金利引き下げなど続々
第52回 マイナス金利を導入したのはなぜ? - 景気回復が期待できる4つの経路
第51回 原油安で"イランつぶし"を狙ったサウジの戦略は変化するか?--減産の兆しも
第50回 原油安はいつまで続くのか!?--サウジVSイランで減産どころかシェア争いも
第49回 2016年、日本経済はどうなる?--"景気回復続く"4つの理由、消費増税再延期も!?
第48回 2015年の世界経済、救ったのは"米国"--2016年はギリシャ、原油安など要注意
第47回 パリの同時テロ、低迷する欧州経済に追い討ちか--"移動の自由"はどうなる!?
第46回 幕末の「薩長土肥」に学ぶ地方創生のヒントとは!?--日本は今"第2の明治維新"
第45回 中国やブラジルなど新興国はなぜ変調?--今や"世界経済最大のリスク"に
第44回 消費税の軽減税率、安倍首相は財務省に不信感--再増税自体の先送りも?
第43回 ノーベル賞日本人2人受賞の快挙が示す日本の底力
第42回 VWは不祥事の"典型"パターンの一つ--トップの指示? 黙認?
第41回 VWの排ガス不正、"史上最悪"の企業不祥事 - 自動車業界全体に影響広がる
第40回 欧州への難民流入、EU統合の理念揺るがす--受け入れめぐり"東西対立"
第39回 日経平均下落の原因は"中国"だけではない--"安倍景気"息切れ、追加緩和も
第38回 中国はなぜ人民元を切り下げた? - 「経済安定」こそ習近平政権の生命線
第37回 優等生・東芝はなぜ「利益水増し」を行ったのか!?--日立への対抗意識も動機
第36回 ギリシャ・チプラス首相はなぜ"豹変"したのか!?--EU支援決定の舞台裏
第35回 中国株はなぜ急落したのか!?--EUと深い関係、ギリシャ危機の影響に注意
第34回 ギリシャ「緊縮反対」が"勝利"、デフォルト・ユーロ離脱に突き進むのか!?
第33回 ギリシャ、ついにデフォルトか!?--7・1デフォルトの場合、国民投票はどうなる?
第32回 ギリシャ危機はひとまず回避、しかし険しい道続く--ロシア・中国の影も…
第31回 米国の利上げはいつ? - イエレン議長のバックグラウンドを考慮すると…
第30回 円安はどこまで進むのか?--米国はいつまで円安を"容認"する!?
第29回 日本の対外純資産が24年連続で世界一、もはや"貿易"で稼ぐ国ではない!?
第28回 "どん底"からの復活 - シャープは創業者・早川徳次氏の精神を取り戻せ
第27回 トヨタが3期連続最高益へ、好決算の陰で"死角"はないのか!?
第26回 安倍首相訪米の隠れた"もう一つの成果"--なぜ米国は「円安」を容認するのか?
第25回 「TPP交渉」加速の陰に「AIIB」の存在あり--日本を巡り米国と中国が綱引き
第24回 セブンが独走し明暗分かれるコンビニ業界--セブン好調はマック低迷と関係!?
第23回 「株価回復は2万円で終わりではない」 - 長期的な上昇相場の"通過点"
第22回 日銀短観、「景況感は横ばい」の"謎"--デフレの"トラウマ"いまだ
第21回 サウジはなぜイエメン内戦に介入!?--原油価格や世界経済に新たな波乱要因か?
第20回 貿易赤字が縮小傾向、何が起きているのか? - その原因と影響を探る
第19回 3月中にも「日経平均2万円」達成か--"賃上げ・原油安"が強烈な追い風に
第18回 賃上げ機運高まる - "実質賃金"はプラスに転換できるか?
第17回 なぜ日経平均が15年ぶりの高値をつけたのか!?--日本経済の"歴史的転換"背景
第16回 「日経平均」が15年ぶりの高値、過去3回の上昇局面と何が違うのか!?
第15回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(3)--ドイツへの"敵意"の背景とは!?
第14回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(2)--ユーロ発足時から危機の"タネ"
第13回 EUはけしからん!? - ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?
第12回 ECBがついに「量的金融緩和」、原油価格の下落で"最終決断"
第11回 フランスのテロ事件、経済への影響は? - 世界を揺るがす「地政学リスク」
第10回 なぜ原油価格が下落している?(2) - ヘッジファンドなどの資金が一斉に"逃げ"
第9回 2015年の米国経済、注目点は!? - 3つの構造変化で景気持続の可能性
第8回 2015年の日本経済はこうなる - 「日経平均2万円」へ"4つの追い風"
第7回 原油安でルーブル暴落、ロシアは一体どうなるのか?--欧米による"経済制裁"!?
第6回 総選挙で自民・公明の与党が勝利、でも株価が下落したのはなぜ?
第5回 なぜ原油価格が下落している? - OPECと米国が"我慢比べ"、日本への影響は?
第4回 "訪日外国人数"が過去最高 - 「観光」は"経済成長"の柱になりうるのか?
第3回 "GDPショック"走る - 消費再増税延期・衆院解散でアベノミクスの行方は?
第2回 「米中間選挙」でオバマ民主党が"歴史的大敗"、日本経済への影響は?
第1回 "電撃的"だった日銀の「追加緩和」~その背景と効果は?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事