【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

63 アンドロイドに音楽を「聞かせる」

63/133

綾部社長の部屋でいつもかかっている音楽って曲名わかります? 筆者には、これが長年の「謎」でした。綾部社長とは、テレビドラマ「傷だらけの天使」の登場人物で女優の岸田今日子さんが演じていたのですが、その部屋では、いつも震えた声の外国(すくなくとも日本語ではない)の歌のレコードがいつもかかってるという設定なのです。

このように聞いたことはあるけど曲名を知らない音楽というのは多数あります。いまでは、テレビなどで使われる音楽は比較的検索しやすいのですが、30年、40年前の番組ともなれば、そうそう簡単に検索できるわけではありません。というのは、文字情報が中心のなので、引っかかるキーワードを持ってないと「日曜の夜やってたラジオのドラマのテーマ曲」みたいなあやふやな情報だと、検索できないことが多いのです。もう1つは、その曲を聴いているときには、「なんて曲かしら」と思うことはあっても、すぐに忘れてしまって検索するところまで行き着かないということもあります。

そういうときに使えるアプリに「音楽認識アプリ」とでもいうべきものがあります。マイクで音楽をアンドロイドに「聞かせ」、曲名を検索させるアプリです。実際にどんな実力があるのか、ちょっと試してみました。

邦楽でなければ意外に「当たる」

なぜ「音楽認識アプリ」と名前をつけたのかというと、「音楽検索」というキーワードでは、タイトルなどの曲名情報からMP3ファイルを探すアプリなどが混ざってしまい、ちょっと探すのが面倒です。「音楽認識」なら「音楽」と「認識」という検索結果も含まれるものの該当のアプリがリストに含まれます。こういう場合、なにか1つを見つけたら、Google Playのアプリのページから「類似のアプリ」で探していくとわりと見つけやすくなります。

まずは、テレビで試してみました。地上波のローカル局が前述のドラマを再放送していたので、録画して、該当のところで聞かせてみると、見事に曲名と歌手を探してきます。

さらに手元の音楽をPCから再生させて認識させてみると、かなり正確に曲を探します。

また、同じ曲でも、演奏者の違いも区別します。クラッシックでは、著名な曲は多くの演奏者が録音を行うので、曲名が同じものが大量にあります。しかし、これらのアプリは、ベートーベンの第九でも、フルトベングラーが指揮したものなのか、カラヤンが指揮したものなのかをちゃんと区別します。

どうも、これらのアプリは、曲を「音符」としては認識しておらず、特徴を抽出して、これをサーバー側で検索しているのだと思われます。

このため、サーバー側が情報として持っているのは、CDなどのメディアから抽出された情報で、曲が同じでも特徴が違えば、ちゃんと区別できるのでしょう。

人間は、曲を音楽として聴いてしまうため、カラヤンが指揮をしても、フルトベングラーが指揮をしても、同じ曲として認識しますが、これらのソフトは、そもそも同じ曲といった概念さえないのです。

ただ、こうした音楽から特徴を抽出するのは、大規模な仕事なので、多くの「音楽認識アプリ」は、他社からサービスを含めて技術をライセンスしてもらってアプリを作っているようです。アプリ側は、認識結果からアマゾンなどのオンラインショッピングサイトを表示させることで、売り上げの一部を得ることができるし、アプリに広告を表示させることも可能なので、他社から技術をライセンスしてもビジネスが成り立つのでしょう。

アンドロイドでは、Playストアで検索すると以下のようなアプリが見つかりました。

  • Googleサウンド検索(写真01)
  • Shazzam(写真02)
  • SoundHound(写真03)
  • Trank ID(写真04)

写真01: Googleサウンド検索。ウィジェット形式のみでアプリ本体はない。米国Googleアカウントがあれば利用可能。過去には、Lissenという名称で日本でも利用できていた

写真02: Shazzam。中央のアイコンタップで曲の認識を開始する

写真03: SoundHound。上部のロゴ部分のタップで認識開始。広告が比較的大きく表示される

写真04: ソニーのTrackID。中央のアイコンタップで認識開始。GraceNotes社の技術を利用しているようだ

TrackIDはソニー開発のアプリで、XPERIAをお使いになったユーザーなら見たことがあるでしょう。このアプリは、GraceNote社の技術を利用しているようです。

SoundHoundとShazzamは、独立系の開発者のアプリです。この2社は独自の技術をそれぞれ利用しているようです。おそらくデータベースも個別になっていると思われます。

Googleサウンド検索は、その名のとおり、Googleのサービスです。Nexus系デバイスなどでは最初からインストールされているようなのですが、利用可能な国が制限されているようなので、必ずしも利用できるとは限りません。利用できるなら、Google Playで「Sound Search for Google Play」や「サウンド検索」を検索して、ページから「有効にする」をタップすると、ウィジェットとしてホーム画面に登録が可能になります。あるいは、以下のURLを使っても表示させることができます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.ears

PCで上記のページを開いて、ここからデバイスを指定してインストールも可能です。ただし、利用できるかどうかはGoogleアカウント次第です。筆者は、米国でGoogleギフトカードを使って買い物したせいか、米国アカウント扱いになってしまったようなので、アンドロイドのPlayストアアプリに表示されるようなのですが、別のアカウントでは、表示が行われないようです。

何が認識できるのかは、サーバー側にどれだけの曲の情報が蓄積されているかによります。実際、古い日本のマイナーなテレビ番組の主題歌などや、かなりマイナーなクラッシック音楽などを認識させようとすると、認識できないアプリもありました。筆者が個人で行う範囲では、認識可能な曲を特定できるほどの調査は無理ですが、米国のポピュラー音楽や最近の曲はどれも比較的良く認識します。しかし、ローカルな曲などは、やはり認識できない感じです。日本人としては「?」という感じがしますが、まあ、一般的な利用という点では困ることはないのかもしれません。

実際、綾部社長の部屋でかかっていた音楽に関しては、どれもPola Negriの"Ich spur in mir"であると認識しました。Mazurkaという映画の曲として、その名前で呼ばれることもあるようです。ちなみにMazurkaはポーランドの踊りとのことです。

もっとも、このテレビドラマは筆者の世代には、比較的人気があるので、GoogleのWeb検索で曲名を探すことは可能です。しかし、それは、この曲を使ったドラマ自体が有名だからであって、そういう関わりがなければWeb検索で探すことは困難なのです。

本稿は、2014年2月24日にAndorid情報のWeb専門誌「AndroWire」に掲載した記事を再構成したものです。

63/133

インデックス

連載目次
第133回 「Android O」プレビュー
第132回 Androidのコードネームとビルド番号再び
第131回 Android Wear 2.0が出る前にちょっと復習
第130回 「Android 7.1」の新機能を見てみる その2
第129回 「Android 7.1」の新機能を見てみる その1
第128回 モトローラ「Moto Z」を試す その3
第127回 モトローラ「Moto Z」を試す その2
第126回 モトローラ「Moto Z」を試す
第125回 大陸でウワサのスマホ、ソフトウェア編
第124回 大陸でウワサのスマホ、デュアルSIM編
第123回 大陸でウワサのスマホを買ってみた
第122回 Androidでコルタナを使う
第121回 Android N、「通知」の表示形式が変更に
第120回 「Android N」の新プレビュー版、Developer Preview 4が登場
第119回 「Android N」プレビュー その3
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事