【コラム】

航空機の技術とメカニズムの裏側

91 特別編・ATR42-600リポート(2)体験搭乗編[前編]

91/94

前回は、ATR42-600がどんな飛行機なのか、という話を取り上げた。まだ日本ではなじみの薄い機材だから、まずは機体の概要を知っていただきたかったというわけだ。そして今回はいよいよ本番の、体験搭乗と実機の話である。

今回の体験搭乗は、日本エアコミューター(JAC)の定期便を使い、鹿児島空港(KOJ)と沖永良部空港(OKE)を往復する形で行われた。往路がJAC3803便、復路がJAC3084便だ。所要時間は片道、1時間20分~1時間30分というところ。

機体に乗り込む

ATR42-600で面白いのは、搭乗口が一般的な機首左側面ではなく、尾部左側面にあること。だから、一般的な旅客機と異なり、後ろ寄りの席のほうが早く降機できることになる。

もちろん、搭乗・降機の際にエンジンは停止しているが、プロペラが風に吹かれて回り出すようなことがあると危険だ。だから、エンジンを止めている時はプロペラを索で固定している場合もある。しかし、ATR42-600みたいに後部に搭乗口があれば、そもそも乗客はプロペラに近寄らずに済むので、安全性は高そうだ。

その搭乗口の上に、新幹線電車のものと似た雨樋が付いていた。ボーディングブリッジを使って乗降する場合には必要ないアイテムだが、屋外で乗降することが前提の機体だから、雨樋はあったほうがいい。

ATR42-600は床が低いため、一般的なボーディングブリッジやタラップではなく、ボーディングスロープを使用するのが特徴だ。このボーディングスロープは、ATR42-600の就航に合わせてJACが新たに用意したもの。

同じATR42-600を使用している天草エアラインでは、ボーディングスロープは使わない。下に向けて開いた扉の裏側に付いているステップを利用して乗降するようになっている。JACが同じ方法を使わずにスロープを用意したのは、小さな子供を連れた親子や、車椅子での利用を考えたため。後述するストレッチャーのことも念頭にあっただろう。

鹿児島空港では、途中で2度折り返す、屋根付きのタイプが使われていた。それに対して沖永良部空港では、一直線で屋根のないタイプが使われていた。もちろん後者の方がコンパクトにまとまるし、お値段も安そうである。

沖永良部空港では、屋根のないストレート型ボーディングスロープを使用している。下に開いた扉の裏側にステップが付いているのが、お分かりいただけるだろうか? 普通はそちらを使うのだが、JACは別途、スロープを用意した

鹿児島空港で使用しているボーディングスロープは屋根付きで、途中で2度折り返す構造

なお、前任のサーブ340BはATR42-600と異なり、扉を開いた後で機内から折り畳み式のタラップを展開する仕組みになっている。低翼配置のために床面が高く、スロープを使った乗降はできそうにない。

後で機体の写真を見ていて気になったのは、左舷側の3番目と4番目、右弦側の5番目と6番目の側窓だけ、外板との間に段差が付いていることだった。さらに子細に見てみると、この部分だけ外板が独立したパネルになっていて、しかも少し突出している。

疑問に思ってATR社に問い合わせてみたところ、これは「アイス・シールド」と呼ばれる部材だという。プロペラに氷が付着して、それが飛散したときに胴体を傷めないように、保護する目的でパネルを外側に足してあるのだ。ジェット機とは違う、ターボプロップ機ならではの工夫である。

もちろん、凸凹ができる分だけ空気抵抗は増えるが、もともとそれほど高速ではないから影響は少ない。

機内のつくり

サーブ340Bの機内は1列-2列配置だった。これは胴体断面が小さいためだが、ATR42-600は2列-2列配置。通路幅は468mm(18.4in)、シートピッチは28in(711mm)。座席幅18in(457mm)は、E233系電車の46cmに近い数字である。小型機だからといって、殊更に狭いわけではない。

ATR42-600では、その腰掛の軽量化を図り、過去のモデルと比べてトータル375lb(170kg)の重量低減を実現した。これは、乗客2名分に相当する数字だ。もちろん、乗客を増やせばその分の腰掛を追加する必要があるから、その分は差し引いて考える必要がある。それでも、軽量化がメリットにつながる一例とはいえる。

ATR42-600の腰掛(左)と客室見通し(右)。腰掛は黒の革張りである。背ズリを可能な限り薄くするのは、レッグスペースを稼ぐための基本だ

足元の空間を拡げるため、シートポケットを上部に持ってきてある

客室幅は2.57m(101in)、天井高は1.91m(75.2in)。胴体は真円ではなく、真円から下部を削り取ったような形になっている。ギリギリまで小型化しつつ、客室の幅を確保しようとしたのだろう。

