【コラム】

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃

100 100回にわたる連載を振り返って

100/132

当コラムもついに連載100回目。というわけで、今回のテーマは「100回を振り返って」である。

この連載、担当の一身上の都合(異動)とやらで、開始から3分の2がクリエイター的なお題、後半の3分の1がIT用語をお題とした内容になっている。今やっているIT用語コラムの場合、10回に12回は用語の意味が1ミリも理解できない、という事故は起こるものの、少なくともこちらでIT用語の意味から考え出さなくていい。

しかし、こうして「このコラムについて書け」と言われると、突然手がかりゼロになる。何故なら当コラム、1回も内容があったことがないからだ。0に100をかけても0であり、無から有を生み出すのは不可能である。

執筆業における2年の変遷

それにしてもまず、100回も続いていたとは我ながら驚きだ。

世の中には2種類の連載がある。人気があって続くもの、なくて終わるもの、存在感がなさすぎて、終わらせるのさえ忘れて続くものだ。つまり、当コラムは3種類目である。そして、編集長などに存在を思い出された瞬間終わりを迎えるのであるが、まだ当コラムは忘れられたままのようだ。

1回目の日付を見ると2015年の3月、つまり約2年前になる。2年というのは、人がこの世から消えるにはちょうどいい月日、と言われているが、(周囲にとって)恐ろしいことにまだこの世にいるうえに、現状がびっくりするほど何も変わっていない。

まず、兼業漫画家の「兼業」は未だに取れていない。仕事の内容で言えば、漫画の仕事よりこのような文章の仕事の割合の方が増えてきたのは変化と言えるが、基本的にタダでなければどっちでもいいと思っているし、なんなら漫画や文章でなくてもいい。「金を払うから殴らせろ」と言われたら、相手の体格にもよるが、千円から「要相談」である。

それに漫画家やライターという仕事は、いかにもクリエイティブなように見えるかもしれないが、実は完全なルーティンだ。

漫画なら、話を考える→担当に見せる→担当に対する殺意→今月も殺せなかった後悔(ここが一番長い)→作画という一連の工程を締め切り内でやる。日々その繰り返しであり、全部の締め切りを終えたら1カ月が過ぎていて、もう次の締め切りが来ているという按配だ。

「今月は担当を殺すところから始めていい」というボーナスステージがないのはもちろん、「今回はトーンを貼るところからはじめよう」というイレギュラーはまずない。白紙にトーンから貼り始めたら、その漫画家は休ませたほうがいい。

ビジネスと「指毛の数え合い」

連載2年ということは、このコラムの担当との付き合いも2年になるのだが、驚くべきことに私も担当も存命である。毎月の工程が「担当に対する殺意→本当に殺す」だったら、担当は24人ぐらいになっているだろうし、返り討ちに遭う可能性もあるので、私が24人目の犠牲者になっていたかもしれない。何にしても、お互い気が長すぎるような気もする。

コラムを順に読むと、途中からブラウザゲームの「刀剣乱舞」にハマり、それについて書くときはやたらイキイキしているということが見てとれる。勢い余って30を過ぎてから同人誌発行デビューをしてしまったのだが、その処女作をイベントで売るにあたって、この担当に完全にプライベートで手伝ってもらったことがある。

同人誌というのは商業誌と違って、5億%自分さえ楽しければいいものを描いて良い場である。よって同人誌は「性癖の職務経歴書」と呼ばれ、同じ趣味の者にならいくらでも見せていいが、親兄弟、会社の人間等に見られたら、自ら命を絶つしかないという禁断の書である。

その担当には、私の描いた同人誌を渡した。平素から私は自分の本に関して「買って燃やして、また買え」と言っているので、担当も教えに従い、その同人誌を読まずに燃やした可能性は大いにある。燃やしていないなら、「貴様、何年俺の担当をやっている」と猛ビンタも辞さないが、何かの事故で(親を人質に取られるなど)読んでいる可能性もある。また、担当も「そちら方面」がわからない人間ではないようだ。だとすると、私は担当に指毛の本数さえ把握されたのと同じ状況にある。

ここまで読んで、担当とはさぞ打ち解けているのだろうと思われるかもしれないが、結論から言うと「会うと割と他人行儀」である。

つまり何が言いたいかというと、ビジネスシーンで仕事相手と打ち解けようとし、先方に指毛の数をそっと伝えたり、相手に自ら指毛を数えさせたりしても、そんなには仲良くなれない、ということである。むしろ距離が開く可能性の方が高い。

それよりは、取引先が語る天気、暑い寒い、嫁、子供、孫の話といった話を、つまらないとわかっていながら笑顔で聞いたりできる人間の方が、ビジネスマンとしては有能である。

この連載はまだ2年だが、兼業漫画家生活はもう8年だ。「そろそろ売れて会社を辞めないと死んでしまう」と年始に言い、年末に「売れなさすぎる」という生活を何年も続けてきたが、最近では「いくら何でも死ななさすぎる」と思うようになった。


<作者プロフィール>
カレー沢薫
漫画家・コラムニスト。1982年生まれ。会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。デビュー作「クレムリン」(2009年)以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」(いずれも2012年)、「ニコニコはんしょくアクマ」(2013年)、「やわらかい。課長起田総司」(2015年)、「ねこもくわない」(2016年)。コラム集「負ける技術」(2014年、文庫版2015年)、Web連載漫画「ヤリへん」(2015年~)、コラム集「ブス図鑑」(2016年)など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。本連載を文庫化した「もっと負ける技術 カレー沢薫の日常と退廃」は、講談社文庫より絶賛発売中。

