【コラム】

経済ニュースの"ここがツボ"

52 マイナス金利を導入したのはなぜ? - 景気回復が期待できる4つの経路

 

52/66

日銀が我が国で初めてのマイナス金利の導入を決めました。日銀は以前から金融緩和を実施していますが、さらに金融緩和を強化するもので、デフレ脱却を目指す強い意思を内外に示しました。

マイナス金利導入のポイント

まずマイナス金利とは、普通はおカネを銀行に預けると銀行から金利を受け取ってプラスになるのと逆に、預けた側が金利を支払うものです。このニュースを聞いて「自分が銀行に預けている預金から金利を取られるの?」とびっくりした人もいるのではないかと思いますが、安心してください! 個人や企業が銀行に預けている預金は対象外ですので、マイナス金利にはなりません。

対象となるのは各民間銀行が日銀に預けている当座預金という預金だけです。この日銀当座預金というのは、民間銀行が日銀との間で資金決済をするための口座のことで、現在その残高は250兆円に達しています。日銀は普段はこの口座を通じて資金を銀行に供給しており、その供給量を増やすことによって景気を回復させるため量的金融緩和を実施しています。

しかしこれまでの量的緩和にもかかわらず、景気の足踏みが続き株価も下落しているため、このままではデフレ脱却が遠のきかねないと判断して、さらに強力金融緩和策として、マイナス金利を導入することにしたものです。

具体的には、日銀当座預金の金利をこれまでのプラス0.1%からマイナス0.1%に引き下げます。ただすでに当座預金預けている分については現行の0.1%で据え置き、今後新たに積み増す当座預金をマイナス0.1%にします。マイナス金利は2月16日以降に新たに預ける当座預金に適用するとしています。これまで実施している量的緩和は今後も継続します。

景気回復とデフレ脱却の効果が期待できる4つの経路とは

ではマイナス金利を導入したことはどのような意味があるのでしょうか。それは主に4つの経路で景気回復とデフレ脱却の効果が期待できることです。

まず第1の経路は、より多くのおカネが世の中に回りやすくなるという量的な効果です。マイナス金利になると、民間銀行は日銀に預けている当座預金から金利を取られて損してしまいますから、当座預金の金額を増やさないようにして企業への貸し出しにおカネを回そうとします。企業はそのおカネで設備投資や新規事業などを増やすことができるというわけです。

第2は、金利の低下です。民間銀行にとって日銀当座預金の金利は世の中のあらゆる金利のベースになるものなので、これがマイナスになるということは銀行の貸出金利なども下がることになります。おカネを借りる企業にとっては金利負担が軽減し、景気刺激に役立ちます。個人が借りる住宅ローンの金利も低下し、返済が楽になります。

第3は市場を通じた効果です。おカネ、つまり日本円が量的に多く供給され、金利も下がることは円安につながります。これは日本の基幹産業となっている自動車や電機、機械などの輸出産業の収益を改善させます。特に最近は、世界的な株安の影響で為替相場が円高に振れていましたので、円安になれば安心感を取り戻せるという心理的な効果も出るでしょう。実際、為替相場で円は1㌦=118円台から一気に121円台まで下落しました。

第4は、以上の3つが株価上昇につながる効果です。実際、日銀がマイナス金利導入を決めた1月29日、日経平均株価は476円高と大幅上昇し、週末をはさんで2月1日も346円高と連続高となりました。実際の効果への期待もさることながら、日銀がこれだけ強い姿勢を見せたことで、投資家はそれに反応して株価が一気に上昇したのでした。

日銀の強い決意を印象づけるものに

このようにマイナス金利という異例の方針は、デフレ脱却を確実にするためには何でもやる、あるいは絶対にデフレに逆戻りさせないという日銀の強い決意を印象づけるものとなりました。それによって個人や企業のマインドを上向かせるという心理的な効果も期待できます。

これにはもう一つ、日銀決定の前日に甘利経済財政担当大臣が辞任したことも絡んでいると見ることができます。日銀は現在の黒田総裁が就任して以来、安倍政権と足並みをそろえてデフレ脱却に取り組んできましたが、甘利大臣辞任によってアベノミクスが失速するようなことになればデフレ完全脱却が遠のく恐れがあるからです。意図したかどうかは別にして、アベノミクスをテコ入れする援軍ともいえるでしょう。

同時に、今回の決定を国際的な視点からも見る必要があります。それは年明けから始まった急激な株価下落と原油の一段安など世界市場の動揺が背景です。中国経済の一段の減速、原油安やサウジアラビア・イラン断交など中東情勢の混迷などが重なって起きたもので、世界的に原油安と株安が連動して不安が広がっていました。日銀の新方針はそうした世界市場の動揺を食い止める狙いも込められていたと見るべきでしょう。

