【コラム】

経済ニュースの"ここがツボ"

66 トルコのクーデター未遂事件の影響は? 中東安定、難民問題、欧州経済の鍵

66/89

トルコで起きたクーデターは世界中をひやりとさせましたが、半日で鎮圧されて未遂に終わりました。選挙で選ばれた政権を軍隊の力で転覆させることはもちろんあってはならないことで、その試みが失敗したのは良い結果となりました。しかし手放しで喜べないという複雑な様相を呈しているのも事実です。クーデター鎮圧後、現政権トップ・エルドアン大統領は軍部や反対派への弾圧を強めているからです。トルコは中東と欧州にまたがる重要な位置にあるため、トルコの不安定化は中東情勢、欧州の政治と経済、ひいては世界情勢にも悪影響を与える恐れがあります。

トルコの概況

クーデターの背景

まず今回のクーデターの背景を考えてみましょう。直接的な動機などはまだ解明されていませんが、各種報道を総合すると2つの背景が考えられます。

1つは、エルドアン大統領がイスラム教色の強い政策をとってきたことに軍部の反発が強まっていたことです。トルコはもともとイスラムの政教一致だったオスマン帝国が崩壊して、1923年に共和国として建国された国で、そのような経過から政教分離を国是としてきました。建国の父と言われる初代大統領ムスタファ・ケマルは国家が宗教に支配されない世俗主義を掲げて西洋化を推し進め、軍はその守護者を自任してきたという歴史があります。国民も99%がイスラム教徒と言われていますが、そうした体制と政策を支持してきました。

ところが2003年に首相となったエルドアン氏はイスラム系政党・公正発展党(AKP)の創設者で、首相を経て2014年に大統領に就任したのですが、次第にイスラム色の強い政策をとるようになっていきました。このため、世俗主義の守護者を自任する軍部は反発を強めるようになっていたのです。

背景の2つ目は、そのエルドアン大統領の強権的な政治への反発です。直接的には同大統領が軍部の権限縮小や幹部更迭人事などを推し進めてきたことへの反発が強まっていました。また少数民族クルド人勢力への攻撃、政権に批判的なメディアや学者への弾圧も相次いでいたことも要因となったと見られます。

クーデターを起こしたグループが「現在の政権によって民主主義がむしばまれた」と声明を発表していたところに、そうした背景が表れています。政教分離・世俗主義の守護者を自任する軍部の一部が「民主主義を守るために」クーデターを起こしたという、やや異色の展開と言えます。それほどにエルドアン大統領が強権的だということでしょう。しかしだからと言ってクーデターが正当化されるものではありません。

経済発展に大きな実績を残すエルドアン大統領

一方、エルドアン大統領は、この間のトルコの発展には大きな実績を残しています。エルドアン氏が首相に就任して以後、政治の安定が経済発展につながり、高い成長率が続きました。2003年から2015年まででGDP(国内総生産)は約3倍となり、中東では最大の経済規模です。最近の伸び率はやや鈍っていますが、それでも4%程度の成長を持続しています。トルコへの外国企業の投資も活発化しており、欧州の自動車メーカーは現地資本との合弁の形で進出し、欧州向けの輸出を増やしています。

トルコのGDP成長率

こうしてトルコは一時期、新興国の代表格BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く有力新興国の一つに数えられたほどです。エルドアン政権はこのような経済発展を背景に2005年にEUへの加盟を申請し交渉を始めています。英国の経済誌『エコノミスト』は7月23日付の記事で「AKPが政権を握った当初の数年間は、安定したイスラム民主主義国家の繁栄の模範だった。少数民族クルド人との和平を模索し、理にかなった改革を進めたおかげで経済成長が続いた」(日本経済新聞電子版の翻訳記事)と高く評価しています。

エルドアン大統領が強権的との批判はあっても国民から高い支持を得ているのは、このような経済発展を成し遂げたことが背景となっており、それがクーデターを失敗に追い込んだことにもつながったと言えます。

クーデター鎮圧後、4つの懸念

しかしそのエルドアン大統領はクーデターを鎮圧したのを機に、非常事態宣言を発し、一段と強権的姿勢を強めていることが懸念されます。報道によりますと、事件の真相解明と処罰を名目に多くの軍幹部や公務員、教員などを拘束、解任しており、その数は6万人以上に達したということです。これでは、"逆クーデター"です。

前述の『エコノミスト』の記事は「エルドアン氏は自身への異議を謀反とみなし、トルコの異文化共存政策に対してクーデターを起こしているようなものだ」(同上)と厳しく批判しています。

エルドアン大統領のこのようなやり方はかえって国内を不安定化させる恐れがあり、それは中東情勢の一段の混迷、さらに欧州情勢と世界情勢の不安定化につながる懸念があります。

