【コラム】

リンゴ印のライフハック

44 Macでデジタルビデオカメラと付き合うコツ

44/47

桜咲く春といえば、入学・卒業の季節。運動会・学芸会とならびビデオカメラが大活躍する時期です。しかし動画ファイルは大容量、静止画に比べると扱いにコツがいります。今回は、効率よくMacへ動画を取り込むコツを紹介します。

AVCHDとMP4、どちらを選ぶ?

現在市販されているデジタルビデオカメラの多くは、内蔵ストレージまたはSDカードに動画を記録します。それをMacに取り込めば、不要な部分を取り除く(トリミング)などの編集をくわえることができますが、撮影前に「動画フォーマット」について考えておかなければなりません。家庭用デジタルビデオカメラの場合、「AVCHD」と「MP4」のどちらかを選ぶことになるでしょう。

AVCHDはPanasonicとSONYが仕様を策定した動画フォーマットで、おもにハイビジョン解像度(2K)での撮影に用いられます。Blu-rayの規格を応用しているため、BDレコーダーやBlu-rayディスクに無劣化で書き込めるという長所があります。ただし、単一のファイルとしては扱いにくく(階層構造がある)、編集/変換ソフトも限られるため、YouTubeへアップロードするなどの用途では少々苦労することになります。

一方のMP4は柔軟な動画フォーマットで、2Kはもちろん4K動画の撮影にも利用できます。パソコンやスマートフォンで利用されることが多く、iPhoneで撮影するムービー(4K含む)もこの形式です。YouTubeにもそのままアップロードできますし、Macを含む多くのパソコンが標準装備のソフトで再生できます。しかし、Blu-rayに直接書き込むことはできません。

なお、AVCHDとMP4の圧縮技術(コーデック)は同じMPEG-4AVC/H.264を使うこともあり、画質は解像度やフレームレート(1秒あたりのコマ数)によって変わるという点では同じです。映像をベストな状態で長期保存するためには、そのまま(無変換で)パソコンに取り込むことが基本ですから、今回のテーマ「効率よくMacへ動画を取り込む」という点では変わりありません。

デジタルビデオカメラをUSBケーブルで接続すると、Macから内蔵ストレージにアクセスできます

内蔵ストレージ上のすべて(通常は「DCIM」フォルダと「AVCHD」ファイル)をコピーすれば、バックアップは完了です

Macでデジタルビデオカメラと付き合うためのポイント

  • ディスクイメージにバックアップする

AVCHDとMP4のどちらを選択したかにかかわらず、撮影回数が重なるとデジタルビデオカメラの内蔵ストレージは消費されていきます。新たに録画するためには、内蔵ストレージに空き容量を確保しなければならず、SDカードにコピーするかパソコン(Mac)に取り込むかの決断を迫られます。

急いでMacに取り込む場合には、「ディスクイメージに書き込む」ことをお勧めします。ディスクユーティリティで空のディスクイメージを作成し、そこへUSBで接続したデジタルビデオカメラ上のデータ(DCIMフォルダとAVCHD)をコピーすればいいのです。ディスクイメージファイル(*.dmg)をダブルクリックするとFinderにマウントされ、物理ディスク同様読み書き可能になるので、デジタルビデオカメラ上のデータ構造を変えずにまるごとバックアップできます。基本的にはファイルコピーですからiMovieなど編集ソフトを使うより圧倒的に高速ですし、マウントしなければ通常のファイルですから外付けハードディスクやNASに保存しておけます。

なお、ディスクイメージを作成するときのイメージフォーマットには、「スパース・ディスクイメージ」を指定することがポイントです。最大容量はサイズ欄で指定した値となりますが、書き込んだデータのぶんしか実容量を消費しないため、ディスクを無駄に使うことがありません。

ディスクユーティリティで「ファイル」→「新規イメージ」→「空のイメージを作成...」を選択すると、ディスクイメージを作成できます

作成するディスクイメージの最大容量は、デジタルビデオカメラ(の内蔵ストレージ)をマウントし、その情報ウインドウにある「容量」にある値より少し多めに指定します

バックアップ後のイメージファイルは、外付けハードディスクなどへ移動すれば、必要なときにダブルクリックするだけで利用できます

AVCHDを"チラ見"するコツ

AVCHDの動画は、macOSに標準装備のアプリケーションでは再生できません。というより、複数の動画が記録されているはずなのに、Finder上では「AVCHD」という1つの巨大なファイルとして表示されてしまい、再生する手段がありません。

