【コラム】

年収300万円からでも貯まる貯蓄1,000万円への道

48 お金が貯まる冷蔵庫

 

48/49

私はかれこれ20年近く、家計のやりくりの取材をしてきました。その中には、貯蓄が1,000万円以上ある人も、少なくありませんでした。その人たちが、とりわけ収入が多いというわけではありません。年収300万円台(手取り)というケースもたくさんありました。

また、お金を使わないケチケチ生活をして、ギスギス暮らしているわけでもありません。要するに、お金のやりくりが上手なのです。ということは、そのやりくりの仕方をまねすれば、誰でも1,000万円貯めることが可能というわけです。是非今日からまねしてみてください。

食費ダウンには冷蔵庫の見直しがマスト

この連載でも何度も書いてきたことですが、出費を減らす手っ取り早い方法が食費を減らすことです。

住居費、通信費、保険料、習い事代など、毎月決まって出ていく出費 = 固定費を見直すことは、1カ月の支出を減らすのに大きな効果がありますが、見直しに少し手間がかかります。本来はその手間を惜しまずに見直しすべきところですが、「難しそうで、ちょっと面倒くさい」と先延ばしにしがち。ズルズルと時間だけがたっていくようでしたら、手っ取り早くできる食費を減らすことから始めましょう。

食費を減らすにポイントは①安く買う、②食材をムダなく保存する、③おいしく食べきるの3点。今回のテーマは、「食材をムダなく保存する」ための必需品である冷蔵庫の使い方についてです。

お金が貯まる冷蔵庫とは?(画像はイメージ)

食材を捨てることはお金を捨てることと同じ

次の項目で当てはまることがあれば、☑マークを入れてください。

□冷蔵室の棚のどこに何を入れるか、特に決まっていない
□ドアポケットが飲み物、ドレッシング、調味料でギュウギュウだ
□チルド室に何を入れていいのかよくわからない
□冷蔵室の上段の棚や奥の方には何が入っているのか不明
□これまでに1度も冷蔵庫の掃除をしたことがない
□入れておいた保存容器を開けたら、カビが生えていたことがある
□野菜室でシナシナのキュウリを発見したことがある
□野菜室で溶けかかったもやしを発見したことがある
□お肉はとにかく冷凍室に放り込んでおく
□冷凍室の底を最近見たことがない

以上のことで3つ以上、思い当たることがある人は、食材をムダにしている可能性大です。実際、賞味期限切れの食材やシナシナになった野菜を捨てた経験があるのではないでしょうか? お金を出して買った食材を捨てるのは、「お金を捨てる」のと同じ。そうならないためには、冷蔵庫の使い方を見直すことがカギになります。

冷蔵室は棚ごとに入れるモノをザックリ決める

一番上の棚は、冷蔵庫のサイズによりますが、目線よりも高い位置にある場合は、目が行き届かないので、保存期間が比較的長いモノを入れます。ペット飲料、ペットボトル入りの調味料を寝かせて入れてもOK。缶ビールを冷やしておくのにも適します。

中段の棚は目線の位置にあり、管理しやすいので賞味期限の早いモノや納豆、豆腐、ヨーグルト、作りおきおかずなどよく使うモノの定位置に。

下段の棚も使いやすいスペースなので、日常的によく使うモノを入れておくのに適しています。開封した食材を置くと、冷蔵庫を開けるたびに目につくので、ムダにすることなく早く使いきることができます。

中段と下段の棚板間に余裕がある場合は、鍋がそのまま入るくらいのスペースを空けておくと便利です。食べきれなかったカレー、煮物、みそ汁などを鍋ごと入れることができます。

チルド室は一番活用したいスペース。冷蔵室よりも低温が維持されているので、肉、魚、ハム、ウインナー、ベーコンなどの加工品、油揚げなどを入れます。

おかずの残りや作りおきおかずを入れる保存容器は、中身が見えるモノを使用。中身が見えないと、使い忘れの原因になります。ホーロー容器はニオイが移らないなど機能性に優れていますが、中身が見えないのが弱点。使用する場合は、中身を書いたマスキングテープを貼るなどのひと工夫を。

野菜は買いすぎない。ゆるゆる収納がオススメ

野菜はどうしても傷みやすいので、まずは買いすぎないことが基本です。そして、ざっくりと仕分けすると使いやすくなります。

レタス、ほうれん草、小松菜などの緑の野菜ゾーン、にんじん、玉ねぎの定番野菜ゾーン、なす、ピーマン、きのこ類などのその他の野菜ゾーンなど、自分なりのルールを決めて、ザックリと仕分けします。特に注意したいのが使いかけの野菜。使いかけの野菜だけを集めて、トレーや保存袋に入れておき、そこから優先的に使うようにするとムダがありません。