具体的には4つの懸念です。第1は、過激派組織・イスラム国(IS)掃討への影響です。トルコ軍は総兵力71万人、NATO(北大西洋条約機構)加盟国の中では米国に次ぐ兵力で、IS掃討の最前線を担っています。しかし今回のクーデターとその後のエルドアン政権による弾圧で動揺や士気の低下が広がれば、IS掃討作戦にも影響が出かねません。そうなれば、中東の安定が遠のくことが懸念されます。

第2の懸念は米国や欧州各国との関係悪化の兆しです。冷戦時代、トルコは西側の対ソ戦略の最前線基地という大きな役割を果たしていました。そのために、いち早く1952年にNATOに加盟し欧米各国と同盟関係を結んできました。トルコ軍が米国に次ぐ兵力を持っているのも、そのような歴史的経過があったからです。そして現在はエルドアン政権の強権政治には懸念を強めながらも、IS掃討やシリア問題などで同政権と共同歩調をとってきたという経緯があります。欧米各国はクーデター直後にエルドアン政権支持の態度を打ち出したのはそうした関係があるからです。しかしその後のエルドアン政権の強権化には批判を強めています。

またエルドアン政権は「米国に亡命中のイスラム教指導者ギュレン師がクーデターの黒幕だ」と主張して、米国に同師の引き渡しを求めています。これに対し米国は慎重な姿勢です。確たる証拠は示されておらず、米国がそれに応じるとは考えにくいでしょう。それによって米国との関係が悪化する恐れがあることも念頭に置いたほうがいいでしょう。

そうなれば、IS掃討作戦にも悪影響が及ぶとの懸念も生じてきます。ISの勢力が盛り返したり、テロが拡散したりすることが心配されます。トルコは中東安定のカギを握る要の国なのです。前述の第1と第2の懸念は、中東情勢の一段の混迷につながる恐れがあります。

第3の懸念は難民問題です。この問題でもトルコはカギを握っており、欧州とはある意味で運命共同体となっています。現在は欧州への難民流入を抑制するためにトルコが多くの難民を引き受けていますが、これもトルコの安定が不可欠です。国内が不安定化すれば、難民問題への影響は避けられないでしょう。そうなれば、その余波は欧州に波及し、難民問題がより深刻になる可能性も否定できません。欧州各国もエルドアン政権の強権政治には批判を強めながらも、同政権に頼らざるを得ないという微妙な関係になりそうです。

第4の懸念は欧州経済への影響です。前述のようにトルコの経済発展は目覚ましく、欧州との経済関係も深まっています。人口で見ても、トルコは約7800万人で、欧州ではロシア、ドイツに次ぐ大国なのです。現在、EU加盟を申請中でもあります。しかし今回のクーデター事件とその後の政権の強権化で、EU加盟は遠のいたと言わざるを得ないでしょう。

またトルコへの観光客が減ることも予想されます。トルコを訪れる外国人は年間3981万人(2014年)に達しており、観光は同国の主力産業です。しかしこれまでに同国内で起きたテロによってすでに観光に影響が出ており、今後もテロ続発や政情不安などによって観光産業が打撃を受けることが想定されます。

欧州からトルコへの投資が減少する可能性もあります。こうして同国の経済が低迷すれば、その影響は少なからず欧州にも波及します。ただでさえ英国のEU離脱の影響が懸念されるところにトルコの混乱が加われば、欧州経済の先行きは厳しさを増しそうです。

トルコと欧米などの関係

これら4つの懸念は日本とも無関係ではありません。トルコには、トヨタ自動車、ブリヂストン、パナソニックなど大手企業を中心に約100社が進出しており、約2000人の在留邦人がいます。これは中東で最大規模です。またイスタンブールのアジア側とヨーロッパ側を結ぶボスポラス橋はかつて日本の円借款でITIなどが建設し、そのボスポラス海峡の地下を通る地下鉄も同じく円借款で大成建設などが建設し、3年前に開通したばかりです。

しかし今後のトルコ情勢次第では日本企業の戦略見直しが必要になるかもしれません。また欧州経済にも影響が出れば、そこから日本経済にも波及する可能性も意識しておいたほうがいいでしょう。

今、世界はテロの続発、難民問題、英国のEU離脱、米国の大統領選でのトランプ現象、中国の経済不安など難題が山積です。そこにトルコの政情不安が加わった形です。それだけに、同国の国内が安定するかどうかがカギとなりそうです。トルコは親日的な国として知られています。そのような国であるだけに、政情が安定して経済発展が続くことを願わずにはいられません。

執筆者プロフィール : 岡田 晃(おかだ あきら)

