【コラム】

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃

123 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(63)半導体

123/132

今回のテーマは「半導体」だ。

「半導体」という言葉を聞いたことはある。だが意味は当然知らないし、知ろうと思ったこともない。

まず、電気を通しやすい銅などが「導体」、まったく通さないのがゴムなどの「絶縁体」、そしてその中間が「半導体」だそうだ。割と単純な話である。その性質を利用し、「半導体」は私たちの周りのありとあらゆる電気製品に使用されている。完。

とてつもない飛躍をしたように感じるかもしれないが「半導体とは」でググッても、大体そういう説明なのである。だが、これは途中で面倒臭くなったわけではなく、私のような人間に半導体を説明するとき、理解できなさそうな部分を全部排除した結果、「半導体は電気を通したり通さなかったりする。そして電気製品に使われまくっている、以上。お前はそれだけ覚えとけ」になったのだと思う。

よって「なんで半導体がそんなに電気製品に使われてるんだ、説明責任を果たせ」と言って、実際に説明をされたとしても、始まって30秒ぐらいで「今日はこのへんにしといたるわ」と退室するに決まっている。

ともかく、半導体は、条件によって、電気を通さなかったり、通したりする、その条件を細かく設定することにより、色々ヤレるということらしい。

スマホの歴史は半導体の歴史

さらに半導体というのはとても小さい世界で、小さければ小さいほど、少ない力で動かせるので省エネになる。そして、何より、機器そのものを小さく出来る。

今お手元にあるスマホを見てほしい。もしみかん箱大なのだとしたら、それはみかん箱だと思う。程度の差はあれ軽くて薄いだろう、ポケットに入らないということはあまりないはずだ。幅は足りているのに入らないとしたら、それはポケットではなくただの穴なので、それ以上広げない方がいいし、スマホは絶対入れるな。

これだけコンパクトなのにもかかわらず、一日を簡単に無為にできるほどの多機能が搭載できているのも半導体のおかげだ。

昔、携帯電話はセカンドバックよりもでかかった。それが今では、汚いカバンの中に入れたら、中身を全部出さなきゃ見つからないほど小さく、かつ省エネになった。つまり、携帯電話の進化はそのまま半導体の進化の歴史と言っても過言ではないかもしれない。

このように、ありとあらゆる電気製品で便利使いされまくった結果、最近では、元の導体と絶縁体の中間物質という意味よりは、その半導体の性質を利用して作られた電子回路のことを「半導体」と呼ぶことが多いそうだ。

人間誰しも一回は「分解ブーム」が来てしまうときがあると思うが、その時、緑色の板に色々細かいものが張り付けてあるものを見たことがあるなら、それのことだ。赤くてヌルヌルしたものばかりで緑のものなどなかった、という場合は、バラしたものが電気製品以外のなにかだった、ということなので、早めに所定の場所へ出頭してほしい。

そう言った意味での半導体の歴史は、1874年に行われた整流器の発明まで遡るらしい。相当昔からすでに使われていたのだ。

研究者はすごい。何がすごいって、すごいことを発見するのがすごい。さらに、私のような人間に説明したってビタイチわからないだろうその難しい発見を使って、スマホなど、理屈や仕組みなど1ミリもわかってない奴でも指一本で操作できるものを作ってしまう開発者もすごい。

逆に言えば、「発見」というのは、バカが使えるようになってはじめて「世紀の大発見」なのかもしれない。

人が学ぶために必要なもの

半導体の歴史を調べている途中、「1947年 ベル研究所がトランジスタを発明した」という表記を見つけた。これは知っている。トランジスタではない、ベル研究所の方だ。

もちろん科学について調べていたわけではない、テレビ番組で見たのだ、それも科学についての番組ではない、世界仰天ニュースだ。

内容は、そのベル研究所で大規模な論文捏造事件が起きたというものである。一言で言えばスキャンダルだ。私はその回が好きで10回ぐらいは見た。35年間生きていて、半導体にはまったく興味がなかったくせに、それらを研究している所で起きたスキャンダルには前のめりである。なぜ我が国が、他の重大事件を差し置いて、不倫のニュースばかりやるのかが何となくわかる話だ。

偽装が行われた論文というのも、まさに半導体の研究に関するものだった。今、半導体にはほとんどシリコンが使われているが、いつまでもそれじゃ成長がねえ、さらに省エネにするべきだと、有機物を使う研究がされているそうだ。その実験に成功したという虚偽の論文を出した、というのが事件の顛末である。

今回半導体のことを調べたおかげで、よりこの事件のことを理解することができた。

やはり人が学ぶには「興味」が必要である。


<作者プロフィール>
カレー沢薫
漫画家・コラムニスト。1982年生まれ。会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。デビュー作「クレムリン」(2009年)以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」(いずれも2012年)、「ニコニコはんしょくアクマ」(2013年)、「やわらかい。課長起田総司」(2015年)、「ねこもくわない」(2016年)。コラム集「負ける技術」(2014年、文庫版2015年)、Web連載漫画「ヤリへん」(2015年~)、コラム集「ブス図鑑」(2016年)など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。本連載を文庫化した「もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃」は、講談社文庫より絶賛発売中。

