マイナビニュース | シゴト | 転職・就職 (求人) | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年06月23日(金)

成長領域の人材需要は大幅増、都市・空間・材料、ネット・サービスなど

アスタミューゼは6月23日、同社が展開する、成長領域に沿った希少人材採用支援サイト「転職ナビ」に掲載されている同社保有の約38万件の求人データを横断的に分析し、成長領域における人材需要を可視化したと発表した。

[13:38 6/23]

2017年06月22日(木)

インターンシップの現状と課題、就活への影響は?

文部科学省が実施している「インターンシップの推進等に関する調査研究協力者会議」でなされた議論の結果を公表している。

[11:00 6/22]

Googleで求人情報を検索できる「Google for Jobs」、米で提供開始

米Googleは6月20日(現地時間)、Google検索を使って求人情報を見つけられるサービス「Google for Jobs」の提供を米国で開始したと発表した。

[10:59 6/22]

2017年06月20日(火)

2018年卒学生の内々定率 – 昨年より1~10pt上昇も活動意欲は衰えず

学情は6月16日、2018年卒学生の「就職活動・内々定に関する調査」の結果を発表した。調査は6月5日~10日、各大学の就職希望登録者リストから無作為に抽出した2018年卒業予定の学生990名(国公立・私立の理系440名、国公立文系310名、私立文系240名)を対象に、電話によるリサーチにて行われた。

[16:37 6/20]

2018卒学生65%が志望企業から内定もらい就活終了 – 就活の情報源は?

ビズリーチは6月19日、運営する就活サービス「ビズリーチ・キャンパス」にて実施した、「就職活動の状況やキャリア観に関するアンケート」の結果を発表した。調査は6月12日~14日、同サイトに登録している2018年卒業予定の大学生及び大学院生211名(男性64%、女36%)を対象に、インターネットで行われた。

[16:24 6/20]

入社2年前に内定を出す新採用制度を導入へ - ユニリーバ

ユニリーバ・ジャパンは6月19日、大学1年生から既卒3年以内の人を対象に、最速で2年前に内定を出す新卒採用制度「UFLP365(ユニリーバ・フューチャー・リーダーズ・プログラム365)」を導入したと発表した。

[13:36 6/20]

2017年06月19日(月)

6月15日時点の内定率は67.7%、理系は男女ともに既に7割超

マイナビは6月19日、2018年卒業予定の全国大学生、大学院生を対象に実施した「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」の結果を発表した。

[13:46 6/19]

2017年06月16日(金)

最終面接に出てきたら手強そうだと思う有名人は? - 就活生に調査

テクノプロ・コンストラクションは6月15日、全国の大学生、短大生、専門学校生を対象とした「就職活動に関する調査」の結果を発表した。調査期間は5月19日~24日、有効回答は2,000人。

[16:04 6/16]

就活生74.7%が「生涯働き続けられる企業を希望」- 重視する点は?

テクノプロ・コンストラクションは6月15日、「就職活動に関する調査」の結果を発表した。調査は5月19日~24日、全国の大学生、短大生、専門学校生を対象にインターネットリサーチにて行われ、2,000名(男性741名、女性1,259名)の有効サンプルを集計した。

[11:51 6/16]

2017年06月12日(月)

就職活動を不安に思う要因は?

マイナビは6月12日、「2018年卒マイナビ学生就職モニター調査 5月の活動状況」の結果を発表した。同調査は5月25日~31日、2018年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生の1,944名を対象に、web上のアンケートフォームより入力された回答を集計したもの。

[15:57 6/12]

2017年5月の転職求人倍率は2.46倍、希望の条件をかなえやすい市況

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は6月12日、2017年5月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表した。

[12:58 6/12]

2017年06月09日(金)

中堅・中小企業への就活、依然売り手市場が継続 - 会社を選んだ理由は?

東京商工会議所は6月6日、「平成29年度(2017年度)中堅・中小企業の新入社員の意識調査」の結果を発表した。調査は3月31日~4月14日、同所開催の新入社員研修を受講した中堅・中小企業の新入社員1,042名(男性653名、女性388名、不明1名)を対象に、アンケート用紙を配布して行われた。

[11:30 6/9]

20代30代女性26.7%が「面接で結婚関連の質問を受けた」と回答

キャリアインデックスは6月8日、「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.13」の結果を発表。調査は5月26日~28日、過去3年以内に転職経験のある関東在住の有職者515名を対象に、インターネットで行われた。今回は、転職時の面接にフォーカスを当て、結婚関連の質問を受けた経験について調査している。

[11:25 6/9]

就活生、第一志望以外の企業への対応は?

