【コラム】

リンゴ印のライフハック

14 MacBook Air 11インチに最適のモバイルストレージは?

14/39

MacBook Airは13インチか11インチかで、意見が分かれますね。軽さ重視の人は迷わず11インチをチョイスしそうなものですが、ある装置がないことを理由に13インチを選んだ、という声を聞いたことがあります。その「ある装置」とは……

11インチモデルの悩みどころ

MacBook Air 11インチ、人気がありますね。小さいながらもスタイルはMacBook Airそのもの、A4サイズよりひと回り小さいボディはカバンに入れてもジャマになりません。重量は約1.08kgと、UltraBookの最軽量クラスほどではないものの、この独特なボディラインと質感はMacBook Airならではです。性能よりも小ささと軽さを重視し、13インチではなく11インチを選んだ、というオーナーも多いことでしょう。

しかし、悩みどころがひとつ……11インチにはSDカードスロットがありません。デジタルカメラで撮影した写真を取り込みたいときには、USB接続のSDカードリーダを用意することになります。常にSDカードを挿したままにしておき、本体に保存しておくだけでは心配な重要データ(筆者の場合は原稿です)をバックアップしておく、といった使い方もできません。だからといってUSBメモリを利用するのも、安易に妥協したようで腑に落ちません。

しばらく悩んだ結果、スマートな解決策を2つ思いつきました。ひとつは「Wi-Fiストレージ」。USB接続ではMacBook Airのスマートさが損なわれますが、Wi-Fi経由でのアクセスであれば問題ありません。モバイルバッテリーとしても使える機種を選べば、持ち歩く理由にもなります。そしてもうひとつが「iPhoneの汎用ストレージ化」。iPhoneはLightningケーブルとセットで常に持ち歩いていますし、テザリングも安定性を理由にUSB経由のほうが多いので、一時的に接続する程度ならジャマとは感じないでしょう。

MacBook Air 11インチには、SDカードスロットがありません……

Wi-FiストレージでSDカードをマウント

Wi-Fiストレージとは、Wi-Fi経由でアクセス可能な記憶装置のことをいいます。明確な定義はありませんが、SDカードなど各種メモリカードを装着でき、Wi-Fiアクセスポイントとしての機能を持つ小型機器を指すことが一般的です。「Wi-Fi対応のメモリカードリーダ」とでもいえばわかりやすかもしれません。

今回チョイスした製品は、SONYの「WG-C20」です。サイズはiPhoneよりひと回り大きいものの(71×144×9mm/135g)、SDHC/SDXCなど対応メモリカードは豊富ですし、内蔵の3000mAhという大容量バッテリは最大1.5Aという高出力が可能で(給電専用モード時)、iPhone/iPadも高速に充電できます。Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)をサポート、最大8ユーザまで同時アクセスOK。ここでは割愛しますが、SeeQVault対応SDメモリカードを用意すれば、フルHD画質の録画番組を外へ持ち出すことも可能です。

その使い方ですが、説明書には専用アプリを起動して……と書かれているものの、10月31日現在はiOS版アプリがありません(対応予定はあるそうです)。ではMacから利用できない? と早合点しそうですが、実はかんたんです。WG-C20を起動し、Wi-Fiで接続(アクセスポイントに選ぶ)してからFinderの機能で接続すれば、WG-C20に挿入しているSDカードがマウントされます。あとはFinderから読み書き自由、IEEE 802.11nで接続されるのでファイルアクセスもスピーディーです。

iPhone 5sと並べてみました。WG-C20のほうが軽いものの、サイズはひと回り大きくなります

「WG-C20」から始まるWi-Fiアクセスポイントに接続し(ユーザIDやパスワードは不要)、Finderで「移動」→「サーバへ接続...」を選択、「smb://192.168.41.1/」にアクセスすればSDカードをマウントできます