「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」、次回は2017年8月22日(火)掲載予定です。

123/132

インデックス

連載目次
第132回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(72)HTML5
第131回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(71)Flash
第130回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(70)PoC
第129回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(69)UI/UX
第128回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(68)MVNO
第127回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(67)GUI
第126回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(66)USB Type-C
第125回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(65)サーバ
第124回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(64)デジタルツイン
第123回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(63)半導体
第122回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(62)IIoT
第121回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(61)ADAS
第120回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(60)アディティブ・マニュファクチャリング
第119回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(59)LPWA
第118回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(58)ディスラプティブ・イノベーション
第117回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(57)HEMS
第116回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(56)ニューロモルフィックコンピューティング
第115回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(55)M2M
第114回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(54)MR
第113回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(53)シンギュラリティ
第112回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(52)Society5.0
第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0
第110回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(50)CPS
第109回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(49)3Dプリンタ
第108回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(48)CPU
第107回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(47)e-文書法
第106回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(46)CGM
第105回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(45)MFP
第104回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(44)チャットボット
第103回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(43)メッセンジャー
第102回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(42)PLM
第101回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(41)CAD
第100回 100回にわたる連載を振り返って
第99回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(40)モバイルペイメント
第98回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(39)ダークネット
第97回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(38)IPアドレス
第96回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(37)JPEG
第95回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(36)SCM
第94回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(35)コグニティブ
第93回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(34)ハプティック
第92回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(33) 会話型UI
第91回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(32) APT
第90回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(31) 4K・8K
第89回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(30) コネクテッドカー
第88回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(29) ビーコン
第87回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(28) ゼロデイアタック
第86回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(27) 生体認証
第85回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(26)CPM
第84回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(25)NAS
第83回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(24)デジタルサイネージ
第82回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(23)テキストマイニング
第81回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(22)ファビコン
第80回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(21)ERP
第79回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(20) オンデマンド
第78回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(19) VoIP
第77回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(18) ディープラーニング
第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
第75回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(16) 5G
第74回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(15) O2O2O
第73回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(14)SaaS
第72回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(13)シングルサインオン
第71回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(12)オムニチャネル
第70回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(11)ユビキタス
第69回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(10)ホワイトハッカー
第68回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(9)ビッグデータ
第67回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(8)ランサムウェア
第66回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(7)クラウド
第65回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(6)ドローン
第64回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(5)人工知能
第63回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(4)マルウェア
第62回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(3)FinTech(フィンテック)
第61回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(2)VR
第60回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(1)IoT
第59回 mixi時代のリア充アピールと「消灯」
第58回 春の花粉症と個々人の「体質」
第57回 飲み会に誘われた→たたかう、にげる?
第56回 SNS疲れと「インターネット上の友達」
第55回 カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」
第54回 地方在住のオタクと「ガンジス川のまんじゅう」
第53回 カレー沢薫が激賞する「別腹で食べるべきスイーツ」
第52回 カレー沢薫、「ゆとり」「さとり」を語る
第51回 もしカレー沢薫の作品がアニメ/実写化したら
第50回 兼業漫画家が語る「健康法」と「クソゲー」
第49回 安直?楽勝?作家から見た「過去のヒット作のリバイバル」
第48回 兼業作家とマイナンバー
第47回 デザインを学んだカレー沢薫の「卒論」
第46回 カレー沢薫が「最後の晩餐に食べたい」一品
第45回 オタクがオタクであり続ける理由
第44回 漫画家・カレー沢薫がはじめてコラムを書いた日
第43回 カレー沢暴力からの卒業
第42回 兼業漫画家と女の「諦め」
第41回 カレー沢暴力(薫)が語る、「お断り」な仕事の依頼
第40回 女が「美」を希求する理由、そして“ありのまま”の罠
第39回 上京の旅路のロハスな過ごし方
第38回 酒もたばこもやらない兼業漫画家が愛する「嗜好品」
第37回 兼業漫画家と怒りの賢者モード
第36回 福山雅治の結婚と「公式設定」
第35回 もし「カレー沢薫」が改名するとしたら?
第34回 漫画家デビューしたいなら、まず石油王になってから
第33回 猫もまたいで通る「老後」の話
第32回 兼業漫画家が考える、「前の作風の方がよかった」と言われた時の対処法
第31回 カレー沢薫が偏愛する、ある猫の物語
第30回 「結婚すればリア充」なのか? 非リア充/リア充の境界線
第29回 猫派の兼業漫画家、「犬」を語る
第28回 漫画家の仕事をクールに演出する「作業用ドリンク」
第27回 続・「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第26回 兼業漫画家の「作業用BGM」
第25回 カレー沢薫が語る「恋愛」~壁ドンは本当にときめくのか~
第24回 兼業漫画家とLINEスタンプ
第23回 兼業漫画家に学ぶタスク管理の極意
第22回 酒やたばこより健康を害する、たったひとつの事柄
第21回 兼業漫画家の「夏の風物詩」
第20回 漫画家の夫になるということ(あるいは、夫婦が暮らすということ)
第19回 漫画家という職業選択と親心
第18回 二次創作の醍醐味と争いを生まないための「注意」
第17回 漫画家・カレー沢薫が語る「アイデアのつくり方」
第16回 猫よ、人の望みの喜びよ
第15回 カレー沢薫というペンネームを生んだ「病」
第14回 コミュ障界の石川五ェ門が人間観察をしない理由
第13回 「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第12回 兼業漫画家の美容意識と"オタクの美醜"
第11回 あなたは米に「萌え」られるか
第10回 健康で文化的な兼業漫画家の生活
第9回 漫画家の絵の上達と「オウンゴール」
第8回 漫画家の夫をめぐる「傾向」と「受難」
第7回 カレー沢薫の華麗なる交友関係
第6回 漫画家は怒り、編集者はスコップを持つ
第5回 兼業漫画家は"大平原"の夢を見るか
第4回 カレー沢流・漫画制作におけるライフハック
第3回 "兼業まんがクリエイター"の日常を徹底解剖
第2回 確定申告、その経費と内訳~カレー沢薫の場合~
第1回 "漫画を描かない漫画家志望"がデビューするまで

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事