【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

98 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?

 

98/121

予測候補に絵文字と顔文字

Google日本語入力がアップデートされました。大きな改良はありませんが、細かい点でいくつか改良されています。1つは、特定の単語を確定させたあとの予測候補として絵文字や顔文字が出るようになった点です。変換候補として絵文字を出すことは、以前のバージョンから行われています。今回の改良は、「うれしい(>ω<)」のように、日本語表記と顔文字、絵文字をくみあわせる場合に対応するものです。

「あめ」と入力すれば変換候補には絵文字がでる。これは前のバージョンでも可能だった

しかし、「あめ」で確定させた直後の予測変換でも傘の絵文字が候補に出る。この機能を買えば、単語と対応する絵文字を組み合わせることが可能だ

「うれしい」を入力すると、候補として顔文字が出てくる

さらに「うれしい」で確定させても、顔文字や絵文字が候補として表示される

Lollipop対応前の「Google日本後入力 Ver.1.15.178.3-arm」でも、「あめ」の入力で傘や飴の絵文字が候補に出る。なお、これはAndroid 4.3 (Jelly Beans)でカラーフォントには対応していないため、絵文字はモノクロとなる。アンドロイドはKitkat (4.4)からカラーフォントに対応している

Ver.1のGoogle日本語入力では、確定後の予測変換では絵文字などは候補に登らない

絵文字は、日本では携帯電話の頃からポピュラーな存在でしたが、ユニコードなどに取り入れられ、システムやブラウザなどが対応したことでインターネットなどで普通に使える「文字」になり、最近では、SNSなどでも利用されているのを見かけます。また、Windowsなども含め、色を使ったフォントへの対応が進み、カラーの絵文字が利用できる環境が広がっています。モノクロの絵文字もまあ、味があるといえばそうなのですが、わかりにくいものもありました。

絵文字を子供っぽいと考える人もいるようですが、漢字やひらがな、カタカナでは表現できないニュアンスを伝えるものとして利用することができるため、ある種の利便性も備えています。実際、インターネットでは絵文字が使えない時代に、「:-)」のように「冗談」、「怒っているわけではない」といったニュアンスを伝えるために記号的に文字を組み合わせる使い方がありました。文字だけでは、真意が伝わらない場合もあるのです。そういうわけで、そうそう、バカにしたものでもないと筆者は考えています。

ですが、10代の少年少女ならともかく、絵文字だけの文章とかをいい歳をしたオッサン、オバサンが送るのは少しはばかられます。なので、基本的には文字を補助するような使い方になるのではないかと考えれらます。今回の予測候補では、こうした使い方を想定しているのだと思われますが、残念なことにすべての表記には対応していません。例としてあげられている「うれしい」を確定させたあと予測候補として顔文字が出るものもの平仮名表記の場合のみで「嬉しい」や「ウレシイ」で確定させると、予測候補に顔文字はでてくれません。

残念なことに傘の絵文字が予測されるのはひらがなで「あめ」としたときのみで漢字の「雨」と確定すると、絵文字は候補に入らない

おそらく、前回の確定文字列を保存しておいて、それを読み仮名として絵文字や顔文字を検索しているのだと思われます。確定した漢字からの推測だと、漢字表記から絵文字、顔文字を検索可能な辞書を別に持つ必要があります。単純に前回の読み仮名入力を保存して絵文字、顔文字を検索したとしても、確定させた表記が絵文字とは関係ない場合もでてきます。たとえば、「あめ」と入力して「天」と漢字変換させた場合や推測候補で「アメリカ」などが選択される可能性があるため、読み仮名と確定文字列の両方を見なければ適切な絵文字、顔文字を推測候補として出すことはできません。おそらくは、そういう理由で、特定の文字列の場合のみ絵文字顔文字を推測候補として出すことになっているのだと思われます。

このほか数字入力を時間や日付(たとえば1211で12月11日や12時11分など)に変換もできます。ただ、こうした機能は、Google日本語変換が初めてというわけではなく、PC用のIMEでは以前からある機能です。アンドロイド用ではOEM向けにのみ提供されているFSKARENなどのサードパーティ日本語IMEなども対応している機能です。

ある意味、スマートフォンやタブレット用のIMEは、Windows用のIMEという「先行者」がいるため、これを追っている状態です。PCを使い慣れたユーザーからすると、少し長めの文章を入力する場合、IMEの変換は、ストレスの原因でもあります。

数式計算

もう1つの改良点は、電卓のような四則計算機能です。数式を「=」まで入力すると、予測変換候補として、演算結果が表示されます。たんなる演算結果だけでなく、数式部分を含んだものも候補となります。

数式を入力して「=」を入力すると、数式の計算結果を変換候補にしてくれる。結果のみと式と結果の両方が候補にある

ただ、残念なことに対応しているのは四則演算だけのようです。三角関数のような高等関数には対応していないようです。Google日本語入力では、Lollipop対応(マテリアルデザイン対応)になったバージョンで、日本語入力(ローマ字入力)から数字入力に切り替えると、配列がテンキーになり、四則演算子(+、-、*、/、=など)のキーも表示されるようになりました。このときには、単なる配列の変更かと思われましたが、計算式の入力をするためだったようです。ちょっとした計算ならこれでなんとかなりそうです。また、この機能のため、日本語入力中でも、数字や記号類は半角が初期状態となり、変換候補の選択で全角文字(漢数字などにも変換可能)にします。

