マイナビニュース | シゴト | 働き方 | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年03月25日(土)

職場に「この人のようになりたい」と思う人はいますか?

仕事でピンチのとき、いつもさりげなくフォローしてくれる頼もしい先輩。誰に対しても優しくて、会社のみんなから尊敬されている。私もこんな風になりたいなぁ。今回は、マイナビニュース会員501名に「職場に、この人のようになりたいと思う人はいますか?」と質問してみた。

[11:00 3/25]

女性が仕事選びで重要視すること1位は「●●なく仕事ができる」

メディケア生命保険は3月24日、「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」の結果を発表した。調査は3月1日~6日、全国の20歳~39歳の結婚願望のある未婚の有職女性1,000名を対象にインターネットで行われた。

[07:00 3/25]

2017年03月24日(金)

働く女性93.1%が「女性が働くことは普通のこと」と回答

博報堂は3月23日、「働く女性(キャリジョ)の意識調査」の結果を発表した。調査は2月17日~20日、個人年収300万円以上の22~39歳の有職女性437名を対象に、インターネットリサーチで行われた。なお、対象エリアは、東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・神戸・広島・福岡。

[17:07 3/24]

スタジオジブリ、ブランド総合力ランキングで11年ぶりBtoC編首位獲得

日経BPコンサルティングは3月24日、国内のブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する調査「ブランド・ジャパン2017」の結果を発表した。BtoC編の「総合力」ランキングでは、アニメーション制作の「スタジオジブリ」が92.8ポイント(偏差値)を獲得し、11年ぶり2回目の首位に返り咲いた。

[16:10 3/24]

外国人に聞いた「上司・部下・社長になってほしいマンガキャラ」

日本のポップカルチャーとして、海外でも高い人気を誇るマンガやアニメーション。日本にいる外国人の中には、「マンガが好きで日本に来た」「マンガで日本語を勉強した」という人も見受けられる。そこで今回は在日外国人20人に「直属の上司になってほしいマンガ・アニメキャラ」「部下になって欲しいキャラ」「社長になって欲しいキャラ」について聞いてみた。

[11:30 3/24]

会社からの評価に納得していない人は47.9% - その理由は?

頑張って働いているのに給料がなかなか上らない。もっときちんと評価してほしい! 人事評価でそんな不満を抱いたことはないだろうか。今回は、マイナビニュース会員のうち男女501名に「会社からの評価に納得していますか?」と質問してみた。

[11:00 3/24]

2017年03月23日(木)

管理職になりたくないのはなぜ?

管理職に憧れ、 目標にしているという人もいるだろう。しかしその一方で、最近では「管理職になりたくない」という人も増えているという。そこで今回は、マイナビニュース会員501名のうち、管理職についていない394名に「管理職になりたいですか?」と質問してみた。

[11:00 3/23]

女性62%が「働く目的が変化したことがある」と回答 - きっかけは?

エン・ジャパンは3月16日、同社運営の女性向け求人サイト「エンウィメンズワーク」にて実施した、「働く目的」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は1月26日~2月22日、同サイトを利用する20~40代の女性630名を対象に、インターネットで行われた。

[09:37 3/23]

「プレミアムフライデー」をどう思う? - 在日外国人に聞いた

月末金曜日は午後3時に退社して、買い物や旅行などを楽しんでもらう官民連携のプロジェクト「プレミアムフライデー」。2月24日からスタートした同プロジェクトは経済活性化と働き方の意識改革を目的としたものだが、日本在住の外国人はどのように考えているのだろうか。

[07:30 3/23]

2017年03月22日(水)

残業が最も少ない業種は「医療・福祉」 - 最も多いのは?

all engineer.jpは3月22日、同社が運営するサイト「fabcross for エンジニア」が実施した、残業に関するアンケート調査の結果を発表した。平均的な1カ月の残業時間を業種別に集計したところ、「教育、学習支援業」が29.5時間と最も多く、次いで「漁業」が26.8時間、「複合サービス事業」が23.8時間となった。

[16:35 3/22]

新入社員が取っていた許せない行動、2位「遅刻」 - 1位は?

マクロミルは3月22日、新入社員に対する社会人の意識調査の結果を発表した。調査期間は3月8日~9日、有効回答は20歳~69歳の公務員、経営者・役員、会社員(正社員)1,000人。

[16:15 3/22]

「残業検定」オープン - その時間、もしかして残業になるかも?

マイナビニュース シゴトチャンネルに、「残業検定」がオープンしました。弁護士監修による「残業検定」では、残業に関する全16問に回答すると、節約レベルが3段階で表示されます。結果ページの残業に関するチェックポイントやアドバイスを参考に、自分の働き方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

[15:25 3/22]

2017年03月21日(火)

派遣で働くメリット・デメリットは?

エン・ジャパンは3月16日、同社が運営するサイト「エン派遣」にて実施した、「派遣のメリット・デメリット」に関する調査の結果を発表した。調査は1月26日~2月22日、同サイトを利用するユーザー1,788名を対象に、インターネットによるアンケートで行われた。

[17:25 3/21]

2017年03月17日(金)

夫の残業時間、「60時間以上」が21.5%

リビングくらしHOW研究所は3月16日、夫の会社での「プレミアムフライデー」実施状況について、事後アンケートの結果を発表した。同調査は3月1日~5日、会社に勤める配偶者がいる女性762名を対象に、サンケイリビング新聞社のWebサイト「リビングWeb」にてアンケートが実施された。

[15:36 3/17]

中小企業の残業理由、1位は? - 2位「仕事量が多い」、3位「人員不足」

エン・ジャパンは3月17日、「残業」についてのアンケート調査結果を発表した。調査は1月25日~2月21日、運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」を利用する従業員数500名以下の企業364社を対象にインターネットで行われた。

[14:43 3/17]

管理職71.8%が「人材の多様化が起きている」と回答 - メリットは?

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)は3月16日、「ダイバーシティ時代の"管理職1,000人の本音"調査」の結果を発表した。調査は2月24日~25日、従業員100人以上の企業で働く管理職1,000名(男性978名、女性22名)を対象に、インターネットで行われた。

[12:20 3/17]

2017年03月15日(水)

「働き方改革は世間で言われるほど推進されていない」が8割--グーグル調査

グーグルは3月15日、「働き方改革の現状」についての調査結果を発表した。調査は2月25日~26日、全国の20歳~59歳事務系正社員3,093人を対象に行われた。「Google Women Will Project」が、女性だけではなく、男性も含めた様々な人が働き方を変えるための課題と解決策を把握するため、現在の働き方改革の現状や、そのニーズについて調べたもの。

[18:41 3/15]

残業する理由、残業時間が多い人ほど「成果を出したい」

all engineer.jpは3月15日、同社が運営するサイト「fabcross for エンジニア」が実施した、残業に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は1月12日~19日、20~59歳の公務員・会社員1万145名を対象に、ネットリサーチで行われた。

[15:03 3/15]

日米中韓の高校生、将来への願望が最も低かったのは?

国立青少年教育振興機構は3月13日、日本・米国・中国・韓国の普通科高校生徒を対象とした「高校生の勉強と生活に関する意識調査」の結果を発表した。調査の結果、日本の高校生は将来に対する願望が他国の高校生よりも低いことがわかった。調査期間は2016年9月~11月。

[10:49 3/15]

「家事や育児は協力してやっていると思う」、男女で意識のズレ

リサーチ・アンド・ディベロプメントは3月13日、「生活者総合ライフスタイル調査システム CORE 2017」の結果を発表した。調査時期は2016年10月、有効回答は首都圏に居住する18歳~79歳の個人3,000人。

[10:27 3/15]

2017年03月14日(火)

子どもに就いてほしい職業ランキング1位は? - 2位医師、3位会社員、看護師

ソニー生命保険は3月14日、「子どもの教育資金に関する調査」の結果を発表した。

[16:40 3/14]

「飲み会の翌日、会社を遅刻・早退・ずる休み」経験は5人に1人

佐藤製薬は3月14日、「春のお花見直前、緊急アンケート~二日酔いで失敗しないために~」調査の結果を発表した。

[13:07 3/14]

女性が「働きがいのある会社」ランキング、1位は?

