【コラム】

リンゴ印のライフハック

12 いまあるMacを「Mavericks」で快適に使いたい (前編)

 

12/37

当たり前ですが、新製品だけがMacではありません。使い慣れて愛着がある、予算がないのでもうしばらく使いたいという方も多いはずです。しかしキビキビ動作が欲しいのは事実、秋に公開予定のMavericksは快適に使いたい……そのもっとも確実な解決策は「SSD」です。

HDDをSSDに置き換えれば速くなる!

女房と畳は……などという言葉がありますが、Macも新しいに越したことはありません。最新のCPUにGPUが搭載されていれば、それだけで体感速度は改善されます。ましてや、起動用ディスクがハードディスク(HDD)からSSD(Solid State Drive)に変わるとすれば、変化はまさに劇的です。

HDDとSSDのハードウェアは根本的に異なります。HDDは磁性体が塗られた円盤が高速に回転し、そこにデータ読み取り用の磁気ヘッドを移動させてデータを読み書きしますが、複数のフラッシュメモリで構成されるSSDには磁気ヘッドが必要ありません。そのぶんアクセス速度に優れ、特にデータの読み取りはHDDの数十倍にも達します。

データの読み取りが速いと、ファイルを開くときの処理はもちろん、システムの起動にもプラスに作用します。アプリケーションの起動も速くなりますから、これまでアイコン4バウンドで起動していたものが1バウンドに、といった効果を期待できます。実際、数世代前のMacの起動ディスクをHDDからSSDに変更すると、最新のMacと比べても遜色ないほど高速化できることがあります。いま利用しているMacのHDDをSSDに置き換えれば、秋に登場予定の次期OS「Mavericks」も快適に動作するはずです。

USB 2.0接続の外付けタイプとしても、内蔵HDDの置き換えとしても利用できるSSD「BUFFALO SHD-NSUH」でテストしました

今秋公開予定の「OS X Mavericks」。Macを買い換えることなく快適に動作させたいと願う人は多いはず

SSDへクリーンインストール

筆者が利用しているMac mini(Mid 2011)は、500GBのHDDを搭載しています。執筆用マシンなだけに読者の皆さんが参考にしやすいよう、できるだけ購入時点の状態を維持してきました。しかし、MacBook Proなど他のMacと比較すると反応が鈍く、アプリケーションの起動にも時間がかかります。2年前のモデルですから、そろそろ執筆用マシンの役を解く時期です。もうすぐ公開されるはずのMavericksは、SSDに交換する格好のタイミングといえます。

その準備ですが、まずはSSDへOSをインストールします。そのあとでMac miniを「開腹」し、内蔵されているHDDをSSDに入れ替えれば、換装作業は完了です。ただし、執筆時点でMavericksは公開されていないので、ここではMountain Lionをクリーンインストールすることにします。

手順はかんたん、SSDをMacに接続し、「ディスクユーティリティ」で初期化します。選択するフォーマット形式は「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」です。ディスク名はあとから変更できるので、適当でかまいません。

次に、あらかじめMac App StoreからダウンロードしておいたMountain Lionを、USB(またはFireWire 800、あるいはThunderbolt)に接続したSSDをインストール先に指定します。開始から約3分後に自動的に再起動し、そのまま十数分ほど待てばインストールは完了、あとはユーザアカウントの登録などを画面の指示に従い進めればOKです。

「ディスクユーティリティ」を使えば、SSDのフォーマットは数秒程度で完了します

これでしばらく待つと再起動が始まり、さらに十数分ほど待てばMountain Lionのインストールが完了します

既存のシステムをSSDへコピー

クリーンインストールではなく、現在利用中のHDDにインストールされているシステムをコピーすることも可能です。ただし、HDDと同じかそれ以上の容量が必要になるため、以前より安くなったとはいえまだまだ高単価なSSDの場合、それなりの出費は覚悟しなければなりません。

その手順ですが、「command」+「R」キーを押しながらMacの電源を投入し、復元モードでシステムを起動します。すると「OS Xユーティリティ」が起動するので、そこで「ディスクユーティリティ」を選択します。次にフォーマット済のSSDを接続し、「復元」タブでソースを内蔵HDD、復元先をSSDにして復元を実行すればOKです。容量にもよりますが、数十分ほどすればこれまで利用してきたシステムそのままをSSDにコピーできます。

「command」+「R」キーを押しながらMacの電源を投入すると、復元モードでシステムが起動します

ソースを内蔵HDD、復元先をSSDにして復元を実行すれば、既存のシステムをSSDへコピーできます

12/37

インデックス

連載目次
第37回 ACアダプタのケーブル被膜が破れたら
第36回 Macの「Spotlight」はこう使おう
第35回 USBメモリを快適に、安全に使うには
第34回 TABキーをマスターすればMac使いこなしレベルがランクUP!
第33回 「iPhoneのテザリング」を徹底活用
第32回 Macのありがちトラブル、これで解決(2)
第31回 Macのありがちトラブル、これで解決(1)
第30回 Macだからできる、iPhoneユーザにとってメリットのある機能は?
第29回 iPhoneの流儀はMacに通じる!? (2)
第28回 iPhoneの常識はMacにも通用する!? (1)
第27回 Macで確定申告に挑戦! ~完結編~
第26回 Macで確定申告に挑戦! ~苦闘編~
第25回 Macで確定申告に挑戦! ~導入編~
第24回 Macbook Airの発熱は、内蔵ファンの掃除で予防!
第23回 Windows XPからMacへ
第22回 NASを買うなら「nasne」がおトク!
第21回 「画面共有」を使えば、こたつから離れた部屋のMacを操作できる!
第20回 トラブルシューティングには「Apple Diagnostics」
第19回 Wi-Fiが遅い!? その原因を探るには
第18回 ある日Macが起動不能に!? もしものデータ消失に備えよう
第17回 MacBook Airで本当に"使える"テザリング環境を目指して
第16回 MacBook Airにベストフィットのポータブルオーディオは?
第15回 Mavericksのインストールディスクを作成しておくと、後々ベンリ!!
第14回 MacBook Air 11インチに最適のモバイルストレージは?
第13回 「ThunderboltはあるけれどUSB 3.0非対応なMac」のパワーアップ
第12回 いまあるMacを「Mavericks」で快適に使いたい (前編)
第11回 新しいiMacがキビキビしている理由
第10回 iTunesのレンタル映画を徹底的に楽しむ方法
第9回 まだマウス? iMacでも使いたい「Magic Trackpad」
第8回 近ごろのMacで音楽を愉しむための"お約束"
第7回 MacBook Airのディスクスペースを増やす"おまじない"
第6回 iPhoneとセットで使いこなしたい「Webページ同期術」
第5回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(後編)
第4回 MacBook Airを買ったら! お勧めの基本ワザ10選(前編)
第3回 Retinaディスプレイなら花の写真がよりキレイに
第2回 外出先で便利な「テザリング」をご紹介!
第1回 はじめてのMac、最初の一歩は「iCloud」から

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア