【コラム】

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃

113 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(53)シンギュラリティ

113/131

今回のテーマは「シンギュラリティ」だ。

シンギュラリティ、その”三文字略語”の関係

最近、何か前にも見たことがあるようなアルファベット三文字の略語や、「IoTをしない国家は滅びるしかない」という話ばかりだったが、久しぶりに目新しい単語である。

まず、「シンギュラリティ」とは「特異点」という意味だ。

今この瞬間、カレー沢は全身から血を噴き出して死んだ。以後の文章は「カレー沢だった肉塊」が書くので、各々想像して気分を悪くしてほしい。

FGOじゃないか。

FGOとは人気ソシャゲ「Fate/Grand Order」のことだ。私は、キャラさえ萌えればそれで良いという性質の悪い萌え豚なので、正直ソシャゲのストーリーは読み飛ばすことが多い。だが、FGOはストーリーが面白いことに定評があり、これだけは私も読んでいる。そこに「特異点」が出てくるのだ。

読んでいると言っても、頭からっぽな方が夢(夢小説的な意味)つめこめるZオタクなので、「世界に特異点というやつが出来て、そこで何かヤバイことが起こっているから、それをこのマスター(※編集注: FGOにおけるプレイヤーの立ち位置。詳細は公式サイトにて)である俺が何とかしないと、世界終了のお知らせなんだな」というぐらいしか、その中身を理解していない。

そもそも特異点とはなんだ、俺は今まで何と戦っていたのだ。

機械が人を超える時=特異点

特異点(とくいてん、英: singularity)とは、ある基準 (regulation) の下、その基準が適用できない (singular) 点である。したがって、特異点は基準があって初めて認識され、「―に於ける特異点」「―に関する特異点」という呼ばれ方をする。特異点という言葉は、数学と物理学の両方で用いられる。 (引用:「特異点」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2017年5月29日 (月) 18:59)

わかったか、マスターども、俺はわからん。

結局、我々はよくわからない難しいものと戦っていたようだが、当ITコラムで言う特異点とは上記の特異点とはまた意味が違い、「技術的特異点」という意味だという。

技術的特異点とは、人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事。人類が人工知能と融合し、人類の進化が特異点(成長曲線が無限大になる点)に到達すること。 (引用:「技術的特異点」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2017年5月29日 (月) 18:59)

だ、そうだ、マスターども。

一転して、SFのような話になったが、実際2045年に、この技術的特異点が起こるといわれているようだ。簡単に言うと、人工知能が人間を超える。そして、もはや人間では予想がつかないことが起こるのでは、ということだ。

人工知能が人間を越える、と言われると、まずターミネーターのような世界を思い浮かべてしまうが(人間は割とすぐ世界を核の炎に包みたがる)、技術的特異点が起こることによって、人間の生活がもっと楽になるなど、肯定的な意見もでているようだ。

しかし、やはりロボットが人間を越えるというのは、さまざまな文献(漫画や映画)の例を見ると、なかなか恐ろしいことである。しかし、ロボットも、生物の中で最も言うことを聞かない人間なんぞを支配するより、犬とかと遊んでいたいんじゃないだろうか。人間より頭が良ければきっとそうするだろう。

そして、FGOの特異点はこの技術的特異点ともまた違うようだ。ゲーム中で人工知能とは戦わなかった気がするし、最後にフォウさんが親指を立てながら溶鉱炉に沈むということもなかった。

では何故私が今ゲル状の肉塊になっているかというと、別の理由がある。FGOは確かにストーリーが良いし、ゲームもなかなかやりがいがある。しかしやはりソシャゲであり、私はキャラさえ萌えれば細かいことは気にしない、クソ萌え豚である。

私にとってFGOの目的は、特異点をどうにかすることではない。JPEGを手に入れることなのだ。正確には、推しキャラが描いてあるJPEGだ。最近はPNGなのでは、という話もあるが、圧縮形式はどうでもいい。

それを手に入れるにはどうしたら良いか。レベルを上げて、仲間たちと力を合わせ、特異点を修正し、世界を救う? 否。

経済(ガチャ)を回すのだ。理屈、技術、努力、全く関係ない。すべて運と金だ。

私は今年に入ってから、あるJPEGを手に入れるため、かなりの経済参加をしたのだが、何と現在まで一切の成果を得られていない。

実体がなくとも、JPEGがほしいというのは物欲だ。普通の物欲なら、出した金の分だけ、ブランド物とか何かしら手に入るはずだ。しかし、ガチャはどれだけつぎ込んでも、何も手に入らないことがある。

私は今年に入ってからこのFGOで、数十万円相当の「無」を手に入れている。さすがに心が折れたためFGOは今休止中なのだが、引退したわけではないし、また戻ってくるだろう。

何回つらい目にあっても、人はまた恋をする。それは何故か、それは恋が素晴らしいものだからだ。つまりソシャゲは素晴らしい、みんなやろう。


<作者プロフィール>
カレー沢薫
漫画家・コラムニスト。1982年生まれ。会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。デビュー作「クレムリン」(2009年)以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」(いずれも2012年)、「ニコニコはんしょくアクマ」(2013年)、「やわらかい。課長起田総司」(2015年)、「ねこもくわない」(2016年)。コラム集「負ける技術」(2014年、文庫版2015年)、Web連載漫画「ヤリへん」(2015年~)、コラム集「ブス図鑑」(2016年)など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。本連載を文庫化した「もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃」は、講談社文庫より絶賛発売中。