電源ボタンを1秒押して無線LAN表示ランプを消灯させると給電専用モードになり、iPad/iPad miniの充電も可能になります

iPhone/iPadを汎用ストレージとして使う

もうひとつの「iPhoneの汎用ストレージ化」には、OS X用アプリケーション『iFunBox』を利用します。フリーウェアということもあり広告は表示されるものの、機能制限なしに利用できます。

インストールは、ディスクイメージをダブルクリックすると現れる画面でアイコンをドラッグすれば完了します。ただし、初めて起動するときには、アプリケーションフォルダにあるiFunBoxのアイコン上でcontrolキーを押しながらクリックし、現れた画面で「開く」を選択します。そうすると、「開発元が未確認のため開けません」というダイアログが現れなくなります。

iFunBoxの使い方はかんたん、起動後にiPhoneをUSBケーブルで接続し、サイドバーの「Appファイル共有」以下にある「汎用ストレージ」フォルダを開くだけです。あとは、ファイルをドラッグ&ドロップで保存するなど、Finderと同じ感覚で利用できます。

ただし……10月31日現在、iOS 7がインストールされたiPhone/iPadで利用すると、すぐに異常終了するなど動作が不安定になります(iOS 6では安定動作します)。将来のアップデートで問題が解消されることに期待しましょう。

iFunBoxのコンテキストメニューを表示し「開く」を選択すれば、未確認の開発元によるアプリケーションを起動できます

任意のファイルを「汎用ストレージ」フォルダに保存できます。ただし、現在のところiOS 7で利用すると頻繁にクラッシュします……

14/39

インデックス

連載目次
第39回 Macでも「Siri」を使いこなそう
第38回 「macOS Sierra」に備えよう
第37回 ACアダプタのケーブル被膜が破れたら
第36回 Macの「Spotlight」はこう使おう
第35回 USBメモリを快適に、安全に使うには
第34回 TABキーをマスターすればMac使いこなしレベルがランクUP!
第33回 「iPhoneのテザリング」を徹底活用
第32回 Macのありがちトラブル、これで解決(2)
第31回 Macのありがちトラブル、これで解決(1)
第30回 Macだからできる、iPhoneユーザにとってメリットのある機能は?
第29回 iPhoneの流儀はMacに通じる!? (2)
第28回 iPhoneの常識はMacにも通用する!? (1)
第27回 Macで確定申告に挑戦! ~完結編~
第26回 Macで確定申告に挑戦! ~苦闘編~
第25回 Macで確定申告に挑戦! ~導入編~
第24回 Macbook Airの発熱は、内蔵ファンの掃除で予防!
第23回 Windows XPからMacへ
第22回 NASを買うなら「nasne」がおトク!
第21回 「画面共有」を使えば、こたつから離れた部屋のMacを操作できる!
第20回 トラブルシューティングには「Apple Diagnostics」
第19回 Wi-Fiが遅い!? その原因を探るには
第18回 ある日Macが起動不能に!? もしものデータ消失に備えよう
第17回 MacBook Airで本当に"使える"テザリング環境を目指して
第16回 MacBook Airにベストフィットのポータブルオーディオは?
第15回 Mavericksのインストールディスクを作成しておくと、後々ベンリ!!
第14回 MacBook Air 11インチに最適のモバイルストレージは?
第13回 「ThunderboltはあるけれどUSB 3.0非対応なMac」のパワーアップ
第12回 いまあるMacを「Mavericks」で快適に使いたい (前編)
第11回 新しいiMacがキビキビしている理由
第10回 iTunesのレンタル映画を徹底的に楽しむ方法
第9回 まだマウス? iMacでも使いたい「Magic Trackpad」
第8回 近ごろのMacで音楽を愉しむための"お約束"
第7回 MacBook Airのディスクスペースを増やす"おまじない"
第6回 iPhoneとセットで使いこなしたい「Webページ同期術」
第5回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(後編)
第4回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(前編)
第3回 Retinaディスプレイなら花の写真がよりキレイに
第2回 外出先で便利な「テザリング」をご紹介!
第1回 はじめてのMac、最初の一歩は「iCloud」から

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事