【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

109 2016年の注目はタブレット

塩田紳二  [2016/01/15]

109/118

年頭なので、今年1年を予想してみることにしました。今年の注目ポイントは、「タブレット」です。スマートフォンについては、「順当な変化」で1年が終わることになると思われます。というのも、アンドロイド、iOSのポジションは変わらず、ここにWindows 10 Mobileが食い込むのはそうそう簡単ではなく、競争もあまり激しいものにはなりそうもないからです。しかし、タブレットは、一波乱ありそうな感じがします。

アンドイロドだけでなく、iOSやWindowsを含めて、2016年は、タブレットに注目すべきなのかもしれない

というのも、タブレットという形状で見た場合、Windowsタブレットが順当にシェアを拡大しているのに対して、アンドロイド、iOSともにシェアを落としています。全世界でみると、1位のApple、2位のSamsungがシェアを落とし、2014年には4位にあったLenovoがシェアを上げ、3位に浮上してています。これは、おそらくは、Windowsタブレットの分だと思われます。また、2015年は、タブレットの総出荷もわずかですが、2014年より減っています。このため、タブレット全体での減少傾向が続き、Windowsのシェアが上がると、アンドロイドやiOSのシェアは相対的にも絶対的にも減少することになります。

なお、国内では、タブレットの出荷は増えていますが、Windowsタブレットが増えているのは同じようです。調査会社によれば、2015年上期のタブレット出荷では、マイクロソフトが上位5社に入ったほか、富士通、ASUSとWindowsタブレットを製品として持つ企業が2位、3位となりました。

■関連:MM総研 2015年度上期国内タブレット端末出荷概況

実際、Windows 10を搭載したタブレットは、1万円程度で入手可能です。Windows 10では、32bit版の必要スペックでメモリが1ギガバイト、ストレージが16ギガバイトと大きく下がったからです。プロセッサ性能的には、Intel AtomのBay Trail(37xx)である程度の性能は確保でき、あとは、メモリ次第という状態で、メモリやストレージデバイス自体は、アンドロイドとほぼ同じものが利用できるため、Windowsのタブレットも低価格で作ることができるようになったというわけです。もっとも、Windowsでも、メインストリームの機種では、メモリが2ギガバイト、ストレージが32ギガバイト以上であり、この程度あれば、少なくともアンドロイドのタブレットと比較してパフォーマンスはさほど変わりません。

アンドロイドでは、その上のハイエンドだと64bit版ARMコアどまりなのに対して、Windowsでは、IntelのCore-MシリーズやCoreシリーズといった高性能なプロセッサもあり、Atomクラスでも64bitプロセッサという選択肢も可能です。この点、上位のPCから下りてきたWindowsタブレットのほうが有利といえます。

さて、こうしたWindowsの動きに対して、アンドロイド陣営やAppleも対抗策を出してきています。Apple社は、昨年iPad Proを発表しました。12インチのディスプレイ、ペン、一体にできるキーボードというハードウェアに加え、iOSがようやく画面の分割表示に対応しました。

アンドロイドでは、グーグルがPixcel Cというキーボードとタブレットを組み合わせた製品を出しています。また、次世代のアンドロイドとなる「Android N」では、画面の分割表示に対応するという話があります。なお、機能的には、現在のMarshmallowにも画面の分割表示機能は入っているのですが、動作が禁止されています。

アンドロイド陣営で先頭を走るSamsungも、Windows 10タブレットを投入しました。これは「Galxy TabPro」と命名されており、アンドロイドのスマートフォン、タブレットであるGalxyブランドが使われています。従来Samsung社は、PCは別事業部が担当していたため、Galaxyブランドを使っていませんでした。

「専用キーボード(一体化して持ち運べる)」、「スタイラス/ペン」、「画面分割」は、おそらく、2016年以降のタブレットの必須機能となりそうです。これは、閲覧が中心のスマートフォンとの差別化点でもあり、かつ、急速にシェアを伸ばしているWindowsタブレットとの対抗上必要なものと思われます。また、タブレットの実用性を上げようとすれば、いずれは実装しなければならない機能といえます。

しかし、アンドロイドやiOSのでの対応は、今年いっぱいはかかるでしょう。たとえば、画面分割では、システム側の対応だけでなく、アプリ側の対応も必要になります。実際、Android 6.0(Marshmallow)には、機能が入っているにもかかわらず、有効にされていないのは、まだ準備が不完全だからです。画面を分割すると、アプリからみて解像度やアスペクト比などが変化します。そもそも、もともとのハードウェア解像度によっては、分割してしまうと、アプリが想定している最低解像度やアスペクト比と違ってしまい、その結果アプリがクラッシュする可能性があります。また、一般に画面分割機能が公式に提供される以前に作られたアプリは、ダイナミックな解像度などの変化に対応できないのが普通です。このため、追従できないだけでなく、クラッシュしてしまう可能性があります。