実は、Finder上で「AVCHD」として表示されるファイルは階層構造を持っています。Finderでcontrolキーを押しながら「AVCHD」をクリック(または右クリック)して「パッケージの内容を表示」を選択すると、BDMVというファイルが現れるので、さらにそれをcontrolキーを押しながらクリックし「パッケージの内容を表示」で開いてみましょう。すると「STREAM」というフォルダが現れるはずです。

この「STREAM」フォルダの中には、拡張子が「.MTS」のファイルが保存されています。これがAVCHDとして保存された動画で、MPEG-2に対応したアプリケーションで再生できます。

もしMPEG-2に対応したアプリケーションがない場合には、「VLC」というフリーの動画再生ソフトを入手しましょう。インストールしておけば、MTSファイルを再生できるだけでなく、Quick Lookを利用した"チラ見"も可能です。動画の内容をすばやく確認したいときには、格好のツールとなることでしょう。

「AVCHD」を右クリック(またはcontrolキーを押しながらクリック)して「パッケージの内容を表示」を選択します

「BDMV」も同様にパッケージとして開くと、「STREAM」フォルダ以下に動画ファイルが現れます

VLCをインストールしていれば、このようにMTSファイルをQuick Lookで"チラ見"できます

44/47

インデックス

連載目次
第47回 子どもにMacを使わせたい、その前に
第46回 MacとiPhoneの連携は「ユニバーサルクリップボード」から
第45回 インターネットから入手したアプリをインストールするときの基本技
第44回 Macでデジタルビデオカメラと付き合うコツ
第43回 紙へ印刷する前に「PDF」を検討しては?
第42回 Quick LookでMacをベンリに
第41回 アプリの「強制終了」が必要なとき
第40回 ディスクの空き領域が足りない、そんなとき
第39回 Macでも「Siri」を使いこなそう
第38回 「macOS Sierra」に備えよう
第37回 ACアダプタのケーブル被膜が破れたら
第36回 Macの「Spotlight」はこう使おう
第35回 USBメモリを快適に、安全に使うには
第34回 TABキーをマスターすればMac使いこなしレベルがランクUP!
第33回 「iPhoneのテザリング」を徹底活用
第32回 Macのありがちトラブル、これで解決(2)
第31回 Macのありがちトラブル、これで解決(1)
第30回 Macだからできる、iPhoneユーザにとってメリットのある機能は?
第29回 iPhoneの流儀はMacに通じる!? (2)
第28回 iPhoneの常識はMacにも通用する!? (1)
第27回 Macで確定申告に挑戦! ~完結編~
第26回 Macで確定申告に挑戦! ~苦闘編~
第25回 Macで確定申告に挑戦! ~導入編~
第24回 Macbook Airの発熱は、内蔵ファンの掃除で予防!
第23回 Windows XPからMacへ
第22回 NASを買うなら「nasne」がおトク!
第21回 「画面共有」を使えば、こたつから離れた部屋のMacを操作できる!
第20回 トラブルシューティングには「Apple Diagnostics」
第19回 Wi-Fiが遅い!? その原因を探るには
第18回 ある日Macが起動不能に!? もしものデータ消失に備えよう
第17回 MacBook Airで本当に"使える"テザリング環境を目指して
第16回 MacBook Airにベストフィットのポータブルオーディオは?
第15回 Mavericksのインストールディスクを作成しておくと、後々ベンリ!!
第14回 MacBook Air 11インチに最適のモバイルストレージは?
第13回 「ThunderboltはあるけれどUSB 3.0非対応なMac」のパワーアップ
第12回 いまあるMacを「Mavericks」で快適に使いたい (前編)
第11回 新しいiMacがキビキビしている理由
第10回 iTunesのレンタル映画を徹底的に楽しむ方法
第9回 まだマウス? iMacでも使いたい「Magic Trackpad」
第8回 近ごろのMacで音楽を愉しむための"お約束"
第7回 MacBook Airのディスクスペースを増やす"おまじない"
第6回 iPhoneとセットで使いこなしたい「Webページ同期術」
第5回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(後編)
第4回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(前編)
第3回 Retinaディスプレイなら花の写真がよりキレイに
第2回 外出先で便利な「テザリング」をご紹介!
第1回 はじめてのMac、最初の一歩は「iCloud」から

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事