「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」、次回は2017年2月28日(火)掲載予定です。

100/132

インデックス

連載目次
第132回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(72)HTML5
第131回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(71)Flash
第130回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(70)PoC
第129回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(69)UI/UX
第128回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(68)MVNO
第127回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(67)GUI
第126回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(66)USB Type-C
第125回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(65)サーバ
第124回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(64)デジタルツイン
第123回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(63)半導体
第122回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(62)IIoT
第121回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(61)ADAS
第120回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(60)アディティブ・マニュファクチャリング
第119回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(59)LPWA
第118回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(58)ディスラプティブ・イノベーション
第117回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(57)HEMS
第116回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(56)ニューロモルフィックコンピューティング
第115回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(55)M2M
第114回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(54)MR
第113回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(53)シンギュラリティ
第112回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(52)Society5.0
第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0
第110回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(50)CPS
第109回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(49)3Dプリンタ
第108回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(48)CPU
第107回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(47)e-文書法
第106回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(46)CGM
第105回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(45)MFP
第104回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(44)チャットボット
第103回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(43)メッセンジャー
第102回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(42)PLM
第101回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(41)CAD
第100回 100回にわたる連載を振り返って
第99回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(40)モバイルペイメント
第98回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(39)ダークネット
第97回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(38)IPアドレス
第96回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(37)JPEG
第95回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(36)SCM
第94回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(35)コグニティブ
第93回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(34)ハプティック
第92回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(33) 会話型UI
第91回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(32) APT
第90回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(31) 4K・8K
第89回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(30) コネクテッドカー
第88回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(29) ビーコン
第87回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(28) ゼロデイアタック
第86回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(27) 生体認証
第85回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(26)CPM
第84回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(25)NAS
第83回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(24)デジタルサイネージ
第82回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(23)テキストマイニング
第81回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(22)ファビコン
第80回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(21)ERP
第79回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(20) オンデマンド
第78回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(19) VoIP
第77回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(18) ディープラーニング
第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
第75回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(16) 5G
第74回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(15) O2O2O
第73回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(14)SaaS
第72回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(13)シングルサインオン
第71回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(12)オムニチャネル
第70回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(11)ユビキタス
第69回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(10)ホワイトハッカー
第68回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(9)ビッグデータ
第67回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(8)ランサムウェア
第66回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(7)クラウド
第65回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(6)ドローン
第64回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(5)人工知能
第63回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(4)マルウェア
第62回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(3)FinTech(フィンテック)
第61回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(2)VR
第60回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(1)IoT
第59回 mixi時代のリア充アピールと「消灯」
第58回 春の花粉症と個々人の「体質」
第57回 飲み会に誘われた→たたかう、にげる?
第56回 SNS疲れと「インターネット上の友達」
第55回 カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」
第54回 地方在住のオタクと「ガンジス川のまんじゅう」
第53回 カレー沢薫が激賞する「別腹で食べるべきスイーツ」
第52回 カレー沢薫、「ゆとり」「さとり」を語る
第51回 もしカレー沢薫の作品がアニメ/実写化したら
第50回 兼業漫画家が語る「健康法」と「クソゲー」
第49回 安直?楽勝?作家から見た「過去のヒット作のリバイバル」
第48回 兼業作家とマイナンバー
第47回 デザインを学んだカレー沢薫の「卒論」
第46回 カレー沢薫が「最後の晩餐に食べたい」一品
第45回 オタクがオタクであり続ける理由
第44回 漫画家・カレー沢薫がはじめてコラムを書いた日
第43回 カレー沢暴力からの卒業
第42回 兼業漫画家と女の「諦め」
第41回 カレー沢暴力(薫)が語る、「お断り」な仕事の依頼
第40回 女が「美」を希求する理由、そして“ありのまま”の罠
第39回 上京の旅路のロハスな過ごし方
第38回 酒もたばこもやらない兼業漫画家が愛する「嗜好品」
第37回 兼業漫画家と怒りの賢者モード
第36回 福山雅治の結婚と「公式設定」
第35回 もし「カレー沢薫」が改名するとしたら?
第34回 漫画家デビューしたいなら、まず石油王になってから
第33回 猫もまたいで通る「老後」の話
第32回 兼業漫画家が考える、「前の作風の方がよかった」と言われた時の対処法
第31回 カレー沢薫が偏愛する、ある猫の物語
第30回 「結婚すればリア充」なのか? 非リア充/リア充の境界線
第29回 猫派の兼業漫画家、「犬」を語る
第28回 漫画家の仕事をクールに演出する「作業用ドリンク」
第27回 続・「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第26回 兼業漫画家の「作業用BGM」
第25回 カレー沢薫が語る「恋愛」~壁ドンは本当にときめくのか~
第24回 兼業漫画家とLINEスタンプ
第23回 兼業漫画家に学ぶタスク管理の極意
第22回 酒やたばこより健康を害する、たったひとつの事柄
第21回 兼業漫画家の「夏の風物詩」
第20回 漫画家の夫になるということ(あるいは、夫婦が暮らすということ)
第19回 漫画家という職業選択と親心
第18回 二次創作の醍醐味と争いを生まないための「注意」
第17回 漫画家・カレー沢薫が語る「アイデアのつくり方」
第16回 猫よ、人の望みの喜びよ
第15回 カレー沢薫というペンネームを生んだ「病」
第14回 コミュ障界の石川五ェ門が人間観察をしない理由
第13回 「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第12回 兼業漫画家の美容意識と"オタクの美醜"
第11回 あなたは米に「萌え」られるか
第10回 健康で文化的な兼業漫画家の生活
第9回 漫画家の絵の上達と「オウンゴール」
第8回 漫画家の夫をめぐる「傾向」と「受難」
第7回 カレー沢薫の華麗なる交友関係
第6回 漫画家は怒り、編集者はスコップを持つ
第5回 兼業漫画家は"大平原"の夢を見るか
第4回 カレー沢流・漫画制作におけるライフハック
第3回 "兼業まんがクリエイター"の日常を徹底解剖
第2回 確定申告、その経費と内訳~カレー沢薫の場合~
第1回 "漫画を描かない漫画家志望"がデビューするまで

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事