ペンの対応も、単にハードウェアとして使えるだけでなく、オペレーティングシステムで「インク」(ペンの軌跡や文字認識結果など組み込める複合的な情報)として扱えるかどうか、手書き文字の認識エンジンの用意、ペンによる範囲指定、ジェスチャーなど、対応すべき項目は多数あります。アンドロイドでは、OS側でペン(スタイラス)には基本的な対応はしていますが、実際の製品としては、一部のメーカーのみしかペンが利用できるハードウェアを作っていません。このため、メーカーの個別対応部分が大きく、ハードウェアさえ用意すれば、ペンが簡単に利用できるというわけではありません。

Windowsはすでに対応済みだが……

ペンや画面分割は、すでにWindowsがPCで対応してきた部分であり、アンドロイドやiOSはこれを追う立場になってしまうのです。また、マイクロソフトは、OfficeをアンドロイドやiOSに対応させており、アンドロイドやiOSがPC的な機能を充実させるほど、Officeの利便性が高まっていきます。なんだか、出来のいい詰め将棋の問題をみているかのような感じがありますが、いつも答えは1つとは限りません。アンドロイドにしてもiOSにしても、取り得る方法はいろいろとあります。

また、最近では、LTEを搭載するタブレットの比率が増えているといいます。データ通信コストが安価になってきたからです。電話はスマートフォンではなく携帯電話、データ通信はタブレット側でという使い方も十分可能です。

逆にいうと、モバイルネットワークは、Windowsが弱点としている部分です。Windows PhoneがWindows 10 Mobileになったので、Windowsにもモバイルネットワーク機能が搭載されるようになりました。しかし、実際Windows 10 Desktopでは、モバイルネットワークへの対応は不十分な感じがあります。手元あったLTE搭載PCでは、Windows 10(TH2)でSMSの受信は可能でしたが、送信ができませんでした。こうした部分は徐々に改良されていくと思われますが、2016年内にどれだけできるのかは未知数といえます。そもそも、Windows Phoneは、限られたハードウェアでしか動作していなかったため、アンドロイドのように多種多様なハードウェアに対応しておらず、かといってWindowsタブレットは、Appleの用にハードウェアの種類がごく少ないというわけではないからです。

実際、アンドロイドも、Nexus 7では、最初通話アプリが付属せずSMSを扱うことができませんでした(現在はHangOutから利用可能)。実際、システムとしての成熟には長い時間がかかります。どんなシステムでも、これで十分というレベルに達することはないし、新しい機能が導入されたり、利用者の数が増えれば、対応しなければならない問題も増えてくるのです。通話しないデータ通信のみの契約だからSMSが不要というのは机上の理論でしかなく、海外には、SMSを使ってデータ通信プランを切り替えたり、購入するという事業者もあります。国内でも、コミュニケーションアプリであるラインの登録にはSMSが必要なため、データ通信契約でも、SMSオプションが追加できるようになっているのが普通です。

競争の1つのメリットは、こうした問題の解決を高速化してくれることです。競争が激しければ、激しいほど、ハード、ソフトの進歩は速くなります。

現状、アンドロイド、iOS、Windowsのそれぞれに有利、不利な点があり、一方的な勝負にはならないと思われます。だとすると、さまざまな試みがなされる可能性があり、いろいろと面白いものが出てくるのではないかと筆者は想像しています。

本稿は、2016年1月14日にAndorid情報誌「AndroWire」に掲載した記事を再構成したものです。

109/118

インデックス

連載目次
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【連載】ハルとアキ 第42回 そんな人いる?
[20:00 5/29] ライフスタイル
[押井守監督]宮崎駿監督をまたまたバッサリ 「構造がない典型」
[19:48 5/29] ホビー
[劇団EXILE・鈴木伸之]映画「オオカミ少女と黒王子」でイケメン役も自身の高校時代「モテた記憶ない」
[19:32 5/29] エンタメ
[ちびまる子ちゃん]2代目お姉ちゃん役に豊嶋真千子 「水谷さんからのバトン受け継ぐ」
[19:30 5/29] ホビー
[ヒメアノ~ル]濱田岳とムロツヨシに聞く V6森田剛が殺人鬼役に没入「登場シーンから怖かった」
[19:22 5/29] エンタメ

特別企画 PR