【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

134 「Android Wear 2.0」を探る その1

134/140

筆者の持つASUS ZenWatch 2にようやくAndroid Wear 2.0(以下AW2と略します)が配信されました。今回は、ZenWatch 2上のAW2について見ていこうと思います。

すでにAW2については、あちこちに記事がありますが、大きくまとめると、「Playストア(写真01)の実行と文字入力(写真02)が可能になり、Android 7.xベースになった」といえます。Android Wear 1.5(以下AW1.5)までは、スマートフォンと組合せることが必須の「お友達デバイス」的な性格が残っていましたが、AW2では、単体で動作するウェアラブルコンピュータ的な要素が強くなっています。

写真01: AW2では、Playストアが組み込まれ、時計側で直接アプリをインストールするようになった

写真02: 文字入力は、キーボード、手書き、音声の3つの方法で可能。「Google日本語入力」で日本語の入力も可能

ただし、スマートフォンがまったく不要というわけでもありません。たとえば、Wi-Fiの設定ではまだスマートフォンが必須になっています。

というのも、スマートウォッチの常時Wi-Fi接続や3G/4Gなどのモバイルネットワーク接続はまだバッテリへの負荷が大きすぎ、Bluetoothによるスマートフォン経由でのインターネット接続を利用するのが標準と想定されているようです。やはりこのサイズでは、バッテリ容量に限界があります。

スマートフォンから独立したいという意志は感じられるものの、ハードウェア的にはちょっと難しいというところでしょうか。

ホーム画面のユーザーインタフェースが変わった

AW2の大きな変更点の1つは、文字盤アプリ(ウォッチフェースアプリ)が動作しているホーム画面のユーザーインタフェースです。上下左右から画面中心に向かってのフリック操作に割り当てられている機能が変更になりました(図01)。

図01: AW2のホーム画面(文字盤アプリ)の操作。左右のフリックが文字盤切り替えとなった。論理的には理解できるが、文字盤切り替えをそこまで簡単にする必要があるのかどうか……

上下左右のフリックや文字盤の長押しと操作を組みあわせるという基本的な部分には変更がありませんが、AW1.5とは割り当てられた機能が違っています(図02)。

図02: AW1.5のホーム画面では、横方向のスクロールを使いメニューを切り替える。タッチ精度が高くない場合を想定してボタンを1ページ最大3つ程度に抑えている

特に左右からのフリックで文字盤アプリが変更になるのには、ちょっとした違和感を感じます。文字盤をそれほど簡単に変更する必要があるのかどうか。しかも、左右、2つのフリック操作を割り当てています。たとえば、アプリリストなど、ほかに割り当てるべきものはあるような気がします。あるいは、ユーザーが機能を割り当てられる項目にしても利便性は上がるでしょう。ホーム画面という比較的長時間表示されている画面で、簡単にできる操作なのにムダなような気がします。

AW1.5までは、電源ボタンは必須項目ではなく、初期のLG G Watchのように物理ボタンを持たない機種もありました。しかし、AW2のユーザーインタフェースをみると、アプリリストの表示には電源ボタンのクリック(短押し)に使われており、アプリリストを表示する他の方法がないことから、電源ボタンなどの物理ボタンはほぼ必須になっているといえそうです。たしかに本体右側にリューズがあったほうが時計らしいといえばそうなのですが、デザインの自由度という点からいうと物理ボタンが必須というのはいい選択とはいえません。前述のように左右のフリックがムダに使われているので、ここは物理ボタンを必須としないで、左右フリックのどちらかに割り当てるなどしてほしいところです。

アプリの動作

また、ホーム画面のUIスタイルの変更に伴い、アプリ実行中のGUI操作にも変更が出ています。AW2では、アプリの起動中、上から下へのフリックにアプリのメニューを、「左から」のフリックに「戻る/終了」を割り当てます。また、アプリにより、上から下へのフリックに「Navigation Drawer」を、下からのフリックに「Action Drawer」を割り当てます。ドロアーとは、普段は隠れていて、フリック操作などにより「引き出して」表示させる画面のことで、Android Wearに組み込まれたGUI部品の1つです。

アプリ起動後などページが上の端にあるときにさらに下にスクロールさせようとすると、Navigation Drawerがあることを示すタブ(写真03)が表示され、これをタッチしたり、フリックするとドロアーが表示されます(写真04)。Navigation Drawerは、画面の上に収納されているロールカーテンやシャッターのようなイメージで動作します。Navigation Drawerは、Googleのドキュメントよれば「……users to switch between views in your app」(アンドロイドデベロッパーサイト)のためのものとされています。

写真03: アプリ画面の上部にはNavigation Drawerがあり、上端までスクロールさせると「タブ」が表示される

写真04: タブをタッチ、ドラッグすれば、Navigation Drawerが開く

主に、アプリ内のページ切り替えや設定など画面切り替えに使うドロアーです。ただし、すべてのアプリがNavigation Drawerを持っているわけではありません。

これに対して、画面の下には「Action Drawer」が配置されます。Action Drawerは、各ページで利用できる共通性の高い操作で、「……you provide easy access to common actions in your app」とされています(同)。AndroidスマートフォンのGmail画面で画面右下に表示される「+」ボタンのような機能に相当します。Action Drawerは、画面をスクロールさせているときなどに画面下部にアイコンのついたタブなどで表示されます(写真05)。複数の機能がある場合には、Action Drawerを引き出して指定しますが、単一の機能しかない場合にはタブに直接アイコンが表示されます。

写真05: アプリに対するコマンドは、Action Drawerで指定できる

基本的にはアプリ画面では、右から左へのフリックの利用は自由なようです。たとえば、ページの切り替えや詳細情報の表示に利用するアプリもありますが、まったく利用していないアプリもあります。

常にアプリ内のホームページでは、「左から右」へのフリックは「戻る」あるいは「アプリ終了」であり、「右から左」へのフリックは、機能が存在すれば、さらに詳細な情報などの表示です。この方向関係は、AW1.5までと同じなので、それほど迷うことはないと思われます。

134/140

インデックス

連載目次
第140回 「Pixel 2」のロック画面
第139回 「Pixel 2」のラウンチャー
第138回 「Pixel 2」買いました
第137回 「Android 8.0 Oreo」を試す その2
第136回 「Android 8.0 Oreo」を試す その1
第135回 「Android Wear 2.0」を探る その2
第134回 「Android Wear 2.0」を探る その1
第133回 「Android O」プレビュー
第132回 Androidのコードネームとビルド番号再び
第131回 Android Wear 2.0が出る前にちょっと復習
第130回 「Android 7.1」の新機能を見てみる その2
第129回 「Android 7.1」の新機能を見てみる その1
第128回 モトローラ「Moto Z」を試す その3
第127回 モトローラ「Moto Z」を試す その2
第126回 モトローラ「Moto Z」を試す
第125回 大陸でウワサのスマホ、ソフトウェア編
第124回 大陸でウワサのスマホ、デュアルSIM編
第123回 大陸でウワサのスマホを買ってみた
第122回 Androidでコルタナを使う
第121回 Android N、「通知」の表示形式が変更に
第120回 「Android N」の新プレビュー版、Developer Preview 4が登場
第119回 「Android N」プレビュー その3
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事