【コラム】

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃

47 デザインを学んだカレー沢薫の「卒論」

 

47/73

今回のテーマは「卒論」である。

テーマを出してきた担当より「今話題の方の卒論じゃないです」と言われたのだが、何のことかわからなかったのでググったところ、「またどうでもいい芸能ゴシップを仕入れてしまった」と、石川五右衛門のような表情でディスプレイを見つめる羽目になった。つまり、役所に出す目に優しい緑の卒論ではなく、今回は学校に出す卒論の話である。

「イケメンの顔を描くだけのお仕事」を目指して

しかし私は大学には行っていないので、卒論は出したことがない。今までのコラムでも書いたが、私の最終学歴は専門学校卒業だ。よって、ここでは私の卒業制作について書いていく。

通っていた専門学校では「グラフィックデザイン」を専攻した。漫画の専門学校に行くことは親に許してもらえなかったので、グラフィックデザインが何か良くわかってない親を煙に巻いて「グラフィックデザインコース」に入学したのだが、実は入る本人も良く分かっていなかった。

専門学校というのは、やる気がある人も多いが、こういった「就職はしたくないが大学受験もしたくない」という真正モラトリアムが集う場所でもある。大学以上に本人のやる気が重要な所なのだ。

そんな真正モラトリアムでありながらもグラフィックデザイン学校を卒業した私にデザインをやらせると、数あるフォントの中から、多くのデザイナーをそのダサさから憤死させるという「創英角ポップ体」を必ず選び出してくる目利きぶりを発揮する上、サイズはもちろん48ptぐらいにする。さらに斜体もかけるし、できることならグラデーションもかけてやりたいと思っているが、やり方がわからないので、ビビッドな赤字でキメるのである。

今現在、漫画をいくつか連載させてもらっていて、ある程度連載が続くと、数話分をまとめた単行本が出る(こともある)。漫画の単行本の表紙絵を描くのはもちろん作家だが、装丁は当方でなくデザイナーの仕事だ。作家がデザインまでやるものでなくて本当に良かったと思っている。

もし作家が装丁まで担当することになっていたら、「コミックス全7巻 累計実売数3」とかいう事態が平気で起こったに違いない。「ジャケ買い」があるなら、「ジャケやめ」もあるはずだ。「これは触るだけで自分のセンスが落ちる」と思わせる一品を作りだす自信がある。

このようにデザインスキルは身につかなかったが、自分にデザインのセンスがないということだけは、2年かけてみっちり学んだのである。非常に高い授業料であった、もちろん親にとって。

今思えば、当時の自分はクリエイターになりたいというよりは、好きなイケメンキャラの顔(全部左向き)だけを描いて暮らしたいと思って、その学校に入学したような気がする。あれから10年余り経ったが、未だにそういう求人は見たことがない。もしこの世のどこかにあるなら、今からでも会社なんか辞めて目指したい所存だ。

カレー沢氏の卒業と「猫」の誕生

そんな志の人間ですら卒業できるのだから、専門学校というのは金さえ出せば入れるし、出られると思われるかもしれない。しかし、確かに大学よりは緩いかもしれないが、一応出席日数などが足りないと卒業できないし、冒頭で言った通り、大学の卒論にあたる「卒業制作」というものがある。

卒業制作とは何か。簡単に言えば、「何か作れ」ということである。私にとっては、2年の月日と親の金をドブに捨てて得たものの集大成、もっと正確に言うと、「貴様の恥を見せろ」ということである。

グラフィックデザイン科だけに、架空の企業や商品のポスターやロゴなどをデザインする者が多かった。しかし、作る物は本当に何でも良く、メインストリームに準じずとも、イラストを巨大パネルに描いて「これが俺の2年と親の金や!」と言って発表すれば、講師陣も「そうか!」となって卒業できるのだ。

やはり卒業要件が緩いと思われるかもしれないが、もちろん3分で作ったようなものは認められない。ただ、3カ月かけて3分で作ったようなものを作るのはOKなのである。専門学校とは(少なくとも私が通ったところは)、「やることに意義がある」という義務教育までしか認められないような理屈を、もう二十歳になろうかという人間に適用してくれるおおらかな場所なのだ。

そして肝心の自分が何を作ったかと言うと、何せ、授業も聞かずにスケッチブックにその時萌えていたキャラの左向き顔ばかり描いていた人間である。成績も悪く、それまで授業での制作物を褒められたこともなかったし、そのイケメンの絵だって、友人などに見せても全く無反応であった。

しかし、イケメンのついでに描いていた猫の落書きに対しては、みんな妙に面白がってくれた。そしてその猫の絵とは、今の私の漫画作品の多くに出てくる猫と全く同じものである。

そのため、卒業制作はこの猫のイラストを何十匹と描いてB1サイズのポスターにして提出したところ、優秀賞を取ることができた。そこで、私の絵はイケメン(レフト)については全くダメだが、猫の絵は他人への訴求力があると気づき、この猫を主役にした漫画を描いて漫画家デビューしたのである。このことに気づけていなかったら、おそらく私は漫画家にはなれていなかった。

専門学校では自分にデザインセンスがないことだけを学んだと思っていたが、今思い返すとそれだけではなかった。イケメンのセンスがないことも学んでいたのである。

そう思うと、専門学校時代も私にとって重要な期間だったと言えるのだが、卒業制作の評価にしても、総合点は非常に低かったが、審査員の中の数人が猛烈に推したための受賞だったらしい。これは、現在における私の漫画家としての世間の評価を完全に暗示している。