アイデムの人と仕事研究所は6月7日、2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査結果を発表した。調査は6月1日~3日、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生及び大学院2年生の男女685名を対象に、インターネットで行われた。

[07:00 6/9]

2017年06月08日(木)

採用担当者が就活生を選考で評価するポイントは?

テクノプロ・コンストラクションは6月8日、「新卒採用に関する調査2017」の結果を発表した。同調査は5月19日~5月23日、採用業務に携わっている20~69歳のビジネスパーソン2,000名を対象に、ネットエイジアによるインターネット調査で行われた。

[18:37 6/8]

2018卒の就職活動、内定獲得率は53.6% - 49.4%が2社以上

アイデムは6月7日、同社が運営する「人と仕事研究所」において、2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査結果を発表。これによると、1社以上の内定を獲得した学生は53.6%。前月比22.6ポイント増加、前年比5.7ポイント増加したという。

[13:02 6/8]

2017年06月07日(水)

2018卒就活、6月時点で「活動終了」は28.8%

ディスコは6月7日、「6月1日時点の就職活動調査」の結果を発表した。同調査は2018年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)である、「キャリタス就活2018」学生モニターの1,259名を対象に実施したもの。調査期間は6月1日から5日まで。

[19:40 6/7]

2018卒5月の内々定率は53.3% - 前年比10.3%増

マイナビは6月7日、「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表した。同調査は2018年3月卒業見込みの全国大学4年生・大学院2年生の「マイナビ2018」の全会員を対象に、webアンケートで実施したもの。調査期間は5月26日から31日まで、有効回答数は8,985名。

[16:22 6/7]

2017年卒の内定辞退率、6~9月に増 - 入社直前にメールで通告するケースも

EDGEは6月7日、内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」事業において、2017年卒向けサイトの利用者である内定者(約3万人)の状況を分析した「内定辞退傾向調査」の結果を発表した。

[14:09 6/7]

2017年06月06日(火)

【特別企画】スキルアップキャリアアップ特集

「スキルアップ・キャリアアップ特集」では、マイナビニュースが厳選した耳より情報をお届けします。

[12:00 6/6]

ママが子どもに就いてほしい仕事、1位は?

学研ホールディングスは6月5日、子どもを持つ30代~40代の女性を対象とした「子どもに就いてほしい仕事」に関する調査結果を発表した。それによると、4割以上の母親が子供には「専門職」に就いてほしいと考えていることがわかった。

[07:30 6/6]

22~59歳が転職したい会社1位は? - DODA調査

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、22~59歳のビジネスパーソン5,031人を対象に「転職したい会社」を調査し、「DODA転職人気企業ランキング2017」としてまとめた。

[07:00 6/6]

2017年06月05日(月)

女性が選ぶ転職したい会社、第1位はどこ?

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は6月5日、22~59歳のビジネスパーソン5,031人を対象に「転職したい会社」を調査し、「DODA転職人気企業ランキング 2017」としてまとめた。本稿では、女性に人気の企業について紹介する。

[15:47 6/5]

2017年06月02日(金)

マネジメント経験者73.2%が「エンジニアが不足している」と回答

VSNは6月1日、「エンジニアに関する実態調査」の結果を発表した。調査は5月24日~26日、仕事でエンジニアのマネジメントを行ったことがある20~50代のビジネスパーソンを対象にインターネットで行われ、698名の有効回答を得た。

[09:24 6/2]

2017年06月01日(木)

男子フィギュアの宇野昌磨、トヨタ自動車に入社

トヨタ自動車は、男子フィギュアスケートの宇野昌磨(しょうま)選手が2017年6月1日付で同社に入社したと発表した。

[17:41 6/1]

インターンシップ・就職情報サイト「マイナビ2019」がオープン

マイナビでは、インターンシップ・就職情報サイト「マイナビ2019」を6月1日にオープン。2019年以降に卒業予定の大学・大学院・短大・高専・専門学校の学生や留学生を対象に、インターンシップや就活準備に関する情報を提供する。採用情報の公開および企業へのエントリー受付は、2018年3月以降開始予定。

