【コラム】

塩田紳二のアンドロイドなう

39 新しいNexus 7を買ってみた

 

39/120

7月24日(現地時間)に米国で2世代目にあたるNexus 7が発表されました。さっそくこれをオーダーし、知人に転送を頼み、これを入手しました。日本での発売も予定されているようです。

これを「新しいNexus 7」などと言ってしまうと、なんだか良く解らなくなってしまうので、発売年を付けて「Nexus 7(2013)」として、昨年発売されたNexus 7(2012)と区別することにします。このNexus 7(2013)は、機種名としてはK008などという型番があるようですが、Google側では「flo」(Wi-Fi版)、「deb」(LTE版)というデバイス(ハードウェア)のコードネームを持っています。ちなみにNexus 7(2012)は、「grouper」(Wi-Fi版)、「tilapia」(3G版)というコードネームになっています。

外観

外回りですが、前世代のNexus 7(2012)よりも薄く、横幅が短くなっていますが、縦方向(長辺)は少し長くなっています。ただし液晶のサイズはどちらも7インチ(マニュアルの表記だとNexus 7(2012)が7インチ、Nexus 7(2013)が7.02インチ)で縦横ともに同じサイズなので、液晶の周囲、俗に「額縁」と呼ばれる部分が小さくなっています。

Nexus 7(2012)の上にNexus 7(2013)を置いたところ。Nexus 7(2013)のほうがわずかに横幅が短く、縦が長い

重量は、290グラムと、前世代より50グラム軽くなっており、手に持つとやはり新しいNexus 7のほうが軽く感じます。重さや薄さの違いは、おそらくバッテリ容量の違いに起因しており、Nexus 7(2012)で4325mAhあったバッテリは、2950mAhにまで下げられています。これは前世代の7割以下になります。重量の差は、このバッテリの容量の差に起因する部分が多いと考えられます。

ホーム画面に配置できるアイコンの数などは同じで、液晶のサイズもほとんど同じ

匡体は、プラスティック状で全体がバスタブのような一体型であり、正面に液晶保護ガラスがはめ込んであるような構造です。Nexus 7(2012)が背面、側面で部品が違っていることを考えると、薄型化のために構造がかわったのだと思われます。

背面部分は、いわゆる「梨地」仕上げですが、表面は「しっとり」とした感じのある塗装が行われています。前世代では、背面の素材にすこしべたつきが感じられ、表面の細かい凹凸は、それを軽減するものという感じでしたが、Nexus 7(2013)は、そういう感じはなく、すべすべしっとりという感じで持った感じはそれほど悪くありません。横幅も狭くなっているで、片手で親指と中指、薬指で両側から挟むように持ったときの感じが2012年版と大きく違います。筆者は、どちらかというと手が大きいほうではなく、2012年版Nexus 7は持ちにくいというほどではないものの、少しストレスを感じていました。しかし、2013年版のNexus 7は、わりと素直に持っていられるという感じに仕上がっています。

ただ、側面のボタンは飛び出している部分が小さくなり、指の感触で探るのが少し難しくなったようです。Nexus 7(2012)では、指先の感覚だけで迷うことなく電源ボタンに指をかけることができたのですが、Nexus 7(2013)では、ボタンの位置を捜すのにちょっと迷います。匡体が背面に向かってすぼまるような形状なので、正面からボタンを直接見ることができず、電源ボタンと本体の間の段差が小さく、Nexus 7(2012)のようにはっきりとした触覚がありません。筆者の場合、画面キャプチャーで電源ボタンを触る頻度が高いので、気がついたのですが、普通のユーザーならそれほど問題ではないのかもしれません。

背面のロゴは、前世代が縦向きにしたときに正しく読める方向だったのに対して、2013年版は、90度違っていて、横向きにしたときに正しく読める方向になっています。

このロゴ自体に機能はないのですが、Nexus 7 2012では、NFCアンテナの位置を示す印として機能していました。このロゴとその上あたりまでがアンテナの位置だったのです。

