【コラム】

知らないと損する本格的アメリカ旅行術

8 モニュメント・バレーの小さな見所たちを見に行こう

 

8/42

こんにちは。今回は前回のモニュメント・バレー周辺の小さな見所をいくつかご紹介します。私たちもモニュメント・バレーに2泊し、1日で3つをまわって来ました。モニュメント・バレーに数日滞在される方は、ぜひちょっと足を伸ばして寄ってみてください。

フォー・コーナーズでナバホ・タコス&ブレッドを味わう

アメリカには50の州がある。しかし、4つの州が交わるのはたった1カ所。そこがフォー・コーナーズ(Four Corners)と呼ばれる場所だ。4つの州はグランド・キャニオンのあるアリゾナ州、モニュメント・バレーのあるユタ州、世界遺産にも指定されているメサ・ベルデ国立公園のあるコロラド州、そして私たちが一番好きな場所、ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントがあるニューメキシコ州となっている。

フォー・コーナーズは、モニュメント・バレーから東に約2時間ドライブしたところにある。私たちもモニュメント・バレーを拠点にして訪れたのだが、そこまでの道はとてものどかで、とにかく何もなかった。前も後ろも右も左も砂漠か畑。ずっとそんな道だった。途中「たくさんの農場」という意味の「Many Farms」という町を通り、私たちは大ウケ。

そんな何もない道を抜け、たどり着いたフォー・コーナーズは、私たちの想像とは少し違った。4つの州が交わっているのがアメリカでここだけなので、すごい建物が建っていて、観光客もわんさか、と思いきや全くそうではなかったのだ。ピンポイントの場所には、4つの州の名前が刻まれてプレートもあり、旗も立っていたが、ビジターセンターはなかったし、観光客もそんなに居なかった。一応、4つの州にまたがって写真を撮っている人がちらちらいた程度。写真を撮るには便利だったが、ちょっぴりがっかりしたのも確か。

ちょうど4州が交わるところにはめられているプレート

アメリカの旗と4州の旗が立っている。この日はかなり風が強かった

このフォー・コーナーズもモニュメント・バレーと同じ、ナバホ・ネイションの中にある。そこで、私たちは「ナバホ・タコス」と「ナバホ・ブレッド」を発見。聞いたことはあったが、見たのは初めてだったので、両方とも食べてみた。タコスもブレッドもベースは同じ、揚げパン。その上に、タコスはレタスと豆、チーズなどのタコスの材料がのっていて、ブレッドの方は甘いもの(ジャムや砂糖、ハチミツなど)がのっている。タコスは、辛くなく、薄い塩味という感じで、素材の味がして美味しかった。ブレッドはというと、アメリカのどこにでもあるような、あまーいお菓子という感じだった。

ナバホ・タコス。シンプルなのに薄味で美味しい

ナバホ・タコス。シュガーをかけてもらいました

メキシカン・ハットは、人生を大きく変えた場所

メキシカン・ハットは、モニュメント・バレーからUS163を約15分行ったところにあるメキシコ人がかぶっているような帽子の形をした岩をいう。このメキシカン・ハットとモニュメント・バレーの間に、前回のコラムでも写真入りで紹介した、映画に良く出てくる場所がある。モニュメント・バレーから来た場合、メキシカン・ハットは、右手に見えてくるのですぐに分かるだろう。US163からは未舗装道路を約5分走ると岩の真下まで行くことができる。

US163沿いから見たメキシカン・ハット

私たちは、2002年7月にこの周辺のカウボーイキャンプに1日泊まり、その時、このメキシカン・ハットの周りを4時間ほど馬で探索したことがある。さまざまな角度から見るメキシカン・ハットは、いろいろな顔を見せてくれるので、かなり面白かった。そのカウボーイキャンプでの体験は、私たちのその後の人生に大きく影響を与えた。

彼らの家は、サン・ファン・リバー沿いに立てられた平屋に住んでいて、私たちが泊まったのは、その敷地内にあるネイティブアメリカン伝統の土の家。「プールがある」と言って連れて行かれたのは、裏の汚いサン・ファン・リバーで、馬も一緒のところだった。ちなみに、そこのキャンプに滞在中、手を洗う水も顔を洗う水も、その川から汲んできて濁ったものだった。彼らは、日の入りと共に寝て、日の出と共に起きる、昔ながらの生活をしていたし、家に部屋があるにもかかわらず、暑いからと涼しいトラックの荷台で星空を見ながら寝ていた。少し行けば、舗装された道路も、スーパーもある。そんな中で、文明とは少し離れたこの生活を見たとき、私たちは非常に衝撃を受け、「自分が生きたいように生きる。それが一番なんだ」と強く感じた。アメリカに滞在した5年間で、私たちの人生や価値観を大きく変える人達に2回出会ったが、これがその1つなのだ。

こんな蛇行、見たことない! グースネック州立公園

グースネック州立公園は、メキシカン・ハットから約15分。州立公園と言っても大規模なものではなく1カ所のみが見所。サン・ファン・リバーが大きく蛇行する様子を見ることができる展望台があり、自然の素晴らしさを体感できる。遠くにはモニュメント・バレーのビュートも見ることができ、結構面白い。入場は無料で、モニュメント・バレーからも30分ほどなので、ぜひ行ってみよう。

モニュメント・バレーから2時間ほど西のホース・シュー・ベンド、約4時間北のデッド・ホース・ポイント州立公園も同じような川の蛇行が見える場所。3つそれぞれに特徴があるので、見比べてみるといいだろう。ちなみに私が好きなのはホース・シュー・ベンド。なぜなら3つの中で一番ビューがダイナミックで川の色も緑で濃いからだ。

グースネック。こんな風に蛇行するなんて、自然にできたものはすごい!

