【コラム】

山田祥平のニュース羅針盤

59 岐路に立つMVNOビジネス

山田祥平  [2016/01/25]

59/67

MVNO大手のIIJの契約数が100万回線を突破したそうだ。順調にそのビジネスを進める同社だが、その概況や最新市場動向を含めた記者説明会が実施された。同社サービスを含め、いわゆる「格安SIM」の認知度は向上の一途をたどっている。

いまや格安SIM市場には多くのMVNO事業者が参入し、料金やサービスの多様化を競っている

ご存じの通り、MVNOというのは大手携帯電話事業者、日本でいえばドコモ、au、ソフトバンクからモバイルネットワークを借り受け、それを使って一般消費者にサービスを提供する事業だ。自前でモバイルネットワークを持たないことから「バーチャル」の「V」がついて、Mobile Virturl Network Operatorと称されている。逆にドコモ等のキャリアは自前でモバイルネットワークを持っているため、「V」がなくMNOと呼ばれる。

逆にいうと「V」のつく事業者は、どんなにがんばっても「V」のつかない事業者を超えることはできない。借り受けているのだから当たり前だ。限りなく近づける、あるいは同じにすることはできるかもしれないが、それがせいいっぱいだ。だからこそ、真正面からキャリアに挑むのではなく、価格やサービス、利便性といった面の付加価値で勝負する。

MVNO各社は「格安SIM」といわれることにそれほど抵抗はないようでもある。実際、IIJでも、外部に対するコミュニケーションとして「MVNOサービス(格安SIM)」と名乗っているくらいだ。

MVNOが再び盛り上がる?

その格安サービスを揺るがしかねないトレンドがある。それが加入者管理機能(HLR、HSS)の開放だ。個々のキャリアが有する加入者のデータベースをMVNOに開放し、より柔軟なサービスを提供できるようにしようというチャレンジだ。

これによって、MVNO各社は自前のSIMを発行できるようになり、キャリアをまたいだサービスを提供できるようにもなる。日本国内においては今のところドコモのネットワークがもっとも廉価なのであまり意味が見出せないが、たとえば、海外の現地キャリアを使って格安ローミングのようなビジネスが実現可能になる。

たとえばGoogleは、米国向けにProject Fi(https://fi.google.com/about/faq/)と呼ばれるサービスを提供している。これは、一種のMVNOであり、米国内において複数のキャリアをまたいでネットワークが使われる。さらに、米国外に出たときも、現地のキャリアを使って接続される。価格的にもリーズナブルで魅力的なサービスになっている。

価格とコストとアイデンティティ

それなら日本でもと期待したいところだが、こうしたサービスを提供するためには、どうしても加入者管理機能を使う必要がある。仮に開放が実現されたとしても、そのためには馬鹿にならない数十億円単位のコストという問題が降りかかる。

総務省の調べによると現在のMVNOサービスの契約数は1,063万回線ある。そのうち格安SIMは4割程度と推定されるそうだ。高い成長率で推移しているもののその程度の数字だ。仮にHLR、HSSの開放に30億円かかるとしよう。単純に30億円を1,000万契約でワリカンすれば300円、こうした付加価値が必要のない契約をのぞいた格安SIM契約だけで負担すると、約4割の400万契約でのワリカンとして750円になる。つまり、それだけの金額を上乗せしないとビジネスが破綻する可能性があるわけだ。今後、ワリカンの母数がどんどん増えて、無視できる負担額になることもあるかもしれないが、それがゼロになるわけではない。

ユーザーがMVNOに対して何を求めるか。今のところは価格であることは明白だ。大手キャリアより安いというのが現時点でのMVNOのアイデンティティだ。IIJも、多額の投資が必要となるHLR、HSSは、必ずしもMVNOビジネスとは親和性が高くないと説明会では漏らしている。

ただ、格安SIMにとどまらず、大手キャリアが取り組むのが難しい新たな事業領域へのチャレンジは、MVNO各社にとっての絶好のビジネスチャンスでもある。各社が今年、どの方向に舵を取り、どのような動きをするのかには、よく注目しておく必要がありそうだ。

例年、4月頃には大手キャリアへのMVNO向け接続料金が公表される。値下がりは必須と予想されるが、昨年のように予測よりも下げ幅が低くMVNO業界全体が影響を受けた例もある。大手キャリアの接続料金の下げ幅がMVNOの料金にどう反映されるのか。そのあたりに注目すれば、水面下で何が動いているのか想像できるかもしれない。

(山田祥平 http://twitter.com/syohei/ @syohei)