これに対してNexus 7(2013)では、ロゴ中央の「x」が本体の中央付近になり、ここがNFCアンテナと無接点充電のコイルの位置を示しています。

背面。Nexus 7(2013)では、nexusロゴが横向きになった。また、表面は梨地仕上げで触るとしっとりした感じがある

ハードウェア

ハードウェア的な構成としては、CPUやメモリの違いもありますが、大きな違いはリアカメラの搭載でしょう。前世代のNexus 7は、性能的にはおおむね満足できたのですが、背面カメラがないために、カメラを使うアプリケーション、たとえば、QRコードリーダーなどを使うのがちょっと不便でした。また、カメラを使ってドキュメントを取り込むアプリも解像度などからほとんど使うことが困難でした。

しかし、今回はオートフォーカスの5メガピクセルのカメラが本体背面、左上に付いています。特にカメラとして性能が優れているようでもありませんが、持ち歩く機器としては背面に高解像度のカメラが付いたというのは大きなメリットといえるでしょう。

また、相変わらず「バイブレーター」はついていませんが、本体正面、USBコネクタ側にLEDが搭載されています。メッセージの着信などを表示できるのは、結構便利です。Nexus 7(2012)では、メッセージや新着メールなどの通知音を出すことができましたが、音を聞き漏らしたら、電源ボタンを押して画面を確認しないかぎり、メッセージの有無を確認することはできませんでした。

通知用LEDが搭載されたので「設定」→「ディスプレイ」には「光を点滅させて通知」が追加されている

また、ヘッドホン端子の位置が、下から上に変わっています。筆者的には使い勝手はどちらも同じと思っていますが、長年の感覚からすると、なんとなく上のほうが自然な感じはします。

なお、USBコネクタはNexus 7(2012)と同じく下側で形状はマイクロUSBですが、Slimportという仕様になっていて、専用のアダプタを接続することで、HDMIなどに変換することが可能です。信号としてはDisplay Portの信号になっていて、接続したアダプタを判別してUSBとの切り替えを行っているようです。ただし、アダプタはオプションで別途ユーザーが用意する必要があります。

液晶のサイズはほぼ同じですが、解像度が1920×1200と向上しています。また、発色などもNexus 7(2012)よりもいいように感じられます。同じ写真を表示させてみると、階調表現の幅が広がっていて、Nexus 7(2012)では白飛びに近い感じの表示になってしまう部分も階調が区別できるような表示になっています。もっとも、解像度の違いなどが影響している可能性もあります。

左がNexus 7(2013)。どちらも最大輝度を設定。2013版のほうが輝度が高いようだ。解像度の違いもあるが、2013版のほうが階調が細かく出る感じがある

とはいえ、これで1080pのHD動画を表示できるようになり、コンテンツプレーヤーとして期待できます。スピーカーもステレオになっており、本体の上下(短辺側)に配置されています。サラウンド機能があり、ステレオ感を強く感じることができます。ただ、ただしくステレオ再生するには、本体を横向きで使いスピーカーが左右に来るようにしなければなりません。

ソフトウェア

Android 4.3(Jelly Beans MR2)の変更点などは、前回解説したので、ここでは省略します。なお、前回の記事で「MR」をマイナーリリースと表記していましたが、正しくはメンテナンスリリースです。訂正させていただきます。

Nexus 7(2013)の電源を最初に入れたとき、初期設定の途中で強制的にシステムアップデートが入ります。その後、初期設定を完了したあと、システムアップデートがOTAで入りました。初期状態のJelly Beansは、ビルド番号がJWR66Nでしたが、アップデート後にJSS15Jとなりました。なお、Nexus 7(2012)のWi-Fiモデル(grouper)は、JWR66Vになっています。

