【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

80 アクセスポイントの基本を知る

 

80/121

スマートフォンなどで、データ通信を行うときには、基本的に「アクセスポイント名」(Access Point Name。以下APNと略す)を設定する必要があります。このアクセスポイント名とはなんなのでしょうか? また、アンドロイドのアクセスポイントの設定には、いろいろと設定項目がありますが、これらはなんなのでしょうか?

APNとは、もともと、EU圏で利用されていたGSMのパケット通信技術GPRSで、「ゲートウェイ」を指定するために作られたものです。現在国内で使われているW-CDMA(UMTS)では、IMT-2000で国際規格化するときにEU圏と提携し、無線部分をNTTドコモが開発していたW-CDMAとして、ネットワーク部分をGSMのものとすることで合意しました。このため、W-CDMAにAPNが導入されることになったのです。このため、3Gでインターネット接続を行う場合に接続先としてAPNを使ってゲートウェイを指定するわけです。

ゲートウェイとは、TCP/IPなどのコンピュータ系のネットワーク技術では、ルーターと同義の言葉で、2つのネットワークを接続する機器やネットワークノードのことをいいます。たとえば、一般家庭のインターネット接続では、ブロードバンドルーターがこの「ゲートウェイ」に相当します。GPRSのゲートウェイは、インターネット接続や事業者の携帯電話ネットワーク内のさまざまなサブネット、サービスに接続するために利用されています。たとえば、事業者と契約を結んで企業などのネットワークを直接接続するような場合にもAPNで接続先を指定します。

APNは、GSMでは、GPRSやEDGEなどのデータ通信のゲートウェイを指定するだけでなく、MMS(Multi-media Message System。SMSの上位機能として作られた画像などを入れることが可能な電子メール機能。国内ではソフトバンクモバイルのみが事業者メールの方式として採用)のサーバーを指定する場合にも利用されます。

APNは、事業者や契約などによっても違うことがあります。もちろん、簡易には、インターネット接続ですべて同じAPNを使うという事業者もあります。ただ、APNは、同一事業者、同一契約でも違うものを使う可能性があることから、自動的に設定されるようにはなっておらず、指定されたAPNを設定して使うことになっています。

なお、APNは、データ通信の「電話番号」ではありません。パケット通信なので、回線交換のデータ通信のように電話番号を指定して「発信」することはなく、端末が規格で定められた手順でデータ通信を開始し、その上で、インターネット接続などのサービスを使う場合のパケットの送り先としてAPNを使います。

ただし、これを制御するコンピュータ側と携帯電話の標準的なインタフェースには、従来からの習慣でATコマンドが用いられるため、便宜的にTCP/IPによる通信の開始と宛先APNの指定を電話番号のように扱ってダイヤルコマンド(ATD)で通信を開始させるというやり方が使われます。スマートフォンは、モバイル通信機能が組み込みのため、このあたりは、内部的に行われますが、パソコンと携帯電話を接続した場合、従来の「ダイヤルアップ」の仕組みを使うときにATコマンドが使われます。なお、W-CDMAの端末が持つ標準のATコマンドも規格で定められています。

また、Windows 7以降は、携帯電話との接続にネットワークデバイスと同じ制御方法が利用できる「モバイルブロードバンド」機能があります。このため、適切なデバイスドライバ(ネットワークと同じNDIS方式。NDISは、マイクロソフトが定めたネットワークデバイス用のデバイスドライバの仕様)を使うと、無線LANのように通信を開始する前から電波状態などを取得し、アンテナマークなどを表示させることが可能になります。

APNを設定する

APNは事業者ごとに違うため、アンドロイドでは、SIMからの情報を使って、事業者ごとにAPNを管理しています。このため、違う事業者のSIMを入れると、前の事業者で設定したAPNは見ることも編集することもできなくなります。また、最近のアンドロイドでは、SIMを入れるといくつかのAPNが最初から登録された状態になりますが、これは、アンドロイドが内部的に持っている情報を使ってAPNが登録されるため、必ずしも正しいAPNが登録されているとは限りません。

事業者扱いの端末では、事業者の指定するAPNが最初から登録されていることが普通です。本来は、ユーザーが設定するものではなく、事業者が正しい設定を行ってユーザーに販売するのが普通ですが、SIMフリー端末など、必ずしも事業者の手を経ない端末もあるため、スマートフォンではユーザーが簡単に設定できるようになっているのが普通です。いわゆる普通の携帯電話では、そもそもAPNの設定が出来ないようになっているものもあれば、メーカーによっては、SIMを入れるとSMSなどで設定が送信されてくるスマートフォンもあります。

アンドロイドを含め、スマートフォンでは複数のAPNが設定できるようになっています。これは、インターネット接続以外に、MMSや他のサービス用のAPNを設定することが必要だからです。このため、APNは登録したのち、インターネット接続に利用するものを指定するなどの機能があるのが普通です。アンドロイドの場合、最近のバージョンでは、1つのAPNでインターネット接続とMMS接続を指定するようになっていて、インターネット接続は、登録したAPNのうち、選択状態にあるAPNを使って行うようになっています。

アンドロイドのAPN

では、次にアンドロイドのAPN設定を見ていくことにしましょう。まずは「名前」ですが、これは、APNを区別するための表示用の名前なので、どういう名前でもかまいません。しかし、APNが区別できないと困るので、サービス名やAPNをそのまま書くことが多いようです。

「APN」は、実際に使われるアクセスポイント名です。APNは、DNSと同じ仕組みを使ってアドレスに変換されるため、基本的には、アルファベットとピリオドの組み合わせになります。規格上は、使ってはいけない単語などがあるのですが、事業者の指定なので、指定されたものをそのまま登録します。なお、アンドロイドでは、「名前」と「APN」だけが必須項目で、あとの項目は設定しなくてもかまいません。