冷凍室には食材を立てて入れる

冷凍室に食材を入れるときの基本は「立てる」です。横にして積み上げると、下のモノが死蔵品になりやすいので、立てること。市販の冷凍食品を立てるのはもちろんのこと、手作り冷食もできるだけ平らに冷凍して立てます。

冷蔵室と違って冷凍室はピッチリ詰めた方が冷凍効率がいいのですが、ムリに冷凍食材を増やす必要はありません。冷凍食材が少なくて、立たせにくい場合は、ブックスタンドなどを利用するのがオススメです。

気持ちをシャキッとさせるためにも、冷蔵庫の食材の入れ方を見直して、食材をムダにしない「お金の貯まる冷蔵庫」にしてください。

※画像は本文とは関係ありません。

<著者プロフィール>

村越克子
フリーランスライター。学習院大学文学部心理学科卒業。編集会社を経て、フリーに。主婦を読者対象とした生活情報誌を中心に執筆。家計のやりくりに奮闘する全国の主婦を取材し、節約に関する記事を数多く手がける。執筆協力に『綱渡り生活から抜けられない人のための絶対! 貯める方法』永岡書店など。

48/49

インデックス

連載目次
第49回 野菜をお得に買うなら地元の八百屋が一番
第48回 お金が貯まる冷蔵庫
第47回 スーパーの魚売り場はお得がいっぱい
第46回 タラレバ、だって、どうせ、でも……お金が貯まらない人は言い訳が多い
第45回 老後のお金不安をなくすために長く働ける備えをする
第44回 年間で貯められるお金を知る
第43回 家の中を掃除するとお金が貯まる
第42回 お金が貯まる朝習慣
第41回 レシートチェックでムダ買いをなくす
第40回 定年までに今からすべきこと
第39回 手間を省いた「作りかけ」で食費節約
第38回 「年末までの3カ月で10万円貯金」を確実に実現するための5つのテク
第37回 やめるだけで1,000万円貯まるテク
第36回 「グルメ懸賞」で食費を節約してもリッチな食卓
第35回 バランスのいい家計を目指す - あなたの家計の削りどころをチェック
第34回 1,000万円貯まる財布と貯まらない財布の違い
第33回 食材を捨てないための保存法、食べきり法
第32回 トレンドはまとめ買いよりバラ買い? - 食材を捨てない上手な買い方
第31回 マンネリしない献立の立て方
第30回 「作りかけおかず」で外食にストップ
第29回 献立はシンプルに、基本調味料はちょっといいものを
第28回 "貯金上手さん"に「多肉植物」を栽培している人が多い理由
第27回 1,000万円貯蓄に成功した人は、値段は高くても満足度の高いものを買う
第26回 1,000万円貯蓄を目指して、夢ノートをつくる
第25回 家計建て直しの第一歩は家の中を整えることから
第24回 年間でかかる出費をリストアップする
第23回 お金が貯まる人は"プチ・ミニマリスト"
第22回 今年こそ、"家計簿"をつけなければいけないワケ
第21回 「ストレスがあるとお金が貯まらない」って知ってますか!?
第20回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--買い物はスーパーとの戦い!
第19回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--注目の調味料・たれ・ソース(2)
第18回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--おいしい魚を安く買う方法
第17回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--注目の調味料・たれ・ソース(1)
第16回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--最近のレトルトカレーはスゴイ!
第15回 "おうちごはん"で1000万円貯蓄にまっしぐら!!--食費節約のトレンド
第14回 自分の総貯蓄額を知っていますか?--「0円」でも大丈夫!!
第13回 貯めたお金は使う。貯蓄とは未来の自分が使うためのもの
第12回 "節約テク"だけではダメ!--マジでお金を貯めるなら、ライフスタイル転換を!
第11回 食費削減の王道"おうちごはん"成功への道--第二歩"食材保存"のイロハ
第10回 まずは外食を減らす--"おうちごはん"への第一歩とは!?
第9回 後悔先に立たず…逃してはいけない、人生の"貯めどき"
第8回 1000万円貯めるために、今すぐ"やめるべき"こと
第7回 1000万円貯まる人の6つの"共通点"
第6回 1000万円貯蓄の"勝負どころ"とは!?
第5回 あなたは、お金を捨てていませんか?
第4回 「特別出費」が曲者! - 家計を"年間"で把握しなければいけないワケ
第3回 あなたの"本当に欲しいもの"はなんですか?
第2回 「月収=自由に使えるお金」ではありません
第1回 「あればあるだけ使ってしまう」人ほど貯められる!?

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事