JWR66Vは、android 4.3リリース1であり、JSS16Jは、android 4.3リリース2.1になります。わずかですが、違いがあるようです。

購入直後にアップデートが行われ、初期設定が済んだ時点では、ビルド番号はJWR66Nだが、すぐにアップデートが行われJSS15Jになる

また、android 4.3から搭載された規制マークの電子表示ですが、米国から入手したものに関わらず、日本のVCCIマークと技適マークが確認できました。

「設定」→「タブレット情報」→「規制情報」には、ちゃんとVCCIと技適マークがある

なお、グーグルのサイトによれば、Nexus 7(2013)は、Bluetooth SmartReadyになっているとのことでしたが、筆者の手元にあったBluetooth Smartデバイスを検出することができませんでした。このデバイスは他のシステム(Windows 8やiPadなど)では検出できているので、動作はそれほどおかしくないとは思われるのですが。このあたりは後日、いろいろなデバイスで試してみたいと思います。

背面カメラの装備など、これまでのNexus 7(2012)で弱点と思われていた部分が改良されたうえ、薄型化しており、後継機種としては及第点といえるでしょう。日本での販売も予定されており、そうなると入手もしやすく、かなり普及した機種になるのではないかと思われます。

本稿は、2013年8月9日にAndorid情報のWeb専門誌「AndroWire」に掲載した記事を再構成したものです。

39/120

インデックス

連載目次
第120回 「Android N」の新プレビュー版、Developer Preview 4が登場
第119回 「Android N」プレビュー その3
第118回 「Android N」プレビュー その2、Nの改良点
第117回 「Android N」プレビュー その1
第116回 「ZenWatch 2」の充電動作を調べて見た
第115回 Android Wearのバッテリ関連機能を検証してみる
第114回 Android Wearを再評価してみる
第113回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その3)
第112回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その2)
第111回 Nexus 7をカーナビにしてみた(その1)
第110回 画面キャプチャに便利なシステムUI調整ツール
第109回 2016年の注目はタブレット
第108回 「Nexus 5X」と「USB Type-C」
第107回 「Nexus 5X」と「LTE」
第106回 Android 6.0 ストアとアプリ
第105回 Nexus 5XでみるAndroid 6.0 Marshmallow
第104回 「Nexus 5X」を買いました
第103回 「Android Mのプレビュー3」を試す(前編)
第102回 Android M プレビュー2 (準備編)
第101回 「LG G Watch」のその後
第100回 「Zenefone 2」買いました
第99回 ちいさくてかわいい「LG L20」、イギリスで買ってみました
第98回 「Google日本語入力」アップデートで何が変わった?
第97回 どのアプリで開く? 「インテント」の仕組み
第96回 「OneNote」をつかってみた
第95回 ロリポップのマテリアルデザインをまとめてみる
第94回 「Email Markup」って何?
第93回 Outlookは来たけれど
第92回 Office Previewつかってみた
第91回 Google INBOXを使ってみる
第90回 AndroidWareの文字盤を自作する
第89回 Android Ware Lollipop版
第88回 「Nexus Player」を試す - ソフトウェア編
第87回 「Nexus Player」を試す - ハードウェア編
第86回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ソフトウェア(Lollipop)編
第85回 「Nexus 9」ファーストインプレッション - ハードウェア編
第84回 充電しながらUSBデバイスが使えるホストケーブル
第83回 Android "L"プレビューとAndroidWareがアップデート
第82回 ちょっとイケてる「Kyocera Hydro Vibe」
第81回 Android "L" バッテリ消費を監視する
第80回 アクセスポイントの基本を知る
第79回 OneDriveとGoogleドライブ
第78回 シェルのネットワーク関連コマンド
第77回 "L"の中身
第76回 アンドロイドウェア(Android Wear)は暫定バージョン?
第75回 LGのスマートウォッチ「G Watch」
第74回 "L"がくる
第73回 次は「Lollipop」か? その前にKitKatが4.4.3に
第72回 VPNを使う その3 「VPNをアンドロイドから使う」
第71回 「Chromecast」とは?
第70回 VPNを使う その2 「VPNサーバーを立てる」
第69回 VPNを使う その1 「基礎編」
第68回 アンドロイドのストレージ
第67回 「NVIDA SHIELD」のソフトウェア
第66回 「NVIDA SHIELD」のハードウェア
第65回 HDMIとMHL、SlimPort - ディスプレイ接続端子を整理してみる
第64回 「LG L1 II」を買ってみた
第63回 アンドロイドに音楽を「聞かせる」
第62回 住所録の秘密
第61回 Outlook.comをカレンダーに表示する
第60回 ソースコードはどこにある?
第59回 AndroidのBluetoothテザリングとWindows 8.1
第58回 NFCでマニュアル参照を簡単に
第57回 あらためて「ポータブルアクセスポイント」をきちんと試してみる
第56回 「ビルド番号」ってなに?
第55回 画面キャプチャをバッチファイルで実行
第54回 adbコマンドをちょっと解説
第53回 「android 4.4 "Kit Kat"」で画面を録画する
第52回 「android 4.4 "Kit Kat"」の内部的な変更点
第51回 「android 4.4 "Kit Kat"」を解説
第50回 「Nexus 5」を買ってみた
第49回 Google Keepはリマインダーだった
第48回 android 4.2からサポートされた「ワイヤレスディスプレイ」
第47回 画面キャプチャー
第46回 ヘッドセットの秘密
第45回 Nexus 7のLTEモデル
第44回 Nexus 4買いました。アメリカで。
第43回 ブートローダーとfastboot
第42回 Jelly Beans 4.3 Returns
第41回 Chromecast、テレビに刺さる
第40回 デバイスマネージャでAndroidの位置を確認
第39回 新しいNexus 7を買ってみた
第38回 Jelly Beans 4.3
第37回 レノボ「K900」を国際版化
第36回 NFCで遊ぶ
第35回 自宅で簡単ファイル転送
第34回 レノボ「K900」のカスタマイズされたJelly Beansを見てみる
第33回 CloverTrail+のスマートフォン、レノボ「K900」を買ってみた
第32回 AndroidがBluetooth 4.0を正式サポート
第31回 ARMの次世代CPU「Cortex-A12」
第30回 SDKをインストールしよう
第29回 ウィジェットを活用
第28回 QRコードでお手軽設定
第27回 XPERIA Tipoとロンドンアンロック屋事情
第26回 diNovoキーボードを使う
第25回 キーボードをカスタマイズする
第24回 Androidキーボードのしくみ
第23回 2段階認証を使おう
第22回 いらないプリインストールアプリを削除
第21回 64bitなんて必要なのかしら?
第20回 アメリカでアンドロイドの読書端末を買ってみた
第19回 Android 4.2の新機能
第18回 Android Beamって何だ?
第17回 NFCで何ができる?
第16回 Nexus 7をアメリカで買ってみた
第15回 AndroidをPCにつなぐと
第14回 Androidの記憶領域
第13回 Google Nowを使ってみる
第12回 AndroidのUSBホスト機能
第11回 デュアルSIMを使ってみる
第10回 キーボード一体縦型Androidマシン
第9回 Androidの言語設定
第8回 アンドロイドに道を聞く
第7回 Google Playはどうやってアプリの公開を制御しているのか?
第6回 「Acer A100」がICSになった
第5回 つながっているのはACアダプタ、それともUSB端子
第4回 スマートフォンを普通の電話としてつかってみた
第3回 Androidからの通知を表示可能な腕時計
第2回 アームを誤解してませんか?
第1回 MWCで見たAndroid

もっと見る

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

小島梨里杏、初主演舞台あいさつで緊張の"自問自答"「えっ?何言ってんの?」
[16:19 7/2] エンタメ
[CCさくら]ケロちゃんが渋谷に降臨
[16:09 7/2] ホビー
世界でココだけ!「チャギントンショップ」がフジテレビ1Fにリニューアルオープン
[16:00 7/2] エンタメ
波瑠、映画『アンパンマン』出演に「素敵なお仕事をさせていただいた」と感謝
[15:52 7/2] ホビー
[サンリオキャラクター大賞]ポムポムプリンが連覇 ハローキティはトップ5返り咲き
[15:47 7/2] ホビー