Great Place to Work Instituteは3月13日、2017年版の「働きがいのある会社」女性ランキングを発表した。同調査は2017年版「働きがいのある会社」に認定された100社から、企業規模別に上位5社を選出したもの。

[12:41 3/14]

日本とアメリカで働き方はどう違う?

三井不動産と三井デザインテックは3月9日、「USオフィスワーカー調査 2016」を発表。調査は2016年10月4日~31日、アメリカのシリコンバレーエリアに勤務する18~59歳の1,059名を対象に、インターネットで行われた。

[12:40 3/14]

「母国で一番有名な日本の企業は?」 - 外国人に聞いてみた

今回は日本在住の外国人20人に「あなたの国で最も有名な日本の企業」について聞いてみた。

[07:30 3/14]

2017年03月10日(金)

残業時間の削減に企業が取り組んでいることは?

東京商工リサーチは3月10日、「長時間労働」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は2月14日~24日、1万2,519社を対象に、インターネットで行われた。

[20:08 3/10]

職場におけるホワイトデーのお返し、48%が「必要なし」

日本法規情報は3月10日、「ホワイトデーに関する調査」の結果を発表した。調査期間は2月17日~28日、有効回答は833人(男性386人、女性447人)。

[14:43 3/10]

ビジネスパーソンの3割、他人に「口臭」を指摘された経験あり

パナソニックは3月9日、男性ビジネスパーソンの「口内ケア」に関する調査結果を発表した。調査期間は2月17日~20日、有効回答は20代~40代の有職業男性500人。

[10:23 3/10]

2017年03月09日(木)

大和証券、介護休職を3年に延長

大和証券グループ本社は4月1日、全社員を対象に、介護休職期間を累計1年から3年に延長する。

[16:52 3/9]

2017年03月08日(水)

残業時間、最も多いのは25歳~29歳 - 残業への考え方に年代で差も

all engineer.jpは3月8日、「fabcross for エンジニア」で実施した残業に関するアンケート調査の結果を発表した。

[17:30 3/8]

2017年03月07日(火)

プレミアムフライデー、職場で導入も早帰りできなかった人は4割

マクロミルは3月7日、プレミアムフライデー導入の職場で働く人を対象とした実態調査の結果を発表した。調査対象はプレミアムフライデー導入企業等に勤め、2月24日に早帰りの対象だった社会人。

[18:18 3/7]

「働きやすく生産性の高い企業」にディスコ、SCSK、河合電器製作所

厚生労働省は3月3日、第1回「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」の受賞企業を発表した。

[17:28 3/7]

管理職で働こうと思える年収は?

SMBCコンシューマーファイナンスは3月6日、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」を発表した。調査は1月17日~19日、30歳~49歳の男女1,000名を対象にインターネットで行われた。

[07:00 3/7]

2017年03月03日(金)

昇進したい男性は20.2%、女性は?

トーマツ イノベーションは3月3日、「女性の働くを科学する」にて実施した調査の結果を発表した。

[19:01 3/3]

転職を希望した本当の理由は?

転職の面接で必ず聞かれるのが「転職理由」。給料やキャリアアップなど理由は人それぞれだと思うが、どこまで正直に話すべきなのだろうか。今回は、マイナビニュース会員に「転職を希望した本当の理由」を教えてもらった。

[11:00 3/3]

2017年03月02日(木)

世界の若者、7割が自分のキャリアに楽観的 - 東京の若者は?

シティグループは3月1日、世界の若者を対象に実施した意識調査の結果を発表した。対象は世界32カ国45都市(15都市は東京含むアジア)の18歳~24歳までの7,000人の若者。

[19:21 3/2]

残業する理由、最も多いのは?

all engineer.jpは3月2日、エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」で実施した残業に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は1月12日~19日、20~59歳の公務員・会社員1万145人を対象にインターネットで行われた。

[11:29 3/2]

2017年03月01日(水)

仕事で困っていること、1位は?

