マイナビニュース | シゴト | 転職・就職 (求人)

関連キーワード

イチオシ記事

2018年卒、8月1日時点の内定率88.3% - 就職戦線は落ち着いた状態に

ディスコは8月17日、2018年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象とした「8月1日時点の就職活動に関する調査」の結果を発表した。

[11:55 8/21]

新着記事

一覧

7月の転職求人倍率2.31倍 - 求人数「金融」「サービス」で伸長

転職サービス「DODA(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は8月8日、2017年7月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表した。

[09:30 8/11]

トレンドに変化? 転職成功者の平均年齢、2年ぶり低下

転職サービス「DODA(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は8月8日、2017年上半期(1~6月)の「転職成功者の年齢調査」の結果を発表した。同調査は、2007年7月~2017年6月にDODAエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約13万人の転職した年齢について調べたもの。

[09:00 8/10]

新着記事

一覧

2017年夏ボーナス、「30万円台」が18.3% - 平均金額は?

転職情報サイト「マイナビ転職」(マイナビ運営)は8月8日、「2017年夏の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。同調査は、2017年夏に賞与が支給された転職意向のある正社員(25歳・30歳・35歳)を対象としたもの。

[13:42 8/9]

2018年卒、就職活動に影響したニュースワードは?

マイナビは8月8日、2018年卒業予定の学生を対象とした「2018年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」の結果を発表した

[12:31 8/9]

派遣社員の正社員登用、積極的なのは中小と大企業どっち?

ディップは8月4日、「はたらこねっとユーザーアンケート -中小企業と大企業における社員登用機会の違いについて-」の結果を発表した。

[16:40 8/4]

ミドルの転職活動期間、7割が「半年以内」 - 長引いた時の対策は?

エン・ジャパンは7月31日、転職求人サイト「ミドルの転職」を利用している35歳以上のユーザーを対象とした「転職活動期間」に関する調査結果を発表した。

[16:57 7/31]

新入社員が感じたギャップ、2位「給料が思ったより少ない」 - 1位は?

マイナビは7月27日、2017年4月入社の新入社員を対象とした「2017年マイナビ新入社員意識調査 ~3カ月後の現状~」の結果を発表した。同調査は、マイナビが提供する「新入社員研修フォローアップ講座」に参加した各企業の新入社員に、入社3カ月後の意識についてアンケートしたもの。調査期間は2017年7月4日~12日、有効回答は1,623人。

[09:46 7/28]

子供の就活、親はどこまで口を出す? 「ブラックじゃないか心配」という親心

最近、内定を出した企業が「子どもの入社に賛成か否か」を親に確認する通称「オヤカク」が話題になっている。では実際、子供の就活に口を出す親はどのくらいいて、具体的にはどんなことを干渉してくるのだろうか。マイナビニュース会員に聞いてみた。

[14:25 7/27]

2018年卒採用活動、選考途中の辞退率「5割以上」が16.1%

マイナビは7月19日、「2018年卒マイナビ企業採用活動調査」の結果を発表した。調査期間は6月6日~20日、有効回答は全国の企業3,000社。同調査では、2017年6月時点における企業の採用活動を尋ねた。

[10:51 7/21]

子供の就活、親はどこまで口を出すべき? 話題の「オヤカク」について聞いた

就職が決まっているのに、親の反対で内定を辞退する就活生が少なくないという。これを防ぐため、企業には「子どもの入社に賛成か」を内定者の親に確認する動きまで出ている。この通称「オヤカク」について、マイナビニュース会員に聞いてみた。

[09:30 7/19]

エレクトロニクス領域の希少人材、2016年の求人倍率は?

アシュタミューゼは7月18日、2016年の「エレクトロニクス」領域における希少人材について、転職状況を発表した。

[17:11 7/18]

6月の求人数、過去最高を更新 - 7月以降も高水準が続く見込み

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は7月11日、2017年6月の転職求人倍率をまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」を発表した。

[09:00 7/12]

2017年度新入社員のTOEIC平均スコアは?

国際ビジネスコミュニケーション協会は7月11日、2017年度のTOEIC Listening & Reading Test 団体特別受験制度(Institutional Program、IPテスト)を実施している企業・団体における、新入社員のデータを発表した。

[15:43 7/11]

一緒に働きたい上司、男性と女性どっちが望ましい?

キャリアインデックスは7月10日、一緒に働きたい上司の性別について尋ねた 「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.15」を発表した。

[16:56 7/10]

主婦パート・バイト、6月の平均時給は?

