【コラム】

山田祥平のニュース羅針盤

53 紙のインターネット始動 ~ ScanSnap Cloud誕生

山田祥平  [2015/11/25]

53/67

パーソナルスキャナで知られるScanSnapのPFUが、スキャナ製品を直接クラウドに接続し、さまざまな既存クラウドサービスと連携するScanSnap Cloudの提供を開始した。既存製品であるiX100/iX500のユーザーは、ファームウェアをアップデートすることで、今日から利用が可能になる。

ビジネスの成功を祈り、タッグを組むクラウドベンダー各社とPFU幹部

クラウドという言葉がきわめて身近なものになっている。それだけわれわれの身の回りの状況が変化しているということだ。今では、仕事においても、プライベートでもクラウドの活用はごく当たり前のことになりつつある。

さらに最近は、Fintech市場が盛り上がりつつあるともいう。Fintechとは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語だが、クラウド型の会計やファイナンシャルサービスが数多くサービスを開始し、そのトレンドの中で、レシートや請求書、領収書の電子化にスキャナが活用されているという。そこで、PFUとしては、ドキュメントIoTを提唱し、新たな一歩を踏み出そうというわけだ。

「ボタン一発PDF」から始まったScanSnapの足跡は、わずらわしいケーブルからの訣別をきっかけに、ついにクラウドにつながるようになったことを説明する株式会社PFU社長の長谷川清氏

具体的には、ScanSnapを直接インターネットに接続し、PCやスマートデバイスなどがなくてもスキャンしたデータがScanSnap Cloudに送られるようにする。インターネット接続には、家庭用ルータやスマートフォンのテザリングがサポートされるが、セキュリティ上の理由から公衆Wi-Fiはサポート外となる。

データを受け取ったScanSnap Cloudは、それをレシート、名刺、文書、写真の4つに自動分別し、データ中の文字列等から自動的にわかりやすいファイル名を生成する。さらに、サイズ判別、向き、白紙判定、カラー/モノクロといった状態を検知して画像を最適化する。

そして、最終的にデータは、種類ごとにあらかじめ指定したクラウドサービスに送られる。また、そのデータはScanSnap Cloudのストレージにも一定期間保存され、各種のデバイスから参照できるという仕組みだ。

たとえば、領収書類であれば、それを単体スキャナでスキャンするだけで、会計クラウドに送られ、それが税理士事務所に送られ、OCR処理が為された上で仕訳されるといったことができる。これで青色申告等のための書類の整理は、税理士事務所にとっても、依頼する顧客にとっても格段にラクなものになる。

その基盤として使われるのが、MicrosoftのAzureだ。さらに、ScanSnap Cloud SDKが提供され、サードパーティはそのAPIを使ったソリューションを新たに開拓することができる。

ScanSnap Cloud SDKの紹介

ゲストとして登壇した日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長 伊藤 かつら氏は「人間と機械の関係の変革をソフトウェアによって実現するのがMicrosoftのチャレンジ。情報がたくさんあって忙しくてグローバルな今の世の中で、今できる何かを次のレベルにもっていくという点でPFUとMicrosoftは共通のビジョンをもっている」とし、PFUのチャレンジを激励した。

人間と機械の関係を説明するために私物のiPhoneを披露する日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長 伊藤 かつら氏

なお連携サービスは、次の10社11サービスが予定されている。

ScanSnap Cloudの連携サービス

会計・個人資産管理 Dr.Wallet、クラウド会計ソフト freee、MFクラウド会計・確定申告、STREAMED、弥生会計
名刺管理 Eight
ドキュメント管理 Dropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive
写真管理 Google Photos

今なお身の回りに溢れる紙の書類。PFUがやろうとしているのは、スキャナというモノをインターネットにつなぐことではない。紙にロジックを与えるチャレンジとしてのドキュメントIoT、まさに紙のインターネットだ。

(山田祥平 http://twitter.com/syohei/ @syohei)

53/67

インデックス

連載目次
第67回 「紙の印刷」とITの未来
第66回 本当は合理的な「Windows 10 無償アップグレード」
第65回 3割が経験する割れスマホ問題、もっと真剣に考えてもいい
第64回 実質0円の本当の問題は「わかりにくさ」
第63回 LINEのニュースとコミュニケーション
第62回 通信に大切なのは速さだけじゃない
第61回 進撃するもうひとつのレノボ
第60回 VAIO Phone Bizをめぐる「付加価値」
第59回 岐路に立つMVNOビジネス
第58回 8型では小さすぎる、13型では大きすぎる
第57回 【番外編】今年買わなかったもの
第56回 仕事と感情、「りんな」のAIの見せどころ
第55回 だからみんな一太郎を忘れない
第54回 コンピュータをもういちど「みんなのもの」にしてみよう
第53回 紙のインターネット始動 ~ ScanSnap Cloud誕生
第52回 会話で蓄積されたビッグデータが女子高生「りんな」を大人にする
第51回 モノを売る前に、知識を売る - ヤマダ電機新店舗「Concept LABI TOKYO」の戦略
第50回 携帯料金値下げ指示の懸念、安いのにも高いのにもそれなりの理由がある
第49回 パナソニックの電子マネー端末が100万台、市場倍増を見据え何が起こる?
第48回 Imagine Cup日本予選、栄誉を勝ち取ったのは…
第47回 YouTube Space、東映太秦と組んで何をねらう?
第46回 Googleがインターネットの正義の味方大募集中
第45回 ノートPCから映像出力端子が消える?
第44回 学校・地元・家族自慢、小学生がパワポでプレゼン
第43回 変わることを目指す日本HP、最重視するのは「モビリティ」
第42回 何年も本当に代わり映えしなかったパソコン、いま再び変化の芽生え
第41回 「Yahoo!検索大賞2014」発表、「急上昇」を初選出
第40回 「デバイスを守る」から、「ユーザーを守る」へ
第39回 感動する心を持ち、感動した理由を考え抜く - Googleのデザインコンテスト
第38回 いつでもどこでも誰でもOffice
第37回 日本マイクロソフトが"新しい働き方"に挑戦する意味
第36回 「WiMAX 2+」がキャリアアグリゲーション対応に、移行のメリット
第35回 新「YOGA」に見る、パソコンの存在感を取り戻そうとするレノボ
第34回 KDDIの異色のスタートアップ支援、参加チームが決定
第33回 増えすぎたWi-Fiデバイス、これからも"つながる"ために
第32回 Xperiaが目指すSony Now
第31回 Googleで渋谷の街を丸ごとサーチ
第30回 脱ガラパゴスで世界に挑戦する「AQUOS CRYSTAL」
第29回 そうだったのか総務省、彼らが仕事を急ぐ理由 ~ IIJmio meeting #4より
第28回 UQの新しいWiMAX2+モバイルルータ「HWD15」が発売に、WiMAX2+の向かう先
第27回 事業部直営のリアル店舗でサービスを模索するLet's note ステーション
第26回 海の家に象徴されるレノボのコンシューマー戦略への覚悟
第25回 マイクロソフトが支援するモノ空間サービス
第24回 デコして満足、男子より花
第23回 ぶっちゃけ発言続出だった日本マイクロソフト2015年度経営方針記者会見語録
第22回 「リアサカLIVE」でサッカーW杯を楽しんでみる
第21回 Microsoftの「IoYT」、小さなものから大きなものまで身近なものからつないでいこう
第20回 COMPUTEX TAIPEI 2014会場で見つけた2つのビックリ
第19回 Centrino リターンズ - Core MとXMM-7260に感じる11年前のデジャブ
第18回 Intel " M" リターンズ - Core MはPentium M以来の革命を起こせるか
第17回 auとUQがもくろむもうひとつの"キャリア"アグリゲーション
第16回 ドコモのVoLTE、音はいいけどただの内線?
第15回 刷りホーダイ & 刷りあえるスマートチャージ
第14回 横浜F・マリノスをバージョンアップするアディダスのウェアラブルデバイス
第13回 Windows Phoneは、第三のモバイルOSになれるのか
第12回 IIJがアピール「ドコモだからといってどこでも同じではない」
第11回 ビッグローブはほぼ大手キャリアをめざすのか
第10回 Office for iPadが担うMicrosoftのデバイス&サービスカンパニー戦略
第9回 コンビニサービスで痛感する「あると邪魔」と「ないと不便」
第8回 親のスマホを子どもが独占、本当にそれでいいの?
第7回 プラチナバンドの時代は遠く
第6回 スマホとプリンタに婚活を促す出会い系アライアンス
第5回 プロが土足で踏み込むアマチュアの聖域
第4回 定番の呪縛をサムスンはどうUnpackするのか
第3回 VAIOを捨てたソニーの覚悟
第2回 Windowsのために一歩進んで二歩戻るMicrosoft
第1回 YouTubeコンテンツとGoogleの関係に変化の兆し

もっと見る

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 知りたいことをすばやく調べる(1)
[15:44 5/30] パソコン
千葉県船橋市「ビビット南船橋」で日本初のニトリ、大塚家具が同フロア出店
[15:07 5/30] ライフスタイル
[日本テレビ大久保好男社長]「笑点」新司会の昇太に期待 三平の加入で「番組のカラー豊かに」
[14:55 5/30] エンタメ
[石橋杏奈]吉野家新CMのエピソード明かす 三角巾姿は「新鮮でした」
[14:54 5/30] エンタメ
サンディスク、メインストリーム向け2.5インチSATA SSD - 5,000円程度から
[14:37 5/30] パソコン

特別企画 PR