バーニャカウダは2月28日、「仕事上の悩みに関する調査」の結果を発表した。調査は1月12日~13日、20~69歳の男女931名を対象にインターネットで行われた。

[17:36 3/1]

2015年の有休所得率は48.7%、政府目標を大幅に下回る

厚生労働省は2月28日、2016年「就労条件総合調査」の結果を発表した。それによると、2015年(または2014会計年度)の年次有給休暇の取得率は前年比1.1ポイント増の48.7%となり、2年ぶりに上昇した。

[16:14 3/1]

配偶者控除、150万円に上がっても「現状維持」が54.5%

リビングくらしHOW研究所は2月28日、「パートタイマーの今とこれから」に関する調査結果を発表した。調査は1月31日~2月5日、パートで働く女性423名を対象に、webアンケートで行われた。

[10:49 3/1]

2017年02月28日(火)

富士通、在宅勤務制度を全社員に導入

富士通は4月21日、全社員約3万5,000人を対象として、自宅やサテライトオフィス、出張先や移動中など、場所にとらわれないフレキシブルな働き方を可能とする「テレワーク勤務制度」を正式導入する。

[19:06 2/28]

2017年02月27日(月)

「勤め先がブラック企業」は4人に1人 - その理由は?

リスクモンスター2月27日は、第4回「仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表した。調査は1月28日~29日、20~49歳の男女600人を対象にインターネットで行われた。

[17:52 2/27]

2017年02月24日(金)

働く主婦が子供に勧めたいキャリア、1位は?

ビースタイルは2月24日、「子供に勧めるキャリア」に関する調査結果を発表。同調査は1月31日~2月15日、ビースタイル登録者・「しゅふJOBパート」登録者801名の働く主婦を対象に、インターネットで行われた。

[19:06 2/24]

ケリー・マクゴニガル流「ストレス」との付き合い方

ヒルトン東京お台場でこのほど、名刺管理サービスを提供するSansan主催による「Sansan Innovation Project 2017 働き方進化論」が開催された。ゲストスピーカーとしてスタンフォード大学講師でベストセラー作家の心理学者、ケリー・マクゴニガル氏が登壇。「働き方を変える最強のマインドセット~ストレスを仕事に活かす方法」というタイトルで、働く上でのストレスとの付き合い方について講演した。

[15:36 2/24]

副業を成功させるポイント、1位は?

エン・ジャパンは2月23日、「ダブルワーク(副業)」に関する調査結果を発表した。調査は2016年12月27日~2017年1月26日、同社運営のサイト「エン派遣」の利用者3,232名を対象に、インターネットで行われた。

[13:06 2/24]

2017年02月23日(木)

小中学生が将来就きたい仕事、1位は?

アデコは2月22日、「将来就きたい仕事に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は2016年11月11日~16日、全国の小中学生(6歳~15歳の男女)1,000名を対象に、インターネットで行われた。

[15:15 2/23]

生理痛で会社を休んだ経験はある?

佐藤製薬は2月22日、「生理痛」に関する調査結果を発表した。調査は2016年11月14日~15日、20~30代の全国の会社員女性442名を対象にインターネットで行われた。

[09:33 2/23]

孫正義「快感を味わったときが転換点となった人は多い」

孫正義育英財団主催の特別対談イベント「未来を創る若者たちへ」が2月10日、東京都・水天宮にて行われた。イベントは、同財団代表理事である孫正義氏のスピーチを皮切りに、副代表理事の山中伸弥氏、理事の五神真氏、評議員の羽生善治氏が加わり、ディスカッションが行われた。

[08:00 2/23]

2017年02月22日(水)

アラサー女性、「定年まで仕事をしたい」と答えた割合は?

メーキャップブランド「マキアージュ」(資生堂)は2月22日、「アラサー女性の今」をテーマとした調査結果を発表した。

[17:42 2/22]

プレミアムフライデー、女性が思う仕事面のメリットは?

エムティーアイは2月20日、「働く女性とプレミアムフライデーの関係について」の調査結果を発表。調査は2月3日~5日、20代~50代以上の働く女性2万1,068名及び専業主婦3,153名を対象にインターネットで行われた。

[15:36 2/22]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事