ビースタイルが運営する求人サイト「しゅふJOBパート」は7月6日、同サイトに掲載された求人情報の時給データから算出した「2017年6月 主婦求人の平均時給」を発表した。

[10:00 7/8]

7月の内定率、9年ぶり8割超え - リーマン・ショック前の水準に回復

ディスコは7月6日、2018年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象とした「7月1日時点の就職活動に関する調査」の結果を発表した。調査期間は7月1日~5日、有効回答は1,238人。

[15:29 7/7]

求人数が増加する分野は? 2017年下半期の転職市場予測

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA」は7月3日、「転職市場予測2017下半期」を発表した。2017年下半期(7月~12月)の転職市場を11の業種・職種に分けて、動向を予測した。

[09:37 7/4]

女性合格者の割合が過去最高に! 国家公務員総合職試験

人事院は6月30日、2017年度の「国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)」の合格者を発表した。

[13:16 7/3]

5月の求人倍率は1.49倍、完全失業率は3.1%に

厚生労働省は6月30日、平成29年5月分の有効求人倍率を発表した。同発表によると、5月の有効求人倍率は1.49倍、新規求人倍率は2.31倍だったという。

[10:30 7/1]

2018年3月卒就活 - 応募当初よりも志望度が上がった理由は?

アイデムの人と仕事研究所は6月29日、「2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(6月1日時点)」の結果を発表した。調査は6月1日~15日、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生及び大学院2年生の男女を対象に、2回にわたりインターネットで行われた。有効回答数は1回目685名、2回目681名。

[10:21 6/30]

成長領域の人材需要は大幅増、都市・空間・材料、ネット・サービスなど

アスタミューゼは6月23日、同社が展開する、成長領域に沿った希少人材採用支援サイト「転職ナビ」に掲載されている同社保有の約38万件の求人データを横断的に分析し、成長領域における人材需要を可視化したと発表した。

[13:38 6/23]

インターンシップの現状と課題、就活への影響は?

文部科学省が実施している「インターンシップの推進等に関する調査研究協力者会議」でなされた議論の結果を公表している。

[11:00 6/22]

Googleで求人情報を検索できる「Google for Jobs」、米で提供開始

米Googleは6月20日(現地時間)、Google検索を使って求人情報を見つけられるサービス「Google for Jobs」の提供を米国で開始したと発表した。

[10:59 6/22]

2018年卒学生の内々定率 – 昨年より1~10pt上昇も活動意欲は衰えず

学情は6月16日、2018年卒学生の「就職活動・内々定に関する調査」の結果を発表した。調査は6月5日~10日、各大学の就職希望登録者リストから無作為に抽出した2018年卒業予定の学生990名(国公立・私立の理系440名、国公立文系310名、私立文系240名)を対象に、電話によるリサーチにて行われた。

[16:37 6/20]

2018卒学生65%が志望企業から内定もらい就活終了 – 就活の情報源は?

ビズリーチは6月19日、運営する就活サービス「ビズリーチ・キャンパス」にて実施した、「就職活動の状況やキャリア観に関するアンケート」の結果を発表した。調査は6月12日~14日、同サイトに登録している2018年卒業予定の大学生及び大学院生211名(男性64%、女36%)を対象に、インターネットで行われた。

[16:24 6/20]

入社2年前に内定を出す新採用制度を導入へ - ユニリーバ

ユニリーバ・ジャパンは6月19日、大学1年生から既卒3年以内の人を対象に、最速で2年前に内定を出す新卒採用制度「UFLP365(ユニリーバ・フューチャー・リーダーズ・プログラム365)」を導入したと発表した。

[13:36 6/20]

6月15日時点の内定率は67.7%、理系は男女ともに既に7割超

マイナビは6月19日、2018年卒業予定の全国大学生、大学院生を対象に実施した「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査(6月15日時点)」の結果を発表した。

[13:46 6/19]

最終面接に出てきたら手強そうだと思う有名人は? - 就活生に調査

テクノプロ・コンストラクションは6月15日、全国の大学生、短大生、専門学校生を対象とした「就職活動に関する調査」の結果を発表した。調査期間は5月19日~24日、有効回答は2,000人。

[16:04 6/16]

就活生74.7%が「生涯働き続けられる企業を希望」- 重視する点は?

テクノプロ・コンストラクションは6月15日、「就職活動に関する調査」の結果を発表した。調査は5月19日~24日、全国の大学生、短大生、専門学校生を対象にインターネットリサーチにて行われ、2,000名(男性741名、女性1,259名)の有効サンプルを集計した。

[11:51 6/16]

就職活動を不安に思う要因は?

マイナビは6月12日、「2018年卒マイナビ学生就職モニター調査 5月の活動状況」の結果を発表した。同調査は5月25日~31日、2018年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生の1,944名を対象に、web上のアンケートフォームより入力された回答を集計したもの。

[15:57 6/12]

バックナンバー

このカテゴリーについて (シゴト>転職・就職)

 トップへ
転職・就職市場のトレンドなどこれからのキャリアを考える上で参考にしたい情報をお届けします。雇用関連情報や資格、人材育成、キャリアアップについてのお役立ち情報も提供します!

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事