さて、次回はモニュメント・バレーから少し南に下りて、キャニオン・デ・シェイ・ナショナルモニュメントに向かいます。3月に初めて行ったのですが、お気に入りの1つの場所となりました。お楽しみに~。

(写真:フォトアーティスト飯富崇生)

芦刈いづみのミニコラム:それぞれの川を比べてみると……
私たちはいくつかのアメリカの川で泳いだり、遊んだりしたことがある。今回話題に出てきたサン・ファン・リバーは、赤土だらけで、とても汚く、水着がすごく臭くなった。コロラドリバーも同様に赤土で結構汚い。逆にとても綺麗だったのは、一度ラフティングをしたアーカンサス・リバーだ。水はとても澄んでいて、冷たく、気持ちが良かった。ちなみに、アメリカで2番目に大きいダム湖であるレイク・パウエルは、汚くはなかったが、水の流れがないので、結構臭い。
アクセス情報
モニュメント・バレーまでの最寄りの国際空港 ラスベガスマッキャラン国際空港または、フェニックス国際空港 いずれも直行便はないので、アメリカ西海岸で乗り継ぎ後約1時間。 車の場合:ラスベガスからは、I-15 North→UT9→US98→US160→US163で、約10時間。 途中、ザイオン国立公園またはページで1泊した方がよい。 ラスベガスからツアーあり。フェニックスからは、I-17North→US89→US160→US163で、約7時間。グランド・キャニオンで宿泊した方がよい。
モニュメント・バレーからフォー・コーナーズ - US160を東へ約2時間
モニュメント・バレーからメキシカン・ハット - US163を北へ約15分
モニュメント・バレーからグースネック州立公園 - US163を北へ→UT261→UT316で、約30分
周辺情報
グランド・キャニオン国立公園、アンテロープキャニオン&レイク・パウエル、キャニオン・デ・シェィナショナルモニュメント、メサ・ベルデ国立公園、セドナなど

8/42

インデックス

連載目次
第42回 緑豊かなロングアイランドとNY郊外のアウトレット
第41回 ニューヨークの交通事情&珍体験
第40回 ニューヨークで様々なアートを堪能する
第39回 アメリカ国立公園の旅行ならこれで完璧!
第38回 アメリカ旅行の計画&実行におけるポイント
第37回 1日で行けるロサンゼルス郊外の見所
第36回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(後編)
第35回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(中編)
第34回 この順番でまわれば間違いなし、ロサンゼルス・サンプルプラン(前編)
第33回 メジャー? マイナー? パシフィック・コースト・ハイウェイの見所
第32回 ヨセミテ・バレー、グレーシャー・ポイント…ヨセミテ国立公園の名所
第31回 世界的に人気の高いヨセミテ国立公園
第30回 絶対に外せないフィッシャーマンズ・ワーフとアルカトラズ島
第29回 見所がコンパクトに詰まった街・サンフランシスコ
第28回 サボテンだらけのサワロ国立公園と奇岩が立ち並ぶチリカワ国定公園
第27回 UFOが落ちた町として有名なロズウェル
第26回 1995年に世界遺産登録された鍾乳洞・カールズバッド洞窟群国立公園
第25回 ホワイト・サンズ国定公園での安全なトレッキングのスヽメ
第24回 真っ白な砂漠が広がるホワイト・サンズ国定公園
第23回 魅惑の街・サンタ・フェを巡る
第22回 悠久の時を刻む化石の森国立公園
第21回 "地球のロマン"について考えさせられる大隕石孔メテオ・クレーター
第20回 時間がない! という人でもセドナらしさを体感できるお手軽スポット
第19回 前々世では男? セドナでヒーリング体験
第18回 世界的に有名なパワー&ヒーリングスポットのセドナ
第17回 ラスベガスから車で日帰り。すぐに行ける郊外の見所
第16回 夏休みの旅行前にチェック! ラスベガスでショッピングを楽しもう
第15回 果物食べ放題のキャピトル・リーフ国立公園とゴブリン・バレー州立公園
第14回 『天空の城ラピュタ』を髣髴とさせるブライス・キャニオン国立公園(後編)
第13回 『天空の城ラピュタ』を髣髴とさせるブライス・キャニオン国立公園(前編)
第12回 グランドサークルのオアシス、ザイオン国立公園
第11回 2000以上ものアーチが点在するアーチーズ国立公園(後編)
第10回 2000以上ものアーチが点在するアーチーズ国立公園(前編)
第9回 モニュメント・バレーの次はここ! キャニオン・デ・シェリー国定公園
第8回 モニュメント・バレーの小さな見所たちを見に行こう
第7回 アメリカの中の独立国 モニュメント・バレーの魅力を知ろう
第6回 今話題のスカイウォーク! グランド・キャニオン・ウエストに行ってみよう!
第5回 グランド・キャニオンに行ったらぜひ挑戦してほしいトレッキングのスヽメ
第4回 やっぱり行きたい! グランド・キャニオン国立公園入門編
第3回 ホテル選びのコツ&ホテルビュッフェ
第2回 無料のショーとシルク・ド・ソレイユ、どれもこれも見逃せない!
第1回 "The City of Entertainment=ラスベガス"の秘密を徹底解明"

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事