実は大損!? 賃貸の「仲介手数料半額」のからくりが判明

 


新生活スタートに向けて、この時期に転居されるかたも多いのではないでしょうか?

転居といえば、とにかくお金がかかるもの。賃貸契約の初期費用、家具や備品の購入、さらには引っ越し代など、痛い出費が続きます。

そんな状況において、不動産屋で“賃貸の仲介手数料半額”というフレーズを見かけると、「おっ、これはお得!」と釣られてしまいますよね。

ところがこの一見、良心的とも思える“仲介手数料半額”には実はからくりがあったのです。場合によっては、“仲介手数料半額”のほうが、かえって高くついてしまうことも……。

そんな仲介手数料半額のしくみについて、結家(むすびや)不動産の木山澤惇平さんに教えていただきました。

 

■手数料半額でも不動産屋が損しない仕組みとは?

仲介手数料半額……というと、仲介する不動産屋が身を削ってお客様に還元しているようなイメージがありますが、そうとは限りません。

仲介手数料半額という制度でも、“仲介手数料”のかわりに“広告料”という名目で、マンションのオーナーさんなど貸主の側からちゃんとお金を徴収している不動産屋があります。

どういうことなのか分かりにくいかもしれないので、具体例を挙げて見ていきましょう。たとえば、Aさんは家賃7万円のマンションを仲介手数料半額で契約しました。初期費用として以下のような項目が挙がっています。

・礼金:70,000円

・敷金:70,000円

・仲介手数料:35,000円

礼金、敷金というのは、借主Aさんから貸主に支払われるもの。このうち、敷金は、住居を退去する際に未払い家賃などを清算したうえで返してもらえる担保金のようなものだということは、ご存知の人も多いでしょう。

仲介手数料は、本来、家賃の1カ月分のところ、半額になっています。「これはお得!」と言いたいところなのですが、実はそうでもありません。

というのも、借主から貸主に支払われる費用のうち、“礼金”が、上で述べた“広告費”に化けるのです。

いったん“礼金”として、借主から貸主に支払われた7万円は、そっくりそのまま“広告費”として貸主から不動産屋に流れています。

つまり、“仲介手数料半額”とうたっておきながら、不動産屋はちゃっかり1.5カ月分の料金をAさんからせしめているというわけです。

 

■実は初期費用はもっと安く済ませられる?

仲介手数料半額のからくりは、上でおわかりいただけたかと思います。

実は、これ以外にも、賃貸契約の初期費用において、貸し手側が得をして、借り手側が損をするからくりがあるので要注意です。

たとえば、初期費用の項目のなかに、“鍵交換代金”、“室内消毒費”、”事務手数料”などが含まれていませんか? これらは本来、貸主が負担すべき費用であったり、払う必要がなかったりするお金です。

また、保証会社のサービスや、セキュリティのサービスに加入させられて、その費用が計上されていませんか?

これらに加入しておくことが本当に必要かどうかはケース・バイ・ケース。加入が必須の物件もあるので、一概に“ぼったくり”と決めつけることはできません。

ただ、本当は加入が必要でないのに、不動産屋から言われるがままに加入してしまって、余計な費用が発生しているケースもあります。

不動産屋は、いわばオプション・サービスを基本サービスのように盛り込んでおくことで、一定の代理店手数料をゲットしているのです。

賃貸借の初期費用の内訳のなかで、「これって本当に必要なの?」という項目がないかよくチェックしましょう。

 

以上、仲介手数料半額のからくり等についてお届けしましたがいかがでしたか?

“半額”の文字に釣られたものの、なんだかんだで意外と初期費用がかかってしまった……という場合には、すぐに契約しないで、本当にその物件や不動産屋でいいのか、ちょっと慎重に考え直してみるのもいいかもしれませんね。

 

【引越しネタ】

主婦は要注意!新環境で起こる「引越しうつ」の予防法3つ

安さ重視は危険!格安「引越し」に隠された落とし穴とは

新生活を始める女性にシェアハウスがオススメな理由3つ

知らないと大損!マンションの更新料を回避する裏ワザ

知らないと損!敷金を全額取り戻せる意外なコツが判明【1/3】

 

【取材協力】

結家(むすびや)不動産・・・「不動産で損する人を減らしたい!」をモットーに、賃貸不動産・売買不動産の仲介業、不動産コンサルティング業、シェアハウス事業などを実施。『ぶっちゃけすぎる!むすびや不動産ブログ』でも、賃貸不動産業界の裏事情や後悔しない物件の購入方法などを発信中。代表・木山澤惇平氏によるメルマガの登録はこちらから。

あわせて読みたい

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事