1971年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞入社。記者、編集委員を経て、1991年にテレビ東京に異動。経済部長、テレビ東京アメリカ社長、理事・解説委員長などを歴任。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など数多くの経済番組のコメンテーターやプロデューサーをつとめた。2006年テレビ東京を退職、大阪経済大学客員教授に就任。現在は同大学で教鞭をとりながら経済評論家として活動中。MXテレビ「東京マーケットワイド」に出演。

66/89

インデックス

連載目次
第89回 トランプ政権は崩壊寸前!? 米政治不安で株安・円高か - バノン氏解任で政策修正の期待も
第88回 日本橋の高速道路を地下化が具体化 - 都市景観を改善、周辺の再開発と連携
第87回 選挙で明暗分かれたイギリスとフランス - イギリスのEU離脱の行方は混迷
第86回 G7で亀裂を呼んだトランプ大統領 - ロシアゲートで前途に暗雲
第85回 フランス大統領にマクロン氏、ポピュリズム拡大にひとまず歯止め - 新政権のカギは経済立て直し
第84回 フランス大統領選"3度目のまさか"は避けられた - 安堵感広がるが、なおリスクも
第83回 英国がEU離脱を通知 - 交渉は難航か、スコットランドなど国内にも火種
第82回 オランダ総選挙の次はフランス大統領選 - 欧州の政治リスクは続く
第81回 トランプ大統領に批判集中だが、NY株価は11日連続で史上最高値
第80回 “日本批判”を封印した日米首脳会談に安堵感
第79回 トランプ大統領の日本批判は事実誤認--だが日本経済は逆風に耐える力あり
第78回 トランプ次期大統領の矛先がトヨタへ - 2017年は保護主義、ポピュリズムの「懸念」が「現実」に?
第77回 トランプ新大統領を迎える米国を現地取材 - やはり根強い批判、しかし景気は予想以上に好調
第76回 Brexit、トランプの次はイタリア・ショック!?--欧州経済危機再燃の恐れも
第75回 "トランプ大統領"で株高・円安いつまで?--景気には期待、保護主義には警戒
第74回 トランプ大統領の衝撃--保護主義が最大の懸念だが国内経済政策には期待も
第73回 米大統領選の世論調査、トランプ氏が上回る - 株価下落・円高が現実に!?
第72回 米大統領選はどうなる!? 大詰めで波乱 - 市場は「トランプ大統領」を警戒
第71回 米大統領選が終盤戦 - 苦しくなったトランプ氏、浮かび上がった3つの問題点
第70回 現地で見た”Brexitショック”のその後(下) - スコットランド独立? 北アイルランドも!?
第69回 現地で見た"Brexitショック"のその後(上) - 予想外に活気があった英国
第68回 リオ五輪のメダル最多で、景気は本格回復!? 五輪と景気の意外な関係
第67回 28兆円の経済対策と内閣改造 - アベノミクス再強化でデフレ完全脱却めざす
第66回 トルコのクーデター未遂事件の影響は? 中東安定、難民問題、欧州経済の鍵
第65回 参院選の与党勝利はアベノミクスへの信任--脱デフレへ10兆規模の経済政策
第64回 英国EU離脱ショックはリーマン・ショック級--欧州統合は空中分解のおそれ
第63回 英国がEU離脱なら株安・円高進行のおそれ
第62回 消費増税を延期した本当の理由 - 経済成長なしに財政再建はあり得ない
第61回 伊勢志摩サミット、注目は"財政出動"--終了後に消費増税延期を正式決定か
第60回 急激な円高・株安はなぜ起きたか - 米大統領選も円高要因に?
第59回 セブン&アイ鈴木会長、突然の退任に波紋 - セブンは強さを維持できるか
第58回 公示地価は全国平均で8年ぶり上昇、地方圏も底上げ--資産デフレ脱却へ前進
第57回 自動車・電機など賃上げ低水準、景気浮揚には力不足 - 消費増税延期の後押し材料に?
第56回 "トランプ旋風"いつまで続くか - 世界経済にマイナスの影響のおそれ
第55回 シャープが台湾・鴻海の傘下入りで再建の行方は? - 創業者・早川徳次の不屈の精神を取り戻せるか
第54回 株安・円高が加速 - 主な原因は海外だが……
第53回 マイナス金利の影響早くも広がる - 預金金利引き下げなど続々
第52回 マイナス金利を導入したのはなぜ? - 景気回復が期待できる4つの経路
第51回 原油安で"イランつぶし"を狙ったサウジの戦略は変化するか?--減産の兆しも
第50回 原油安はいつまで続くのか!?--サウジVSイランで減産どころかシェア争いも
第49回 2016年、日本経済はどうなる?--"景気回復続く"4つの理由、消費増税再延期も!?
第48回 2015年の世界経済、救ったのは"米国"--2016年はギリシャ、原油安など要注意