59/67

インデックス

連載目次
第67回 「紙の印刷」とITの未来
第66回 本当は合理的な「Windows 10 無償アップグレード」
第65回 3割が経験する割れスマホ問題、もっと真剣に考えてもいい
第64回 実質0円の本当の問題は「わかりにくさ」
第63回 LINEのニュースとコミュニケーション
第62回 通信に大切なのは速さだけじゃない
第61回 進撃するもうひとつのレノボ
第60回 VAIO Phone Bizをめぐる「付加価値」
第59回 岐路に立つMVNOビジネス
第58回 8型では小さすぎる、13型では大きすぎる
第57回 【番外編】今年買わなかったもの
第56回 仕事と感情、「りんな」のAIの見せどころ
第55回 だからみんな一太郎を忘れない
第54回 コンピュータをもういちど「みんなのもの」にしてみよう
第53回 紙のインターネット始動 ~ ScanSnap Cloud誕生
第52回 会話で蓄積されたビッグデータが女子高生「りんな」を大人にする
第51回 モノを売る前に、知識を売る - ヤマダ電機新店舗「Concept LABI TOKYO」の戦略
第50回 携帯料金値下げ指示の懸念、安いのにも高いのにもそれなりの理由がある
第49回 パナソニックの電子マネー端末が100万台、市場倍増を見据え何が起こる?
第48回 Imagine Cup日本予選、栄誉を勝ち取ったのは…
第47回 YouTube Space、東映太秦と組んで何をねらう?
第46回 Googleがインターネットの正義の味方大募集中
第45回 ノートPCから映像出力端子が消える?
第44回 学校・地元・家族自慢、小学生がパワポでプレゼン
第43回 変わることを目指す日本HP、最重視するのは「モビリティ」
第42回 何年も本当に代わり映えしなかったパソコン、いま再び変化の芽生え
第41回 「Yahoo!検索大賞2014」発表、「急上昇」を初選出
第40回 「デバイスを守る」から、「ユーザーを守る」へ
第39回 感動する心を持ち、感動した理由を考え抜く - Googleのデザインコンテスト
第38回 いつでもどこでも誰でもOffice
第37回 日本マイクロソフトが"新しい働き方"に挑戦する意味
第36回 「WiMAX 2+」がキャリアアグリゲーション対応に、移行のメリット
第35回 新「YOGA」に見る、パソコンの存在感を取り戻そうとするレノボ
第34回 KDDIの異色のスタートアップ支援、参加チームが決定
第33回 増えすぎたWi-Fiデバイス、これからも"つながる"ために
第32回 Xperiaが目指すSony Now
第31回 Googleで渋谷の街を丸ごとサーチ
第30回 脱ガラパゴスで世界に挑戦する「AQUOS CRYSTAL」
第29回 そうだったのか総務省、彼らが仕事を急ぐ理由 ~ IIJmio meeting #4より
第28回 UQの新しいWiMAX2+モバイルルータ「HWD15」が発売に、WiMAX2+の向かう先
第27回 事業部直営のリアル店舗でサービスを模索するLet's note ステーション
第26回 海の家に象徴されるレノボのコンシューマー戦略への覚悟
第25回 マイクロソフトが支援するモノ空間サービス
第24回 デコして満足、男子より花
第23回 ぶっちゃけ発言続出だった日本マイクロソフト2015年度経営方針記者会見語録
第22回 「リアサカLIVE」でサッカーW杯を楽しんでみる
第21回 Microsoftの「IoYT」、小さなものから大きなものまで身近なものからつないでいこう
第20回 COMPUTEX TAIPEI 2014会場で見つけた2つのビックリ
第19回 Centrino リターンズ - Core MとXMM-7260に感じる11年前のデジャブ
第18回 Intel " M" リターンズ - Core MはPentium M以来の革命を起こせるか
第17回 auとUQがもくろむもうひとつの"キャリア"アグリゲーション
第16回 ドコモのVoLTE、音はいいけどただの内線?
第15回 刷りホーダイ & 刷りあえるスマートチャージ
第14回 横浜F・マリノスをバージョンアップするアディダスのウェアラブルデバイス
第13回 Windows Phoneは、第三のモバイルOSになれるのか
第12回 IIJがアピール「ドコモだからといってどこでも同じではない」
第11回 ビッグローブはほぼ大手キャリアをめざすのか
第10回 Office for iPadが担うMicrosoftのデバイス&サービスカンパニー戦略
第9回 コンビニサービスで痛感する「あると邪魔」と「ないと不便」
第8回 親のスマホを子どもが独占、本当にそれでいいの?
第7回 プラチナバンドの時代は遠く
第6回 スマホとプリンタに婚活を促す出会い系アライアンス
第5回 プロが土足で踏み込むアマチュアの聖域
第4回 定番の呪縛をサムスンはどうUnpackするのか
第3回 VAIOを捨てたソニーの覚悟
第2回 Windowsのために一歩進んで二歩戻るMicrosoft
第1回 YouTubeコンテンツとGoogleの関係に変化の兆し

もっと見る

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ガンダムバルバトス、第1~6形態を再現するコンプリートセットが登場
[19:00 5/24] ホビー
坂上忍、小林麻耶の体調は「大丈夫そう」- 現状明かす
[18:58 5/24] エンタメ
スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入
[18:52 5/24] 企業IT
ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始
[18:50 5/24] テクノロジー
冬目景の伝奇読切「アラナギサマ」がイブニングに、次号小林銅蟲の新連載
[18:43 5/24] ホビー

特別企画 PR