大型のジェット旅客機と違って機内は2層構造ではない。床下貨物室はなく、預託荷物の収納場所は前方貨物室になる。貨物の揚搭には、胴体側面に設けた扉を使う。こうなった理由として考えられるのは、「貨物型と旅客型との共通性確保」「貨物搭載時に重心が後方に移動するのを避ける」といった辺りだろうか。

ATR42-600は貨物室を前部に配置して、左舷側に扉を設けた。扉が開いていることもあり、胴体断面形状がよくわかる。最大幅が窓下、ちょうど肘掛の辺りに来ている点に注意してほしい。拡大写真だと、アイス・シールドが付いている関係で3~4枚目の窓だけ段差がついている様子がおわかりいただけるだろうか?

ギャレーは客室後端の片隅にあり、上部にはオーブン、コーヒーメーカー、湯沸かし器、流し台が、下部にはカート入れとゴミ入れがある。それと関係があるのかないのか、CA用のジャンプシートは客室最後部の出入口付近にあって前方向きに座る。

客室配置で面白いのは、右側最前列の腰掛(1C席と1D席)が後ろ向きになっていること。最前列と2列目でボックスシートを構成しており、そこの空間に非常口がある。反対側は、2A・2B席の前に非常口がある。

この1C・1D席の通路を隔てた反対側は、貨物室が張り出している。貨物室の空間確保と客室定員の確保がせめぎ合った結果、こういう配置になったのだろうか。この辺の位置関係は、JACのWebサイトを見ると理解しやすい。

これで定員48名を実現しているわけだが、この数字にも意味がある。客室乗務員は「乗客50名につき1名」という決まりがあるので、客室乗務員が1名で済むギリギリのところになっているわけだ。もう1列増やして52名にすると客室乗務員が2名必要になり、人件費が上がってしまう。

左が後ろ向きの1C・1D席、右が前向きの2C・2D席。軍用機だと、全員が後ろ向きに座るC-2グレイハウンドという例があるが、後ろ向きに座る民航機は珍しい

胴体下部の両側面には、降着装置を収容するためのバルジがある。軍用輸送機では一般的な形だが、民間機では意外と珍しい。低翼配置なら翼胴結合部が張り出すので、そこに降着装置を収めてしまうところだが、ATR42-600は高翼だから、そうもいかない。かといって、DHC8-Q400のようにエンジンナセルに収容すると、脚柱が長くなって重くなる。