Ver.1のGoogle日本語入力では、数字はテンキー配列になっても、四則演算子の入力は面倒だった

Ver.2のGoogle日本語入力では、ローマ字入力時に数字記号モードに入ると、このようにテンキー配列と四則演算記号が入力できるレイアウトになっている

筆者は、のちの検索などを考えて、数字やアルファベットは原則半角入力にしています。世の中には、全角のアラビア数字やアルファベットを平気で文書に入れる人がいます。なかには、URLさえ全角アルファベットにしているモノさえ見かけます。個人での利用なら文句の言い様はありませんが、それをWebページとして公開したり、他人に送るというのは、あまり関心できません。

そもそも、全角の数字やアルファベットの並びは、みたときに間隔が空きすぎて不自然です。紙の出版物でも、数字とアルファベットは、漢字(およびひらがな、カタカナ)とは文字幅も送り(文字と文字の間隔)も変えるのが普通です。そのほうが読みやすいからです。今回の改良で、半角数字の入力に関しては以前よりもラクになったといえます。

ただし、アルファベット入力では、数字入力に切り替えてもQwerty配列に準拠したレイアウト(数字が最上位列に横に並ぶ)になり、四則演算子を入力するにはシフトキーで表示モードをさらに切り替える必要があります。ですが、Google日本語入力では、Quertyレイアウトで最上段のアルファベットをタッチしたまま上に指をずらすと、再タッチする必要なく数字を入力できます。このため、英語入力では記号を入力するときのみキーボードを数字/記号モードに切り替えればよくなりました。

日本国内で発売されたアンドロイドには、標準の日本語キーボードとしてiWnn IMEやサードパーティのIMEが標準でインストールされていることがあります。それぞれに特徴がありますが、筆者は、入力モードの切り替え方法がポイントだと思っています。

Google日本語入力では、大きく「ローマ字入力」と「アルファベット入力」モードを切り替え、それぞれから直接数字/記号入力へ切り替えを行います。また、前述のようにキーにタッチして指を動かして数字の入力も可能です。

これに対して、iWnn IMEでは、「ローマ字入力」、「アルファベット入力」、「数字入力」の3つのモードを順次切り替えていく方式です。この方式では、Google 日本語入力と違って、アルファベット入力モードから日本語入力モードに切り替えるのに一旦数字入力モードを経由せねばならず、キーストロークが1つ多くなります。反面、キーが1つ少なくて済むため、キーボードの最下段に余裕が出ます。また、iWnn IMEでもQwerty配列で最上段のキーを長押しすると数字を候補としてくれるのですが、再度タッチして入力する方法になっています。最近の流行は、フリック入力のように長押しやスライド操作で違う文字候補を表示させてそのまま指を離すと確定するものです。操作する時間はあまりかわらないようですが、2回のタッチは、面倒な印象を受けます。Windows 8も当初は長押しで候補を表示して、再タッチで確定していましたが、現在では、そのまま指をすべらせて確定できるようになりました。

Qwerty配列の場合、最上段のキーを押して上に動かすと、数字入力になる。なお、日本語入力モードでは全角数字が入力される

個人的にいうと、さまざまなプラットフォームで別々のやり方になっていると、使うときに頭を切り換える必要があるので、かなりストレスがあります。「パクった」、「パクられた」という話もありますが、キーボードのような基本的な操作性は、流行を追って欲しいものです。

インターネットでの利用では、比較的アルファベットの入力が多いために、「アルファベット入力」と「ローマ字入力」は簡単に切り替えられるほうが有利だと筆者は考えています。また、記号の入力頻度は低く、逆に多少ストロークは増えてしまっても、ローマ字入力とアルファベット入力は簡単に切り替えられるほうがいいでしょう。逆に、数字の次に頻度が高い、半角アルファベット記号(#など)は、数字入力と同程度の手間で入力できるほうがよく、これを絵文字や2バイトコードの記号類(ギリシャ文字や学術記号など)などと同等のレベルで入力させるのはあまり関心しません。世の中には、スマートフォンやタブレットでこうした記号を多用するような複雑な文章を書く人もいるのでしょうが、多くの人は、メールやちょっとしたメモではないかと思われます。

日本語入力IMEは、選択に迷うほど多数あわるけでもありませんが、メーカー独自のIMEなどもあって、ユーザーには選択肢があります。文字入力効率や利用時のストレスに影響が大きいため、たまには、他のIMEも使って見る必要はありそうです。

本稿は、2015年4月10日にAndorid情報のWeb専門誌「AndroWire」に掲載した記事を再構成したものです。

98/121

インデックス

連載目次
第121回 Android N、「通知」の表示形式が変更に
第120回 「Android N」の新プレビュー版、Developer Preview 4が登場
第119回 「Android N」プレビュー その3
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー