マイナビニュース | シゴト | 働き方

関連キーワード

イチオシ記事

アラサー女性、「定年まで仕事をしたい」と答えた割合は?

メーキャップブランド「マキアージュ」(資生堂)は2月22日、「アラサー女性の今」をテーマとした調査結果を発表した。

[17:42 2/22]

新着記事

一覧

資生堂とJPHD、事業所内保育所の運営受託会社「KODOMOLOGY」を設立

資生堂とJPホールディングスは2月20日、事業所内保育所の運営受託などを事業の柱とした合弁会社「KODOMOLOGY(コドモロジー)株式会社」を設立した。

[18:11 2/22]

プレミアムフライデー、女性が思う仕事面のメリットは?

エムティーアイは2月20日、「働く女性とプレミアムフライデーの関係について」の調査結果を発表。調査は2月3日~5日、20代~50代以上の働く女性2万1,068名及び専業主婦3,153名を対象にインターネットで行われた。

[15:36 2/22]

新着記事

一覧

あってうれしかったアルバイトの制度、1位は?

エン・ジャパンは2月16日、「アルバイトの待遇・制度」に関する調査結果を発表した。調査は2016年12月27日~2017年1月26日、同社サイト「エンバイト」の利用者1,538名を対象に、インターネットで行われた。

[15:35 2/22]

関ジャニ∞、プレミアムフライデー ナビゲーターに就任!

プレミアムフライデー推進協議会は2月21日、「プレミアムフライデー ナビゲーター就任イベント」を開催。日本経済団体連合会の石塚邦雄副会長、世耕弘成経済産業大臣、アイドルグループ・関ジャニ∞が登場した。

[12:38 2/22]

「バカヤロー!」と怒ったことはある? - 5割が職場や学校で経験

マクロミルは2月21日、「バカヤローの日」にちなんで実施した現代人の怒りの実態に関する調査結果を発表した。

[19:25 2/21]

プレミアムフライデー、女性会社員の2割が「歓迎しない」

サンケイリビング新聞社は2月21日、女性会社員を対象とした「プレミアムフライデー」に関する調査結果を発表した。

[19:00 2/21]

異業種交流会に参加してみたい?

ビジネスにつながる人脈作り、プライベートな交流など、さまざまな目的を持つ人々が集まる異業種交流会。あなたは参加したことがあるだろうか。「関心はあるけど、どんなものなのかよく分からない」という人もきっと多いのでは? そこで今回は、マイナビニュース会員のうち男女305名を対象に「異業種交流会」に関する調査を行った。

[16:00 2/21]

正規雇用、51万人の増加 - 2016年労働力調査

総務省はこのほど、2016年の労働力調査(速報)の結果を発表した。それによると、2016年平均の雇用者は前年比88万人増の5,372万人となり、4年連続で増加した。

[19:40 2/20]

東京都、昼休み時間を選択制へ変更 - 混雑緩和と職員のリフレッシュ目的

東京都は2月16日、職員の昼休みについて、時間帯固定の全員一斉型から3つの時間帯より選択できる仕組みへ変更すると発表した。

[13:13 2/20]

ビジネスマンが仕事で感じるストレス、1位は?

ネオマーケティングは2月15日、「ビジネスマンのリラックス事情」に関する調査結果を発表。調査は1月30日~2月1日、同社サイトのモニターで管理職かつ妻帯者の男性1,000名を対象に、webアンケートで行われた。

[12:37 2/20]

日清食品、「最も働きたい企業ランキング」初の1位に - 外資1位はアマゾン

ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィーは2月16日、勤務先として魅力ある企業を表彰する「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の結果を発表した。

[14:21 2/17]

上司と良好な関係を築くためのコツとは?

仕事上のストレスを少なくするための近道の一つは、直属の上司といい関係を築くことではないだろうか。今回はマイナビニュース会員のうち男女305名に、上司と良好な関係を築くためのコツについて教えてもらった。

[08:17 2/17]

働き方改革、勤務先が取り組んでいない理由は?

Sansanは2月15日、「働き方改革に関する意識・実態調査」の結果を発表した。調査は1月16日~17日、企業で働く男女1,035名を対象にインターネットで行われた。

[13:02 2/16]

配偶者控除を「続けた方が良い」と思う理由、1位は?

ビースタイルは2月15日、「女性活躍推進及び配偶者控除」に関する調査結果を発表した。調査は2016年11月8日~18日、人事・採用を中心とする同社の取引先企業担当者193名を対象に、インターネットで行われた。

[12:53 2/16]

毎月の残業時間、「20時間未満」が7割 - 若い世代ほど多い傾向に

カルチュア・コンビニエンス・クラブは2月15日、「働き方に関するアンケート調査」の結果を発表した。

[17:08 2/15]

プレミアムフライデー、働く女性の認知度は7割 - 関心度は?

AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)は2月14日、「プレミアムフライデーに関する意識調査」の結果を発表した。

[17:25 2/14]

上司に不満を持つ人は9割 - どんな言動がイヤ?

上司の指示通り動いたのに「そんな指示をした覚えはない!」と怒られてしまった。自分の言ったことは忘れるし、指示もコロコロ変わるし、もうこんな上司の下で働くのは嫌だ……。今回は、マイナビニュース会員のうち男女306名に「上司の言動に不満を持ったことはありますか?」と聞いてみた。

[11:00 2/14]

プレミアムフライデーに1,798企業・団体が参加、続々イベントを企画

プレミアムフライデー推進協議会事務局はこのほど、「プレミアムフライデー」のロゴマークの使用申請企業・団体数が1,798件(2016年12月12日~2017年2月8日)と発表した。このほどプレミアムフライデー開始に先がけ、参加企業のサントリー、コーセー、JTBコーポレートセールス、日本百貨店協会が、事前デモンストレーションを行った。

[07:00 2/14]

自動化によって社員数は「変わらない」が64% - 世界の雇用主調査

米国マンパワーグループは2月10日、労働白書「スキル革命」を発表した。

[06:00 2/14]

ソフトバンク、フレックスや在宅勤務、支援金など人事制度を拡充へ

ソフトバンクは4月、社員が最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目的に、新たな人事制度を導入する。

[21:08 2/13]

サラリーマン川柳、100選決定! - 働き方の変化を描いた句が多数

第一生命保険は2月13日、第30回「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」の全国優秀100作品を発表した。全国のサラリーマン・OL・主婦など幅広い世代を対象として、2016年9月~11月に募集した中から選ばれたもの。

[17:52 2/13]

管理職56%が「キャリアをやり直せるとしたら転職」

日本人材機構は2月9日、「首都圏管理職の就業意識調査」の結果を発表した。調査は2016年11月30日~12月11日、一都三県在住、及び東京都に勤務する35~65歳の正社員管理職1,641名を対象に、インターネットで行われた。

[11:56 2/10]

オリックス、5営業日以上の連続休暇で3~5万円の奨励金を支給

オリックスは4月、オリックスグループの国内各社で、「リフレッシュ休暇取得奨励金制度の新設」「所定労働時間の短縮」および「有給休暇付与最低日数の引き上げ」を行う。

[11:52 2/10]

女性の登用・活用促進に向けた課題は?

経済同友会は2月7日、ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査の結果を発表した。

[16:55 2/8]

【特別企画】シンガポールの暮らしや経済を支えるチカラに。明電舎

東京から南西へ5400km。人口554万人、国内総生産2979億米ドル。赤道直下に位置する、東京23区と同じ大きさの国―――シンガポール。ニューヨーク、ロンドン、香港に次ぐ、世界有数の金融センターであり、国際物流のハブ拠点でもあり、年間1500万人以上の観光客が世界から訪れる、東南アジアの経済大国だ。だが、1965年にマレーシアから独立し、シンガポール共和国として歩みだしたころの姿は、今日の摩天楼きらめく姿からは想像できないほど、かけ離れたものだった。

[11:30 2/8]

2017年、自分でやりたい働き方改革は?

エン・ジャパンは2月6日、「自分の働き方改革」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は2016年12月1日~27日、同サイト利用者8,856名を対象に、インターネットで行われた。

[18:22 2/7]

「出産前より仕事が効率的に」が8割

小林製薬は2月3日、「働くママの生活と健康に関する実態調査」の結果を発表した。

[15:51 2/6]

新入社員が選ぶ「理想の上司ランキング」、水トアナが初の女性1位に

明治安田生命は2月6日、2017年の新入社員を対象とした「理想の上司」アンケート調査の結果を発表した。

[13:37 2/6]

住友商事、プレミアムフライデーの全休・午後休取得を奨励 - 他の金曜日も

住友商事はこのほど、経済産業省が官民連携で推進する「プレミアムフライデー」に賛同した取り組みを開始した。

[12:29 2/6]

女子中高生が結婚後に希望する働き方は?

GMOメディアはこのほど、「女子中高生の将来の働き方に関する調査」の結果を発表。調査は1月13日~16日、女子中高校生2,903名を対象に、研究機関「プリキャンティーンズラボ」によるインターネット調査で行われた。

[11:54 2/6]

バックナンバー

このカテゴリーについて (シゴト>働き方)

 トップへ
企業のあり方や人生の先輩たちから学べることや、仕事・キャリアの考え方、ビジネスパーソンの本音に迫る意識調査をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事