91/94

インデックス

連載目次
第94回 プロペラを巡るあれこれ(1)
第93回 特別編・ATR42-600レポート(4)短距離用機材ならではの特徴
第92回 特別編・ATR42-600リポート(2)体験搭乗編[後編]
第91回 特別編・ATR42-600リポート(2)体験搭乗編[前編]
第90回 特別編・ATR42-600リポート(1)ATR42とはこんな機体
第89回 飛行機の燃料(8)燃料をめぐるこぼれ話
第88回 飛行機の燃料(7)空中給油のメカニズム
第87回 飛行機の燃料(6)燃料補給の方法いろいろ
第86回 飛行機の燃料(5)燃費改善と空力対策
第85回 飛行機の燃料(4)変わった燃料タンクいろいろ
第84回 飛行機の燃料(3)機内に設置する燃料タンク
第83回 飛行機の燃料(2)ジェット燃料を巡るあれこれ
第82回 特別編・民航機の非常事態を宣言で注目「2次レーダーとスコーク7700」
第81回 飛行機の燃料(1)燃料の種類とアブガス
第80回 軍用機の兵装搭載に関わる制約
第79回 飛行機を巡るさまざまな「○○重量」(5)戦闘機と推力重量比
第78回 飛行機を巡るさまざまな「○○重量」(4)戦闘機の場合
第77回 飛行機を巡るさまざまな「○○重量」(3)軍用機の場合
第76回 飛行機を巡る「○○重量」を考える(2)
第75回 飛行機を巡る「○○重量」を考える(1)
第74回 トランスミッションに関する補遺とブレード折り畳みの実況
第73回 STOL/VTOL(10)無人機(UAV)の短距離/垂直離着陸
第72回 STOL/VTOL(9)DARPAの実験機「VTOL X-Plane」
第71回 STOL/VTOL(8)スウェーデンのハイウェイは滑走路!?
第70回 STOL/VTOL(7)F-35Bの面白い挙動
第69回 STOL/VTOL(6)VTOLの実現手法いろいろ(3)リフトファン
第68回 STOL/VTOL(5)VTOLの実現手法いろいろ(2)サンダーバードとテイルシッター
第67回 STOL/VTOL(4)VTOLの実現手法いろいろ(1)リフト・エンジンその2
第66回 STOL/VTOL(3)VTOLの実現手法いろいろ[1]リフト・エンジンその1
第65回 STOL/VTOL(2)STOL機の事例
第64回 STOL/VTOL(1)短距離離着陸と垂直離着陸の基本を知る
第63回 ヘリコプター(12)マルチコプターの操縦
第62回 ヘリコプター(11)高温・高標高などへの対処
第61回 ヘリコプター(10)ヘリコプターの降着装置
第60回 ヘリコプター(9)人や貨物の変わった乗せ方
第59回 ヘリコプター(8)オートローテーション
第58回 ヘリコプター(7)速度限界の突破~ティルトローター機
第57回 ヘリコプター(6)速度限界の突破~推進装置を別に持つ
第56回 ヘリコプター(5)エンジンの数と配置
第55回 ヘリコプター(4)ローター・ヘッドとトランスミッション
第54回 ヘリコプター(3)最高速度の限界とローター失速
第53回 ヘリコプター(2)ヘリコプターの操縦
第52回 ヘリコプター(1)ヘリコプターの形態
第51回 操縦室(10)ヘルメット・マウント・ディスプレイ
第50回 操縦室(9)ヘッド・アップ・ディスプレイ
第49回 操縦室(8)グラスコックピット(その2)
第48回 操縦室(7)グラスコックピット(その1)
第47回 操縦室(6)計器の表示方法と配置
第46回 操縦室(5)計器の種類
第45回 操縦室(4)操縦室の場所と配置
第44回 操縦室(3)機体の姿勢
第43回 操縦室(2)高度・針路・方位
第42回 操縦室(1)いろいろな速度と計測の方法
第41回 客室と貨物室(8)客室のあれこれ - オーディオ、ビデオなど
第40回 客室と貨物室(6)ギャレーと機内での食事
第39回 特別編「国際航空宇宙展2016」で見かけたあれこれ
第38回 客室と貨物室(5)扉を巡るあれこれ
第37回 客室と貨物室(4)超特大貨物用輸送機
第36回 客室と貨物室(3)荷物室と貨物室
第35回 客室と貨物室(2)腰掛けと荷棚
第34回 客室と貨物室(1)窓周り
第33回 降着装置(8)しりもち対策
第32回 降着装置(7)空母搭載機の降着装置
第31回 降着装置(6)降着装置を巡るあれこれ
第30回 降着装置(5)タイヤとブレーキを巡るあれこれ
第29回 降着装置(4)降着装置の畳み方いろいろ
第28回 降着装置(3)降着装置の収納方向
第27回 降着装置(2)脚柱と衝撃吸収
第26回 降着装置(1)降着装置の配置
第25回 航空機の動力系統(12)電動式航空機
第24回 航空機の動力系統(11)同一機種にエンジンいろいろ
第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
第22回 航空機の動力系統(9)エンジンの配置と架装
第21回 航空機の動力系統(8)推力の向きを変える
第20回 航空機の動力系統(7)2スプール・3スプール・GTF
第19回 航空機の動力系統(6)タービン爆発事故と品質管理
第18回 航空機の動力系統(5)エンジンの羽根を冷やす
第17回 航空機の動力系統(4)アクセサリーいろいろ
第16回 航空機の動力系統(3)エンジンの始動とAPUとRAT
第15回 航空機の動力系統(2)エンジンの動作を妨げる要因
第14回 航空機の動力系統(1)エンジンの種類と動作原理
第13回 飛行機の操縦(6)その他のあれこれ
第12回 飛行機の操縦(5)動翼の作動方法
第11回 飛行機の操縦(4)スポイラーとエアブレーキ
第10回 飛行機の操縦(3)高揚力装置
第9回 飛行機の操縦(2)動翼にまつわるあれこれ
第8回 飛行機の操縦(1)三次元の操縦操作と動翼
第7回 航空機の構造(7)航空機の機体構造材[2]
第6回 航空機の構造(6)航空機の機体構造材[1]
第5回 航空機の構造(5)主翼の配置と翼胴結合
第4回 航空機の構造(4)戦闘機の機体構造
第3回 航空機の構造(3)胴体の構造
第2回 航空機の構造(2)主翼の内部構造
第1回 航空機の構造(1)揺れたり、反ったり、空間が空いたり

もっと見る

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事