そしてこの日銀の動きは事実上、米国と欧州の中央銀行と連携しているように見えます。実は、まず1月21日にECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が金融緩和の追加を示唆し、続いてFRB(米連邦準備理事会)が金融政策を決めるFOMC(米連邦公開市場委員会)を1月27日に開き、追加利上げを見送りました。これ自体は市場の予想通りでしたが、声明文で「海外経済と市場動向を注視する」と警戒感を示し、今後の利上げに慎重な姿勢を示しました。市場の一部に利上げどころか、金融緩和に逆戻りの可能性さえささやかれ始めています。これに続いて29日に日銀がマイナス金利導入を決定したわけです。

最近の日経平均株価

これを受けて株価は、ドラギ発言のあった1月21日の海外市場から上昇に転じ、明けて22日の日経平均も900円余りの急上昇となりました。27日のFOMCを経て、29日の日銀のマイナス金利導入で一段と上昇という展開です。原油価格も21日のニューヨーク市場を底に、株価と連動して上昇に転じています。これで目先的には株価と原油の連鎖安は止まり、市場には安心感が戻ってきました。

最近の原油価格(WTI、NY先物市場)

ただし全面的に「安心してください!」とはまだ言えないかもしれません。マイナス金利には副作用も予想されるためです。民間銀行は日銀当座預金では金利を取られる一方で、銀行が受け取る貸出金利は低下しますから、銀行の収益は低下する可能性があります。そのため銀行はリスクを取ることに慎重になり、中小企業への貸し出しにも慎重になることがありうるのです。そうなると景気には逆効果になりかねません。

ある意味では壮大な実験とも言えるマイナス金利。日本では初めてですが、欧州ではすでに実施しています。しかし欧州の景気は相変わらず低迷が続いており、マイナス金利の効果を疑問視する見方もあります。その半面、「マイナス金利を導入していなかったら景気はもっと悪化していた」との評価もあり、意見は分かれています。

私たちの生活への影響は?

一方、私たちの生活にはどのような影響があるでしょうか。直接的には銀行の預金金利が低下することがあげられます。しかし現在でも普通預金の金利は年0.02%程度、つまり100万円預けても金利は年に200円ですから、この金利が多少下がっても影響があるような無いような、といったところでしょうか。住宅ローン金利が下がることは恩恵となるでしょう。

ただそうした直接的な影響より、前述の4つの経路、および株価回復・円安によって景気が回復すれば、生活全般に恩恵が広がることになるわけです。ただそれが現実になるまでには、もう少し時間がかかりそうです。

執筆者プロフィール : 岡田 晃(おかだ あきら)

1971年慶應義塾大学経済学部卒業、日本経済新聞入社。記者、編集委員を経て、1991年にテレビ東京に異動。経済部長、テレビ東京アメリカ社長、理事・解説委員長などを歴任。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」など数多くの経済番組のコメンテーターやプロデューサーをつとめた。2006年テレビ東京を退職、大阪経済大学客員教授に就任。現在は同大学で教鞭をとりながら経済評論家として活動中。MXテレビ「東京マーケットワイド」に出演。

