【コラム】

造形作家 安藤賢司の立体造形作法

6 フィギュアの着衣を造形して、表面処理を進めていく

6/38

上着を造形していく

この連載も6回目です。今回もCATMANのオリジナルフィギュアの造形を進めていきます。造形スタート時に説明しておくべきでしたが、混合して練ったスカルピーは、チャック付きの袋に入れておくと、後々も使えて良いです。これには油分が飛んで、ボロボロになるのを遅らせる効果があります。

スカルピーは後々も造形で使うので、このように保存しておく

前回焼いて固まった、ズボンの上着と重なる部分を中心に全体にペーパーを当てます。下地処理ではなく、これは仕上げ作業の一環です。

丁寧にペーパーを当てる

次は残ったジャケット部分の造形です。下腕の芯のアルミ線の位置を決めてパテで補強します。

このように芯を補強する

その上にスカルピーを盛ります。腕のように棒状の部分は、スカルピーを平たく伸ばして貼り付けるように盛ります。

伸ばしたスカルピーを貼り付けるような感覚で盛る

背中の部分も調整します。前回のシャツの段階で盛りすぎてしまった部分を削っておきます。

新たに、スカルピーを盛っている途中で、下地が邪魔なところは適時削る

ジャケットを作ります。まずは全体を荒盛りします。

ジャケットを造形していく

ジャケットですが、礼服ともう一着しか私は持っていないので、今回は新聞の広告を見ながら、細かいところを作りました。裾等の、エッジがある部分はカッターで切り落としたりもします。

カッターを使いエッジを出していく

CATMANは人型ですが、尻尾があります。そこで、尻尾が出る穴のアタリを付けておきます。

尻尾のアタリをつける

ほぼ仕上がりました

ジャケットを造形したフィギュアを再びオーブンで焼きます。手のモールドを入れると同時に、ポケットも直します。

造形を修正する。出来てしまった大きなクラックなども、スカルピーを盛って修正

ネクタイ等ディテールを入れます。焼き上がり。タバコが無くなっていますが、完成直前にスカルピーより丈夫な素材で作って、取り付ける予定です。

ジャケットを着た全身がほぼ完成。後は尻尾のみ

さて、今回の造形ですが、裾が塊のままなのにお気づきでしょうか? 次回はこの原型を元に、型取り作業を予定しています。尻尾も造形する予定です。

もう少しで原型完成です

安藤賢司
バンダイ『S.I.C』シリーズなど、多数のハイエンドな玩具の原型を担当。「原型師がマスプロダクツ製品のパッケージに名前を刻まれる」という偉業を成し遂げ、「玩具原型」の認識を「作品」のレベルまで高めた。現在は『S.I.C』シリーズ最新作の原型を製作中

次回、原型完成。安藤賢司が型取りテクを駆使しフィギュアを量産?

6/38

インデックス

連載目次
第38回 服と服の隙間や、肌と服の隙間など、フィギュアの空間も造形していく
第37回 複数の造形素材を使い分け美少女フィギュアのディテールを造形していく
第36回 重力までも利用して、美少女フィギュアの細部を造形していく
第35回 原型と複製パーツを組み合わせるための準備を進めていく
第34回 完成した型に圧力を加えながら、美少女フィギュアのパーツを複製する
第33回 美少女フィギュア複製用のシリコン型がついに完成
第32回 よりリアルな発色のために、造形したフィギュアの地肌部分のみを複製する
第31回 紙コップに両面テープ、手軽な日用品を駆使した匠の超絶造形技術
第30回 原型をチェックしつつ、複製のために分割を進めていく
第29回 美少女フィギュア造形 -実物の洋服以上にリアルな厚みやシワを造形で表現
第28回 美少女フィギュアの脚部を造形する
第27回 美少女フィギュア制作佳境 -造形したフィギュアを加熱して、硬化させる
第26回 現実にはないモールドを入れ、現実よりもリアルに見せる造形テクニック
第25回 あり得ないほど表情豊かな「手」を造形していく
第24回 女性らしい身体を造形するテクニック
第23回 ボディの造形 -まず筋肉を作り、その上に脂肪と皮膚を盛り付ける超絶技術
第22回 美少女フィギュアの頭部原型が完成、ついにボディの造形を開始
第21回 美少女フィギュアの表情に影響する「影」を造形で表現する
第20回 顔の造形を考えながら、美少女フィギュアを作る
第19回 これまでにない斬新な美少女フィギュアのデザインがついに決定?
第18回 これまでにない美少女フィギュアのデザインを考えてみる
第17回 超絶造形新章突入、安藤賢司が美少女フィギュア制作に挑む
第16回 神業はここから生まれる -匠の立体造形を支えるツール群を紹介
第15回 フィギュアとジオラマベース、「Photoshop」を駆使して特撮写真を作成する
第14回 特撮のためのジオラマベースを完成させる
第13回 完成したフィギュアのためにジオラマベースを制作する
第12回 複製したフィギュアにリアルな塗装をする
第11回 フィギュア塗装のために欠かせない表面処理を行う
第10回 型に無発泡ウレタン樹脂を注入して、複製品を作る
第9回 フィギュア複製のための両面型をシリコンで完成させる
第8回 オリジナルフィギュア複製のための型をシリコンで作る
第7回 オリジナルフィギュア複製のため、型を作る準備をする
第6回 フィギュアの着衣を造形して、表面処理を進めていく
第5回 下半身を造形して、全体のバランスを整える
第4回 完成させた頭部を元に芯を作り、ボディを造形していく
第3回 ラフ画を参考にキャラクターの造形を混合したスカルピーで開始する
第2回 立体化するキャラクターのポーズを深く考えてみる
第1回 Flashアニメーションから立体造形物を創る -イメージイラストを作成する

もっと見る



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事