[07:00 6/1]

2017年05月31日(水)

入社1カ月、新社会人の35%が「会社を辞めたい」と回答

マクロミルは5月30日、2017年4月に新社会人となった会社員・公務員を対象とした第10回「新社会人の意識調査(2017年)」の結果を発表した。同調査では、就職した会社を選んだポイントや会社を辞めたいと思ったことがあるかなどを聞いている。

[16:48 5/31]

2018年新卒採用は「学生の売り手市場」 - 担当者の約6割が回答

アイデムは5月30日、新卒採用業務担当者を対象に実施したアンケート調査結果を発表した。同調査によると、採用業務担当者の61.2%が「学生の売り手市場」だと感じているという。

[15:17 5/31]

2017年05月30日(火)

就活での"オヤカク"、働く主婦の4割弱が「悪い印象」

しゅふJOB総研は5月30日、働く主婦層を対象とした「オヤカク(親確)」に関する調査結果を発表した。調査期間は5月18日~25日、有効回答は709人。

[18:25 5/30]

ニートの割合は10.1%で170万人、推計32万人が引きこもり状態に

OECD(経済協力開発機構)が5月29日に公開した報告書において、日本は若者の雇用見通しを改善し、15~29歳で就業、就学、職業訓練のいずれも行っていない「ニート」の割合を削減する取り組みを強化すべきと述べている。

[18:08 5/30]

エンジニア人材市場 - JAVA? PHP? 求人に強い言語とは

レバレジーズは5月29日、運営する情報サイト「レバテック」にて実施した「2016年度エンジニア人材市場動向調査」の結果を発表した。調査は2016年4月1日~2017年3月31日、「レバテックフリーランス」および「レバテックキャリア」の業務委託案件、求人データを分析して行われた。有効データ数は4,355件。

[16:25 5/30]

4月の完全失業率は横ばい - 有効求人倍率は43年2カ月ぶり高水準

総務省が5月30日に発表した2017年4月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は前月から横ばいの2.8%となった。

[15:59 5/30]

有効求人倍率は1.48倍に - 厚生労働省とりまとめ

厚生労働省は5月30日、一般職業紹介状況(平成29年4月分)を公表。平成29年4月の有効求人倍率は1.48倍で、前月比で0.03ポイント上昇。平成29年4月の新規求人倍率は2.13倍で、前月と同じ水準だった。

[12:55 5/30]

2017年05月29日(月)

ソフトバンク、新卒採用選考でAIプラットフォーム「IBM Watson」活用

ソフトバンクは5月29日、新卒採用選考のエントリーシート評価において、IBMが提供するAIプラットフォーム「IBM Watson日本語版」を活用すると発表した。応募者をより客観的に、また適正に評価することを目的に導入するという。

[18:24 5/29]

2017年05月26日(金)

求職活動で一番重要だと思うポイント、日本人の1位は「給与」

マンパワーグループは5月26日、"キャンディデイト(求職者)優先度調査"をベースとした労働白書「採用企業を熟知するキャンディデイトの増加」を発表した。

[19:10 5/26]

2017年05月25日(木)

子供に入社してほしい企業の特徴、1位は「経営が安定している」

マイナビは5月25日、「2017年度就職活動に対する保護者の意識調査」の結果を発表した。調査期間は4月9日~10日、対象は大学4年/大学院2年で現在就職活動中・2017年に就職活動を行う予定の子供を持つ親、及び2017年3月に大学/大学院を卒業/修了した就職活動経験のある子供を持つ親、有効回答は1,000人。

[19:16 5/25]

8割の保護者が子供の就職活動に関心アリ、内定式に出席したいという回答も

マイナビは5月25日、就職活動経験(活動中含む)のある子供を持つ保護者を対象に実施した「2017年度就職活動に対する保護者の意識調査」の結果を発表した。同調査によると。8割の保護者が子供の就職活動に関心を持っており、6割強が就職環境は「厳しい」と考えているという。

[18:15 5/25]

人事評価が原因で転職・辞職を考えたことはある?