「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」、次回は2017年6月6日(火)掲載予定です。

113/131

インデックス

連載目次
第131回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(71)Flash
第130回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(70)PoC
第129回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(69)UI/UX
第128回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(68)MVNO
第127回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(67)GUI
第126回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(66)USB Type-C
第125回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(65)サーバ
第124回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(64)デジタルツイン
第123回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(63)半導体
第122回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(62)IIoT
第121回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(61)ADAS
第120回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(60)アディティブ・マニュファクチャリング
第119回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(59)LPWA
第118回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(58)ディスラプティブ・イノベーション
第117回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(57)HEMS
第116回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(56)ニューロモルフィックコンピューティング
第115回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(55)M2M
第114回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(54)MR
第113回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(53)シンギュラリティ
第112回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(52)Society5.0
第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0
第110回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(50)CPS
第109回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(49)3Dプリンタ
第108回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(48)CPU
第107回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(47)e-文書法
第106回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(46)CGM
第105回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(45)MFP
第104回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(44)チャットボット
第103回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(43)メッセンジャー
第102回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(42)PLM
第101回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(41)CAD
第100回 100回にわたる連載を振り返って
第99回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(40)モバイルペイメント
第98回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(39)ダークネット
第97回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(38)IPアドレス
第96回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(37)JPEG
第95回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(36)SCM
第94回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(35)コグニティブ
第93回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(34)ハプティック
第92回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(33) 会話型UI
第91回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(32) APT
第90回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(31) 4K・8K
第89回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(30) コネクテッドカー
第88回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(29) ビーコン
第87回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(28) ゼロデイアタック
第86回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(27) 生体認証
第85回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(26)CPM
第84回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(25)NAS
第83回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(24)デジタルサイネージ
第82回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(23)テキストマイニング
第81回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(22)ファビコン
第80回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(21)ERP
第79回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(20) オンデマンド
第78回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(19) VoIP
第77回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(18) ディープラーニング
第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
第75回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(16) 5G
第74回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(15) O2O2O
第73回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(14)SaaS
第72回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(13)シングルサインオン
第71回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(12)オムニチャネル
第70回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(11)ユビキタス
第69回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(10)ホワイトハッカー
第68回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(9)ビッグデータ
第67回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(8)ランサムウェア
第66回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(7)クラウド
第65回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(6)ドローン
第64回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(5)人工知能
第63回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(4)マルウェア
第62回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(3)FinTech(フィンテック)
第61回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(2)VR
第60回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(1)IoT
第59回 mixi時代のリア充アピールと「消灯」
第58回 春の花粉症と個々人の「体質」
第57回 飲み会に誘われた→たたかう、にげる?
第56回 SNS疲れと「インターネット上の友達」
第55回 カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」
第54回 地方在住のオタクと「ガンジス川のまんじゅう」
第53回 カレー沢薫が激賞する「別腹で食べるべきスイーツ」
第52回 カレー沢薫、「ゆとり」「さとり」を語る
第51回 もしカレー沢薫の作品がアニメ/実写化したら
第50回 兼業漫画家が語る「健康法」と「クソゲー」
第49回 安直?楽勝?作家から見た「過去のヒット作のリバイバル」
第48回 兼業作家とマイナンバー
第47回 デザインを学んだカレー沢薫の「卒論」
第46回 カレー沢薫が「最後の晩餐に食べたい」一品
第45回 オタクがオタクであり続ける理由
第44回 漫画家・カレー沢薫がはじめてコラムを書いた日
第43回 カレー沢暴力からの卒業
第42回 兼業漫画家と女の「諦め」
第41回 カレー沢暴力(薫)が語る、「お断り」な仕事の依頼
第40回 女が「美」を希求する理由、そして“ありのまま”の罠
第39回 上京の旅路のロハスな過ごし方
第38回 酒もたばこもやらない兼業漫画家が愛する「嗜好品」
第37回 兼業漫画家と怒りの賢者モード
第36回 福山雅治の結婚と「公式設定」
第35回 もし「カレー沢薫」が改名するとしたら?
第34回 漫画家デビューしたいなら、まず石油王になってから
第33回 猫もまたいで通る「老後」の話
第32回 兼業漫画家が考える、「前の作風の方がよかった」と言われた時の対処法
第31回 カレー沢薫が偏愛する、ある猫の物語
第30回 「結婚すればリア充」なのか? 非リア充/リア充の境界線
第29回 猫派の兼業漫画家、「犬」を語る
第28回 漫画家の仕事をクールに演出する「作業用ドリンク」
第27回 続・「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第26回 兼業漫画家の「作業用BGM」
第25回 カレー沢薫が語る「恋愛」~壁ドンは本当にときめくのか~
第24回 兼業漫画家とLINEスタンプ
第23回 兼業漫画家に学ぶタスク管理の極意
第22回 酒やたばこより健康を害する、たったひとつの事柄
第21回 兼業漫画家の「夏の風物詩」
第20回 漫画家の夫になるということ(あるいは、夫婦が暮らすということ)
第19回 漫画家という職業選択と親心
第18回 二次創作の醍醐味と争いを生まないための「注意」
第17回 漫画家・カレー沢薫が語る「アイデアのつくり方」
第16回 猫よ、人の望みの喜びよ
第15回 カレー沢薫というペンネームを生んだ「病」
第14回 コミュ障界の石川五ェ門が人間観察をしない理由
第13回 「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第12回 兼業漫画家の美容意識と"オタクの美醜"
第11回 あなたは米に「萌え」られるか
第10回 健康で文化的な兼業漫画家の生活
第9回 漫画家の絵の上達と「オウンゴール」
第8回 漫画家の夫をめぐる「傾向」と「受難」
第7回 カレー沢薫の華麗なる交友関係
第6回 漫画家は怒り、編集者はスコップを持つ
第5回 兼業漫画家は"大平原"の夢を見るか
第4回 カレー沢流・漫画制作におけるライフハック
第3回 "兼業まんがクリエイター"の日常を徹底解剖
第2回 確定申告、その経費と内訳~カレー沢薫の場合~
第1回 "漫画を描かない漫画家志望"がデビューするまで

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事