第47回 パリの同時テロ、低迷する欧州経済に追い討ちか--"移動の自由"はどうなる!?
第46回 幕末の「薩長土肥」に学ぶ地方創生のヒントとは!?--日本は今"第2の明治維新"
第45回 中国やブラジルなど新興国はなぜ変調?--今や"世界経済最大のリスク"に
第44回 消費税の軽減税率、安倍首相は財務省に不信感--再増税自体の先送りも?
第43回 ノーベル賞日本人2人受賞の快挙が示す日本の底力
第42回 VWは不祥事の"典型"パターンの一つ--トップの指示? 黙認?
第41回 VWの排ガス不正、"史上最悪"の企業不祥事 - 自動車業界全体に影響広がる
第40回 欧州への難民流入、EU統合の理念揺るがす--受け入れめぐり"東西対立"
第39回 日経平均下落の原因は"中国"だけではない--"安倍景気"息切れ、追加緩和も
第38回 中国はなぜ人民元を切り下げた? - 「経済安定」こそ習近平政権の生命線
第37回 優等生・東芝はなぜ「利益水増し」を行ったのか!?--日立への対抗意識も動機
第36回 ギリシャ・チプラス首相はなぜ"豹変"したのか!?--EU支援決定の舞台裏
第35回 中国株はなぜ急落したのか!?--EUと深い関係、ギリシャ危機の影響に注意
第34回 ギリシャ「緊縮反対」が"勝利"、デフォルト・ユーロ離脱に突き進むのか!?
第33回 ギリシャ、ついにデフォルトか!?--7・1デフォルトの場合、国民投票はどうなる?
第32回 ギリシャ危機はひとまず回避、しかし険しい道続く--ロシア・中国の影も…
第31回 米国の利上げはいつ? - イエレン議長のバックグラウンドを考慮すると…
第30回 円安はどこまで進むのか?--米国はいつまで円安を"容認"する!?
第29回 日本の対外純資産が24年連続で世界一、もはや"貿易"で稼ぐ国ではない!?
第28回 "どん底"からの復活 - シャープは創業者・早川徳次氏の精神を取り戻せ
第27回 トヨタが3期連続最高益へ、好決算の陰で"死角"はないのか!?
第26回 安倍首相訪米の隠れた"もう一つの成果"--なぜ米国は「円安」を容認するのか?
第25回 「TPP交渉」加速の陰に「AIIB」の存在あり--日本を巡り米国と中国が綱引き
第24回 セブンが独走し明暗分かれるコンビニ業界--セブン好調はマック低迷と関係!?
第23回 「株価回復は2万円で終わりではない」 - 長期的な上昇相場の"通過点"
第22回 日銀短観、「景況感は横ばい」の"謎"--デフレの"トラウマ"いまだ
第21回 サウジはなぜイエメン内戦に介入!?--原油価格や世界経済に新たな波乱要因か?
第20回 貿易赤字が縮小傾向、何が起きているのか? - その原因と影響を探る
第19回 3月中にも「日経平均2万円」達成か--"賃上げ・原油安"が強烈な追い風に
第18回 賃上げ機運高まる - "実質賃金"はプラスに転換できるか?
第17回 なぜ日経平均が15年ぶりの高値をつけたのか!?--日本経済の"歴史的転換"背景
第16回 「日経平均」が15年ぶりの高値、過去3回の上昇局面と何が違うのか!?
第15回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(3)--ドイツへの"敵意"の背景とは!?
第14回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(2)--ユーロ発足時から危機の"タネ"
第13回 EUはけしからん!? - ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?
第12回 ECBがついに「量的金融緩和」、原油価格の下落で"最終決断"
第11回 フランスのテロ事件、経済への影響は? - 世界を揺るがす「地政学リスク」
第10回 なぜ原油価格が下落している?(2) - ヘッジファンドなどの資金が一斉に"逃げ"
第9回 2015年の米国経済、注目点は!? - 3つの構造変化で景気持続の可能性
第8回 2015年の日本経済はこうなる - 「日経平均2万円」へ"4つの追い風"
第7回 原油安でルーブル暴落、ロシアは一体どうなるのか?--欧米による"経済制裁"!?
第6回 総選挙で自民・公明の与党が勝利、でも株価が下落したのはなぜ?
第5回 なぜ原油価格が下落している? - OPECと米国が"我慢比べ"、日本への影響は?
第4回 "訪日外国人数"が過去最高 - 「観光」は"経済成長"の柱になりうるのか?
第3回 "GDPショック"走る - 消費再増税延期・衆院解散でアベノミクスの行方は?
第2回 「米中間選挙」でオバマ民主党が"歴史的大敗"、日本経済への影響は?
第1回 "電撃的"だった日銀の「追加緩和」~その背景と効果は?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事