あしたのチームは5月24日、転職・辞職に関するインターネット調査の結果を発表した。調査期間は3月10日~14日、有効回答は20~69歳の個人1,200人(会社経営者:400人、人事担当者:400人、従業員:400人)。

[09:25 5/25]

2017年05月24日(水)

元社員・元クルー向け復職促進! 「おかえり すかいらーく」とは

ガストやバーミヤン、ジョナサンなどのファミリーレストランチェーンを展開するすかいらーくが、同社グループで就業経験のある元社員・元クルー(アルバイト)の復職を促進する取り組みを行っている。

[17:25 5/24]

ドコモが"スマホワーク"の求人を集めた「dジョブ」開始、dポイント支払いも

NTTドコモは5月24日、"スマホワーク"などの仕事情報を提供する新たなサービス「dジョブ」を発表した。パソコンやスマートフォン/タブレットから幅広い仕事情報を検索・応募できる「仕事探しの新たなプラットフォーム」(同社)だという。2017年秋に提供を開始する予定。

[16:10 5/24]

2017年05月23日(火)

98%の人が「こんな会社辞めてやる!」と思っていた - その理由とは?

キャリアデザインセンターが運営するメディア「typeメンバーズパーク」が、会員を対象に行った「こんな会社辞めてやる!と思った瞬間」に関するアンケート結果を公開した。「会社を辞めたいと思ったことはありますか? 」の設問には98%が「はい」と回答した。その理由については「人間関係が上手くいかなかった(32.7%)」が最も高かった。

[17:23 5/23]

転職理由にU・Iターンや土日祝日に休みたい - "働き方"への関心高まる

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が5月23日、同サービス利用者を対象に、転職理由についての調査を実施し、その結果を発表した。同調査によると、"働き方"への関心が高まり、待遇や環境の改善のために転職を考える人の割合が上昇しているという。

[11:55 5/23]

昨年より早いもペースで内々定を獲得も多の学生が就職活動を継続

学情は5月22日、2018年卒業予定の学生を対象に就職活動・内々定に関する調査を実施し、その結果を発表した。同調査は2017年5月8日~5月13日の期間に実施したもので、各大学の就職希望学生440名への電話でリサーチした。

[10:18 5/23]

2017年05月19日(金)

スタジオジブリが新人スタッフ募集、宮崎監督最後の長編作品に「若い力を」

スタジオジブリは5月19日、宮﨑駿監督による新作長編アニメーション映画制作のための新人スタッフの募集を開始した。

[17:33 5/19]

IT業界就職人気企業ランキング、NTTデータが8年連続1位に

楽天は5月18日、2018年卒業予定の大学・大学院生を対象に調査した「みんなの就職活動日記 IT業界 就職人気企業ランキング」の総合トップ100社を発表した。調査期間は2016年11月17日~2017年4月13日、対象は2018年卒業予定の「みん就」の学生会員で有効回答数は2,891人。

[16:54 5/19]

2017年05月17日(水)

転職市場の活況が続く - 2017年4月の求人数は29カ月連続の増加

転職サービス「DODA」は、2017年4月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表した。それによれば、求人数は29カ月連続の増加となった。転職市場の活況は続いており、転職希望者へのチャンス広がっている。

[12:07 5/17]

2017年05月16日(火)

就職モニター調査、4月に最終面接を受けた学生は34.5% - 前年以上のペース

マイナビは5月16日、2018年卒業予定の学生を対象に実施した「2018年卒マイナビ学生就職モニター調査 4月の活動状況」を発表した。同調査によると、約8割の学生が1次面接、34.5%が最終面接を経験し、前年以上に早いペースで選考が進んでいるという。

[19:56 5/16]

Vorkers、「長く快適に働ける上場企業ランキング」発表

「Vorkers」は16日、「長く快適に働ける上場企業ランキング」を発表した。同サイト内での求人検索で人気な「待遇の満足度・人材の長期育成・風通しの良さ」を採点したもので、日本郵船、旭化成、三井不動産が上位に。インフラ系企業、製薬会社が上位に多くランクインした。

[18:16 5/16]

2018卒就活、4月の内々定率は23.0% - 理系男子が28.4%で最多に

マイナビは5月16日、2018年卒業予定の全国大学生および大学院生を対象とした「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表。2018年卒業予定大学生、大学院生の4月の内々定率は23.0%だった。

[17:41 5/16]

佐賀県、県内企業就労者最大500人に10万~30万円を支給

佐賀県はこのほど、県内企業に就職する人を対象に、所在地に応じて10万~30万円を交付する奨励金制度「佐賀さいこうUJI就職応援事業」を2017年10月から開始すると発表した。

[16:20 5/16]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事