アンドロイドのアクセスポイント設定のページ(1)。「名前」と「APN」だけは最低限設定する必要がある

「プロキシ」と「ポート」は、指定があれば、登録しますが、最近はほとんど使われることがありません。これは、いわゆるHTTP用のプロキシサーバーとそのポートの指定です。Webアクセスを監視、制限するような場合に指定されます。またプロキシは、DNS名のほかIPアドレスを直接指定することもできます。アンドロイドでは、ユーザー認証を行うプロキシサーバーは利用できなません。後述の「ユーザー名」、「パスワード」はゲートウェイとの接続に使われ、プロキシサーバーの認証では使われません。

「ユーザー名」と「パスワード」は、ゲートウェイとの接続にPPPを使う場合に指定されます。事業者によってはPPPを使わずに接続を行うため、指定しない場合もあります。

「サーバー」は、GSMで使われた「WAP」サーバーの指定です。WAPは、携帯電話用に改良されたWeb技術で、HTMLに似た記述でページを作り、HTTPのようなやり方でアクセスします。数文字程度の表示しかできない携帯電話でWebページのようなものを表示するための技術で、スマートフォンではまず使う必要はありません。

「MMSC」、「MMSプロキシ」、「MMSポート」、「MMSプロトコル」は、MMS用の設定です。これも最近ではあまり使われません。というのは、アンドロイドでは、標準のメールサービスは「Gメール」か、IMAP/POP/SENDMAILを使う「メール」アプリだからです。いわゆる普通の携帯電話では、MMSを使うことが多いのですが、スマートフォンでは、インターネットの電子メールサービスが標準的であるため、これらを設定する必要はあまりありません。事業者が提供するメールサービスを使う場合には、設定する場合があります。

「MCC」(Mobile Country Code)と「MNC」(Mobile Network Code)は自動で設定されるため、基本的には手動で設定する必要はありません。それぞれ携帯電話事業者の所属国やモバイルネットワークを区別するための数字で、事業者に対して割り当てが行われるもので、アンドロイドでは、SIMから事業者を判断して初期値を設定しています。本来はAPNの情報ではありませんが、APNを使ったネットワークアクセスに必要になることがあります。海外だと、事業者の買収などにより、同一の事業者でも地域や契約によって、複数のMNCを持つ事業者があり、これらの指定が違っている場合があるため、設定可能な項目になっています。

アンドロイドのアクセスポイント設定のページ(2)。「MCC」は、事業者の所属国(440は日本)を示す。「MNC」は事業者のネットワークを区別する数字でMCC別に割り当てが行われ、MCC=440の場合10はNTTドコモを示す

「認証タイプ」は、PPP接続を行う場合にユーザー認証をどのプロトコルで行うかを指定するものです。自宅のブロードバンドルーターなどを設定したことがあるユーザーには見覚えのあるものかもしれせん。パスワードを暗号化しないPAP(Password Authentication Protocol)と暗号化により保護するCHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)の片方または両方を指定するものですが、最近ではユーザー名やパスワードが契約者で共通となっていて、「公知」の情報であるため、暗号化はあまり関係なく、どれでも大丈夫(未指定でもかまわない)という場合が少なくありません。ただし、事業者の設定文書などで指定することになっている場合には必ず指定します。このような場合には、前述のユーザー名やパスワードが指定されているはずです。

「APNタイプ」は、APNに対して行う通信のタイプを指定するものですが、ここも指定されることはほとんどありません。また、指定は、文字列ですが、カンマで区切って複数の指定を並べることも可能です。たとえば、MMSで使う場合には「mms」などと指定します。なお、「*」ですべてのタイプを指定したり、「default」でデフォルト値とするような指定も可能なのですが、特に事業者側からの指定がなければ、設定項目は開かないで「未指定」のままにしておきます。

「APNプロトコル」、「APNローミングプロトコル」は、「IPv4」が指定されているはずです。ここも指定がなければそのままです。これは、通信をIPv4で行うか、IPv6とするか、あるいは両方が可能なのかを指定します。この部分は、最近になって追加されたものなので、将来的には指定する必要が出てくるかもしれません。

「ベアラー」は、cdmaOneやcdma2000とLTEを併用する事業者では指定する場合もあるのですが、基本的には、未指定のままでOKです。ベアラーとは、プロトコルを考慮しない通信をいい、データ通信はベアラーサービスの1種になります。ここでは、ベアラー方式としてLTEとeHRPD(Evolved High Rate Packet Data)または、未指定のどちらかを選択します。

最後の「MVNOの種類」は、他社のネットワークを使ってビジネスを行うMVNO(Mobile Virtual Network Oprator)を区別する方法を指定するものです。MVNOの場合、原則利用しているモバイルネットワークを持つ事業者のMCCやMNCがつかわれます。この項目は、同じモバイルネットワーク内で事業者自身と個々のMVNOを区別するための項目のようですが、国内では、これを使うところはないようです。将来的には、MVNOを区別してネットワーク名を変えるなどの使い方がされるかもしれません。設定は未指定のままでOKです。

アンドロイドのアクセスポイント設定のページ(3)。設定が終わったら画面右上のメニューから「保存」を選択しないと、設定が登録されない。「もどる」で設定が有効となる他の設定項目とは、やり方が違うので注意

本連載は、2014年9月16日にAndorid情報のWeb専門誌「AndroWire」に掲載した記事を再構成したものです。

80/121

インデックス

連載目次
第121回 Android N、「通知」の表示形式が変更に
第120回 「Android N」の新プレビュー版、Developer Preview 4が登場
第119回 「Android N」プレビュー その3
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー