【コラム】

知らないと損する本格的アメリカ旅行術

38 アメリカ旅行の計画&実行におけるポイント

 

38/42

東京は寒いけれど、寒いといえばニューヨーク。なぜあんな寒いところにあれほどの大都市ができたのか不思議に思ってしまうほど寒いのです。ある冬、私たちはニューヨークへ行った。出発日、ロサンゼルスの気温は20度でコートは必要なかったのですが、ニューヨークは寒いだろうとコートを羽織って出かけました。そうしてニューヨークの空港に着き、外に出たのだが、一瞬で建物の中へ。寒すぎて立っていられなかったのです。こんな寒いなんて、信じられない! と思いながら服を着込み、靴下を3枚履きました。なんとその日のニューヨークは気温-10度。ロサンゼルスとの温度差30度もあったのです。冬にニューヨークに行く方は、防寒対策をお忘れなく。

さて、同コラムはこれまで西海岸の国立公園やレジャースポットについて紹介してきました。今回は同コラムの総集編として、賢い旅行計画の仕方についてお話します。

アメリカ旅行は時期を見ろ!

日本からロサンゼルスに行く場合、夕方初の同日朝着になる。機内からアメリカの朝日が見える

当然のことだが、海外旅行は年末年始、ゴールデンウィーク、そして夏休みに行く人が多いため、それらの時期では旅行代金はやはり高騰してしまう。他の時期に休みが取れる人は、こうした時期を少しずらすといいだろう。アメリカの場合は、1月の終わりから3月の初めまでと、10月、11月が最も安い。ゴールデンウィーク明けから6月中も、結構値段が下がることが多い。ホテルと航空券は、基本的に金曜日・土曜日に利用すると割高になるので、できるだけそれらの曜日を避けた方がいいだろう。つまり、アメリカ旅行をする場合、日曜日の便で出発し、日・月・火・水と現地に滞在し、木曜日の飛行機(日本着金曜日)で日本に帰ってくる4泊6日のプランが、とても経済的なのだ(その中の日程で3泊5日でも可能)。

ホテルの値段は、国際会議やイベント開催日に大きく左右される。ラスベガスの場合、通常100ドル以下で泊まることができるカジノホテルが、イベント等の関係で400ドル以上することもあるので、要注意だ。旅行に行く時期を決めたら、航空券より先にホテルの料金を調べた方がいいだろう。

旅行は早めに計画をし、チケットなどを確保したいものだが、1年も前から予約しようとすると、チケットの値段やホテルのレートが出ていない。半年前ぐらいから準備を始め、3カ月前ぐらいに旅行会社に申し込むのがいいだろう。出国ラッシュの時期に重ならないのであれば、それよりもっと遅くても全く問題はない。

どっちがお得? オーダーメイドVSフリープランのパック旅行

オーダーメイドとは、航空券とホテルを別々に買う個人旅行のこと。私が今までこのコラムで紹介してきたようなドライブの旅などをする人は、このオーダーメイドの旅ということになる。一方、フリープランのパック旅行は、航空券とホテルがセットになったもので、添乗員などは同行せず、滞在先では自分達で行動するタイプのもの。それぞれにそれぞれのよさがあるので、自分の状況に合わせてスタイルを選ぶとよいだろう。

その日の宿を選ぶというのも、オーダーメイド旅行の楽しみ

オーダーメイドだが、これは1人旅の人にお勧めだ。なぜなら、パック旅行は基本的にホテルが2名1室で設定されているため、1人旅の場合は、追加料金がかかってしまうのである。なんだかおかしな話のような気もするが、1人旅ならオーダーメイドのほうがいい。

少人数のグループやカップルには断然パック旅行がお勧め。かなり経済的な上に、空港からの送迎、フリーのクーポン等々、特典がたくさんついている。しかし、これは、ホテルのランクは選べるが特定のホテルを指定できないというデメリットがある場合が多いので、泊まりたいホテルがある人は注意をしたほうがいいだろう。オーダーメイドかパック旅行かは旅行人数と目的で決めよう。

アメリカ旅行には車が便利

広大な面積を誇るアメリカはやはり車社会。車がないと長距離の移動は難しい。コラムで紹介した、ザイオン国立公園ブライス・キャニオン国立公園グランド・キャニオン国立公園モニュメント・バレーなど、全ての場所に行くツアーを見つけるのは至難の技だ。これらを回るのなら、やはり自分達の車でゆっくり見物するのがベスト。海外で運転が不安という人も多いだろうが、これら国立公園の近くの道は、基本的に真っ直ぐで対向車もいつ来るのか分からないほど車が少ないので、それほど心配しなくても大丈夫だ。レンタカーは、オフィシャルサイトから事前予約を。英語が使える人は、英語サイトから予約をした方が安かったりもするので、チェックしてみて! サイトでは割引なども多いので、空港カウンターに直接行くより、事前予約の方が安い場合が多い。レンタカーを運転する場合は、国際免許証が必要になるが、これは免許センターなどで簡単に取得できる。また、大手レンタカー会社は、日本の免許証翻訳サービスをしているところもあるので、免許センターに行く時間のない人は、それを利用するといいだろう。事前に保険も一緒に申し込んでおくと、スムーズに手続きが済むので、忘れずに。

見るからに安全そうな、真っ直ぐ続く道

ロサンゼルスも、車があると便利な場所。もし、車がない場合は、どこか1カ所に滞在してオプショナルツアーを利用することのがいいだろう。ただオプショナルツアーの料金だけでも高いのでやはりおすすめはできない。逆に、ニューヨーク、サンフランシスコやラスベガスは、車がなくても全く問題はない。ケーブルカーやトローリー、バスなどの公共交通機関を使えば、どこにでも簡単に行ける。特にラスベガスは、メインの場所が狭いので歩きでも大丈夫だ。

発達している、ラスベガスの公共交通機関

ホテルのチェックインカウンター。ラスベガスのホテルは、予約なしで当日カウンターに行くと、高い!!

全てを安く予約するには?

オーダーメイドの場合、全てを安く購入したいと思うもの。航空券は格安チケットで。これは、ネットで比較検討し一番安いところに頼んでも、あまり問題はないだろう。ただ、現在燃料サーチャージがかなり高いため、アメリカ西海岸~日本のチケットが4万円で手に入ったとしても、もろもろの経費を入れると支払う料金は倍ぐらいになることもあるので、必ず合計金額を確認しよう。

ホテルは、各ホテルのオフィシャルサイトで申し込むのが実はベストだ。ホテルのレートは空き状況によって変動するので、早めの予約の方が安いことが多い。

次回は、いよいよ最終回。「知らないと損する本格的アメリカ旅行術」のまとめをします。お楽しみに~。

(写真:フォトアーティスト飯富崇生)

フォトアーティスト飯富崇生のミニコラム:アメリカでの写真現像について
旅の思い出を残すのに最適なツールは、やはり写真である。特にアメリカ南西部に点在する国立公園は、何枚写真を撮っても撮りきれないほどに素晴らしい景色が広がっている。写真を撮ったら、次は現像、デジタルならばプリンタ出力となるわけだが、これらの作業をお店に頼む場合、できれば現地で頼むのが一番良い。というのも、その土地の"色"を知っているのは、やはりその土地の人なのである。例えば、空。日本の青空は水彩画の水色のような、柔らかな色であるのに対して、アメリカ南西部の空は、油絵の青色のようなパキッとした色になる。これは主に湿度と気温によるもの。日本で、アメリカの空を知らない人が現像・出力してしまうと、やはり、水色に空の色を合わせてしまう。実際、私の友人が同じ場所で撮影したフィルムをアメリカと日本でプリントした。すると、アメリカでプリントしたものは、きちんとアメリカの青い空の色が出ていたのに対し、日本でプリントしたものは、空の色が薄く、全く違うものだったということがある。旅の思い出は色あせずに残したいものだ。

4月のサンタモニカ。半そでで歩いている人が居ます。暖かいです

アクセス情報
ニューヨーク:ジョンFケネディー国際空港利用。日本から直行便で12 時間30分
シカゴ:オヘア国際空港利用。成田空港から直行便で、11時間30分
フロリダ、オーランド: オーランド国際空港利用。日本から、シカゴやワシ ントンで乗り換え。合計17時間
ワシントン: ワシントン・ダレス国際空港利用。日本から直行便で12時間30分
ヒューストン:ヒューストン国際空港利用。日本から、直行便で11時間40分
デンバー: デンバー国際空港利用。日本から西海岸などを経由して合計14時間

38/42

インデックス

連載目次
第42回 緑豊かなロングアイランドとNY郊外のアウトレット
第41回 ニューヨークの交通事情&珍体験
第40回 ニューヨークで様々なアートを堪能する
第39回 アメリカ国立公園の旅行ならこれで完璧!
第38回 アメリカ旅行の計画&実行におけるポイント
第37回 1日で行けるロサンゼルス郊外の見所
第36回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(後編)
第35回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(中編)
第34回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(前編)
第33回 メジャー? マイナー? パシフィック・コースト・ハイウェイの見所
第32回 ヨセミテ・バレー、グレーシャー・ポイント…ヨセミテ国立公園の名所
第31回 世界的に人気の高いヨセミテ国立公園
第30回 絶対に外せないフィッシャーマンズ・ワーフとアルカトラズ島
第29回 見所がコンパクトに詰まった街・サンフランシスコ
第28回 サボテンだらけのサワロ国立公園と奇岩が立ち並ぶチリカワ国定公園
第27回 UFOが落ちた町として有名なロズウェル
第26回 1995年に世界遺産登録された鍾乳洞・カールズバッド洞窟群国立公園
第25回 ホワイト・サンズ国定公園での安全なトレッキングのスヽメ
第24回 真っ白な砂漠が広がるホワイト・サンズ国定公園
第23回 魅惑の街・サンタ・フェを巡る
第22回 悠久の時を刻む化石の森国立公園
第21回 "地球のロマン"について考えさせられる大隕石孔メテオ・クレーター
第20回 時間がない! という人でもセドナらしさを体感できるお手軽スポット
第19回 前々世では男? セドナでヒーリング体験
第18回 世界的に有名なパワー&ヒーリングスポットのセドナ
第17回 ラスベガスから車で日帰り。すぐに行ける郊外の見所
第16回 夏休みの旅行前にチェック! ラスベガスでショッピングを楽しもう
第15回 果物食べ放題のキャピトル・リーフ国立公園とゴブリン・バレー州立公園
第14回 『天空の城ラピュタ』を髣髴とさせるブライス・キャニオン国立公園(後編)
第13回 『天空の城ラピュタ』を髣髴とさせるブライス・キャニオン国立公園(前編)
第12回 グランドサークルのオアシス、ザイオン国立公園
第11回 2000以上ものアーチが点在するアーチーズ国立公園(後編)
第10回 2000以上ものアーチが点在するアーチーズ国立公園(前編)
第9回 モニュメント・バレーの次はここ! キャニオン・デ・シェリー国定公園
第8回 モニュメント・バレーの小さな見所たちを見に行こう
第7回 アメリカの中の独立国 モニュメント・バレーの魅力を知ろう
第6回 今話題のスカイウォーク! グランド・キャニオン・ウエストに行ってみよう!
第5回 グランド・キャニオンに行ったらぜひ挑戦してほしいトレッキングのスヽメ
第4回 やっぱり行きたい! グランド・キャニオン国立公園入門編
第3回 ホテル選びのコツ&ホテルビュッフェ
第2回 無料のショーとシルク・ド・ソレイユ、どれもこれも見逃せない!
第1回 "The City of Entertainment=ラスベガス"の秘密を徹底解明"

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Yahoo! JAPANでUSJのチケット販売開始--転売対策も強化
[05:30 9/30] 趣味
絶対検索してはいけない…人工知能「Siri」への質問“あの巨大SNS”の隠れた陰謀とは
[05:00 9/30] エンタメ
[銭形警部]鈴木亮平主演でドラマ化 前田敦子が刑事に
[05:00 9/30] ホビー
阿川佐和子『ぶっちゃけ寺』レギュラー加入 - 太田光「相変わらずダメダメ」
[05:00 9/30] エンタメ
[桐谷健太]CMで“再び”熱唱 スーツ姿で拳突き上げ…
[04:00 9/30] エンタメ