【コラム】

造形作家 安藤賢司の立体造形作法

21 美少女フィギュアの表情に影響する「影」を造形で表現する

21/38

慣れない美少女フィギュアの顔の造形ですが、悩みつつも進行中です。前回の女性の顔のバランスに関する検討を踏まえつつ、実作業に戻り、造形した頭部にディテールを入れていきます。まずは、ここ数年流行している系統で「広角」にしてみました。

最近流行というか、人気のあるタイプの顔に仕上げる予定

いわゆる癒し系というやつです。とりあえず造形したものの、表情が、まったく甘いです。正直これでは、まだダメダメです。作っている最中、肉眼で見ているときは、そこそこいけていると思ったのですが、カメラで撮影してみて、レンズを通した画像として見てみると、いまいちというのは、どういうわけか立体造形ではよくあることです。

こうなってしまった場合は、修正するにしても、作り直すにしても、少し作ったものを見ない時間が必要です。そういう時は、ラップで包んで、しばし休憩します。

一度作業を中断することも大切。このようにラップで原型を包んでおけば、硬化したり汚れることもなく、また作業を再開できる

こうしておけば、いつまでも悩み続けることが出来るのが、スカルピーのありがたいところです。2~3日放置して見ないようにすると、冷静な目で原型を見直す事が出来ます。

こうして3日後に造形を再開。成立していない部分を修正します。同時に表情もつけていきます。このぐらいのサイズだと、表情は、影の付き方によって左右されるところが大きいので、影が欲しいところには、デフォルメを更にきつくしてみました。

修正後はこのような感じになりました。上に掲載した3枚の画像と比べてみてください

かなり表情がよくなったような気がします。まだまだ検討を続けたいので、眉毛等のディテールを入れず、再びラップに包みます。今回はここまでです。

安藤賢司
バンダイ『S.I.C』シリーズなど、多数のハイエンドな玩具の原型を担当。「原型師がマスプロダクツ製品のパッケージに名前を刻まれる」という偉業を成し遂げ、「玩具原型」の認識を「作品」のレベルまで高めた。『S.I.C』シリーズ最新作の原型を常に製作中。某ゲームのキャラクターデザインもやってます

神の手による最高の美少女フィギュア造形進行中

21/38

インデックス

連載目次
第38回 服と服の隙間や、肌と服の隙間など、フィギュアの空間も造形していく
第37回 複数の造形素材を使い分け美少女フィギュアのディテールを造形していく
第36回 重力までも利用して、美少女フィギュアの細部を造形していく
第35回 原型と複製パーツを組み合わせるための準備を進めていく
第34回 完成した型に圧力を加えながら、美少女フィギュアのパーツを複製する
第33回 美少女フィギュア複製用のシリコン型がついに完成
第32回 よりリアルな発色のために、造形したフィギュアの地肌部分のみを複製する
第31回 紙コップに両面テープ、手軽な日用品を駆使した匠の超絶造形技術
第30回 原型をチェックしつつ、複製のために分割を進めていく
第29回 美少女フィギュア造形 -実物の洋服以上にリアルな厚みやシワを造形で表現
第28回 美少女フィギュアの脚部を造形する
第27回 美少女フィギュア制作佳境 -造形したフィギュアを加熱して、硬化させる
第26回 現実にはないモールドを入れ、現実よりもリアルに見せる造形テクニック
第25回 あり得ないほど表情豊かな「手」を造形していく
第24回 女性らしい身体を造形するテクニック
第23回 ボディの造形 -まず筋肉を作り、その上に脂肪と皮膚を盛り付ける超絶技術
第22回 美少女フィギュアの頭部原型が完成、ついにボディの造形を開始
第21回 美少女フィギュアの表情に影響する「影」を造形で表現する
第20回 顔の造形を考えながら、美少女フィギュアを作る
第19回 これまでにない斬新な美少女フィギュアのデザインがついに決定?
第18回 これまでにない美少女フィギュアのデザインを考えてみる
第17回 超絶造形新章突入、安藤賢司が美少女フィギュア制作に挑む
第16回 神業はここから生まれる -匠の立体造形を支えるツール群を紹介
第15回 フィギュアとジオラマベース、「Photoshop」を駆使して特撮写真を作成する
第14回 特撮のためのジオラマベースを完成させる
第13回 完成したフィギュアのためにジオラマベースを制作する
第12回 複製したフィギュアにリアルな塗装をする
第11回 フィギュア塗装のために欠かせない表面処理を行う
第10回 型に無発泡ウレタン樹脂を注入して、複製品を作る
第9回 フィギュア複製のための両面型をシリコンで完成させる
第8回 オリジナルフィギュア複製のための型をシリコンで作る
第7回 オリジナルフィギュア複製のため、型を作る準備をする
第6回 フィギュアの着衣を造形して、表面処理を進めていく
第5回 下半身を造形して、全体のバランスを整える
第4回 完成させた頭部を元に芯を作り、ボディを造形していく
第3回 ラフ画を参考にキャラクターの造形を混合したスカルピーで開始する
第2回 立体化するキャラクターのポーズを深く考えてみる
第1回 Flashアニメーションから立体造形物を創る -イメージイラストを作成する

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事