52/66

インデックス

連載目次
第66回 トルコのクーデター未遂事件の影響は? 中東安定、難民問題、欧州経済の鍵
第65回 参院選の与党勝利はアベノミクスへの信任--脱デフレへ10兆規模の経済政策
第64回 英国EU離脱ショックはリーマン・ショック級--欧州統合は空中分解のおそれ
第63回 英国がEU離脱なら株安・円高進行のおそれ
第62回 消費増税を延期した本当の理由 - 経済成長なしに財政再建はあり得ない
第61回 伊勢志摩サミット、注目は"財政出動"--終了後に消費増税延期を正式決定か
第60回 急激な円高・株安はなぜ起きたか - 米大統領選も円高要因に?
第59回 セブン&アイ鈴木会長、突然の退任に波紋 - セブンは強さを維持できるか
第58回 公示地価は全国平均で8年ぶり上昇、地方圏も底上げ--資産デフレ脱却へ前進
第57回 自動車・電機など賃上げ低水準、景気浮揚には力不足 - 消費増税延期の後押し材料に?
第56回 "トランプ旋風"いつまで続くか - 世界経済にマイナスの影響のおそれ
第55回 シャープが台湾・鴻海の傘下入りで再建の行方は? - 創業者・早川徳次の不屈の精神を取り戻せるか
第54回 株安・円高が加速 - 主な原因は海外だが……
第53回 マイナス金利の影響早くも広がる - 預金金利引き下げなど続々
第52回 マイナス金利を導入したのはなぜ? - 景気回復が期待できる4つの経路
第51回 原油安で"イランつぶし"を狙ったサウジの戦略は変化するか?--減産の兆しも
第50回 原油安はいつまで続くのか!?--サウジVSイランで減産どころかシェア争いも
第49回 2016年、日本経済はどうなる?--"景気回復続く"4つの理由、消費増税再延期も!?
第48回 2015年の世界経済、救ったのは"米国"--2016年はギリシャ、原油安など要注意
第47回 パリの同時テロ、低迷する欧州経済に追い討ちか--"移動の自由"はどうなる!?
第46回 幕末の「薩長土肥」に学ぶ地方創生のヒントとは!?--日本は今"第2の明治維新"
第45回 中国やブラジルなど新興国はなぜ変調?--今や"世界経済最大のリスク"に
第44回 消費税の軽減税率、安倍首相は財務省に不信感--再増税自体の先送りも?
第43回 ノーベル賞日本人2人受賞の快挙が示す日本の底力
第42回 VWは不祥事の"典型"パターンの一つ--トップの指示? 黙認?
第41回 VWの排ガス不正、"史上最悪"の企業不祥事 - 自動車業界全体に影響広がる
第40回 欧州への難民流入、EU統合の理念揺るがす--受け入れめぐり"東西対立"
第39回 日経平均下落の原因は"中国"だけではない--"安倍景気"息切れ、追加緩和も
第38回 中国はなぜ人民元を切り下げた? - 「経済安定」こそ習近平政権の生命線
第37回 優等生・東芝はなぜ「利益水増し」を行ったのか!?--日立への対抗意識も動機
第36回 ギリシャ・チプラス首相はなぜ"豹変"したのか!?--EU支援決定の舞台裏
第35回 中国株はなぜ急落したのか!?--EUと深い関係、ギリシャ危機の影響に注意
第34回 ギリシャ「緊縮反対」が"勝利"、デフォルト・ユーロ離脱に突き進むのか!?
第33回 ギリシャ、ついにデフォルトか!?--7・1デフォルトの場合、国民投票はどうなる?
第32回 ギリシャ危機はひとまず回避、しかし険しい道続く--ロシア・中国の影も…
第31回 米国の利上げはいつ? - イエレン議長のバックグラウンドを考慮すると…
第30回 円安はどこまで進むのか?--米国はいつまで円安を"容認"する!?
第29回 日本の対外純資産が24年連続で世界一、もはや"貿易"で稼ぐ国ではない!?
第28回 "どん底"からの復活 - シャープは創業者・早川徳次氏の精神を取り戻せ
第27回 トヨタが3期連続最高益へ、好決算の陰で"死角"はないのか!?
第26回 安倍首相訪米の隠れた"もう一つの成果"--なぜ米国は「円安」を容認するのか?
第25回 「TPP交渉」加速の陰に「AIIB」の存在あり--日本を巡り米国と中国が綱引き
第24回 セブンが独走し明暗分かれるコンビニ業界--セブン好調はマック低迷と関係!?
第23回 「株価回復は2万円で終わりではない」 - 長期的な上昇相場の"通過点"
第22回 日銀短観、「景況感は横ばい」の"謎"--デフレの"トラウマ"いまだ
第21回 サウジはなぜイエメン内戦に介入!?--原油価格や世界経済に新たな波乱要因か?
第20回 貿易赤字が縮小傾向、何が起きているのか? - その原因と影響を探る
第19回 3月中にも「日経平均2万円」達成か--"賃上げ・原油安"が強烈な追い風に
第18回 賃上げ機運高まる - "実質賃金"はプラスに転換できるか?
第17回 なぜ日経平均が15年ぶりの高値をつけたのか!?--日本経済の"歴史的転換"背景
第16回 「日経平均」が15年ぶりの高値、過去3回の上昇局面と何が違うのか!?
第15回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(3)--ドイツへの"敵意"の背景とは!?
第14回 ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?(2)--ユーロ発足時から危機の"タネ"
第13回 EUはけしからん!? - ギリシャの「ユーロ離脱」はありうるのか?
第12回 ECBがついに「量的金融緩和」、原油価格の下落で"最終決断"
第11回 フランスのテロ事件、経済への影響は? - 世界を揺るがす「地政学リスク」
第10回 なぜ原油価格が下落している?(2) - ヘッジファンドなどの資金が一斉に"逃げ"
第9回 2015年の米国経済、注目点は!? - 3つの構造変化で景気持続の可能性
第8回 2015年の日本経済はこうなる - 「日経平均2万円」へ"4つの追い風"
第7回 原油安でルーブル暴落、ロシアは一体どうなるのか?--欧米による"経済制裁"!?
第6回 総選挙で自民・公明の与党が勝利、でも株価が下落したのはなぜ?
第5回 なぜ原油価格が下落している? - OPECと米国が"我慢比べ"、日本への影響は?
第4回 "訪日外国人数"が過去最高 - 「観光」は"経済成長"の柱になりうるのか?
第3回 "GDPショック"走る - 消費再増税延期・衆院解散でアベノミクスの行方は?
第2回 「米中間選挙」でオバマ民主党が"歴史的大敗"、日本経済への影響は?
第1回 "電撃的"だった日銀の「追加緩和」~その背景と効果は?

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・宮野真守、16thシングル「The Birth」のミュージックビデオを公開
[01:46 9/28] ホビー
蒼井翔太、10/19同時リリースのNEWシングル&武道館映像のビジュアル公開
[01:33 9/28] ホビー
『にゃんこデイズ』のTVアニメ化が決定! コミックキューン11月号発売
[01:14 9/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、Blu-ray&DVD第2巻のジャケ写公開
[00:59 9/28] ホビー
[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