よって、人生の軌道修正をするならここだったとも言える。しかし、悪いところは分かっているが、それが直せないということも、もうわかっているのだ。


<作者プロフィール>
カレー沢薫
漫画家・コラムニスト。1982年生まれ。会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。デビュー作「クレムリン」(2009年)以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」(いずれも2012年)、「ニコニコはんしょくアクマ」(2013年)、「負ける技術」(2014年)、Web連載漫画「ヤリへん」(2015年)など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。連載作品「やわらかい。課長起田総司」単行本は1~2巻まで発売中。10月15日にエッセイ「負ける技術」文庫版を発売した。

「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」、次回は2016年2月2日(火)掲載予定です。

47/73

インデックス

連載目次
第73回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(14)SaaS
第72回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(13)シングルサインオン
第71回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(12)オムニチャネル
第70回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(11)ユビキタス
第69回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(10)ホワイトハッカー
第68回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(9)ビッグデータ
第67回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(8)ランサムウェア
第66回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(7)クラウド
第65回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(6)ドローン
第64回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(5)人工知能
第63回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(4)マルウェア
第62回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(3)FinTech(フィンテック)
第61回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(2)VR
第60回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(1)IoT
第59回 mixi時代のリア充アピールと「消灯」
第58回 春の花粉症と個々人の「体質」
第57回 飲み会に誘われた→たたかう、にげる?
第56回 SNS疲れと「インターネット上の友達」
第55回 カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」
第54回 地方在住のオタクと「ガンジス川のまんじゅう」
第53回 カレー沢薫が激賞する「別腹で食べるべきスイーツ」
第52回 カレー沢薫、「ゆとり」「さとり」を語る
第51回 もしカレー沢薫の作品がアニメ/実写化したら
第50回 兼業漫画家が語る「健康法」と「クソゲー」
第49回 安直?楽勝?作家から見た「過去のヒット作のリバイバル」
第48回 兼業作家とマイナンバー
第47回 デザインを学んだカレー沢薫の「卒論」
第46回 カレー沢薫が「最後の晩餐に食べたい」一品
第45回 オタクがオタクであり続ける理由
第44回 漫画家・カレー沢薫がはじめてコラムを書いた日
第43回 カレー沢暴力からの卒業
第42回 兼業漫画家と女の「諦め」
第41回 カレー沢暴力(薫)が語る、「お断り」な仕事の依頼
第40回 女が「美」を希求する理由、そして“ありのまま”の罠
第39回 上京の旅路のロハスな過ごし方
第38回 酒もたばこもやらない兼業漫画家が愛する「嗜好品」
第37回 兼業漫画家と怒りの賢者モード
第36回 福山雅治の結婚と「公式設定」
第35回 もし「カレー沢薫」が改名するとしたら?
第34回 漫画家デビューしたいなら、まず石油王になってから
第33回 猫もまたいで通る「老後」の話
第32回 兼業漫画家が考える、「前の作風の方がよかった」と言われた時の対処法
第31回 カレー沢薫が偏愛する、ある猫の物語
第30回 「結婚すればリア充」なのか? 非リア充/リア充の境界線
第29回 猫派の兼業漫画家、「犬」を語る
第28回 漫画家の仕事をクールに演出する「作業用ドリンク」
第27回 続・「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第26回 兼業漫画家の「作業用BGM」
第25回 カレー沢薫が語る「恋愛」~壁ドンは本当にときめくのか~
第24回 兼業漫画家とLINEスタンプ
第23回 兼業漫画家に学ぶタスク管理の極意
第22回 酒やたばこより健康を害する、たったひとつの事柄
第21回 兼業漫画家の「夏の風物詩」
第20回 漫画家の夫になるということ(あるいは、夫婦が暮らすということ)
第19回 漫画家という職業選択と親心
第18回 二次創作の醍醐味と争いを生まないための「注意」
第17回 漫画家・カレー沢薫が語る「アイデアのつくり方」
第16回 猫よ、人の望みの喜びよ
第15回 カレー沢薫というペンネームを生んだ「病」
第14回 コミュ障界の石川五ェ門が人間観察をしない理由
第13回 「カレー沢薫先生サイン会」の開催動機
第12回 兼業漫画家の美容意識と"オタクの美醜"
第11回 あなたは米に「萌え」られるか
第10回 健康で文化的な兼業漫画家の生活
第9回 漫画家の絵の上達と「オウンゴール」
第8回 漫画家の夫をめぐる「傾向」と「受難」
第7回 カレー沢薫の華麗なる交友関係
第6回 漫画家は怒り、編集者はスコップを持つ
第5回 兼業漫画家は"大平原"の夢を見るか
第4回 カレー沢流・漫画制作におけるライフハック
第3回 "兼業まんがクリエイター"の日常を徹底解剖
第2回 確定申告、その経費と内訳~カレー沢薫の場合~
第1回 "漫画を描かない漫画家志望"がデビューするまで

もっと見る

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ
TVアニメ『双星の陰陽師』第25話のあらすじ&先行場面カット公開
[00:00 9/28] ホビー
「三者三葉」アニメ公式ガイド、キャストのグラビアインタビューや設定資料も
[23:31 9/27] ホビー
「この美術部には問題がある!」7巻は女装回や水着回を収録、書店特典も
[23:28 9/27] ホビー
LINEトークに浪漫の嵐!「サクラ大戦」20周年記念スタンプ
[23:23 9/27] ホビー

求人情報